トピックス

  • オラモ&BBC響/オルウィン:歌劇『令嬢ジュリー』

    SACDハイブリッド盤。指揮者サカリ・オラモの最新盤は、20世紀イギリスの作曲家で、『邪魔者は殺せ』、『落ちた偶像』など映画音楽も多数手がけたことでも知られるウィリアム・オルウィンのオペラ『令嬢ジュリー』です。

    クラシック|2020年05月21日 (木) 00:00

  • C・クライバー&SKD/ウェーバー:『魔弾の射手』(2CD+BDA)

    伝説の指揮者カルロス・クライバーの記念スべきドイツ・グラモフォン・デビュー・アルバム、ウェーバー:『魔弾の射手』が、CD2枚組+ブルーレイ・オーディオのセットで登場。オリジナル・アナログ・マスターより24bit/192kHzでリマスタリング...

    クラシック|2020年05月15日 (金) 12:20

  • アバド&ロンドン響/ビゼー:『カルメン』(2CD+BDA)

    1977年録音。アバド&LSO、そしてベルガンサ、ドミンゴ、コトルバス、ミルンズという錚々たるメンバーによるビゼー:『カルメン』が、CD2枚組+ブルーレイ・オーディオのセットで登場。オリジナル・アナログ・マスターより24bit/192kHz...

    クラシック|2020年05月15日 (金) 12:20

  • カラヤン&ベルリン・フィル/ワーグナー:『ワルキューレ』(4CD+B...

    カラヤン&ベルリン・フィルのワーグナー:『ワルキューレ』が、CD4枚組+ブルーレイ・オーディオのセットで登場。オリジナル・アナログ・マスターよりエミール・ベルリナー・スタジオにて24bit/192kHzでリマスタリング。

    クラシック|2020年05月15日 (金) 12:10

  • 【映像】トリノ・レッジョ劇場/コルンゴルト:歌劇『ヴィオランタ』

    日本語字幕付き。18歳頃の作で、『ポリュクラテスの指輪』とともにワルター指揮で初演されたコルンゴルトの歌劇『ヴィオランタ』。2020年にトリノ・レッジョ劇場でP・スタインバーグ指揮、P・L・ピッツィ演出で上演されたライヴ映像が登場。

    クラシック|2020年05月13日 (水) 13:00

  • 【映像】グラインドボーン音楽祭2019/マスネ:歌劇『サンドリヨン』

    ペローによる有名なおとぎ話を下敷きにした台本にマスネが作曲した歌劇『サンドリヨン(シンデレラ)』。本映像は俳優としても高名なフィオナ・ショウによるオリジナル演出にフィオナ・ダンが手を加えた2019年のグラインドボーン音楽祭のための新演出のラ...

    クラシック|2020年05月12日 (火) 16:00

  • ゲルギエフ&マリインスキー/ロシア・オペラDVDボックス

    1996、1998年にマリインスキー劇場で上演されたゲルギエフ指揮によるロシア・オペラ3作品、プロコフィエフ:『修道院での婚約』、ボロディン:『イーゴリ公』、チャイコフスキー:『マゼッパ』を収録したDVDボックスが登場。

    クラシック|2020年05月06日 (水) 10:40

  • アンドルー・デイヴィス&トロント響/マスネ:『タイス』

    SACDハイブリッド盤。イギリスの名匠アンドルー・デイヴィスの最新盤は、トロント交響楽団とのマスネ:歌劇『タイス』全曲盤。

    クラシック|2020年04月26日 (日) 10:00

  • 【発売】ラトル&バイエルン放送響/ワーグナー:ワルキューレ(4CD)

    2019年1月29日〜2月10日、ミュンヘン、ヘルクレスザールでのライヴ録音(演奏会形式上演)。ラトルのワーグナー解釈は、前作『ラインの黄金』から4年を経て更に磨きがかかり、壮大なドラマ全体をきっちり見据えた演奏が繰り広げられています。

    クラシック|2020年04月24日 (金) 18:00

  • 【映像】アレーナ・ディ・ヴェローナ/ヴェルディ:『トロヴァトーレ...

    日本語字幕付き。2019年7月に「アレーナ・ディ・ヴェローナ」で上演されたヴェルディの『トロヴァトーレ』。アンナ・ネトレプコとユシフ・エイヴァゾフの夫婦共演、そしてイタリアが誇る演出家フランコ・ゼッフィレッリの名プロダクションということで大...

    クラシック|2020年04月24日 (金) 14:45

  • フルトヴェングラー&ベルリン国立歌劇場/『トリスタンとイゾルデ』...

    1947年ベルリンの指揮台に復帰したフルトヴェングラーの『トリスタン』。第1幕は原盤が欠落、第2幕、第3幕も一部はカットされていますが、それぞれ66分、68分収録されています。ボーナストラックとして、同日の上演前のリハーサル風景の音源を収録...

    クラシック|2020年04月24日 (金) 11:00

  • フルトヴェングラー&RAIローマ響/『神々の黄昏』第3幕(1952)

    フルトヴェングラーの有名な『ローマの指環(1953)』が実現したきっかけとなった、1952年5月31日、ローマ、RAI放送局スタジオでの演奏会形式の放送用ライヴ。歌唱陣もフラグスタート、ズートハウス、グラインドルと、顔ぶれも豪華。

    クラシック|2020年04月24日 (金) 11:00

  • 【映像】グラインドボーン音楽祭2019/モーツァルト:『魔笛』

    日本語字幕付き。カナダの2人組の演出家バルブ&ドゥセーによる風変わりで斬新な読み替え演出が大きな話題となったプロダクション。ライアン・ウィグルワース指揮、エイジ・オブ・インライトゥメント管による演奏。

    クラシック|2020年04月21日 (火) 14:00

  • 【映像】ベルリン・ドイツ・オペラ/ツェムリンスキー:『こびと』

    日本語字幕付き。斬新なプロダクションで話題をあつめるベルリン・ドイツ・オペラによるツェムリンスキー:歌劇『こびと』の映像。指揮はドナルド・ラニクルズ、演出はトビアス・クラッツァーです。

    クラシック|2020年04月21日 (火) 13:15

  • 【映像】ゲルギエフ&ウィーン・フィル/ヴェルディ:『シモン・ボッ...

    日本語字幕付き。2019年8月、ザルツブルク祝祭大劇場でのライヴ収録。ゲルギエフが久々にザルツブルク音楽祭でオペラを振ったことでも話題となったヴェルディの『シモン・ボッカネグラ』の映像。演出は、斬新な方法で人々を驚かすドイツ演劇界の鬼才クリ...

    クラシック|2020年04月17日 (金) 10:30

  • 【映像】『THE STATE OPERA バイエルン国立歌劇場』

    日本語字幕付き。伝統あるバイエルン国立歌劇場の優れたドキュメンタリーにとどまらず、「歌劇場」とはどんなところか、という問いに答える本作はオペラ・ファン、劇場ファン必見の映像です。

    クラシック|2020年04月13日 (月) 18:00

  • 【映像】ヴェルディ音楽祭2019ライヴ/ヴェルディ:『2人のフォスカ...

    日本語字幕付き。ヴェルディ音楽祭2019、パルマ・レッジョ劇場でのライヴ収録。名手ウラディーミル・ストヤノフ、世界のオペラ・シーンで注目を集める新星テノール、ステファン・ポップを中心に、ジャコモ・プレスティア、マリア・カツァラヴァが迫真の歌...

    クラシック|2020年04月04日 (土) 10:00

  • 【映像】マドリード王立歌劇場 2018/プッチーニ: 『トゥーランドッ...

    日本語字幕付き。マドリード王立歌劇場が、鬼才ロバート・ウィルソンを演出に招きパリ、トロント、ヒューストン、そしてリトアニア、世界各地の歌劇場と連携した一大プロダクション『トゥーランドット』。指揮は、ニコラ・ルイゾッティ、トゥーランドット役は...

    クラシック|2020年04月04日 (土) 10:00

  • 【映像】ルイージ/ワーグナー:『さまよえるオランダ人』

    日本語字幕付き。2019年1月、フィレンツェ五月音楽祭劇場でのライヴ収録。チューリッヒ歌劇場の音楽総監督やメトロポリタン・オペラの首席指揮者などを務めるファビオ・ルイージ指揮、スコットランド出身のポール・カラン演出による『さまよえるオランダ...

    クラシック|2020年03月30日 (月) 17:00

  • 【映像】スポンティーニ:『フェルナンド・コルテス』

    日本語字幕付き。スポンティーニの歌劇『フェルナンド・コルテス』は、1808年の「ナポレオンによるスペイン侵攻」を後押しするためのプロパガンダ作品としてナポレオン自身の依頼によって創作。本映像は1809年初演版による2019年のフィレンツェ五...

    クラシック|2020年03月24日 (火) 14:00

  • ビゼー:歌劇『ジャミレ』、日本初演ライヴ!

    36歳で亡くなったビゼーの最晩年の傑作、歌劇『ジャミレ』の日本初演(2019年10月26日、東京芸術劇場での演奏会形式上演)のライヴ録音が登場。佐藤正浩指揮、ザ・オペラ・バンド、鳥木弥生、樋口達哉、岡昭宏、国立音楽大学合唱団による演奏。

    クラシック|2020年03月19日 (木) 17:50

  • 【映像】マドリード王立歌劇場 2019/ヴェルディ:『ファルスタッフ...

    2019年4月収録。斬新なプロダクションで注目を集めるマドリード王立歌劇場より、風刺とエスプリの効いた演出で声価の高まるロラン・ペリー演出による『ファルスタッフ』。指揮はダニエーレ・ルスティオーニです。

    クラシック|2020年03月19日 (木) 12:00

  • 【映像】マドリード王立歌劇場 2019/モーツァルト:『イドメネオ』

    斬新なプロダクションで注目を集めるマドリード王立歌劇場にて、同歌劇場の音楽監督アイヴァー・ボルトンの指揮、ロバート・カーセンの演出による『イドメネオ』が上演収録されました。

    クラシック|2020年03月19日 (木) 12:00

  • ティーレマン/R.シュトラウス:『影のない女』(3CD)

    2019年5月25日に開催されたウィーン国立歌劇場創建150年記念公演、クリスティアーン・ティーレマン指揮のリヒャルト・シュトラウス:オペラ『影のない女』のライヴ録音が登場。グールド、ニールンド、ステンメをはじめとした現代最高の歌手たちの歌...

    クラシック|2020年03月12日 (木) 16:30

  • 【映像】オランダ国立歌劇場2018/オッフェンバック:『ホフマン物語...

    日本語字幕付き。2018年、アムステルダム、オランダ国立歌劇場でのライヴ収録。リッツィ&ロッテルダム・フィルによる演奏で、演出は、2019年バイロイト音楽祭で新演出の『タンホイザー』を手がけ話題となった鬼才トビアス・クラッツァー。

    クラシック|2020年03月06日 (金) 10:00

  • 【映像】ゲルギエフ&バイロイト/ワーグナー:『タンホイザー』

    2019年7月25日〜8月25日、バイロイト祝祭劇場でのライヴ収録。待ち望まれたワレリー・ゲルギエフのバイロイト・デビュー、そして芸術と自由を広く現代的にたとえたトビアス・クラッツァーの演出が高く評価されました。

    クラシック|2020年03月06日 (金) 10:00

  • 【在庫特価】アンドレ・クリュイタンス・コレクション3(56CD)

    クリュイタンスが遺したオペラ録音を大量に集めた便利で豪華なボックス。定評あるフランスものからバイロイトでのワーグナーまで聴きごたえのある演奏のコレクションです。在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2020年02月28日 (金) 18:50

  • エキルベイ&インスラ・オーケストラ/マジック・モーツァルト

    ロランス・エキルベイ独自のプログラミングによる、モーツァルト音楽のコンセプト・アルバムです。

    クラシック|2020年02月28日 (金) 16:00

  • 【発売中】ドイツ語オペラ・ハイライト・ボックス(15CD)

    DGから、ドイツ語歌唱による歴史的オペラ録音を集めたボックスが登場。ゼーフリート、シュトライヒ、ギューデン、ファスベンダー、ヴンダーリヒ、コーンヤ、フィッシャー=ディースカウ、ヘフリガーなどなど、素晴らしい豪華歌手陣による歌唱が楽しめます。

    クラシック|2020年02月24日 (月) 12:10

  • カウフマン、パッパーノ/ヴェルディ:『オテロ』(2CD)

    現代を代表するテノールの一人カウフマンが、パッパーノ&サンタ・チェチーリア国立アカデミー管&合唱団と、ヴェルディの『オテロ』をセッション録音!イアーゴ役にカルロス・アルバレス、デズデモナ役にフェデリカ・ロンバルディと共演陣も豪華です。

    クラシック|2020年02月21日 (金) 17:00

  • 【映像】ティーレマン&ウィーン国立歌劇場/ナクソス島のアリアドネ

    日本語字幕付き。2014年10月、ウィーン国立歌劇場で行われたティーレマン指揮のR.シュトラウス:『ナクソス島のアリアドネ』。DVDは「ウィーン国立歌劇場150周年記念ボックス」に収録されていましたが、ブルーレイは初リリースです。

    クラシック|2020年02月18日 (火) 16:00

  • 【発売中】ウィーン国立歌劇場150周年記念DVDボックス(11DVD)

    クライバーの『カルメン』や、カラヤンの『トロヴァトーレ』、マゼールの『トゥーランドット』、アバドの『エレクトラ』『ローエングリン』など、ウィーン国立歌劇場の歴史的な上演が収録されたボックスが登場。日本語字幕付き。限定盤。

    クラシック|2020年02月17日 (月) 18:00

  • ロバートソン&MET/ガーシュウィン:ポーギーとベス(3CD)

    2019年9月のライヴ録音。メトロポリタン歌劇場での2019-20シーズンのオープニングを飾った、ガーシュウィンの『ポーギーとベス』。指揮はデイヴィッド・ロバートソン。ポーギー役はエリック・オーウェンズ。べス役はエンジェル・ブルーです。

    クラシック|2020年02月17日 (月) 15:40

  • 【映像】パルマ・ヴェルディ音楽祭 2019/ヴェルディ:『ナブッコ』

    日本語字幕付き。2019年9月29日、パルマ歌劇場でのライヴ収録。タイトルロールを歌うアマルトゥフシン・エンクバットを始め優れた歌唱陣と、若手指揮者フランチェスコ・イヴァン・チャンパのドラマティックな音楽づくりが見事です。

    クラシック|2020年02月17日 (月) 15:00

  • 【映像】フィレンツェ五月祭2019/レオンカヴァッロ:『道化師』

    日本語字幕付き。2019年9月11,13日、フィレンツェ五月音楽祭劇場でのライヴ収録。アンジェロ・ヴィッラーリがカニオを鬼気迫る演技で表現し、作品を手中に収めたガッリのタクトによる表情豊かな音楽も聴きどころです。演出は、ルイージ・ディ・ガン...

    クラシック|2020年02月17日 (月) 00:00

  • 【映像】パッパーノ&ROH/ワーグナー:『ワルキューレ』

    日本語字幕付き。英国ロイヤル・オペラ2018/19シーズンのオープニングを飾った、パッパーノ指揮の『ワルキューレ』の映像が登場。演出は、キース・ウォーナーです。

    クラシック|2020年02月14日 (金) 16:10

  • 【映像】レスピーギ:歌劇『眠れる森の美女』全曲

    日本語字幕付き。レスピーギの知られざるメルヘン・オペラ『眠れる森の美女』。1922年に合唱とアンサンブルによる劇音楽として完成したものを、1934年に歌劇へと改変、全体に華麗なオーケストレーションを施し、主役たちに技巧的かつ魅力的なアリアを...

    クラシック|2020年02月14日 (金) 16:00

  • リニフ&グラーツ・フィル/『カヴァレリア・ルスティカーナ』『道化...

    2013〜14年にバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務め、現在グラーツ歌劇場など世界的な舞台で活躍しているオクサーナ・リニフ指揮による『カヴァレリア・ルスティカーナ』『道化師』が登場。

    クラシック|2020年02月13日 (木) 12:30

  • ヤノフスキ/マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』

    SACDハイブリッド盤。精力的に演奏録音活動を行う巨匠マレク・ヤノフスキの最新盤は、ドレスデン・フィルを指揮してのマスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』です。サントゥッツァ役はメロディ・ムーア、トゥリッドゥ役はブライアン・ジャッジ...

    クラシック|2020年02月10日 (月) 17:30

  • 世界初録音!ラヴィ・シャンカル:オペラ『スカニヤ姫』

    インド音楽・シタールの神様ラヴィ・シャンカル[1920-2012]が書いた唯一のオペラ『スカニヤ姫』の世界初録音盤がLPOから登場!ロンドン・フィルと、インドの古典楽器の達人たちによる演奏です。

    クラシック|2020年01月31日 (金) 16:00

  • 【映像】ブレゲンツ音楽祭2019/ヴェルディ:『リゴレット』

    日本語字幕付き。湖上のオペラ「ブレゲンツ音楽祭」、2019年上演のヴェルディ:『リゴレット』の映像が登場。演出は、映画やMVなどの監督、そしてオペラ演出家としても注目を集めるフィリップ・シュテルツル。演奏は、マッツォーラ&ウィーン響です。

    クラシック|2020年01月28日 (火) 14:15

  • 【映像】ガーディナー/ベルリオーズ:『ベンヴェヌート・チェッリー...

    日本語字幕付き。2019年9月、ヴェルサイユ旧王室歌劇場での演奏会形式上演のライヴ収録。ガーディナー&オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークによる、ベルリオーズ:歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』の映像が登場。

    クラシック|2020年01月24日 (金) 16:30

  • 【映像】ペレス&ローマ歌劇場/ロッシーニ:『チェネレントラ』

    日本語字幕付き。2016年ローマ歌劇場で上演されたロッシーニのオペラ『チェネレントラ』の映像。演出は、演劇・映画界でも活躍するシチリア島パレルモ出身のエンマ・ダンテ。現代的な視点を取り入れたシュールでエキセントリックな舞台に仕上がっています...

    クラシック|2020年01月24日 (金) 16:00

  • ロッテ・レーマン/ODEON電気録音集 1927〜1933(6CD)

    「Marston」レーベルから、20世紀前半の偉大なドイツのソプラノ、ロッテ・レーマンの「ODEON」電気録音集が登場。概ねレーマンが40代の頃のもので、彼女の全盛期の歌声を収めた貴重なものばかり。曲目は、独伊仏のオペラ、歌曲、民謡、賛美歌...

    クラシック|2020年01月17日 (金) 16:00

  • 【映像】ヤング&バイエルン国立歌劇場/ヤナーチェク:『死の家から...

    日本語字幕付き。2018年5月にバイエルン国立歌劇場においてプレミエとなった、カストルフ演出によるヤナーチェクのオペラ『死の家から』の映像が登場。指揮はシモーネ・ヤング。

    クラシック|2020年01月14日 (火) 18:00

  • ポシュナー&フランス国立管/オッフェンバック:『ペロニラ親方』(...

    1971年ミュンヘン生まれのマルクス・ポシュナー指揮による、オッフェンバック晩年の喜劇。ヴェロニク・ジャンスが重要な役回りで活躍するほか、シャンタル・サントン=ジェフリー、タシス・クリストヤニスなど、若手からベテランまでのメンバーが名を連ね...

    クラシック|2020年01月08日 (水) 15:20

  • ヴィラゾン/モーツァルティッシモ〜ベスト・オブ・モーツァルト

    テノール歌手ロランド・ヴィラゾンのモーツァルト・アリアのベスト盤。『ドン・ジョヴァンニ』 、『コジ・ファン・トゥッテ』、『後宮からの逃走』、『後宮からの逃走』 、『魔笛』などの録音からヴィラゾン自身がチョイスしています。

    クラシック|2019年12月27日 (金) 12:10

  • 【映像】メータ&スカラ座/モーツァルト:『後宮からの逃走』

    イタリアの偉大な演出家ジョルジュ・ストレーレル[1921-1997]没後20周年を記念して、2017年にメータ指揮ミラノ・スカラ座で上演されたモーツァルトの『後宮からの逃走』の映像です。今回の再演にあたって、マッティア・テスティーが補訂演出...

    クラシック|2019年12月25日 (水) 12:30

  • ムーティ&フィレンツェ五月祭/ヴェルディ:『仮面舞踏会』

    1974年1月26日、フィレンツェ、テアトロ・コムナーレでのライヴ録音(モノラル)。1969年にフィレンツェ五月祭の音楽監督に就任したムーティが1974年に振った『仮面舞踏会』が登場。リッカルド役はリチャード・タッカー。

    クラシック|2019年12月23日 (月) 15:20

  • クラシック|2019年12月23日 (月) 14:30

  • アイリーン・ファーレル/コロンビア録音集成(16CD)

    20世紀アメリカを代表する名ソプラノ、アイリーン・ファーレル[1920-2002]。その生誕100年を寿ぎ、ファーレルが1946年から63年にかけてコロンビアに録音した全歌唱をCD16枚に収録。

    クラシック|2019年12月20日 (金) 16:50

  • 【映像】ガッティ&ローマ歌劇場/ワーグナー:『トリスタンとイゾル...

    日本語字幕付き。2016年ローマ歌劇場ライヴ映像。1957年レバノン出身のピエール・オーディ演出、ダニエーレ・ガッティ指揮によるワーグナー『トリスタンとイゾルデ』が登場。

    クラシック|2019年12月20日 (金) 16:00

  • 【映像】パエール:歌劇『アニェーゼ』全曲

    日本語字幕付き。モーツァルトとロッシーニの間の時期にオペラを数多く書き名声を博したパエールの名作『アニェーゼ』の復活上演。ディエゴ・ファソリスの卓越した指揮による、トリノ・レッジョ劇場管弦楽団のきびきびした演奏も聴きどころです。

    クラシック|2019年12月20日 (金) 16:00

  • ヴァレンティナ・ナフォルニツァ/ロマンス〜オペラ・アリアと歌曲集

    2011年に『魔笛』のパパゲーナでウィーン国立歌劇場にデビュー以来、モーツァルト歌いとして既に高い評価を得ているソプラノ、ヴァレンティナ・ナフォルニツァのデビュー・アルバム。 モーツァルトを中心に、チャイコフスキーやドヴォルザークのアリアな...

    クラシック|2019年12月18日 (水) 15:10

  • D・R・デイヴィス、ペテルセン/エトヴェシュ:歌劇『三人姉妹』全曲

    ロシアの文豪チェーホフの同名戯曲に基づくエトヴェシュの歌劇『三人姉妹』。デニス・ラッセル・デイヴィスとニコライ・ペテルセンの2人が指揮を担当する複雑なオーケストラの響きも聴きどころです。

    クラシック|2019年12月16日 (月) 16:10

  • 【在庫特価】ビオンディ/ベッリーニ:『カプレーティとモンテッキ』

    ビオンディが『カプレーティとモンテッキ』をピリオド・スタイルで録音。主役2人はヴィヴィカ・ジュノーとヴァレンティナ・ファルカシュという古楽スペシャリスト。在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2019年12月06日 (金) 18:00

  • 【在庫特価】GLOSSA厳選

    GLOSSAレーベルの厳選アイテムを在庫限りの特別価格でご提供します。

    クラシック|2019年12月06日 (金) 18:00

  • 【在庫特価】ビオンディ/ヴェルディ:『マクベス』

    イタリア古楽界を代表するバロック・ヴァイオリン奏者、指揮者ファビオ・ビオンディが、エウローパ・ガランテを弾き振りしてのヴェルディ:『マクベス』。2017年8月、ワルシャワ大劇場でのライヴ録音です。在庫限りの特別価格。

    クラシック|2019年12月05日 (木) 18:00

  • ヤーコプス/ベートーヴェン:『レオノーレ』第1稿(2CD)

    ヤーコプスがフライブルク・バロック・オーケストラを指揮し、ベートーヴェンの歌劇『レオノーレ』(第1稿)を録音。ヤーコプスは台詞部分にも注目し、ゾンライトナーの台本を尊重しつつ、原作のフランス語の小説にあたるなどして、多少の編集を施しながら、...

    クラシック|2019年12月03日 (火) 16:30

  • 【映像】オッフェンバック:喜歌劇『追い出された亭主』

    日本語字幕付き。オッフェンバックの生誕200年を記念し、テアトロ・デル・マッジョ・ムジカーレ・フィオレンティーノ(フィレンツェ5月音楽祭劇場)で上演された1幕物の喜歌劇『追い出された亭主』。演出は、ルイージ・ディ・ガンジ&ウーゴ・ジャコマッ...

    クラシック|2019年11月26日 (火) 18:00

  • 【発売】マゼール&ベルリン・ドイツ・オペラの1963年『トリスタン』

    1963年11月1日、日生劇場でのステレオ・ライヴ。なんと、マゼール&ベルリン・ドイツ・オペラのワーグナー『トリスタンとイゾルデ』のライブ録音が登場!もちろん初出音源。33歳のマゼールの若々しい推進力あふれる演奏が新鮮です。

    クラシック|2019年11月20日 (水) 16:35

  • 【発売】ホルライザー&ベルリン・ドイツ・オペラ/ベルク:『ヴォツ...

    1963年11月6日、日生劇場でのステレオ・ライヴ録音。日生劇場の記念すべきこけら落し公演ベルリン・ドイツ・オペラによるベルクの『ヴォツェック』は、10月25日公演が同曲の本邦初演でもありました。

    クラシック|2019年11月20日 (水) 14:00

  • 【映像】ラングレ&シャンゼリゼ管/トマ:歌劇『ハムレット』

    2018年12月19,21日、パリ、オペラ=コミーク座でのライヴ収録。演出はシリル・テスト。ハムレット役はステファン・デグー、オフィーリア役はサビーヌ・ドゥヴィエルが演じています。

    クラシック|2019年11月11日 (月) 17:00

  • 【映像】ミンコフスキ/ワーグナー『オランダ人』初稿版

    『さまよえるオランダ人』初稿版の映像。ミンコフスキは2013年にこのオペラをCDでリリースしていますが、同じ題材のディーチュ『幽霊船』を併録した4枚組といささかマニア向けでした。今回は映像、日本語字幕付きが嬉しいかぎり。

    クラシック|2019年10月31日 (木) 11:00

  • 【在庫特価】『トゥット・ヴェルディ』(27BD)

    日本語字幕付き。C Majorレーベルから発売された大型企画盤、ヴェルディの26のオペラ、レクィエム、さらに52分のドキュメンタリー映像を収録したブルーレイ27枚組ボックスを、在庫限りの特別価格でご提供します。

    クラシック|2019年10月30日 (水) 21:00

  • 【在庫特価】ロイヤル・オペラ・コレクション(18BD)

    古典から現代まで15の名作オペラを網羅したブルーレイ18枚組BOX。在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2019年10月30日 (水) 19:00

  • アルフレード・クラウス/歌の芸術〜アリアとデュエット集(2CD)

    フィレンツェ五月音楽祭レーベルよりスペインの名テノール、アルフレード・クラウスの名唱を集めた2枚組アルバムが登場。アリアのほかコッソット、リッチャレッリ、グルベローヴァといった有名歌手とのデュエットも収録しています。

    クラシック|2019年10月29日 (火) 14:40

  • 【在庫特価】S・クイケン/モーツァルト・オペラ・ボックス(12CD)

    実演ならではの生き生きとしたアプローチが基本にありながらも、クイケン流の純度の高い響きが随所に聴きどころをつくっており、モーツァルトのドラマを美麗なサウンドで楽しむことができます。古楽器オーケストラ、「ラ・プティット・バンド」の貢献度の高さ...

    クラシック|2019年10月22日 (火) 15:00

  • 初出!マゼール&ベルリン・ドイツ・オペラの1963年『トリスタン』

    1963年11月1日、日生劇場でのステレオ・ライヴ。なんと、マゼール&ベルリン・ドイツ・オペラのワーグナー『トリスタンとイゾルデ』のライブ録音が登場!もちろん初出音源。33歳のマゼールの若々しい推進力あふれる演奏が新鮮です。

    クラシック|2019年10月21日 (月) 18:00

  • ホルライザー&ベルリン・ドイツ・オペラ/ベルク:『ヴォツェック』

    1963年11月6日、日生劇場でのステレオ・ライヴ録音。日生劇場の記念すべきこけら落し公演ベルリン・ドイツ・オペラによるベルクの『ヴォツェック』は、10月25日公演が同曲の本邦初演でもありました。

    クラシック|2019年10月21日 (月) 18:00

  • ガッティ&RCOの『サロメ』がBD,DVD,SACDでそれぞれ登場

    「RCO LIVE」久々の新譜は、2017年6月にオランダ国立歌劇場で上演された、ガッティ指揮によるR.シュトラウスの『サロメ』。ブルーレイ、DVD、SACDハイブリッドの3種でのリリースです。

    クラシック|2019年10月15日 (火) 17:00

  • 【映像】シカゴ・リリック・オペラ/『オルフェオとエウリディーチェ...

    日本語字幕付き。世界的振付師のジョン・ノイマイヤーが振付・演出・舞台・衣装・照明を担当し、シカゴ・ジョフリー・バレエ団とのコラボレーションした舞台の映像が登場。指揮は、ハリー・ビケット。2018年、シカゴ・リリック・オペラでのライヴ収録です...

    クラシック|2019年10月15日 (火) 15:10

  • 【映像】ボリショイ・オペラ/チャイコフスキー:『エフゲニ・オネー...

    日本語字幕付き。ボリショイ・オペラが当時最高のキャスティングで臨んだ2008年のパリ引っ越し公演の模様で、ガルニエ宮でのライヴ収録です。演出はドミトリー・チェルニャコフ。指揮は、アレクサンドル・ヴェデルニコフです。

    クラシック|2019年10月15日 (火) 15:00

  • 【映像】ロイヤル・オペラ・ハウス2019/ヴェルディ:『椿姫』

    日本語字幕付き。2019年1月23,30日、ロンドン、コヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスでのライヴ収録。当代きってのヴィオレッタ歌いの呼び声高いエルモネラ・ヤオの『椿姫』の映像が登場。指揮はアントネッロ・マナコルダです。

    クラシック|2019年10月15日 (火) 15:00

  • ドニゼッティのヒロインたち〜9つのオペラ全曲(13DVD)

    Dynamicレーベルからドニゼッティの『ランメルモールのルチア』や『アンナ・ボレーナ』、『ケニルワース城のエリザベッタ』、フランス語版『ファヴォリータ』など、魅力的な作品9作を収録したDVDボックスが登場。

    クラシック|2019年10月11日 (金) 16:20

  • ロベルト・アラーニャ/『カルーソー』

    現代最高の名テノールの一人、ロベルト・アラーニャ。2018年発売のプッチーニのデュエット・アルバムに続くソニー・クラシカル移籍第2弾は、伝説の名テノール、エンリコ・カルーソー[1873-1921]に捧げられたトリビュート・アルバムです。

    クラシック|2019年10月11日 (金) 16:00

  • 日生劇場ステレオ・ライヴ! ベームの『フィガロ』(3CD)

    フィッシャー=ディースカウをはじめベリー、マティス、グリュンマー、ケートなど往年の名歌手がズラリ。当時69歳のベームもテンポが速く、モーツァルトの生き生きした世界を見事に再現。一期一会の公演の貴重な記録です。

    クラシック|2019年09月28日 (土) 08:40

  • 日生劇場ステレオ・ライヴ!ベームの『フィデリオ』(2CD)

    日本の聴衆に価値観がひっくり返る衝撃を与えたとされる伝説的な公演が、最新リマスタリングで新たに蘇ります。ルートヴィヒ、キング、グラインドル、ナイトリンガー、そしてベームの指揮。日本オペラ上演史に残る名演です。

    クラシック|2019年09月28日 (土) 08:40

  • カルロス・クライバー/『こうもり』(2CD+BDA)

    カルロス・クライバーの録音の中でも屈指の名盤として知られるこの録音は、スタジオ録音ながら他の録音では得られない、劇場で体験するような感動をもたらします。CD2枚組+BDオーディオ。

    クラシック|2019年09月26日 (木) 18:20

  • 【映像】『オルフェオとエウリディーチェ』ベルリオーズ版

    グルックに深く心酔していたベルリオーズが改編した『オルフェオとエウリディーチェ』の映像が登場。ピグマリオンを縦横に指揮するラファエル・ピションの演奏、モダンで美しく造形された舞台も印象的。日本語字幕付きです。

    クラシック|2019年09月24日 (火) 16:10

  • 【映像】ロッシーニ:『リッチャルドとゾライデ』

    上演機会の少ない本作を、史上最高のロッシーニ・テノールの異名をもつフアン・ディエゴ・フローレスと、メトロポリタン歌劇場で活躍中の新鋭、プリティ・イェンデなど豪華キャストで楽しめます。日本語字幕付き。

    クラシック|2019年09月18日 (水) 16:00

  • ヨナス・カウフマン/『ウィーン』(デジパック限定盤)

    ヨナス・カウフマンのニュー・アルバムは『ウィーン』と題され、1870年から1950年にかけて作曲されたオペレッタの名アリア、そしてウィーンのポピュラー・ソングをたっぷり収録。バックはウィーン・フィルという豪華版。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 17:10

  • ベンジャミン・ベルンハイム/デビュー・アルバム

    いまもっとも注目を集めるパリ生まれのリリック・テノールがDGからデビュー。ヴェルディ、ドニゼッティ、グノー、マスネの定番から、バンジャマン・ゴダール『ダンテ』からの珍しいアリアも。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 16:40

  • 【LP】クルレンツィス「モーツァルト:レクイエム」がハイスペック・...

    クルレンツィスのベストセラー作品がハイスペック・アナログで待望のリリース。45回転で180g重量盤2枚組LP。

    クラシック|2019年08月28日 (水) 17:00

  • ヤノフスキ&hr響/ウェーバー:『魔弾の射手』

    SACDハイブリッド盤。2018年11月のライヴ録音。巨匠マレク・ヤノフスキが、hr交響楽団を指揮してウェーバーの『魔弾の射手』を再録音。歌手陣も充実しており、アガーテ役はリーゼ・ダヴィドセン、マックス役はアンドレアス・シャーガーが担当して...

    クラシック|2019年08月22日 (木) 17:00

  • ペイジ/モーツァルト:『アポロとヒュアキントゥス』

    2011年8月録音。以前、Linn Recordsからリリースされていたイアン・ペイジ&クラシカル・オペラのモーツァルト:歌劇『アポロとヒュアキントゥス』全曲が、Signum Classicsから再登場。

    クラシック|2019年08月20日 (火) 11:00

  • 【映像】チューリッヒ歌劇場/ドビュッシー:『ペレアスとメリザンド...

    日本語字幕付き。先鋭的な上演で世界中のオペラ・ファンの注目を集めるチューリッヒ・オペラで、2016年に上演されたチェルニャコフによる新制作、新演出の『ペレアスとメリザンド』の映像が登場。指揮はアラン・アルティノグリュです。

    クラシック|2019年08月14日 (水) 12:45

  • 【映像】ジェレミー・ローレル/ロッシーニ:『セヴィリャの理髪師』

    日本語字幕付き。2017年12月、パリ、シャンゼリゼ劇場でのライヴ収録。ジェレミー・ローレル指揮、ル・セルクル・ドゥラルモニー(ピリオド楽器使用)による演奏で、演出はロラン・ペリー。フィガロはフローリアン・センペイ、ロジーナはカトリーヌ・ト...

    クラシック|2019年08月14日 (水) 12:40

  • 【映像】パルマ・レッジョ劇場/ヴェルディ:『トルヴェール』

    日本語字幕付き。ヴェルディの名作オペラ『トロヴァトーレ』。ヴェルディ自身の手によりグランド・オペラの様式に書き換えたフランス語版『トルヴェール』の映像が登場。指揮はロベルト・アバド、演出はロバート・ウィルソンです。

    クラシック|2019年08月14日 (水) 12:30

  • 【映像】フィレンツェ五月音楽祭2018/プッチーニ:『妖精ヴィッリ』

    2018年10月25日、フィレンツェ、テアトロ・コムナーレでのライヴ収録。演出はフランチェスコ・サポナーロ、指揮はマルコ・アンジウスです。ヴィッリを歌うマリア・テレーザ・レーヴァの豊かな声など、キャスト陣も素晴らしいな歌を聴かせます。

    クラシック|2019年08月14日 (水) 12:10

  • ナガノ/ムソルグスキー:『ボリス・ゴドゥノフ』1869年原典版

    SACDハイブリッド盤。ケント・ナガノがBISレーベル初登場。エーテボリ交響楽団を指揮し、ムソルグスキー:歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』1869年原典版を録音しました。

    クラシック|2019年08月09日 (金) 17:50

  • バイロイト音楽祭1950年代ライヴ集(12CD)

    フランスのクラシック音楽専門誌「ディアパゾン」の自主レーベルより、編集長エマニュエル・デュピュイや、同誌のジャーナリストたちが選出した1950年代のバイロイト音楽祭での4つのライヴ録音を収録したBOXが登場。

    クラシック|2019年08月01日 (木) 16:00

  • ガードナー&ベルゲン・フィル/バルトーク:歌劇『青ひげ公の城』

    SACDハイブリッド盤。エドワード・ガードナーのバルトーク録音最新盤。メルボルン響との『中国の不思議な役人』、ベルゲン・フィルとの『オケコン』に続く第3弾は、歌劇『青ひげ公の城』全曲です。

    クラシック|2019年07月31日 (水) 15:00

  • 世界初録音!サリエリ:歌劇『ヴェネツィアの定期市』全曲

    サリエリが22歳の時に作曲し、1772年1月29日にウィーンで初演され機知に富むオペラ・ブッファとして、ヨーロッパ中で高い評価を得たオペラ『ヴェネツィアの定期市』の世界初録音。ヴェルナー・エールハルト指揮、ラルテ・デル・モンドによる演奏。

    クラシック|2019年07月26日 (金) 16:40

  • エルダー&LPO/プッチーニ:『妖精ヴィッリ』

    2018年録音。プッチーニの初期作品『妖精ヴィッリ』。これはMartin Deasyが再構築した初稿版による録音です。マーク・エルダー指揮ロンドン・フィルの演奏で、主役のアンナを歌うのは、若手注目のソプラノ、エルモネラ・ヤホ。

    クラシック|2019年07月26日 (金) 14:10

  • アッシャー・フィッシュ/ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』

    2018年8月、パース・コンサート・ホールでの演奏会形式上演のライヴ録音。アッシャー・フィッシュ&西オーストラリア響による演奏で、オーストラリアのヘルデン・テノール、スチュアート・スケルトンがトリスタンを、ドイツのソプラノ、グン=ブリット・...

    クラシック|2019年07月26日 (金) 13:30

  • ウィーン国立歌劇場創立150年記念BOX(22CD)

    ORFEOレーベルからウィーン国立歌劇場創立150年を記念したCD22枚組ボックスが登場!アバド指揮のロッシーニ『ランスへの旅』(1988年)、ヴェルザー=メスト指揮の『トリスタンとイゾルデ』(2013年)など、初出音源も複数収録されていま...

    クラシック|2019年07月25日 (木) 18:10

  • 【映像】ウェルバー&LPO/プッチーニ:『蝶々夫人』

    日本語字幕付き。2018年グラインドボーンでのライヴ収録。モルドバ出身のソプラノ ブズィオクが蝶々さんを演じ、純粋で清楚な容姿と演技、確かな技術に支えられながら儚さを湛えた歌唱が作品の世界と絶妙に重なり、伸びやかな美声を聴かせるジョシュア・...

    クラシック|2019年07月24日 (水) 17:00

  • 【映像】アレーナ・ディ・ヴェローナ・ボックス Vol.1

    アレーナ・ディ・ヴェローナでのライヴ3タイトル、2010年のプッチーニ:『トゥーランドット』、2011年のグノー:『ロメオとジュリエット』、2013年のヴェルディ:『アイーダ』を収録したお買い得ボックス登場。

    クラシック|2019年07月24日 (水) 16:00

  • ルセ&レ・タラン・リリク/グノー:『ファウスト』1859年版(3CD)

    ルセ率いるレ・タラン・リリクによる、グノーの『ファウスト』が登場。ベルンハイムとジャンスなどキャストも粒ぞろいですが、1859年初演時のオペラ・コミック版を収録している点も注目です。

    クラシック|2019年07月17日 (水) 13:00

もっと見る +