トピックス

  • ジョン・ネルソン/ベルリオーズ:ファウストの劫罰

    ネルソンがストラスブール・フィルとおこなった演奏会のライヴ。ファウスト役のスペシャリストとして知られるスパイアーズ、人気のディドナートの参加にも注目です。コンサートのハイライト映像を収録したDVD付きです。

    クラシック|2日前

  • デイヴィッド・ジョン・パイク/マーラー歌曲集のオルガン伴奏版

    カナダ出身のバリトンによるマーラーの歌曲集〜さすらう若者の歌、亡き子をしのぶ歌、リュッケルト歌曲集、そして『原光』〜はオルガン伴奏版。重要なオルガンを担うのは作編曲家としても知られるデイヴィッド・ブリッグス。

    クラシック|2日前

  • オリーマンス&ジャコメッティ/冬の旅

    フィッシャー=ディースカウの秘蔵っ子、またジェラール・スゼーの再来とも謳われるオランダの大器トーマス・オリーマンス。パオロ・ジャコメッティとのデュオ第2弾は、リートの最高峰シューベルトの『冬の旅』。

    クラシック|4日前

  • ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(ピアノ伴奏版)

    1876年のピアノ伴奏版による演奏。翌年の完成版に比べ3曲少なく簡素なつくりですが、作曲者の真摯な思いが強く反映された美しく素朴な仕上がり。コンサートのあまりの評判の良さにリリースが決定したという一枚です。

    クラシック|5日前

  • ゲルハーヘル/シューマン歌曲全集 第2弾〜ミルテの花

    今やドイツ・リート界最高峰として揺るぎない地位を確立しているクリスティアン・ゲルハーヘル。今回はシューマンが結婚の年にクララに捧げた『ミルテの花』。カミラ・ティリングを相手役にほぼ交互に歌われています。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 16:40

  • 【LP】 音楽の都『ウィーン』に捧げた、ヨナス・カウマンの新作

    世界のオペラ界が出演を熱望するヨナス・カウフマンがアダム・フィッシャー指揮ウィーン・フィルで贈る新作『ウィーン』のアナログ盤。1870年から1950年にかけて作曲された、オペレッタの名アリア、ウィーンのポピュラー・ソングをたっぷり収録。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 16:30

  • クリストファーズ&HHS/ハイドン:交響曲第99番、ハルモニー・ミサ

    アメリカ最古の古楽オーケストラと第13代音楽監督クリストファーズのコンビによるハイドン・ライヴ・シリーズ。今回は「ロンドン交響曲集」の一曲第99番と、管楽合奏と4人の独唱、合唱による『ハルモニー・ミサ』。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 09:10

  • ヘンゲルブロック/シューベルト:未完成、スターバト・マーテル

    ヘンゲルブロックが手兵バルタザール=ノイマン・アンサンブル&合唱団と挑んだシューベルトとシューマン。それぞれの宗教的声楽作品の間に名曲『未完成』交響曲を挟むという構成です。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 18:40

  • プレガルディエン/シューマン&ワーグナー

    当代きっての名歌手の一人、クリストフ・プレガルディエンによる珠玉の名品。シューマン:詩人の恋と『レーナウの6つの詩とレクィエム』、ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集。

    クラシック|2019年09月04日 (水) 13:20

  • ガルバレク&ヒリヤード・アンサンブル/リメンバー・ミー、マイ・デ...

    聖歌とサックスを融合させた『オフィチウム』から25年。独特の世界に誘う最新アルバムは、2014年10月のツアーでライヴ録音されたものです。

    クラシック|2019年09月04日 (水) 11:30

  • サカリ・オラモ&BBC交響楽団/スマイス:ミサ曲ニ調

    オラモ&BBC響の新録音は、19世紀後半の女性作曲家の偉大な先駆者であり、デイムの称号を叙された最初の女性作曲家、エセル・メアリー・スマイスのミサ曲。

    クラシック|2019年09月02日 (月) 13:10

  • 【入荷】シュトゥットガルト声楽アンサンブル/日本の合唱作品集

    大好評シリーズ、指揮者クリードとSWRシュトゥットガルト声楽アンサンブルによる世界の合唱曲に「日本の作品集」が登場!武満徹、細川俊夫、間宮芳生、近藤 譲の作品を収録しています。

    クラシック|2019年08月22日 (木) 17:00

  • ティチアーティ/デュリュフレ:レクィエム、ドビュッシー:夜想曲

    2019年録音。ティチアーティ&ベルリン・ドイツ響の最新盤。デュリュフレの『レクィエム』はフルオケ版での演奏で、メゾ・ソプラノ独唱はコジェナーが担当。バリトン独唱は合唱のバス・パートによるユニゾンに置き換えられています。

    クラシック|2019年08月05日 (月) 17:00

  • マティス/歌曲リサイタル 1975年ルツェルン・ライヴ

    1975年9月3日、ルツェルン、クンストハウスでのステレオ・ライヴ。定評ある「Audite」レーベルの「1stマスター・リリース」のルツェルン・フェスティヴァル・シリーズ。第14弾は、ソプラノ歌手エディト・マティスの歌曲リサイタルです。

    クラシック|2019年07月30日 (火) 12:00

  • ネルソン&フィルハーモニア管/ベルリオーズ:レクィエム(CD+DVD)

    ベルリオーズ没後150年の命日2019年3月8日にロンドン、セント・ポール大聖堂で行われた演奏会のライヴ録音。10人のティンパニ奏者と2組の合唱団、4組のバンダなど、300人以上の演奏者が集結。テノールはマイケル・スパイアーズです。

    クラシック|2019年07月26日 (金) 17:40

  • マリー=ニコル・ルミュー/ショーソン:愛と海の詩、他

    カナダ出身のコントラルト、マリー=ニコル・ルミューが歌う「海」に因んだ歌曲集。エルガー:『海の絵』、ショーソン:『愛と海の詩』、ジョンシエール:交響的頌歌『海』を収録。伴奏は、ポール・ダニエル&フランス国立ボルドー・アキテーヌ管。

    クラシック|2019年07月26日 (金) 14:10

  • コジェナー&ラトル/『ソワレ』〜「わが母の教えたまいし歌」他

    SACDハイブリッド盤。コジェナーの最新盤は、ラトルがピアノ演奏で参加した夫婦共演盤。夕刻から仲間たちとアンサンブルを楽しむというコンセプトで、コジェナーが信頼を寄せる名手と珠玉の歌曲を歌い上げます。

    クラシック|2019年07月11日 (木) 17:00

  • SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブル/ロッシーニ:小ミサ・ソレ...

    ルペルト・フーバー指揮SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブルによるロッシーニ:『小ミサ・ソレムニス』が、廉価盤で再登場。1995年録音。

    クラシック|2019年07月11日 (木) 15:30

  • SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブル/ラフマニノフ:晩祷

    マルクス・クリード指揮SWRシュトゥットガルト声楽アンサンブルによるラフマニノフ:『晩祷』が、廉価盤で再登場。2004年録音。

    クラシック|2019年07月11日 (木) 15:20

  • ジェラルド・フィンリー/シューベルト:『白鳥の歌』

    カナダの名バリトン、ジェラルド・フィンリーの最新盤は、シューベルト:『白鳥の歌』とブラームス:『4つの厳粛な歌』のカップリング。

    クラシック|2019年07月11日 (木) 00:00

  • シュトゥットガルト声楽アンサンブル/日本の合唱作品集

    大好評シリーズ、指揮者クリードとSWRシュトゥットガルト声楽アンサンブルによる世界の合唱曲に「日本の作品集」が登場!武満徹、細川俊夫、間宮芳生、近藤 譲の作品を収録しています。

    クラシック|2019年07月09日 (火) 12:01

  • 『室内合唱団 日唱による伊福部昭個展』

    伊福部門下の和田薫による師の十年祭へ捧ぐ無伴奏合唱曲からコンサートは幕を開けます。音を穿ち、響きを創出するピアノによる透徹した世界とエレクトーンオーケストラによる熱狂の歓喜へ至る伊福部合唱個展。2時間半に及ぶ重量級コンサートを2枚組CDとし...

    クラシック|2019年07月03日 (水) 16:10

  • ヴィレーム・プジビル/ヤナーチェク:消えた男の日記、他

    スプラフォン・レーベルのアーカイブからチェコを代表するテノール、プジビルが1970年代に残したスメタナの『夕べの歌』、ドヴォルザークの『聖歌の歌』、ヤナーチェクの『消えた男の日記』を収録したアルバムが登場。

    クラシック|2019年07月02日 (火) 12:01

  • カペラ・マリアーナ/ルネサンス期プラハの声楽作品集

    バッハ・コレギウム・ジャパンでもおなじみの名歌手ハナ・ブラシコヴァも参加しているチェコを代表する声楽アンサンブル「カペラ・マリアーナ」がルネサンス期、プラハの声楽作品を収録しました。

    クラシック|2019年07月02日 (火) 11:50

  • エド・ライオン/17世紀のプレイリスト

    カンブルラン&読響のメシアン:『アッシジの聖フランチェスコ』にも参加したイギリスのテノール、エド・ライオンの初ソロ録音が登場。17世紀イタリア、フランスを中心とする歌曲を集めたアルバムです。

    クラシック|2019年07月02日 (火) 11:30

  • イアン・ボストリッジ/シューベルト:『冬の旅』、再録音

    知的なアプローチ、多彩な美声、そして繊細な語り口で21世紀を担うリート歌手イアン・ボストリッジが、シューベルトの歌曲集『冬の旅』を再録音!2018年9月、ロンドン、ウィグモア・ホールでのライヴ録音です。ピアノは、トーマス・アデスです。

    クラシック|2019年06月25日 (火) 12:05

  • ドゥネーヴ&RCO/オネゲル:『火刑台上のジャンヌ・ダルク』

    SACDハイブリッド盤。近年活躍が目覚ましいフランスの指揮者ステファヌ・ドゥネーヴが、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したオネゲル:『火刑台上のジャンヌ・ダルク』のライヴ録音が登場。

    クラシック|2019年06月21日 (金) 16:00

  • ヴィンツバッハ少年合唱団/『ウォーター&スピリット』

    ドイツの数ある少年合唱団の中でも、正確な音程と美しい歌声で一糸乱れぬ完成度の高さをもつ「ヴィンツバッハ少年合唱団」。さまざまな賛美歌のヴァリエーションを集めたもので、バロック時代に始まり、ロマンを経て現代にいたる幅広い時代の合唱曲を収録し、...

    クラシック|2019年06月14日 (金) 16:00

  • フィリップ・スライ/シューベルト:冬の旅(アンサンブル伴奏版)

    カナダ有数のバス・バリトン、フィリップ・スライが歌う『冬の旅』。しかも、クラリネット、トロンボーン、アコーディオン、ヴァイオリン、ピアノ、ハーディ・ガーディによる伴奏での録音です。

    クラシック|2019年06月11日 (火) 16:30

  • ペーテル・マッテイ/シューベルト:『冬の旅』

    SACDハイブリッド盤。1965年スウェーデン生まれのバリトン歌手のペーテル・マッテイが満を持して『冬の旅』を録音しました。オペラ作品を中心に幅広いレパートリーを誇るマッテイですが、50代半ばとなった今、『冬の旅』を驚くほど美しい歌声で披露...

    クラシック|2019年06月10日 (月) 12:50

  • セーゲルスタム/ベートーヴェン:『オリーブ山上のキリスト』

    レイフ・セーゲルスタムの最新盤は、トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェン:オラトリオ『オリーブ山上のキリスト』、『悲歌』です。

    クラシック|2019年05月21日 (火) 16:25

  • 【LP】フル・オーケストラ版フォーレ:レクイエム

    ヘレヴェッヘのフォーレのレクイエム(フル・オーケストラ版)が初LP化。1998年に出版された校訂譜を使用。ピリオド楽器のオーケストラによる超絶の美しい世界。

    クラシック|2019年05月16日 (木) 16:10

  • ラトヴィア放送合唱団/チャイコフスキー:聖ヨハネ・クリュソストム...

    チャイコフスキーの『聖ヨハネ・クリュソストムスの典礼』と、9つの宗教的合唱曲を収録。2019年1月、ラトヴィア、リガ、聖ヨハネ教会での録音です。

    クラシック|2019年05月16日 (木) 15:00

  • 【在庫特価】C・ルートヴィヒ/リサイタル録音ボックス(11CD)

    ドイツのメゾ・ソプラノ、クリスタ・ルートヴィヒが旧EMIで録音したリサイタル・アルバムをまとめたCD11枚組ボックスを、在庫限りの特別価格でご提供します。

    クラシック|2019年05月13日 (月) 19:00

  • エルンスト・ヘフリガー・エディション(12CD)

    20世紀の名テノール歌手の一人、エルンスト・ヘフリガーの生誕100年を記念し、ドイツ・グラモフォンからCD12枚組ボックスが登場。シューベルトの三大歌曲集をはじめ、様々な録音が収録されています。

    クラシック|2019年05月10日 (金) 19:10

  • リーゼ・ダヴィドセン/R.シュトラウス:4つの最後の歌、他

    ノルウェーのソプラノ歌手リーゼ・ダヴィドセンのDECCAデビュー・アルバム。R.シュトラウス:4つの最後の歌、歌曲集、ワーグナー:『タンホイザー』からのアリアを収録。伴奏はサロネン&フィルハーモニア管弦楽団です。

    クラシック|2019年05月10日 (金) 17:00

  • ルネ・フレミング/ブラームス、シューマン、マーラー:歌曲集

    ルネ・フレミングの最新盤は、ブラームスの歌曲集、シューマンの『女の愛と生涯』、マーラーのリュッケルト歌曲集です。

    クラシック|2019年05月10日 (金) 17:00

  • フリッツ・ヴンダーリヒ/20世紀の音楽集(3CD)

    ドイツのテノール歌手、フリッツ・ヴンダーリヒ[1930-1966]がSWR放送に残した録音をまとめたシリーズの第8弾。今回は20世紀の作曲家たちの作品を収録。

    クラシック|2019年05月10日 (金) 17:00

  • ピオー/19世紀フランスの管弦楽伴奏付歌曲集

    ソプラノ歌手、サンドリーヌ・ピオーの最新盤は、ピリオド楽器による管弦楽団と歌う、フランス近代歌曲集です。伴奏は、ジュリアン・ショーヴァン指揮、ル・コンセール・ド・ラ・ロージュ。

    クラシック|2019年05月08日 (水) 16:45

  • ザ・シックスティーン 40周年記念コレクション(2CD)

    ザ・シックスティーンの結成40周年を記念して、自主レーベル「Coro」に録音してきた名盤から厳選した40トラックを収録したコレクション・アルバムがリリースされます。

    クラシック|2019年04月10日 (水) 18:00

  • コントラット/室内アンサンブル伴奏版マーラー:『子供の不思議な角...

    クラウス・ジーモン版によるマーラーの交響曲第4番でも高い評価を得た指揮者グラツィエッラ・コントラット。当ディスクはジーモン編曲による室内オーケストラとテノールホルンによる伴奏版で『子供の不思議な角笛』を収録しました。

    クラシック|2019年04月10日 (水) 15:00

  • ベルリン放送合唱団/ブラームス:合唱作品集

    ドイツで最も成功を収めている混声合唱団「ベルリン放送合唱団」。現在の首席指揮者ヘイス・レーナースのもとで録音した最新盤は、ブラームスの合唱曲集。

    クラシック|2019年04月08日 (月) 18:30

  • ヌリア・リアル、ディマ・オルショー/『マザー』

    「母」をテーマに、西洋と東洋が邂逅するコンセプト・アルバム。ヌリア・リアルが「西洋」の代表としてバロック様式によるアリアを、そしてシリア出身のメゾ・ソプラノ、ディマ・オルショーが「東洋」の代表として、母親をテーマとした自作の歌曲を歌っていま...

    クラシック|2019年04月08日 (月) 18:30

  • ベルニウス/ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス

    フリーダー・ベルニウスのベートーヴェン:ミサ・ソレムニスが登場!オケはホーフカペレ・シュトゥットガルト、合唱はシュトゥットガルト室内合唱団です。2018年10月、ドイツ、アルピルスバッハの修道院教会での録音。

    クラシック|2019年04月04日 (木) 17:55

  • 【LP】リタ・シュトライヒ/世界の民謡と子守歌

    永遠の歌姫、リタ・シュトライヒによる世界の民謡と子守歌が180グラム重量盤LPで発売。濃厚な歌声がオリジナルさながらの音質で復刻。

    クラシック|2019年04月04日 (木) 15:10

  • ブリギッテ・ファスベンダー・エディション(11CD)

    2019年7月3日に80歳の誕生日を迎えるブリギッテ・ファスベンダーを祝し、賞賛された多くの録音を集めたCD11枚組のボックスが登場。

    クラシック|2019年04月03日 (水) 16:00

  • テミルカーノフ/ヴェルディ:レクィエム

    テミルカーノフ&サンクト・ペテルブルク・フィルのヴェルディ:レクィエムのライヴ(2017年12月19日)が、CD、ブルーレイ、DVDでそれぞれ登場。

    クラシック|2019年03月29日 (金) 17:30

  • エドヴァルド・グリーグ合唱団、グリーグを歌う

    SACDハイブリッド盤。エドヴァルド・グリーグ合唱団は、グリーグ博物館「トロールハウゲン」のレジデント・ア・カペラ・アンサンブルとしてベルゲンに創設されました。このアルバムでは、グリーグの合唱曲、ノルウェー民謡などを収録しています。

    クラシック|2019年03月29日 (金) 17:20

  • ユリアン・プレガルディエン/シューマン:『詩人の恋』、他

    クリストフ・プレガルディエンの息子、ユリアン・プレガルディエンが、シューマン:『詩人の恋』を中心にロベルト&クララ・シューマンの歌曲集を録音。ピアノはエリック・ル・サージュ。二重唱曲ではサンドリーヌ・ピオーが共演です。

    クラシック|2019年03月28日 (木) 16:00

  • ガランチャ/Sol y Vida〜『帰れソレントへ』、他

    ガランチャの最新盤は、スペインからイタリアとラテン・アメリカへ、エリーナ・ガランチャが南国を旅する、コアなクラシック・レパートリーではない曲だけが集められた初めてのアルバムです。『帰れソレントへ』、『カタリ・カタリ』、『グラナダ』などを収録...

    クラシック|2019年03月27日 (水) 16:30

  • ノイマン/ヴァンハル:荘厳ミサ、悲しみの聖母(2CD)

    ヴァーツラフ・ノイマン&ヴィルトゥオージ・ディ・プラハによる、ヴァンハルの『ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ)』、『スターバト・マーテル(悲しみの聖母)』、交響曲ニ短調を収録した2枚組。1993、94年デジタル録音。

    クラシック|2019年03月22日 (金) 16:01

  • ウィーン少年合唱団/宗教作品集(7CD)

    このボックスは、ペーター・マルシック指揮ウィーン少年合唱団による1993年から1995年の録音を集めたもの。ヘンデル:『メサイア』、ハイドン:『天地創造』、モーツァルト:レクィエム、戴冠式ミサなどを収録。

    クラシック|2019年03月19日 (火) 12:00

  • アンサンブル・プラネタ/『PLANETA』

    2001年にデビューした「アンサンブル・プラネタ」、9枚目のオリジナル・アルバムは、新メンバーによる6曲入りのミニ・アルバム。クラシックのメロディを書上奈朋子アレンジで歌うスタイルが多い彼女たちですが、今回は全てオリジナル曲となっています。

    クラシック|2019年03月06日 (水) 12:45

  • ガーディナー&モンテヴェルディ合唱団/『愛はふたたび〜復活祭の祈...

    イースターを祝う、ガーディナーによる美しい合唱曲集。復活祭の流れに沿って組曲のように構成された連作絵画を思わせるプログラムで、キリスト復活の劇的な物語を清廉な音楽にのせて語ります。モンテヴェルディ合唱団による極上のハーモニーがたまりません。

    クラシック|2019年02月19日 (火) 17:00

  • マクリーシュ/『イギリスの戴冠 1902〜1953』

    ポール・マクリーシュとガブリエリ・コンソート&プレーヤーズによる最新盤は、20世紀イギリスを舞台に、1902年エドワード7世、1911年ジョージ5世、1937年ジョージ6世、1953年エリザベス2世の戴冠式を再現。

    クラシック|2019年02月19日 (火) 17:00

  • ヴェロニク・ジャンス/ショーソン:『愛と海の詩』

    古楽から近代まで幅広いレパートリーで名演をくりひろげてきたヴェロニク・ジャンス。最新盤は、ショーソン:『愛と海の詩』。伴奏はアレクサンドル・ブロック&フランス国立リール管弦楽団。カップリングは同じくショーソンの交響曲。

    クラシック|2019年02月19日 (火) 00:00

  • ラトル&LSO/ベルリオーズ:劇的物語『ファウストの劫罰』

    SACDハイブリッド盤。サイモン・ラトル&ロンドン交響楽団の最新盤は、ベルリオーズの大編成声楽作品『ファウストの劫罰』。2017年9月、ロンドン、バービカン・センターでのライヴ録音です。

    クラシック|2019年02月18日 (月) 17:55

  • キャロリン・サンプソン/『狂気のなかの正気』

    SACDハイブリッド盤。ソプラノ歌手キャロリン・サンプソンの最新盤は、愛に殉じて狂死もしくは自ら命をたつヒロインを題材とした歌曲をまとめたアルバム。

    クラシック|2019年02月08日 (金) 17:20

  • A・デイヴィス&メルボルン響/ベルリオーズ:『キリストの幼時』

    SACDハイブリッド盤。アンドルー・デイヴィスの最新盤は、ベルリオーズ:オラトリオ『キリストの幼時』。

    クラシック|2019年02月05日 (火) 12:10

  • ティーレマン&SKD/ヴェルディ:レクィエム(2CD)

    2014年2月13日、ドレスデン、ゼンパーオーパーでのライヴ録音。1945年の同日、連合軍による「ドレスデン爆撃」があり、25,000人とも言われる死者のうえ、街の85%が破壊されゼンパーオーパーも全壊しました。69年を経て、犠牲者と街へヴ...

    クラシック|2019年02月01日 (金) 17:40

  • マルケヴィチ&ラムルー管/ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』(2CD...

    1959年ステレオ録音。ベルリオーズ生誕150周年記念。イーゴリ・マルケヴィチ&コンセール・ラムルー管弦楽団の劇的物語『ファウストの劫罰』全曲が、CD2枚組+ブルーレイ・オーディオのセットで登場。

    クラシック|2019年01月24日 (木) 17:40

  • ボルトン/モーツァルト:レクィエム(断片)、ハース:音響空間

    アイヴァー・ボルトン&モーツァルテウム管の最新盤。モーツァルト:『レクィエム』の作曲家自身の自筆部分だけを演奏し、その合間に、1953年グラーツ生まれの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ハースによる『7つの音響空間 Klangraum (Sou...

    クラシック|2019年01月22日 (火) 17:30

  • ボストリッジ、モルロー&シアトル響/フランス歌曲集

    リュドヴィク・モルロー&シアトル交響楽団の最新録音は、名テノール、イアン・ボストリッジを独唱者に迎えたフランス歌曲集。ベルリオーズ:『夏の夜』、ラヴェル:『シェエラザード』、ドビュッシー(ジョン・アダムズ編曲):『ボードレールの5つの詩より...

    クラシック|2019年01月16日 (水) 18:10

  • 『マニフィカト〜ルネサンスから現代まで』(4CD)

    イタリア後期ルネサンス音楽の作曲家ルカ・マレンツィオから、ペルトなどの現代までの『マニフィカト』を収録、様々な時代の音楽様式を確認できるものとなっています。J.S.バッハの『マニフィカト』は、1723年に4曲の挿入曲が入った変ホ長調クリスマ...

    クラシック|2019年01月07日 (月) 16:00

  • アンナ・ルチア・リヒター/シューベルト:歌曲集

    SACDハイブリッド盤。ドイツの名手、麗しきソプラノ歌手アンナ・ルチア・リヒターが「PENTATONE」レーベルより本格的なソロ・デビューとなるシューベルトの歌曲集をリリースします。

    クラシック|2018年12月17日 (月) 15:50

  • ジョイス・ディドナート/『ソングプレイ』

    世界的名メゾ・ソプラノ歌手として大人気のジョイス・ディドナート。今回のアルバムは、有名な「イタリア歌曲集」からの名歌曲を主におき、それを即興的なジャズ・アレンジを施したものです。

    クラシック|2018年12月14日 (金) 17:00

  • 【LP】ジョイス・ディドナート / ソングプレイ

    世界的名メゾ・ソプラノ歌手として大人気のジョイス・ディドナートによる新作は、有名な「イタリア歌曲集」からの名歌曲などを即興的にジャズ・アレンジした独自のスタイル!

    クラシック|2018年12月14日 (金) 13:10

  • キングズ・シンガーズ/『ラヴ・ソング』

    2018年に結成50周年を迎えた男声ア・カペラ・グループのレジェンド、キングズ・シンガーズ。『ラヴ・ソング』は、これまで「Signum Classics」へ録音してきたキングズ・シンガーズのアルバムから、珠玉のラヴ・ソングを集めたスペシャル...

    クラシック|2018年12月11日 (火) 14:40

  • ヤンソンス&バイエルン放送響/ベートーヴェン:ミサ曲ハ長調、『レ...

    ミサ曲ハ長調は、2018年1月にガスタイク・フィルハーモニーで開催されたマリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートでのライヴ録音。『レオノーレ』序曲第3番は、2004年6月、ヘルクレスザールでのライヴ録音です。

    クラシック|2018年12月07日 (金) 19:30

  • シャイー&ミラノ・スカラ座管/ロッシーニのためのミサ曲

    1868年に世を去った大作曲家ロッシーニのために、ヴェルディが発起人となりイタリア作曲家13人の合作で作曲が進められ、紆余曲折の後にお蔵入りになったとされる『ロッシーニのためのミサ曲』を、シャイー&ミラノ・スカラ座管弦楽団が録音。

    クラシック|2018年11月28日 (水) 14:30

  • ダムラウ、カウフマン/ヴォルフ:イタリア歌曲集

    ディアナ・ダムラウとヨナス・カウフマン。今をときめく2人によるヴォルフの『イタリア歌曲集』が登場。

    クラシック|2018年11月22日 (木) 16:50

  • ダニエル・ロイス&18世紀o/ブラームス:ドイツ・レクィエム

    前作ベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』で18世紀オーケストラのタクトを振ったオランダ古楽界の名匠ダニエル・ロイス。「Glossa」録音第2弾は、ブラームスの『ドイツ・レクィエム』。

    クラシック|2018年11月16日 (金) 14:30

  • ルース・ヴィレムセ/マーラー:リュッケルト、ワーグナー:ヴェーゼ...

    アムステルダム音楽院で学びプリンス・クラウス音楽院を卒業したオランダのメゾ・ソプラノ、ルース・ヴィレムセによる、エルガー、マーラー、ワーグナー:歌曲集が登場。

    クラシック|2018年11月12日 (月) 16:10

  • カルトホイザー/『動物寓意譚〜動物がテーマの歌曲集』

    今をときめくソプラノのゾフィー・カルトホイザーによる、動物をテーマにした歌曲集。ロッシーニの『2匹の猫の滑稽な二重唱』では、ドミニク・ヴィスと共演しています。

    クラシック|2018年10月31日 (水) 07:40

  • ORAシンガーズ/『The Mystery of Christmas』

    2014年に設立された声楽アンサンブル・グループ、ORA。現代はルネサンス時代に匹敵する合唱音楽の黄金期である、と考える彼らは、ルネサンスおよび現代の合唱作品を演奏・録音しています。このアルバムでは、中世から現代までのクリスマスにまつわる作...

    クラシック|2018年10月31日 (水) 07:40

  • ゲルハーヘル/シューマン:歌曲全集第1巻

    ついにゲルハーヘルが手掛けることとなったビッグ・プロジェクト『シューマン:歌曲全集』の第1巻。1人の歌手が中心となっての全集はフィッシャー=ディースカウ以来ほとんど無く、ゲルハーヘル本人も「私の生涯で最も重要なプロジェクト」と言明するほどで...

    クラシック|2018年10月22日 (月) 15:00

  • バーバラ・ヘンドリックス/天国の声(3CD)

    このセットは、バーバラ・ヘンドリックスの70歳を記念してのベスト盤で、1枚目は宗教的作品と黒人霊歌、2枚目は歌曲、3枚目はオペラ・アリアを収録。リリックな声質、優しく語りかけるような歌唱にはしっとりとした色香が感じられ、繊細な味わいを堪能さ...

    クラシック|2018年10月22日 (月) 14:30

  • 【在庫特価】フリッツ・ヴンダーリヒ50枚組

    オペラ・デビュー前の最初期の録音のほか、数々のオペラ・アリアや、メサイア、ヨハネ受難曲、ロ短調ミサ、復活祭オラトリオ、シューベルトのミサ曲第6番といった作品を収録しています。在庫限りの特別価格です。

    クラシック|2018年10月21日 (日) 16:00

  • ロランド・ヴィラゾン/『Feliz Navidad〜クリスマス・アルバム』

    メキシコ生まれの名テノール歌手ロランド・ヴィラゾンによる最新アルバム。アメリカ、スペイン、ドイツ、フランス、イタリアなど世界各国のクリスマス曲が収録されています。

    クラシック|2018年10月17日 (水) 13:30

  • 【映像】エキルベイ&インスラ・オーケストラ/ハイドン:『天地創造...

    2017年のライヴ収録。ロランス・エキルベイ指揮、インスラ・オーケストラ、アクサンチュスのハイドン:『天地創造』が登場。巨大な装置、プロジェクションマッピング、映像、照明などを駆使した強烈で衝撃的な舞台です。日本語字幕付き。

    クラシック|2018年10月05日 (金) 19:30

  • アーノンクール&ラ・シンティッラ管/ハイドン:トビアの帰還

    2013年のザルツブルク音楽祭で、アーノンクールがラ・シンティッラ管弦楽団(チューリッヒ歌劇場管弦楽団のメンバーによるピリオド楽器のオーケストラ)指揮したハイドン:オラトリオ『トビアの帰還』のライヴ録音。ハイドンのオラトリオの中でも上演され...

    クラシック|2018年10月04日 (木) 12:10

  • A・デイヴィス&BBC響/エルガー:ミュージック・メイカーズ、他

    SACDハイブリッド盤。アンドルー・デイヴィス、注目のエルガー新録音は、アーサー・オショーネシーのオード(頌歌)をテキストにした『ミュージック・メイカーズ』と、ローレンス・ビニョンの3つの詩をテキストにした『イングランドの精神』。

    クラシック|2018年10月02日 (火) 18:40

  • マティス、ファスベンダー、シュライアー、ベリー/ブラームス&シュ...

    1974年のザルツブルク音楽祭を沸かせた、マティス、ファスベンダー、シュライアー、ベリーという当代きっての豪華歌手の共演がCDで登場。収録曲は、シューマン:スペインの歌芝居Op.74、ブラームス:愛の歌Op.52。

    クラシック|2018年10月02日 (火) 11:50

  • ダニエル・ベーレ/『私の最も美しいクリスマス・キャロル』

    現代最高の「モーツァルト歌い」であり、最近ではバロック〜古典派のオペラや声楽曲でのソロ、あるいは受難曲の福音書家としても名高いダニエル・ベーレの最新盤は、ドイツ・オーストリアのクリスマスに関連した民謡や賛美歌集。

    クラシック|2018年10月01日 (月) 16:40

  • リアット・コーエン、他/『パリ=マドリード』

    テルアヴィヴ生まれのフランス系イスラエル人ギタリスト、リアット・コーエンと名歌手たちが繰り広げる華麗な饗宴は、『パリ=マドリード』のタイトル通り、スペインの歌を中心に、時折典雅なフランス風味も交えながら、熱く熱く盛り上がります。

    クラシック|2018年09月28日 (金) 15:50

  • 山田姉妹/故郷〜日本の愛唱歌 I

    時代を超えて生き続ける名歌を歌い継ぐ双子ソプラノデュオ「山田姉妹」。“美しい日本語の歌を歌い継いで行きたい”という生涯目標を掲げている姉妹が第3弾目にして歌い上げるのは、日本人の音楽の原点でもある童謡・唱歌・叙情歌です。

    クラシック|2018年09月21日 (金) 14:00

  • コニェチュニ/シューベルト:冬の旅〜スタニスワフ・バランチャクの...

    1972年ポーランド生まれのバス・バリトン、トマシュ・コニェチュニが、20世紀ポーランドの著名な詩人であり翻訳家であったスタニスワフ・バランチャクの詩を用いたシューベルト『冬の旅』を歌います。

    クラシック|2018年09月21日 (金) 13:50

  • ヌリア・リアル/ボッケリーニ:スターバト・マーテル

    SACDハイブリッド盤。透き通った美声が人気のスペインのソプラノ、ヌリア・リアルがボッケリーニの『スターバト・マーテル』を録音しました。

    クラシック|2018年09月18日 (火) 17:40

  • 【映像】ヤンソンス&バイエルン放送響/ベートーヴェン:ミサ曲ハ長...

    2018年1月11日、ガスタイク・フィルハーモニーで行われたマリス・ヤンソンスの75歳の誕生日祝賀コンサートを完全収録。演目は、ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲、フンメル:トランペット協奏曲ホ長調、ベートーヴェン:ミサ曲ハ長調。

    クラシック|2018年09月13日 (木) 14:40

  • ラザレフ&日本フィル/ストラヴィンスキー:ペルセフォーヌ

    ストラヴィンスキーの音楽と、アンドレ・ジッドの台本でギリシャ神話の物語を描いた『ペルセフォーヌ』。日本フィル第700回目の定期演奏会における、記念すべき日本初演のライヴ録音が登場。

    クラシック|2018年09月07日 (金) 16:40

  • 駒ヶ嶺ゆかり、宮下祥子/シューベルト:冬の旅

    シューベルト晩年の傑作『冬の旅』の全曲録音をメゾ・ソプラノとギターという組み合わせで挑んだ力作。駒ヶ嶺ゆかり(メゾ・ソプラノ)と宮下祥子(ギター)は、全国を巡り演奏を重ね、5年間の準備を経て今回の録音に至りました。

    クラシック|2018年09月07日 (金) 16:40

  • 森麻季/『至福の時〜歌の翼に』

    SACDハイブリッド盤2枚組。森 麻季がこれまでの歌手人生を振り返り、心に残る歌、今後も歌い継いで行きたい歌を選りすぐった名曲歌曲集です。

    クラシック|2018年09月07日 (金) 15:00

  • アンネ・ゾフィー・フォン・オッター/『シンプル・ソング』

    SACDハイブリッド盤。名歌手オッターの心の故郷、聖ヤコブ教会での録音。オッターが最も大切にしている珠玉の17曲!

    クラシック|2018年09月06日 (木) 18:50

  • シュトゥットガルト声楽アンサンブル/フランスの合唱作品集

    指揮者マルクス・クリードと南西ドイツ放送シュトゥットガルト声楽アンサンブルによる「世界の歌」シリーズの最新作はフランスの近代合唱曲を集めた1枚です。

    クラシック|2018年09月05日 (水) 16:50

  • ヴンダーリヒ、ドイツ・リートを歌う(1955〜1965年)(3CD)

    ドイツのテノール歌手、フリッツ・ヴンダーリヒ[1930-1966]がSWR放送に残した録音をまとめたシリーズの第7弾。今回は、彼の歌の神髄とも言えるドイツ・リート集です。

    クラシック|2018年09月05日 (水) 16:10

  • 【映像】エリク・エリクソン室内合唱団名演集(5DVD)

    このDVDボックスは、エリク・エリクソン及びエリク・エリクソン室内合唱団がこれまで参加した数々の歴史的なコンサート映像を集めたもの。アバド&ベルリン・フィルとのブラームス:ドイツ・レクィエム、ベートーヴェン:交響曲第9番、ヴェルディ: レク...

    クラシック|2018年09月05日 (水) 14:20

  • ガードナー&ベルゲン・フィル/ベルリオーズ:レクィエム

    SACDハイブリッド盤。イングリッシュ・ナショナル・オペラの若き音楽監督として活動し、2015年からはベルゲン・フィルの首席指揮者としてますます活躍を広げるエドワード・ガードナーの最新盤は、大作、ベルリオーズのレクィエムです。

    クラシック|2018年09月04日 (火) 15:30

  • バーバラ・ハンニガン/『ウィーン世紀末、6人の作曲家〜アルマ・マ...

    ソプラノ歌手バーバラ・ハンニガンが、ラインベルト・デ・レーウと「ウィーン世紀末(世紀転換期)」をテーマに、妖艶・蠱惑的にして多彩な歌の数々をユニークな音世界に結晶させてみせました。

    クラシック|2018年09月04日 (火) 15:00

  • ボストリッジ、パッパーノ/『レクィエム〜戦争の悲哀』

    2018年11月11日は第一次世界大戦が終結してから100年を迎える日。ボストリッジとパッパーノは、この日のためにグスタフ・マーラー、クルト・ヴァイル、ルディ・シュテファン、ジョージ・バターワースの歌曲を集めたアルバムをリリース。

    クラシック|2018年08月31日 (金) 13:50

  • モルロー&シアトル響/ベルリオーズ:レクィエム

    2017年11月9,11日、ワシントン州シアトル、ベナロヤ・ホールでのライヴ録音です。

    クラシック|2018年08月29日 (水) 18:30

もっと見る +