トピックス

  • 【発売】ホルヘ・ヒメネス/無伴奏ヴァイオリンによるゴルトベルク変...

    スぺインのアンサンブル「Tercia Realidad」の創設者・指揮者であり、古楽を中心に21世紀までのさまざまなスタイルの音楽を演奏するスペインのヴァイオリニスト、ホルヘ・ヒメネスが、バッハのゴルトベルク変奏曲をなんと無伴奏ヴァイオリン...

    クラシック|7時間前

  • フュジェ&レゼポペー/モンテヴェルディ:『ウリッセの帰還』(3CD...

    Chateau de Versailles Spectaclesレーベルでフランス・バロックの巨匠リュリの教会音楽の体系的録音を進めているフランス古楽界の実力派指揮者・鍵盤奏者ステファーヌ・フュジェが、モンテヴェルディの『ウリッセの帰還』を...

    クラシック|12時間前

  • カミングス&ゲッティンゲン祝祭管/ヘンデル:『ロデリンダ』(3CD...

    2021年ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭でのライヴ録音、ヘンデル:歌劇『ロデリンダ』が登場。指揮はイギリス古楽界の名匠でヘンデルのスペシャリスト、ローレンス・カミングス。

    クラシック|13時間前

  • シュトロンベルク/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2CD)

    ハンブルク音楽演劇大学で学んだ後、ストックホルム音楽院で更なる研鑽を積んだチェリスト、ダーヴィト・シュトロンベルクが弾くバッハの無伴奏チェロ組曲。この演奏で彼はバロック・チェロとチェロ・ピッコロを用い、ガット弦特有の発音と音色を生かした表現...

    クラシック|14時間前

  • 【在庫特価】ビンドマン、リン/4手ピアノ版バッハ:ブランデンブル...

    エレオノール・ビンドマンの編曲による4手ピアノ版のバッハ:ブランデンブルク協奏曲(全6曲)で、演奏はレオノール・ビンドマンとジェニー・リンです。在庫限りの特別価格。

    クラシック|4日前

  • アロン・サリエル/撥弦楽器のバッハ〜チェロ組曲第1番、第2番、他

    イスラエル生まれの名手アロン・サリエル[1986-]が、バッハのチェロ組曲をクレモネーゼ・マンドリン、アーチリュート、バロック・ギター、リュート・アティオルバートで演奏したアルバム。

    クラシック|4日前

  • レオンハルト/エリザベス朝時代のオルガン音楽〜初期秘蔵音源

    Paradizoレーベルから、レオンハルト幻の初期音源が復刻。1962年のオルガン録音で、プログラムは17世紀の重要写本「フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック」の収録作を中心に、ルネサンス〜初期バロックの英国鍵盤曲を厳選。

    クラシック|4日前

  • フランチェスコ・コルティ/バッハ:チェンバロ協奏曲集 第3集

    フランチェスコ・コルティとイル・ポモ・ドーロによるバッハのチェンバロ協奏曲集第3集。今作では2台のチェンバロのための協奏曲 BWV.1060-1062の3曲に加え、冒頭の断片だけが残されているチェンバロ協奏曲 BWV.1059をコルティ自身...

    クラシック|6日前

  • ルディッチ、ガンバ/バッハ:チェロ・ソナタ第1〜3番、他

    クロアチア出身のチェリストのマルティナ・ルディッチと、ミラノ出身のピアニストのミケーレ・ガンバによるアルバムで、バッハのヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1〜3番(チェロ&ピアノ)と、ベリオ:セクエンツァXIV(チェロ)、ブーレーズ:12のノタ...

    クラシック|2022年05月09日 (月) 17:45

  • 【発売】アレッサンドリーニ/ヴィヴァルディ:『調和の霊感』、他(...

    アレッサンドリーニとコンチェルト・イタリアーノ、そして豪華ゲスト奏者たちによる、ヴィヴァルディの『調和の霊感』全曲+そのバッハ編曲という好企画盤の登場!

    クラシック|2022年05月02日 (月) 17:30

  • 【発売】プラムゾーラー/バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集、他(3CD...

    バロック・ヴァイオリニスト、ヨハネス・プラムゾーラーの最新盤。バッハのヴァイオリン・ソナタ第1〜6番を中心に据え、シャイベ、グラウン、シャフラート、C.P.E.バッハなど、バッハと同世代&息子や弟子たちのソナタを収録したCD3枚組。

    クラシック|2022年05月02日 (月) 17:30

  • 【LP】Foneの『ヴィヴァルディ:四季』が重量盤LPで登場

    マルコ・フォルナチアーリのイル・クレモネーゼと、クレモナ派の銘器が一堂に会した2000年の貴重な録音名盤。

    クラシック|2022年04月30日 (土) 12:20

  • 大塚直哉/バッハ:平均律クラヴィーア 第1巻第1巻(2CD)

    演奏はもちろんトークや企画性豊かなコンサート、さらには指揮活動と堅実かつ多彩な活動できわめて高い評価を得ている大塚直哉が、ポジティフオルガンでバッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻を録音。

    クラシック|2022年04月28日 (木) 16:00

  • アンサンブル・マスク/バッハ:管弦楽組曲 全曲〜初期稿再現版

    カナダ出身のチェンバロ奏者オリヴィエ・フォルタンほか、世界各地の有名古楽器アンサンブルで活躍する名手たちが集ったアンサンブル・マスク。このバッハ:管弦楽組曲では、各パート1人の編成で収録していますが、それだけではなく、現在知られている形の原...

    クラシック|2022年04月26日 (火) 18:00

  • 【LP】シュタルケル伝説のバッハ組曲

    オリジナルLPはマーキュリーより1964年にリリース、2年後には全6曲がBOXセットとして発売された名作が180g重量盤で復刻。

    クラシック|2022年04月26日 (火) 11:20

  • ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管/バッハ:カンタータ集第39集

    ルドルフ・ルッツが指揮するバッハのカンタータ全集シリーズ。第39集は、カンタータ第120番、第215番を収録。

    クラシック|2022年04月26日 (火) 09:45

  • ヴァシェジ&オルフェオ管/ラモー:『エベの祭典』(3CD)

    ハンガリー古楽界の奇才ジュルジ・ヴァシェジとオルフェオ管弦楽団&パーセル合唱団によるフランス・バロックの最新録音は、ラモーのオペラ=バレ『エベの祭典』。

    クラシック|2022年04月25日 (月) 12:00

  • クリスティアン・ハイム、アヴィノアム・シャレフ/『テレマン・イン...

    ドイツ・ブレーメン在住の並外れた才能を持つ音楽家クリスティアン・ハイムと、2018年ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第1位のチェンバロ奏者アヴィノアム・シャレフによる、全く新しいユニークなテレマン・アルバム。

    クラシック|2022年04月25日 (月) 11:45

  • 江崎浩司/ファン・エイク:『笛の楽園』第8集

    2021年12月に急逝した江崎浩司が残した最後の録音で、2017年6月の「VOL.1」リリースから5年をかけて取り組んできたエイクの『笛の楽園』全曲録音がついに完結。

    クラシック|2022年04月22日 (金) 18:00

  • ベルリン古楽アカデミー/『バッハ一族』(11CD)

    ベルリン古楽アカデミーの結成40周年記念ボックスが登場。バッハの管弦楽組曲とブランデンブルク協奏曲、さらにバッハの息子たちの作品やバッハ家のヨハン・ルートヴィヒ・バッハ[1677-1731]らの作品の録音を収録したCD11枚組です。

    クラシック|2022年04月22日 (金) 17:00

  • デュメストル&ル・ポエム・アルモニーク/『ルイ14世の婚礼』

    1660年6月9日にサン=ジャン=ド=リュズで行われたフランス王ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズとの結婚式から音楽部分を、デュメストル&ル・ポエム・アルモニークが、篤い信頼を置くソリストたちを揃え、ヴェルサイユの礼拝堂で再現したアル...

    クラシック|2022年04月20日 (水) 00:00

  • アラルコン/サクラーティ:歌劇『狂気を装った女』(3CD)

    2021年6月録音。バロック・オペラ指揮者として活躍している俊才レオナルド・ガルシア・アラルコンの最新盤は、同世代のカヴァッリ同様ヴェネツィアを本拠に人気を博していたサクラーティ(1605-1650)の歌劇『狂気を装った女』。

    クラシック|2022年04月19日 (火) 18:00

  • パラシヴェスク/サンドーニ:カンタータと器楽作品集

    このアルバムは、このほとんど忘れられている作曲家ピエル・ジュゼッペ・サンドーニ(1683-1748)の作品を称え、長い眠りから目覚めさせることを目的とし、ニコレッタ・パラシヴェスクが保存された資料を収集し、そこからプログラムを構成しました。

    クラシック|2022年04月19日 (火) 18:00

  • オベルリンガー&アンサンブル1700/テレマン:『羊飼いの音楽』(2C...

    今や同世代の中でリコーダー奏者として抜きんでた存在であるドロテー・オベルリンガー。ここ数年は指揮活動にも力を注いていますが、2019年のボノンチーニの歌劇『ポリフェーモ』全曲盤に続く指揮録音第2弾として、テレマンの『羊飼いの音楽』が登場。

    クラシック|2022年04月19日 (火) 18:00

  • サヴァール/黄金時代のカンシオネロ集(3SACD)

    サヴァール主宰のレーベル「ALIA VOX」のヘリテイジ・シリーズ最新盤は、スペイン黄金時代(1451〜1595)の歌曲集3タイトルをまとめたもの。1991〜92年の録音で、スペインの15〜16世紀の音楽が広く世に知られることとなった名演で...

    クラシック|2022年04月19日 (火) 07:00

  • 【LP】ナイジェル・ケネディの『ヴィヴァルディ:四季』がLP再発

    史上最も売れたクラシック録音としてギネス・ブック登録の世界的モンスター・アルバムが、数量限定でアナログ盤復刻。

    クラシック|2022年04月15日 (金) 19:40

  • 【発売中】ピション&ピグマリオン/バッハ:マタイ受難曲(3CD)

    2021年4月録音。フランスのバロック界の旗手、ラファエル・ピションによるバッハ:『マタイ受難曲』の登場。美しい声と美しい音色へのたゆまぬ探求がきわめられた、聴き手によりそうような、親密で、深い感動を呼び起こす演奏です。

    クラシック|2022年04月15日 (金) 11:00

  • ヤーコプス/バッハ:ロ短調ミサ(2CD)

    2021年8月録音。ヤーコプス&ベルリン古楽アカデミー、RIAS室内合唱団が、バッハ:ミサ曲ロ短調を再録音。合唱は各パート5〜7人の編成ですが、楽曲によっては各パート3人程度の編成で演奏している箇所もあり、RIASのメンバーのうまさ、楽曲の...

    クラシック|2022年04月12日 (火) 14:00

  • フレットワーク/トマス・ルポ:ファンタジア集

    森川麻子やリチャード・ブースビーらの名ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者達によって1986年に創設されたヴィオール・コンソート「フレットワーク」の最新盤は、トマス・ルポの作品を通してイギリスのチューダー王朝の宮廷音楽を探求していきます。

    クラシック|2022年04月12日 (火) 10:30

  • ボル・ズリヤン/『ジェズアルドとリュート』

    1987年スロヴェニア生まれのリュート奏者ボル・ズリヤンの最新盤は、ジェズアルドや、ピッチニーニ、カプスペルガーなど、1600年前後イタリアのリュート作品を収録。

    クラシック|2022年04月12日 (火) 09:00

  • セリーヌ・フリッシュ/『フランス18世紀クラヴサン作品で辿る、ルイ...

    歴史的背景への知見を大切にしてきたフランスの気鋭集団「カフェ・ツィマーマン」の共同主宰者でもあるセリーヌ・フリッシュの最新盤。F.クープラン、ダジャンクール、ダカン、ロワイエなどの作品を収録。

    クラシック|2022年04月12日 (火) 09:00

  • デュメストル&ル・ポエム・アルモニーク/『ルイ14世の婚礼』

    1660年6月9日にサン=ジャン=ド=リュズで行われたフランス王ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズとの結婚式から音楽部分を、ヴァンサン・デュメストル率いるル・ポエム・アルモニークが、篤い信頼を置くソリストたちを揃え、ヴェルサイユの礼拝...

    クラシック|2022年04月12日 (火) 07:00

  • 佐藤豊彦、他/『うたごころ』

    リュート界の第一人者、佐藤豊彦が自主レーベル「のすたるぢあ」がリリースする最新盤は、フランチェスコ・ダ・ミラノ、ヴァレンティ・バクファルクなどのリュート・ソロ曲を、6コースリュートとビウエラという異なる音色の組み合わせの二重奏で録音。

    クラシック|2022年04月11日 (月) 10:00

  • 【LP】アンドレ・レヴィのバッハ無伴奏が復刻

    オリジナル・デザインにこだわる韓国<SOUND TREE>社復刻LPシリーズに、アンドレ・レヴィの名盤3タイトルが登場。

    クラシック|2022年04月10日 (日) 13:40

  • 【映像】ガーディナー&IBS/モンテヴェルディ:『ウリッセの帰還』

    日本語字幕付き。2017年6月、フェニーチェ歌劇場でのライヴ収録。ガーディナー畢生の大プロジェクト、モンテヴェルディ歌劇3部作ツィクルスの世界巡業「Monteverdi450」の映像収録から、第2弾『ウリッセの帰還』が登場。

    クラシック|2022年04月08日 (金) 10:00

  • 【発売】アラール/バッハ:鍵盤のための作品全集第6集(3CD)

    注目の鍵盤奏者バンジャマン・アラールによる、バッハの鍵盤作品をすべて録音するプロジェクトの第6弾。今回は、『平均律クラヴィーア曲集』第1巻です!

    クラシック|2022年04月07日 (木) 16:58

  • 【発売】ファニー・ビセンス/アコーディオン版ゴルトベルク変奏曲

    1987年南仏ペルピニャン生まれのアコーディオン奏者ファニー・ビセンスが、バッハの『ゴルトベルク変奏曲』に挑戦。アコーディオン演奏による同曲は他にも録音がありますが、ビセンスはアコーディオン向きに編曲をせず、オリジナルの楽譜で演奏しています...

    クラシック|2022年04月07日 (木) 16:30

  • バルダッサーリ/ドゥランテ:チェンバロのための作品集

    音楽家でもあると同時に高名な教師でもあり、数多くの優れた宗教音楽を生み出し、「ドゥランティスティ」と呼ばれる自身の流派を打ち立てたとも伝わるフランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755)の、チェンバロ作品集が登場。演奏はマリア・ルイーザ・...

    クラシック|2022年04月07日 (木) 08:00

  • ジョナタン・ベニシュ/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    1981年フランス、ニース生まれのピアニスト、ジョナタン・ベニシュのバッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。2020年1月18日録音。

    クラシック|2022年04月07日 (木) 07:45

  • パトリック・ビュークルス/バッハ:フルート・ソナタ集

    コレギウム・ヴォカーレ・ゲントの首席フルート奏者を務めているパトリック・ビュークルスがバッハのフルート(トラヴェルソ)と通奏低音のためのソナタを録音。注目のフルート奏者、柴田俊幸も参加。2017年10月録音。

    クラシック|2022年04月06日 (水) 16:00

  • キュイエ/D.スカルラッティ:スターバト・マーテル、他

    ベルトラン・キュイエ&ル・カラヴァンセライユによる、D.スカルラッティ。D.スカルラッティが教会音楽にのこした足跡に焦点をあてて作品を選定、録音しています。『スターバト・マーテル』などを収録。

    クラシック|2022年04月06日 (水) 16:00

  • カペラ・デ・ラ・トーレ/『モンテヴェルディ:メモリーズ』

    中世〜ルネサンス音楽を専門とするドイツのルネサンス楽器管楽アンサンブル「カペラ・デ・ラ・トーレ」の最新盤は、モンテヴェルディ。マントヴァでの宮廷音楽家としての20年間と、ヴェネツィアで協会のために作曲した約30年間の軌跡をたどります。

    クラシック|2022年04月06日 (水) 14:00

  • 『ヒルデガルト・フォン・ビンゲンへの道』(5CD)

    Christophorusレーベルから過去40年間のうちにリリースされたビンゲン録音の中から、5枚のアルバムをセット化したボックスが登場。

    クラシック|2022年04月05日 (火) 12:00

  • ヤン・フェルミューレン/バッハ:小品集

    古楽系鍵盤奏者ヤン・フェルミューレンの最新盤は、バッハ。『小前奏曲集』と『アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳』から数曲を取り上げ、メロディー、ハーモニー、リズムを論理的で首尾一貫した物語に融合させるバッハの創意工夫に満ちた世界を描い...

    クラシック|2022年04月01日 (金) 17:00

  • ヘレヴェッヘ/モンテヴェルディ:マドリガーレ集 第4巻

    近年はジェズアルドのマドリガーレ集で、他の追従を許さぬ解釈で聴かせたヘレヴェッヘ。70歳のインタビューで「残された人生では真に向き合う価値を感じる作品だけを演奏する」と語った彼の最新盤は、モンテヴェルディのマドリガーレ集。

    クラシック|2022年03月30日 (水) 06:00

  • ジュリア・セメンツァート/『天使のように、悪魔のように』

    新世代のソプラノ歌手ジュリア・セメンツァートのソロ・アルバム。近世イタリアで愛された詩人アリオストの『狂えるオルランド』の女主人公アンジェリカを標題に、その悪魔的ともいえる激しい感情の起伏を音楽化した17〜18世紀のオペラから名場面を厳選。

    クラシック|2022年03月29日 (火) 13:00

  • 【LP】アーノンクール『マタイ』録音

    プレガルディエン、ゲルネ、シェーファー等、スターや若手注目歌手が起用された2000年録音の3回目真打ち『マタイ』録音が限定LPで登場。

    クラシック|2022年03月25日 (金) 13:50

  • オランダ・バロック、バスタルダ・トリオ/『ミンネ』

    SACDハイブリッド盤。バロック・オーケストラ「オランダ・バロック」の最新盤は、バスタルダ・トリオとの共演で、13世紀ブラバントの女流詩人で神秘主義者ハデヴィッヒ(ハデウェイヒ)の愛の詩からインスピレーションを得て即興演奏したアルバムです。

    クラシック|2022年03月24日 (木) 17:30

  • リナス・ロス/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全3曲

    1977年ドイツのラーベンスブルク生まれのヴァイオリニスト、リナス・ロスの最新盤は、昨年にリリースされたバッハ:無伴奏ソナタ3曲に続く、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ3曲。2021年9月、12月録音。

    クラシック|2022年03月24日 (木) 17:30

  • オフェリー・ガイヤール/『ロンドンの夜』

    2021、22年録音。フランスのチェロ奏者オフェリー・ガイヤールの最新盤、今回のテーマはロンドン。ヘンデル、ジェミニアーニ、オズワルドなどの作品を収録。サンドリーヌ・ピオーなど華声楽陣もゲスト参加。

    クラシック|2022年03月24日 (木) 15:45

  • 【発売】塚谷水無子/鍵盤ハーモニカでのゴルトベルク変奏曲

    塚谷水無子の、6種類目となるゴルトベルクの新録音が早くも登場。今回は鍵盤ハーモニカ。2020年初夏から八ヶ岳山麓のスタジオに延べ5ヶ月間籠り、ゴルトベルクを76台の鍵ハモに置き換える作業をコツコツと進め、多重録音にて制作。

    クラシック|2022年03月23日 (水) 12:15

  • 【発売】ピノック/バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻(2CD)

    古楽演奏のパイオニアとして知られるトレヴァー・ピノックのバッハ:平均律クラヴィーア曲集、2020年に発売された第1巻に続き、第2巻が遂に登場。2021年6月19-23日録音。

    クラシック|2022年03月18日 (金) 18:00

  • 戸田弥生/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(2SAC...

    SACDハイブリッド盤。2021年5月、6月録音。1993年エリーザベト王妃国際コンクール優勝以来、日本を代表するヴァイオリニストとして活躍する戸田弥生が、20年ぶりにバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータを再録音しました。使用楽...

    クラシック|2022年03月18日 (金) 17:00

  • ブリュノ・フィリップ/バッハ:無伴奏チェロ組曲(2CD)

    2020年7月、2021年8月録音。フランスの注目チェロ奏者、ブリュノ・フィリップ。30歳目前というまだ若手に属する存在ですが、バッハの無伴奏チェロ組曲全曲録音に取り組みました。

    クラシック|2022年03月16日 (水) 16:05

  • 【LP】バッハ名曲集

    古楽器名演奏者からモダン楽器による新解釈演奏まで、幅広く収録したバッハの名曲集が2枚組アナログ盤で登場。

    クラシック|2022年03月11日 (金) 12:50

  • 【映像】ガーディナー&IBS/モンテヴェルディ:『オルフェオ』

    日本語字幕付き。2017年6月、フェニーチェ歌劇場でのライヴ収録。ガーディナー畢生の大プロジェクト、モンテヴェルディ歌劇3部作ツィクルスの世界巡業「Monteverdi450」の映像収録から、第1弾『オルフェオ』登場。

    クラシック|2022年03月10日 (木) 08:00

  • ファゾリス&ヴェルサイユ王室歌劇場管/ヴィヴァルディ:セレナータ...

    2021年録音。ディエゴ・ファゾリス&ヴェルサイユ王室歌劇場管弦楽団による、ヴィヴァルディ:セレナータ『セーヌの祝典』が登場。

    クラシック|2022年03月08日 (火) 13:00

  • ビケット&イングリッシュ・コンサート/ヘンデル:『復活』(2CD)

    2021年4月録音。ハリー・ビケット&イングリッシュ・コンサートが、ヘンデル青年期の成功作のひとつ、オラトリオ『復活』を録音。ルーシー・クロウやイェスティン・デイヴィスなど独唱陣も充実しています。

    クラシック|2022年03月08日 (火) 12:00

  • プレフニャク、ヴェルサイユ王室歌劇場管/ヴィヴァルディ:パリ協奏...

    ソロがないにもかかわらずヴィヴァルディならではの周到・精巧な音運びで極めて精彩に富む『弦楽と通奏低音のための12の協奏曲』(パリ協奏曲集)を、ヴェルサイユに集う俊才古楽器奏者たちによる起伏鮮やかな最新録音で。

    クラシック|2022年03月08日 (火) 12:00

  • 【発売】3度目の録音!ガーディナー/バッハ:ヨハネ受難曲

    2021年4月2日、オックスフォードのシェルドニアン・シアターで行われたロックダウン下での収録。1986年のアルヒーフへの録音、2003年のSDGレーベル録音に続く、ガーディナー3度目の『ヨハネ受難曲』が登場。

    クラシック|2022年03月04日 (金) 16:45

  • 【発売】9回目の録音!イ・ムジチ/ヴィヴァルディ:『四季』、他

    イ・ムジチ合奏団が1952年にローマでデビュー・コンサートを行って70周年となる今年(2022年)、通算9回目となる『四季』の新録音が登場。

    クラシック|2022年03月04日 (金) 16:30

  • アイム/ル・コンセール・ダストレ創立20周年記念ライヴ(2CD)

    古楽器アンサンブル『ル・コンセール・ダストレ』の創設20周年記念コンサートのライヴ録音が登場。エマニュエル・アイム指揮で、デセイ、ピオー、ドゥヴィエルら豪華歌手陣も出演。ラモー:『ボレアド』〜管弦楽組曲ではラトルがゲスト指揮。

    クラシック|2022年03月04日 (金) 15:00

  • リナ・トゥール・ボネ/ビーバー:ヴァイオリン・ソナタ集

    スペインのバロック・ヴァイオリニスト、リナ・トゥール・ボネと、彼女が結成したバロック・アンサンブル「ムジカ・アルケミカ」が、スペインを代表する古楽レーベル「Glossa(グロッサ)」に移籍。第1弾は、ビーバーのヴァイオリン・ソナタ集。

    クラシック|2022年03月04日 (金) 10:00

  • ミンコフスキ/『新しい管弦楽の響き〜ラモーの舞台音楽における管弦...

    2021年1月録音。ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊の最新盤は、ラモー作品集。ラモーの舞台音楽初期の傑作『優雅なインドの国々』や、古典派時代に踏み込む晩期の異色作『遍歴騎士』など、彼がいかに時代に先駆けた管弦楽法の使い手であったかを示すナンバ...

    クラシック|2022年03月04日 (金) 09:00

  • チェロとアコーディオン版のバッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ

    バッハの3曲のヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ(BWV.1027〜1029)を、「チェロとアコーディオン」という異色のコンビで演奏したユニークな録音。演奏はデュオ・アランビックです。

    クラシック|2022年03月02日 (水) 10:00

  • ヴァレンティン・エルベン/バッハ:無伴奏チェロ組曲(3CD)

    2020年録音。1970年の結成当初から2008年の解散までアルバン・ベルク四重奏団のチェロ奏者を務めたヴァレンティン・エルベンが、バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲を録音。6つの組曲の前後には、息子ゼバスティアン・エルベンが弾くオルガン・コラー...

    クラシック|2022年03月02日 (水) 09:00

  • アッカデミア・ストゥルメンターレ・イタリアーナ/ラモー:コンセー...

    アルベルト・ラージ率いるアッカデミア・ストゥルメンターレ・イタリアーナの最新盤は、ラモーの2つの旋律楽器と鍵盤楽器のための『コンセールによるクラヴサン曲集』です。

    クラシック|2022年03月01日 (火) 16:00

  • 中野振一郎/F・クープラン:クラヴサン曲全集2(2CD)

    長年にわたりチェンバロ界をリードし続ける中野振一郎が映し出す、フランソワ・クープランの成し遂げた偉業の真価。

    クラシック|2022年02月24日 (木) 18:00

  • フォン・デア・ゴルツ/バッハ:3つのソナタ、フーガ、他

    2021年5月録音。フライブルク・バロック・オーケストラのリーダーとしても活躍するバロック・ヴァイオリン奏者ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツが、バッハのヴァイオリン・ソナタBWV.1021、1023、1024と、フーガを録音。

    クラシック|2022年02月24日 (木) 17:00

  • レオンハルト没後10周年、ブランデンブルク協奏曲第6番の貴重音源

    メインはリンデ・ブルンマイア=トゥッツによる2005年録音のバッハ:フルート・ソナタ集ですが、エクストラ・トラックとして、グスタフ・レオンハルトがヴィオールを演奏して参加した1950年録音のバッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番も収録されてい...

    クラシック|2022年02月24日 (木) 16:45

  • 発売中!ジャン・ロンドー/バッハ:ゴルトベルク変奏曲(2CD)

    2021年4月録音。2012年、弱冠21歳という若さでブルージュ国際古楽コンクール・チェンバロ部門で優勝したジャン・ロンドーの最新盤は、バッハ:ゴルトベルク変奏曲。繰り返しを全て行っているとはいえ、演奏時間は108分という長時間演奏となって...

    クラシック|2022年02月24日 (木) 13:00

  • ラファエレ・ラ・ラジョーネ/マンドリン・オン・ステージ

    マンドリン奏者ラファエレ・ラ・ラジョーネが、古楽器演奏の最前線をゆく名手が集うイル・ポモ・ドーロと録音した18世紀のマンドリン協奏曲集が登場。

    クラシック|2022年02月22日 (火) 15:30

  • 【発売】寺神戸亮、ボニッツォーニ/バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第...

    2020年10月録音。バロック・ヴァイオリンの名手・寺神戸亮が「Challenge Classics」レーベル初登場。1996年以来の再録音となるバッハのヴァイオリン・ソナタをリリース。今作は第1集として、第1〜3番を収録。チェンバロは、フ...

    クラシック|2022年02月14日 (月) 07:55

  • 【LP】ガーディナーの初期名盤が重量盤LP復刻

    17世紀英国の大作曲家パーセルの、メアリー女王の誕生祝賀式と葬儀の折に演奏された音楽を収録。

    クラシック|2022年02月11日 (金) 12:30

  • 塚谷水無子/バッハ:ゴルトベルク変奏曲

    2021年10月録音。ゴルトベルク変奏曲の演奏と研究をライフワークとしている塚谷水無子の、5種類目となるゴルトベルクの新録音が登場。今回はピアノ(Bosendorfer model225)による「原典版」で、すべてリピート無しで演奏していま...

    クラシック|2022年02月10日 (木) 10:30

  • マスカルディ/バッハ:リュート作品全集(2CD)

    エスペリオンXXI、アンサンブル415、イル・ジャルディーノ・アルモニコ、ゼフィーロなど錚々たる古楽アンサンブルで通奏低音奏者としての信頼を得ており、ソリストとしても高い評価を得ているマスカルディが、ついにバッハの全リュート作品を録音。

    クラシック|2022年02月09日 (水) 16:00

  • レツボール/シュメルツァー:ヴァイオリン・ソナタ集

    グナール・レツボールの最新盤は、革新的なヴァイオリン音楽の創始者としてオーストリア、そしてヨーロッパ音楽界に多大な影響を与えた作曲家ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァーのヴァイオリン・ソナタ集です。

    クラシック|2022年02月09日 (水) 13:00

  • マヌエル・トマディン/ハスラー:オルガン作品全集(11CD)

    後期ルネサンスの作曲家ハンス・レーオ・ハスラーのオルガン作品全集が登場。イタリアのオルガニスト、マヌエル・トマディンは「ハスラーは、最も優秀で尊敬するオルガニスト」とし、広範囲にわたり未知の作品を多数収録するというプロジェクトを成し遂げまし...

    クラシック|2022年02月08日 (火) 16:00

  • 【映像】モールズ&フライブルク・バロック/ヘンデル:『サウル』

    日本語字幕付き。2021年4月にウィーンのアン・デア・ウィーン劇場で上演されたヘンデルの劇的オラトリオ『サウル』の映像が登場。演出は、各地の劇場で引っ張りだこクラウス・グート。タイトルロールにはリート歌手としても定評のあるフローリアン・ベッ...

    クラシック|2022年02月08日 (火) 12:15

  • 【発売】カヴァコス/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティ...

    1985年シベリウス・コンクール、1998年パガニーニ国際コンクールで優勝し世界的に知られる存在になった、1967年ギリシャ生まれのヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスの最新盤は、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲です...

    クラシック|2022年02月04日 (金) 18:00

  • ゲーベル/『バッハ・ファミリーの交響曲集』

    ラインハルト・ゲーベル&ベルリン・バロック・ゾリステンの最新盤は、2020年に発売された『バッハ・ファミリーのカンタータ集』の続編で、バッハ一族が作曲した弦楽のための交響曲(シンフォニア)を集めた『バッハ・ファミリーの交響曲集』です。

    クラシック|2022年02月01日 (火) 16:10

  • コルティ/ヘンデル:8つの組曲、序曲編曲集

    新時代の実力派チェンバロ奏者フランチェスコ・コルティの最新盤は、『調子の良い鍛冶屋』の通称で知られる変奏曲など、単独でも愛奏されてきた楽章を含むヘンデルの『8つの組曲』。併録は、ヘンデル自身の鍵盤編曲によるオペラ序曲集と、同時代ベイブルの編...

    クラシック|2022年02月01日 (火) 12:30

  • ド・スワルテ/ヴァイオリン協奏曲集

    18世紀前半のヴァイオリン作品の探求を続けるテオティム・ラングロワ・ド・スワルテの最新盤は、今回は「ヴァイオリン協奏曲の父」ヴィヴァルディ、そしてその同時代を生きたルクレールとロカテッリに焦点をあてたプログラム。

    クラシック|2022年01月31日 (月) 12:15

  • ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ/ジェズアルド:マドリガーレ...

    モンテヴェルディ:『聖母マリアの夕べの祈り』で2017年レコード・アカデミー賞音楽史部門賞を受賞し、話題となったヴォーカル・アンサンブル「ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ」の最新盤は、カルロ・ジェズアルドの音楽。マドリガーレ集第1巻など...

    クラシック|2022年01月27日 (木) 18:00

  • フィリップ・ヘレヴェッヘ/『Phi』バッハ録音集成(10CD)

    『ロ短調ミサ』や『ヨハネ受難曲』、教会カンタータ集など、ヘレヴェッヘのPhiレーベルでのバッハ録音を集めたCD10枚組が登場。

    クラシック|2022年01月26日 (水) 18:00

  • アレッサンドリーニ/『太陽の光。歌、ダンスと愛の物語』

    アレッサンドリーニが、『daylight(太陽の光)』と題し、モンテヴェルディの珠玉の楽曲を、夜明けから太陽が高くのぼった昼の時間帯までの間の愛の物語になるように選曲して録音したアルバム。

    クラシック|2022年01月26日 (水) 18:00

  • ドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス/ドラランド:グラン・モテ...

    鍵盤奏者、指揮者のセバスティアン・ドゥセのもとに2008年にリヨンで創設されたアンサンブル・コレスポンダンス。最新盤は、40年以上にわたって宮廷に仕えた作曲家ドラランド(1657-1726)の作品。

    クラシック|2022年01月26日 (水) 13:00

  • コレギウム・マリアヌム/『カチュア・セラニータ』

    コレギウム・マリアヌム注目の新録音。音楽で喜びを分かち合うボリビア、ペルー、モラヴィアの17世紀から18世紀の音楽。

    クラシック|2022年01月26日 (水) 11:45

  • ヤクブ・オルリンスキ/ヴィヴァルディ:スターバト・マーテル

    世界的人気カウンターテナー、ヤクブ・オルリンスキが歌う、ヴィヴァルディ:『スターバト・マーテル』が登場。共演は、ポーランドのピリオド楽器オーケストラ「カペラ・クラコヴィエンシス」で、指揮はヤン・トマシュ・アダムスです。

    クラシック|2022年01月24日 (月) 18:15

  • ネーヴェル&ウエルガス・アンサンブル/ポリフォニストの風景(2CD...

    ルネサンス期のポリフォニー音楽の美を追求するパウル・ヴァン・ネーヴェルとウエルガス・アンサンブルの最新盤は、14世紀から16世紀にかけてのフランドル楽派のポリフォニー音楽の多様性を示すCD2枚組。

    クラシック|2022年01月24日 (月) 18:00

  • MIRRORS ジャニーン・ド・ビーク&コンチェルト・ケルン アリア集

    ジャニーン・ド・ビークは、「声」・「技術」・「解釈」の3拍子揃った稀有な歌手。俊敏でリズミカルな驚異的アジリタの魅力もあって、欧米では人気上昇中ですが、バロック・オペラやオラトリオの浸透度が低い日本では、ほとんど話題にならないのがもったいな...

    クラシック|2022年01月21日 (金) 18:00

  • ガーディナー/パーセル:作品集(9CD)

    『アーサー王』、『インドの女王』、『アセンズのタイモン』、『ダイオクリージャン』、『テンペスト』など、エリオット・ガーディナーのパーセルの名演を収録したCD9枚組が登場。

    クラシック|2022年01月21日 (金) 13:00

  • パイヤール/バッハ:管弦楽、協奏曲作品録音集(15CD)

    パイヤール指揮によるバッハの管弦楽組曲第1〜5番、ブランデンブルク協奏曲第1〜6番、チェンバロ協奏曲集、ヴァイオリン協奏曲集などを収録したCD15枚組が登場。

    クラシック|2022年01月21日 (金) 13:00

  • 【LP】チョン・キョンファ『四季』

    クラシック入門の定番、ヴィヴァルディ『四季』の名演奏を、180gアナログLP盤として限定生産。

    クラシック|2022年01月21日 (金) 12:00

  • 【発売】諏訪内晶子/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティ...

    現代を代表するヴァイオリン界の逸材、諏訪内晶子が、アルバム・デビューから25周年を迎える今年、満を持して待望のバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲を録音。使用楽器は1732年製のグァルネリ・デル・ジェズ「チャールズ・リード」...

    クラシック|2022年01月19日 (水) 17:00

  • アンナ・プロハスカ/『死の中にありて生を讃えよ』

    ソプラノ歌手アンナ・プロハスカの最新盤は、中世音楽や伝承歌、17-18世紀のバロック作品を中心に「生」と「死」、そして「疫病」を軸として集められた有名・無名の傑作群を、ドレスデンで発足した古楽器グループと縦横無尽に歌い上げてゆきます。

    クラシック|2022年01月18日 (火) 18:00

  • 【発売】ニュー・グスタフ・レオンハルト・エディション(35CD)

    2008年に「Teldec」より発売された『レオンハルト・エディション』(21CD 廃盤)に加え、アーノンクールとの共同録音『バッハ:カンタータ全集』からの特に名演奏と言われた曲と、それ以前に参加も含む録音したカンタータ演奏も追加。さらに「...

    クラシック|2022年01月17日 (月) 12:15

  • 酒井淳、ルセ、マルティノー/マレ:ヴィオール曲集第1巻(3CD)

    2020年11月録音。ヴィオール奏者として近年ますます充実を見せている酒井淳が、マレのヴィオール曲集の録音をスタート。クリストフ・ルセ、マリオン・マルティノーとの穏やかにして濃密なアンサンブルも魅力です。

    クラシック|2022年01月12日 (水) 16:30

  • カプリッチョ・レーベル40周年記念名演集/宗教作品集(10CD)

    設立40周年を迎えるカプリッチョ・レーベルの宗教作品録音の中から、選りすぐりの名演を集めたCD10枚組ボックスが登場。

    クラシック|2022年01月12日 (水) 16:05

  • コルティ/ヘンデル:『アポロとダフネ』『見捨てられたアルミーダ』

    2枚のバッハのチェンバロ協奏曲のCDがレコード芸術誌の「特選盤」となり、日本でも大注目の存在となったフランチェスコ・コルティとイル・ポモ・ドーロによる「PENTATONE」レーベル第3弾は、ヘンデルの若き時代の2曲の傑作カンタータです。

    クラシック|2022年01月12日 (水) 15:30

もっと見る +