トピックス

  • ジョスカン・デ・プレとフランドル楽派(34CD)

    ジョスカン・デ・プレと、その他のフランドル楽派の作曲家たちの主要作品を集めたCD34枚組ボックスが登場。ヒリヤード・アンサンブル、アンサンブル・ジル・バンショワ、タヴァナー・コンソートなど定評のある団体による名演で収録されています。

    クラシック|1時間前

  • マチルダ・コリャール/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2CD)

    1987年生まれのイタリアのチェリスト、マチルダ・コリャールによるバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲が登場。第1〜3番、第5番ではリッカルド・ベルゴンツィのチェロを、そして第4、6番ではステファーノ・ギベルトーニが製作したチェロを使用しています。

    クラシック|1日前

  • ミリアム・リニョル、マティルド・ヴィアル/サント=コロンブとマラ...

    いずれもフランス出身のミリアム・リニョルとマティルド・ヴィアル、ヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)を操る同年代の名手2人による、ジャン・ド・サント=コロンブ[c.1640-c.1700]とマラン・マレ[1656-1728]の師弟をテーマとし...

    クラシック|3日前

  • オベルリンガー、カラマーゾフ/バッハ:ディアローグ(対話)

    リコーダー奏者ドロテー・オベルリンガーの最新盤は、リュート奏者エディン・カラマーゾフとの共演によるバッハ。リコーダー&リュート編曲のフルート・ソナタ2曲、『来たれ、異教徒の救い主よ』、協奏曲BWV.974、パルティータBWV.997などを収...

    クラシック|3日前

  • カペラ・デ・ラ・トーレ/『プレトリウス・ダンス』

    ドイツのルネサンス楽器管楽アンサンブル、カペラ・デ・ラ・トーレの最新盤は、17世紀の重要な作曲家プレトリウスに焦点を当てたもので、当時流行していた各国由来の舞曲を4〜5声の様々な器楽合奏に編曲した『テルプシコーレ舞曲集』をメインに収録。

    クラシック|3日前

  • ケイト・リンジー/TIRANNO〜暴君ネロにまつわる作品集

    メゾ・ソプラノ歌手ケイト・リンジーと、英国の古楽器アンサンブル、アルカンジェロとの2枚目となるこのアルバムは、古代ローマの皇帝ネロをテーマに、裏切られ翻弄されてきた女性たちにまつわるイタリア・バロックの作品を厳選したプログラムです。

    クラシック|2021年04月26日 (月) 12:00

  • グレン・グールド 若き日の記録 第1集、第2集

    ALTUSレーベルから新シリーズ「グレン・グールド 若き日の記録」が始動。CBSデビュー前の1954年録音のバッハ:ゴルトベルク変奏曲と、イタリア協奏曲などを収録したバッハ:ピアノ独奏曲集(1952〜55年録音)の、2タイトルが登場。

    クラシック|2021年04月23日 (金) 17:30

  • ブリデッリ、ヴァンヴィテッリ四重奏団/わたしが両目を閉じるや否や

    すでに数十年にわたる古楽器演奏の蓄積を持つイタリアの、躍進めざましい新世代奏者たちが集うヴァンヴィテッリ四重奏団と、メゾ・ソプラノ歌手のジュゼッピーナ・ブリデッリとの共演による、独唱とヴァイオリンのためのカンタータ集。

    クラシック|2021年04月23日 (金) 15:50

  • チンクエチェント/イザーク:ミサ曲とモテット集

    男声ヴォーカル・アンサンブルの「チンクエチェント」の最新盤は、ジョスカン・デ・プレのと同世代で、フィレンツェのロレンツォ・デ・メティチや神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世に重用されていた作曲家ハインリヒ・イザークのミサ曲とモテット集です。

    クラシック|2021年04月23日 (金) 08:00

  • リニョル/バス・ド・ヴィオールによるバッハ:無伴奏チェロ組曲(2C...

    フランス出身の名手ミリアム・リニョルが、ルイ14世やバッハの時代にも使われていたフランスの歴史的建造物を録音の舞台に、バス・ド・ヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)を用いて、バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲を録音。

    クラシック|2021年04月22日 (木) 17:33

  • 【LP】 ヴァルヒャ没後30周年記念LP発売

    J.S.バッハ3曲の『トッカータとフーガ』と、『トッカータ、アダージョとフーガ』をオランダのアルクマールにある聖ラウレンス教会のシュニットガー・オルガンで演奏。

    クラシック|2021年04月16日 (金) 11:30

  • エンリコ・オノフリ/ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲集

    古楽界きっての名ヴァイオリニスト、エンリコ・オノフリが放つヴィヴァルディ最新録音!2019年から音楽監督を務めているアカデミア・モンティス・レガリスとの共演で、独奏を伴わない編成で書かれたヴィヴァルディの弦楽のための協奏曲集です。

    クラシック|2021年04月09日 (金) 11:30

  • ラ・ジョイア・アルモニカ/18世紀イタリアのサルテリオのための音楽

    箱に張り巡らせた弦を上からハンマーで叩いたり爪弾いたりする楽器「サルテリオ」。実はバロック後期にドイツ語圏の宮廷やイタリアで広く用いられており、このアルバムではバロック後期から前古典派にかけてのイタリア人作曲家たちによるサルテリオ作品を収録...

    クラシック|2021年04月08日 (木) 15:30

  • ニコラーエワ/バッハ:ゴルトベルク変奏曲(1979)

    RELIEFレーベルから、1979年メロディア録音のニコラーエワのバッハ:ゴルトベルク変奏曲が登場。

    クラシック|2021年04月08日 (木) 15:00

  • ビューティー・ファーム/パレストリーナ:教皇マルチェルスのミサ

    2014年に設立された男声6人のヴォーカル・アンサンブルで、これまでオケゲム、ラ・リュー、オブレヒト。ゴンベールといったフランドル楽派の知られざるミサ曲録音で高い評価を得てきた「ビューティー・ファーム」の最新盤は、パレストリーナの傑作『教皇...

    クラシック|2021年04月08日 (木) 10:30

  • 【映像】バルトリ、カプアーノ/ヘンデル:『アリオダンテ』

    2017年ザルツブルク音楽祭、バルトリがタイトルロールを務めたヘンデル:歌劇『アリオダンテ』の映像が登場。演奏は、ジャンルカ・カプアーノ指揮、レ・ミュジシャン・デュ・プランス=モナコ。共演陣もデュモー、ヴィラゾン、ピオーなど豪華です。

    クラシック|2021年04月07日 (水) 12:00

  • 【発売中】ヨッフム/フィリップス合唱曲録音全集(13CD)

    ヨッフムがフィリップスに行った宗教音楽の合唱曲録音(バッハ:マタイ、ヨハネ、ロ短調ミサ、クリスマス・オラトリオ、ハイドン:天地創造、ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス、ルドルフ・メンゲルベルク:マニフィカト)を収録したCD13枚組が登場。

    クラシック|2021年04月05日 (月) 17:30

  • 【映像】サルデッリ&フィレンツェ五月祭/ヘンデル:『リナルド』

    日本語字幕付き。2020年9月、新型コロナウイルス感染症に対するロックダウン解除後、イタリアで最初に公演を再開したフィレンツェ五月祭劇場での公演記録。指揮はフェデリコ・マリア・サルデッリ、演出・装置・衣装を手掛けたのは重鎮ピエール・ルイージ...

    クラシック|2021年04月05日 (月) 16:29

  • マハン・エスファハニ/バッハ:6つのパルティータ(2CD)

    1984年テヘラン生まれのチェンバロ奏者、マハン・エスファハニの最新盤は、バッハの6つのパルティータ。2020年3月22-25日、モンマス、ワイアストン・エステイト、コンサート・ホールでの録音です。

    クラシック|2021年04月02日 (金) 16:30

  • ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ/モンテヴェルディ:マドリガ...

    モンテヴェルディ:『聖母マリアの夕べの祈り』で2017年レコード・アカデミー賞「音楽史部門賞」を受賞したヴォーカル・アンサンブル、ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ。最新盤は、モンテヴェルディ:マドリガーレ選集です。

    クラシック|2021年04月02日 (金) 15:30

  • ビケット&イングリッシュ・コンサート/ヘンデル:歌劇『ロデリンダ...

    間もなく創設半世紀になろうとする英国の老舗古楽器オーケストラ、イングリッシュ・コンサートが、現音楽監督ハリー・ビケットの指揮で、ヘンデル最盛期の傑作『ロデリンダ』の全曲録音に臨みました。

    クラシック|2021年04月02日 (金) 15:00

  • S・クイケン/バッハ:ブランデンブルク協奏曲 2009年録音(2CD)

    同曲演奏に一石を投じる革命的なものとなったシギスヴァルト・クイケンとラ・プティット・バンドによるブランデンブルク協奏曲の2009年再録音盤が、CD2枚組&廉価で復活。

    クラシック|2021年03月30日 (火) 17:00

  • レツボール/テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲

    古楽ヴァイオリン界の名匠であり、アルス・アンティクヮ・アウストリアの指揮者としてもその名を轟かせているグナール・レツボールの最新盤は、テレマンの無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲です。

    クラシック|2021年03月30日 (火) 17:00

  • ナージャ・ツヴィーナー/『通奏低音なし〜バッハへ至る道で』

    2007年からイングリッシュ・コンサートのリーダー(コンサートマスター)を務めているナージャ・ツヴィーナーによる、17世紀後半から18世紀前半にかけての無伴奏ヴァイオリン作品集。コレッリ、ビーバー、マッテイス、ピゼンデルなどの作品を収録して...

    クラシック|2021年03月30日 (火) 07:00

  • 【発売】ダウスゴー&スウェーデン室内管/ザ・ブランデンブルク・プ...

    SACDハイブリッド盤。ダウスゴー&スウェーデン室内管の最新盤は、バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲と、6人の作曲家の新作を収録したアルバム。ヴァイトハース、P・クーシスト、T・ツィンマーマン、エスファハニなどの超豪華メンバーも参加!

    クラシック|2021年03月29日 (月) 15:00

  • クァドリーガ・コンソート/『ミッドサマー』

    古楽をポップ・ミュージックの起源ととらえ、ピリオド楽器を使用して親しみやすい音楽を奏で注目を浴びているアンサンブル、クァドリーガ・コンソート。最新盤は、スカンジナビア半島とイギリス諸島の歌と器楽による、夏至をテーマにした作品を収録。

    クラシック|2021年03月26日 (金) 16:10

  • 【LP】 アーノンクール『ブランデンブルク協奏曲』再発

    2021年アーノンクール没5年として、1981年の二度目の「ブランデンブルク協奏曲」録音が、180g重量盤レコードで数量限定再発売。

    クラシック|2021年03月26日 (金) 12:40

  • 【LP】 ロストロポーヴィチ、バッハ無伴奏チェロ組曲LP再発売

    聖マドレーヌ大聖堂でセッション・レコーディングしたバッハの無伴奏チェロ組曲がアナログ180g重量盤4枚組ボックスとして数量限定生産で再発売

    クラシック|2021年03月26日 (金) 12:10

  • シュパーニ/C.P.E.バッハ:鍵盤独奏曲全集 第40集

    ミクローシュ・シュパーニによるC.P.E.バッハの鍵盤独奏曲全集の第40集。この巻ではC.P.E.バッハが別の楽器のために書いた作品を鍵盤用に編曲したものを収録。

    クラシック|2021年03月24日 (水) 15:00

  • モルテンセン&コンチェルト・コペンハーゲン/バッハ:管弦楽組曲(...

    ミサ曲ロ短調やブランデンブルク協奏曲、オッターのバッハ:アリア集の伴奏など、バッハ演奏も定評があるラース・ウルリク・モルテンセン&コンチェルト・コペンハーゲンの最新盤は、管弦楽組曲。オリジナル版での演奏です。

    クラシック|2021年03月23日 (火) 17:00

  • ザ・シックスティーン/『ポーリッシュ・コレクション』(5CD)

    ザ・シックスティーンとアソシエイト・コンダクター、イーモン・ドゥーガンのコンビによる、ポーランド・バロック宗教合唱作品シリーズ5巻がセットになって登場。

    クラシック|2021年03月22日 (月) 13:00

  • アントネッリ&ムジカ・アンティクァ・ラティーナ/ヴィヴァルディ

    イル・ジャルディーノ・アルモニコ首席チェロ奏者、ジョルダーノ・アントネッリと、彼が結成したムジカ・アンティクァ・ラティーナによる、ヴィヴァルディの協奏曲&シンフォニア集が登場。

    クラシック|2021年03月22日 (月) 11:00

  • 廣江理枝/『バッハ讃 J.S.バッハ青年期のオルガン作品』

    オルガン研究と演奏の第一人者・廣江理枝(東京藝術大学教授)が、バッハ青年期の作品への深い理解と共感の中で演奏した作品集。多彩な音色のパレットを誇る東京藝術大学奏楽堂のガルニエ・オルガンが、熱情あふれる若きバッハの音楽を再現します。

    クラシック|2021年03月16日 (火) 13:30

  • フレードリク・マルムベリ/モンテヴェルディ:『オルフェオ』(2SAC...

    SACDハイブリッド盤。スウェーデン南部の3つのアンサンブル、「アンサンブル・ルンダバロック」「ホール・バロック」「アンサンブル・アルタプンタ」の共演によるモンテヴェルディ:歌劇『オルフェオ』の全曲録音が登場。 指揮は、フレードリク・マルム...

    クラシック|2021年03月16日 (火) 13:30

  • シゲティ/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ、SACDシングルレイヤ...

    超名盤シゲティのバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータを、Global Culture Agencyレーベルが、Vanguard Classic提供のハイビット・ハイサンプリングのマスターをもとにSACDシングルレイヤー化。

    クラシック|2021年03月15日 (月) 17:59

  • 【LP】 バッハ2台、3台、4台のピアノのための協奏曲集再プレス

    クリストフ・エッシェンバッハ他による4曲収録作品が、オリジナル音源からマスタリングした180g重量盤LPで35年振りの再プレス。

    クラシック|2021年03月12日 (金) 12:30

  • フランソワ・ラザレヴィチ/ファン・エイク:『笛の楽園』

    「古楽の笛」の達人フランソワ・ラザレヴィチの最新盤は、リコーダー史上の聖典ともいうべき17世紀オランダの曲集『笛の楽園』。横笛、ソプラノからバスまで大小さまざまなリコーダー、ミュゼット(ふいご式バグパイプ)と、様々な楽器選択での録音です。

    クラシック|2021年03月10日 (水) 13:00

  • ヴァイオリン&チェンバロ編曲版 D・スカルラッティ:ソナタ集

    ドメニコ・スカルラッティの鍵盤ソナタから24曲を選び、ヴァイオリン&チェンバロ版へ編曲、録音を行ったアルバム。演奏は、ポーランドのデュオ、ヴァイオリンのパヴェウ・ウォサキエヴィチとチェンバロのリリアンナ・スタヴァルツです。

    クラシック|2021年03月10日 (水) 12:50

  • シュテーグナー/ヴィオラ版バッハ:無伴奏チェロ組曲(2CD)

    1996年からベルリン・フィルのヴィオラ奏者として活躍するドイツ、ニュルンベルク出身の名手マルティン・シュテーグナーが、バッハの無伴奏チェロ組曲全6曲をヴィオラで録音。

    クラシック|2021年03月09日 (火) 17:30

  • 中野振一郎/F.クープラン:クラヴサン曲全集 1(2CD)

    楽壇生活35年を迎える中野振一郎が物語るフランソワ・クープランの成し遂げた偉業の真価。2020年7月13-16日、9月7,8日、岐阜県、サラマンカホールでの録音。

    クラシック|2021年03月09日 (火) 16:40

  • デュオ・モンティ=ビアンコ/2台ピアノ版バッハ:ゴルトベルク変奏...

    イタリア、ナポリを拠点に活躍するピアノ・デュオ、デュオ・モンティ=ビアンコがバッハ:ゴルトベルク変奏曲を録音。ラインベルガーが2台ピアノのために編曲し、後年レーガーが手を加えた改訂版による演奏です。

    クラシック|2021年03月09日 (火) 09:30

  • H・スミス/テオルボ、リュート版 バッハ:無伴奏チェロ組曲(2CD)

    リュートの巨匠ホプキンソン・スミスがこれまでに録音してきた、バッハ:無伴奏チェロ組曲をセット化。第1番〜第3番は、テオルボによる演奏で2012年録音。第4番〜第6番は、リュートによる演奏で1980年、1992年の録音です。

    クラシック|2021年03月08日 (月) 16:20

  • 【再プレス】【LP】Channel Classics初LP盤はレイチェル・ポッジャー...

    オランダの高音質レーベル、Channel Classicsより、同レーベル初の『LP』が登場。記念すべき第1弾として選ばれたのは、レイチェル・ポッジャーの「ヴィヴァルディ:四季」。

    クラシック|2021年03月08日 (月) 11:40

  • プレーゴ&ティエント・ヌオーボ/エイヴィソン:合奏協奏曲集、D.ス...

    ドメニコ・スカルラッティ[1685-1757]の鍵盤楽器のためのソナタからインスピレーションを得て作曲されたチャールズ・エイヴィソンの合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソ)集を、元になったスカルラッティのソナタととも収録したアルバム。

    クラシック|2021年03月08日 (月) 11:30

  • アシエル・ポロ/バッハ:無伴奏チェロ組曲(2CD)

    2019年9月9-13日録音。1971年生まれのスペインの名手アシエル・ポロの、バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲が登場。

    クラシック|2021年03月05日 (金) 15:00

  • ジャルスキー、ファソリス&コンチェルト・ケルン/ヴィンチ:『アル...

    ジャルスキー、ディエゴ・ファソリス&コンチェルト・ケルンによるヴィンチ:歌劇『アルタセルセ』全曲録音が廉価再発売。(歌詞・対訳は付いておりません)

    クラシック|2021年03月05日 (金) 12:00

  • ディドナート、カーティス/ヘンデル:『アリオダンテ』(3CD)

    ジョイス・ディドナート、アラン・カーティス&イル・コンプレッソ・バロッコによるヘンデル:歌劇『アリオダンテ』全曲録音が廉価再発売。(歌詞・対訳は付いておりません)

    クラシック|2021年03月05日 (金) 12:00

  • ベルラーヘ・サクソフォン・クァルテット/ゴルトベルク変奏曲(サッ...

    2008年にアムステルダム音楽院の学生たちで結成されたサクソフォン四重奏団ベルラーヘ・サクソフォン・クァルテットが、バッハ:ゴルトベルク変奏曲を録音。サクソフォン四重奏版への編曲は、アルト・サクソフォンを担当するペーター・ヴィーグが行ってい...

    クラシック|2021年03月03日 (水) 10:00

  • 【発売】コントラプンクトゥス/ボールドウィン・パートブックからの...

    音楽学者オーウェン・リースが2010年に設立したイギリスの古楽コンソートの「コントラプンクトゥス」が録音してきた『ボールドウィン・パートブックからの音楽』三部作を締めくくる最終巻。

    クラシック|2021年03月01日 (月) 14:00

  • アンサンブル・コレスポンダンス/『七つの言葉とイエスの四肢』(2C...

    鍵盤奏者、指揮者のセバスティアン・ドセのもとに2008年にリヨンで創設されたアンサンブル・コレスポンダンス。最新盤では、バッハ以前のヨーロッパにおけるルター派の宗教音楽発展に寄与したブクステフーデ、シュッツ、ディークマンの作品を収録していま...

    クラシック|2021年03月01日 (月) 12:00

  • サヴァール、エステヴァン/西方のリラ〜中世のフィドル音楽 1100〜1...

    サヴァールと盟友エステヴァンによる1994年録音、「ASTREE」レーベルの名盤『西方のリラ』がSACDハイブリッドでリマスター再登場。高音質録音でも話題となったディスクゆえにたいへん嬉しい復活です。

    クラシック|2021年03月01日 (月) 10:30

  • マクラウド&リ・アンジェリ・ジュネーヴ/バッハ:ミサ曲ロ短調(2C...

    2020年10月録音。バス歌手ステファン・マクラウドが2005年に結成した「リ・アンジェリ・ジュネーヴ」。新型コロナウィルス感染拡大により演奏活動が制限される中で実現した録音で、声楽陣はソロ6人とリピエーノ4人の計10人の最小編成による演奏...

    クラシック|2021年02月26日 (金) 16:30

  • ベイエ&リ・インコーニティ/C.P.E.バッハ:ハンブルク交響曲

    アマンディーヌ・ベイエ率いる古楽アンサンブル、リ・インコーニティの最新盤は、C.P.E.バッハの代表作、6つのシンフォニア Wq.182(ハンブルク交響曲)です。

    クラシック|2021年02月26日 (金) 16:15

  • セルジオ・アッツォリーニ/ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲集 第5...

    凄腕ファゴット奏者アッツォリーニのソロが唸りまくるヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲集、第5弾です。バックは第4集から共演しているロンダ・アルモニカで、木管楽器、テオルボ、リュート、ギター、ハープ、オルガン、チェンバロなどを駆使した大き目の編...

    クラシック|2021年02月26日 (金) 16:00

  • ジュベール=カイエ/マレ:ヴィオール曲集 第3巻(4CD)

    総数500にも上るというマレのヴィオール作品を録音するという、壮大な企画の第3弾。1711年に発表されたマレ3番目の曲集は『おどけ仕草』『グラン・バレ』『移り気』といった比較的有名な作品も多く含まれています。

    クラシック|2021年02月25日 (木) 12:00

  • ファンタズム/バッハ:よく整えられたヴィオール合奏曲集 第2巻

    バッハの鍵盤作品を英国ルネサンス風のヴァイオル・コンソート(ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏)で演奏するアルバムの第2弾。平均律クラヴィーア曲集第2巻からの作品を中心に、第1巻の曲も適宜取り入れ、プレリュードとフーガを自由に組み合わせたプログラム。

    クラシック|2021年02月25日 (木) 12:00

  • レ・パシオン・ド・ラーム/ビーバー:技巧的で楽しい合奏音楽(2CD...

    高度なピリオド楽器演奏と歴史的知識を持ったヨーロッパの奏者によってベルンで結成されたアンサンブル「レ・パシオン・ド・ラーム」によるビーバーの『技巧的で楽しい合奏音楽』の全曲録音が登場。

    クラシック|2021年02月24日 (水) 12:29

  • カペリャ・デ・ミニストレルス/『聖母マリアのカンティガ集』

    ノートルダム楽派や南フランスの宮廷詩歌人たちが活躍していた13世紀、敬虔なキリスト教信者たちが出会った聖母マリアの奇跡に関する物語を綴ったこの歌集を、スペイン・バレンシア地方に拠点をおくカペリャ・デ・ミニストレルスが多彩な楽器編成とともに演...

    クラシック|2021年02月22日 (月) 17:00

  • ヴェルサイユ旧王室礼拝堂管/F.クープラン:ルソン・ド・テネブレ、...

    ステファーヌ・フュジェ指揮、ヴェルサイユ旧王室礼拝堂管弦楽団の演奏による、F.クープラン:ルソン・ド・テネブレ、謝肉祭主日のためのモテ『 甦った救世主の勝利』、ドラランド:第4の賛歌『正しき者たちの幸福と見放された者たちの不幸について』が登...

    クラシック|2021年02月22日 (月) 17:00

  • ジュスタン・テイラー/ラモーの一族〜ラモー家と18世紀フランスの鍵...

    クラヴサンの名手ジュスタン・テイラーの最新盤は、大御所ジャン=フィリップ・ラモーのクラヴサン作品に加え、古典派時代にいたるラモー一族の作品も併せて収録しています。

    クラシック|2021年02月22日 (月) 17:00

  • アナ・デ・ラ・ヴェガ/『バッハ・アンボタンド』

    フルート界の新星アナ・デ・ラ・ヴェガの最新盤。バッハのブランデンブルク協奏曲第2、4、5番や、2つのヴァイオリンのための協奏曲のフルート&オーボエ版、そして技巧的なパッセージが魅力の管弦楽組曲第2番の終曲「バディヌリー」を収録。

    クラシック|2021年02月19日 (金) 16:15

  • 『Great Bach Basics』〜J.S.バッハ、C.P.E.バッハ作品集(12DVD)

    鈴木雅明の『ヨハネ』、ガーディナーの『クリスマス・オラトリオ』、ブロムシュテットの『ロ短調ミサ』、アバドの『ブランデンブルク』など、ユーロアーツ・レーベルから発売された J.S.バッハと C.P.E.バッハの作品を収録したDVD12枚組が登...

    クラシック|2021年02月19日 (金) 11:00

  • CARUSレーベル/バッハ:受難曲集ボックス(6CD)

    CARUSレーベルから、バッハ:受難曲集ボックスが登場。ベルニウス指揮の『マタイ受難曲』、ラーデマン指揮の『ヨハネ受難曲』(1749年第4版)、ウィレンズ指揮の『マルコ受難曲』(D・ヘルマンとA・グレックナーによる復元版)を収録しています。

    クラシック|2021年02月17日 (水) 16:40

  • ボブ・ファン・デル・アント/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&...

    オランダのヴァイオリニスト、ボブ・ファン・デル・アントによるバッハの無伴奏が登場。今回のレコーディングに使用した楽器は長年愛用しているヴァイオリンで、ジャン=バティスト・ヴィヨームが1828年に製作したもの。

    クラシック|2021年02月17日 (水) 16:00

  • モントリオール古楽スタジオ/フランドル楽派の初期ポリフォニー音楽...

    1974年結成の歴史ある声楽グループで、「豊かな質感と躍動感のあるサウンドで、催眠術のような美しさ」と評されるカナダの名団体モントリオール古楽スタジオによる、フランドル楽派の初期ポリフォニー音楽集が登場。指揮はアンドリュー・マッカナーニー。

    クラシック|2021年02月17日 (水) 15:52

  • ソーニャ・ヨンチェヴァ/『リバース(再生)』

    ソプラノ歌手、ソーニャ・ヨンチェヴァの最新盤は、17世紀前半の初期バロックの作品、イギリスのルネサンス期の作品やパーセルのオペラ、さらにはイタリアやスペイン歌も交え、17世紀のヨーロッパの旅のような多彩なプログラムになっています。

    クラシック|2021年02月15日 (月) 16:15

  • アレッサンドリーニ/バッハ:鍵盤作品集

    イタリアを代表するバロック音楽のスペシャリスト、リナルド・アレッサンドリーニによるバッハのチェンバロ演奏。最新盤では「イ短調」「ニ短調」「ハ短調」の鍵盤作品を収録しました。

    クラシック|2021年02月15日 (月) 00:00

  • 【発売】バンジャマン・アラール/バッハ:鍵盤のための作品全集第4...

    注目の鍵盤奏者バンジャマン・アラールによる、J.S.バッハの鍵盤作品を全て録音する一大プロジェクト。第4弾は、チェンバロ、ペダル付チェンバロ、オルガンを弾き分けた『ヴェネツィア風〜イタリア様式の協奏曲』をテーマとした3枚組です。

    クラシック|2021年02月14日 (日) 12:10

  • アーロン・ピルザン/バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻

    1995年オーストリア生まれのピアニスト、アーロン・ピルザン。メリハリが明快ですっきりとした中に聴く者を惹きつける細やかな表現力が持ち味の彼の演奏は、これまでも特にバッハに於いて高い評価を得ていますが、今回満を持して平均律第1巻の登場です。

    クラシック|2021年02月12日 (金) 17:00

  • 『ローマ、バロック揺籃の地〜18世紀初頭の音楽会再現』

    巨匠コレッリが若きヘンデルと共演し、スカルラッティ父子がともに現役で音楽通たちを瞠目させていた1700年代初頭のローマをテーマとしたアルバム。演奏はパオロ・ザンズ&レ・スタジョーニと、カウンターテナーのカルロ・ヴィストーリです。

    クラシック|2021年02月09日 (火) 13:00

  • アンナ・ルチア・リヒター/情熱の狂乱〜モンテヴェルディ・アルバム

    ドイツの麗しきソプラノ歌手アンナ・ルチア・リヒターのモンテヴェルディ・アルバム。『アリアンナの嘆き』を中心に置き、歌劇『ポッペアの戴冠』から『ただあなたを見つめ』、歌劇『オルフェオ』から『愛するペルメッソ川のほとりから』などを収録。

    クラシック|2021年02月09日 (火) 11:00

  • ミナージ&アンサンブル・レゾナンツ/ペルゴレージ:スターバト・マ...

    古楽と現代を「共鳴(レゾナンス)させる」というテーマを掲げて活動を重ねてきた名団体アンサンブル・レゾナンツと2018年からアーティスト・イン・レジデンスを務めるリッカルド・ミナーシが、ペルゴレージ:スターバト・マーテルを録音。

    クラシック|2021年02月08日 (月) 15:00

  • ヘレヴェッヘ/バッハ:カンタータ第45、198番、他

    ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレの最新盤は、バッハのカンタータ。第45番『人よ、汝に善きこと告げられたり』、第198番『候妃よ、さらに一条の光を』(哀悼頌歌)、モテット『おおイエス・キリスト、わが命の光』を収録。

    クラシック|2021年02月08日 (月) 15:00

  • ラーデマン&ゲヒンガー・カントライ/バッハ:マタイ受難曲(2CD)

    2020年11月録音。合唱指揮者として確固たる地位を築いているハンス=クリストフ・ラーデマンとシュトゥットガルト・ゲヒンゲン聖歌隊(ゲヒンガー・カントライ)による『マタイ受難曲』が登場。

    クラシック|2021年02月08日 (月) 14:30

  • ジャドラン・ダンカム/バッハ:リュート作品集

    バロック・ギター&リュート奏者、ジャドラン・ダンカムの最新盤はバッハのリュート作品集。ブックレットには、ダンカムによるバッハのリュート作品への仔細な研究、手稿譜やタブ譜の選択、リュート独特の録音についてのこだわりなどを掲載(日本語あり)。

    クラシック|2021年02月03日 (水) 10:00

  • プラムゾーラー、他/『パリ・アルバム』『ロンドン・アルバム』(2C...

    ヨハネス・プラムゾーラーとアンサンブル・ディドロがイギリスとフランスの初期トリオ・ソナタを探求した名盤『パリ・アルバム』と『ロンドン・アルバム』がセットで登場!

    クラシック|2021年02月03日 (水) 10:00

  • フルトヴェングラー&ウィーン・フィル/バッハ:マタイ受難曲(3CD...

    フルトヴェングラーが亡くなる半年前、1954年復活祭週間の4月14〜17日、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールでのバッハ:『マタイ受難曲』が、ミラノ、ディスコス社制作の1984年リマスターテープからCD化。

    クラシック|2021年02月01日 (月) 17:31

  • マギーガン/ヘンデル:オラトリオ『ヨセフとその兄弟』(3CD)

    2017年12月18-20日録音。ニコラス・マギーガン&フィルハーモニア・バロック・オーケストラの演奏による、ヘンデル:オラトリオ『ヨセフとその兄弟』の録音が登場。

    クラシック|2021年02月01日 (月) 00:00

  • ハーデリッヒ/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(...

    15歳の時に火事で全身の60%にもおよぶ火傷を負いながらも、20回をこえる手術とリハビリを強靭な精神力で克服し、見事カムバックしたヴァイオリニスト、アウグスティン・ハーデリッヒ。最新盤は、バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲...

    クラシック|2021年01月29日 (金) 17:00

  • ガーディナー/バッハ:マタイ受難曲(2CD)

    ジョン・エリオット・ガーディナーが1988年に録音した名盤、バッハの『マタイ受難曲』。過去にCD3枚組でリリースされていましたが、今回CD2枚組セットになっての再発売です。

    クラシック|2021年01月29日 (金) 16:20

  • マクリーシュ/ヘンデル:『メサイア』(2CD+BDA)

    イギリスの古楽器指揮者ポール・マクリーシュが1982年に結成したガブリエル・コンソートとともに1996年に録音したヘンデルの『メサイア』が、2CD+ブルーレイ・オーディオのセットで登場。

    クラシック|2021年01月28日 (木) 17:50

  • エルリー/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ(シングルレイヤー)

    ドゥヴィ・エルリーのバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータがSACDシングルレイヤーで登場。「SOUND TREE」がライセンス先であるユニバーサル・ミュージックから取り寄せたオリジナルマスターに、丁寧なリマスタリングを施していま...

    クラシック|2021年01月26日 (火) 12:00

  • 【映像】ガーディナー&EBS/ヘンデル:『セメレ』

    第58回「レコード・アカデミー賞」大賞銀賞 声楽曲部門を受賞したガーディナーによるヘンデルの『セメレ』(2019年ロンドン・ライヴ)が、映像でリリース!日本語字幕付きです!

    クラシック|2021年01月25日 (月) 12:00

  • アリアンナ・サヴァール/『アリアドネの迷宮』

    歌手でありハープ奏者でもあるアリアンナ・サヴァール、全編1人で演奏したソロ・アルバムは今作が初。中世からバロック時代のレパートリーを7種類の歴史的ハープを用いて演奏。順に年代を追って、器楽独奏と弾き語りで構成されています。

    クラシック|2021年01月24日 (日) 18:00

  • 【発売】メジューエワ/バッハ:インヴェンションとシンフォニア

    2020年6月録音。メジューエワの最新盤は、初録音となるバッハの『インヴェンションとシンフォニア』。『ゴルトベルク変奏曲』や『平均律クラヴィーア曲集』などの録音でバッハ弾きとしても高い評価を得てきたメジューエワは、ここでも真摯で感興豊かな演...

    クラシック|2021年01月20日 (水) 15:30

  • J・パーキンス&エンシェント室内管/エクルズ:歌劇『セメレー』(2...

    英国バロック期の作曲家ジョン・エクルズ(エックレス)の歌劇『セメレー』の全曲録音。ジュリアン・パーキンス指揮、エンシェント室内管弦楽団の演奏です。

    クラシック|2021年01月19日 (火) 16:00

  • バレンボイム/平均律クラヴィーア曲集第1、2巻(5CD)

    2003-2004年録音。ここでバレンボイムがとったアプローチは、ピアノならではの特性を徹底的に生かしたなもので、ペダルを駆使し、千変万化するタッチによって、たっぷりとしたスケールの中に、深く美しく思索的なバッハ解釈を実現しています。

    クラシック|2021年01月15日 (金) 12:30

  • アグニュー&レザール・フロリサン/ジェズアルド:マドリガーレ集第...

    レザール・フロリサンの共同指揮者、ポール・アグニューによる、ジェズアルドのマドリガーレ集第2弾です。今回は、第3&4集を収録しています。レザール・フロリサンの刺激的かつ美しい演奏で聴くことができます。

    クラシック|2021年01月14日 (木) 12:40

  • ヴォクス・ルミニス/ビーバー:レクィエム〜17世紀ドイツ語圏の教会...

    すでに「Ricercar」や「ALPHA」で多くの名盤をリリース、世界的に絶賛されているヴォクス・ルミニスが、ドイツのフライブルクに集う精鋭器楽奏者たちとともに、ビーバー:レクィエムなどを録音。

    クラシック|2021年01月13日 (水) 17:00

  • 【映像】ピション&ピグマリオン/カヴァッリ:『恋するヘラクレス』

    日本語字幕付き。2019年11月、パリ、オペラ=コミック座でのライヴ収録。モンテヴェルディの高弟で17世紀中盤に絶大な人気を誇ったの歌劇『恋するヘラクレス』の映像。演出はヴァレリー・ルソール&クリスティアン・エク。

    クラシック|2021年01月13日 (水) 12:30

  • エラナー・フレイ/ヴァンディーニ:作品全集

    18世紀の最も重要なチェリスト兼作曲家のひとりA・ヴァンディーニの6つのソナタと1つの協奏曲を収録。ヴァンディーニはガンバのように弾くアンダーハンド・ボウ奏法を使い続けたチェリストと言われており、エラナー・フレイも同じ奏法で録音しています。

    クラシック|2021年01月13日 (水) 12:15

  • レツボール/フックス:オラトリオ『ペトロに否認されしキリスト』

    対位法の権威フックスの残した劇的オラトリオ。古楽界の大御所レツボールとアルス・アンティクヮ・アウストリアが2020年1月のレゾナンツェン音楽祭で300年ぶりに復活上演した際のライヴ録音です。

    クラシック|2021年01月13日 (水) 12:10

  • ベルリン古楽アカデミー/ヘンデル:合奏協奏曲Op.3&6(3CD)

    名人集団ベルリン古楽アカデミーによるヘンデルの『6つの合奏協奏曲』Op.3と『12の合奏協奏曲』Op.6がCD3枚組のセットになって登場。

    クラシック|2021年01月12日 (火) 17:30

  • バルトルド・クイケン、他/ルイ14世の宮廷におけるフルート音楽

    バルトルド・クイケンの最新盤は、イマヌエル・デイヴィス、アーニー・タニモト、ドナルド・リヴィングストンとの共演で、ルイ14世が愛したフルート作品と、その後に生まれた18世紀前半の洗練された作品を収録しています。

    クラシック|2021年01月12日 (火) 17:00

  • シモーネ/アルビノーニ・コレクターズ・エディション(16CD)

    クラウディオ・シモーネ&イ・ソリスティ・ヴェネティがエラートに録音したアルビノーニの多くの器楽曲、2つの声楽作品とジャゾット:『アルビノーニのアダージョ』、さらにチェトランゴロ指揮のセレナータ『惑星公会議』を収録したCD16枚組が登場。

    クラシック|2021年01月08日 (金) 18:00

  • フュジェ&レゼポペー/リュリ:怒りの日、他

    ヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂を拠点に、かの大作曲家が残したグラン・モテ(合唱に比較的大規模な合奏が加わる教会声楽曲)の数々を体系的に録音してゆくシリーズがスタート。第1集は、リュリの『怒りの日』『おお涙よ、信徒の涙よ』『深き淵より』を収録。

    クラシック|2021年01月07日 (木) 18:40

  • フランチェスコ・コルティ/バッハ:チェンバロ協奏曲集 第2集

    1984年イタリア生まれの鍵盤奏者フランチェスコ・コルティと、ピリオド楽器オーケストラ『イル・ポモ・ドーロ』の共演による、バッハ:チェンバロ協奏曲集の第2弾。コルティがバッハの自筆譜を丹念に研究した結果が結実した演奏です。

    クラシック|2021年01月07日 (木) 15:00

  • キングズ・コンソート/パーセル:ロイヤル・オード集

    英国古楽界の巨匠ロバート・キングとキングズ・コンソートが2013年に立ち上げた自主レーベル「Vivat(ヴィヴァット)」から、ヘンリー・パーセルの新しい録音が登場。ジェイムズ2世とメアリー女王のための3つの傑出したオード(頌歌)を収録。

    クラシック|2021年01月05日 (火) 16:00

  • アスペレン/ルイ・クープラン・エディション 第4集

    SACDハイブリッド盤。レオンハルトの高弟であり、現在のオランダを代表する世界的チェンバリスト、ボブ・ファン・アスペレンの重要録音プロジェクト、ルイ・クープラン・エディションの最新巻となる第4巻が、約7年ぶりにリリース。

    クラシック|2021年01月05日 (火) 16:00

  • ライラ・シャイエーク/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルテ...

    スイスの古楽総本山「バーゼル・スコラ・カントルム」でバンキーニに学び、アンサンブル415やラ・リゾナンサ、コンチェルト・ケルンなどのメンバーとして存在感を示してきた古楽新世代のヴァイオリニスト、ライラ・シャイエークのバッハ:無伴奏が登場。

    クラシック|2021年01月05日 (火) 15:50

もっと見る +