トピックス

  • マヤ・ウェーバー/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2CD)

    ストラディヴァリウス・カルテットのメンバーとしても活躍しているマヤ・ウェーバーによる、バッハ:無伴奏チェロ組曲が登場。使用楽器は、ストラディヴァリが残したチェロの中で最高峰のものとされる1717年製「ボナミィ・ドブレー・スッジア」です。

    クラシック|2日前

  • ベンヤミン・アップル、ゲーベル/バッハ・ファミリーのカンタータ集

    フィッシャー=ディースカウ最後の弟子としても知られるドイツ期待のバリトン、ベンヤミン・アップルがゲーベル&ベルリン・バロック・ゾリステンとの共演で、世界初録音を含むバッハ一族が作曲したカンタータを録音。

    クラシック|2020年05月26日 (火) 16:00

  • ルドルフ・ルッツ&バッハ財団管&合唱団/バッハ:カンタータ集 第3...

    ルドルフ・ルッツが指揮するバッハのカンタータ全集シリーズ。第31集には昇天節用のカンタータ第43番、復活節第3日用の第145番、三位一体後第14日曜日用の第17番が収録されています。

    クラシック|2020年05月23日 (土) 12:00

  • 鈴木優人、BCJ/バッハ:チェンバロ協奏曲集第1集

    SACDハイブリッド盤。2018年9月よりバッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者に就任した鈴木優人が、バッハのチェンバロと弦楽のための協奏曲全集録音を開始!第1弾は、チェンバロ協奏曲第1番、第2番、第5番、鈴木優人復元による第8番を収録。

    クラシック|2020年05月13日 (水) 16:33

  • 【映像】ルセ&レ・タラン・リリク/ランディ:『オルフェオの死』

    日本語字幕付き。ルセ&レ・タラン・リリクが、歌手陣と合唱の優れた歌唱を明快かつ古雅な響きで見事に支え、巨匠ピエール・オーディが時にキッチュな印象を与えることさえ辞さないユニークな舞台づくりで、この作品に新たな命を吹き込んでいます。

    クラシック|2020年05月13日 (水) 12:45

  • ベルリン古楽アカデミー/バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲(2CD...

    名手ぞろいのベルリン古楽アカデミーによる名盤、バッハ:ブランデンブルク協奏曲が新装再発売。

    クラシック|2020年05月12日 (火) 17:40

  • クリスティ&レザール・フロリサン/ヘンデル:『メサイア』(2CD)

    1993年録音。ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサンのヘンデル:オラトリオ『メサイア』が新装再発売。当コンビは2019年10月の来日公演でもこの『メサイア』を演奏し、聴衆を感動の渦に巻き込みました。

    クラシック|2020年05月12日 (火) 17:40

  • コリーナ・マルティ、西山まりえ/15世紀の器楽作品集

    中世後期からルネサンス初期の知られざる鍵盤楽器とリコーダーのための音楽を発掘してきたコリーナ・マルティが、日本を代表するヒストリカル・ハーピストの西山まりえ、ブエノスアイレス出身のロヘル・エロウと、15世紀後半南ドイツ周辺の器楽音楽を録音。

    クラシック|2020年05月12日 (火) 17:00

  • プラムゾーラー、アンサンブル・ディドロ/ルクレール:トリオ・ソナ...

    バロック・ヴァイオリニスト、ヨハネス・プラムゾーラーの最新盤は、自身が主宰するアンサンブル・ディドロとのルクレール:トリオ・ソナタ集Op.4。

    クラシック|2020年05月12日 (火) 17:00

  • 【在庫特価】テレマン・エディション(50CD)

    ブリリアント・クラシックスから2015年にリリースされた、テレマンの主要作品を収録したCD50枚組ボックスを在庫限りの特別価格でご提供します。

    クラシック|2020年05月11日 (月) 18:30

  • グールド/バッハ:ゴルトベルク変奏曲 1955年盤&1981年盤

    1955年盤は、2015年発売の「グレン・グールド・リマスタード・ボックス」のDSDリマスター音源を使用。1981年盤については、デジタル録音と並行して収録されていたアナログ・マスター素材から編集し2002年にDSD化された音源が使用されて...

    クラシック|2020年05月07日 (木) 17:00

  • グレン・グールド/ザ・バッハ・ボックス(30CD)

    名ピアニスト、グレン・グールドが生前に発売を認めたソニー・クラシカル(コロンビア〜CBS)での全バッハ録音を、ほぼ発売年順に、初出LPのカップリングおよびデザインによる紙ジャケット仕様で収録したCD30枚組ボックスが登場。

    クラシック|2020年05月07日 (木) 17:00

  • 【発売】ピノック/バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

    2018、2019年録音。古楽演奏のパイオニアとして知られるトレヴァー・ピノックが、バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻を録音しました!

    クラシック|2020年05月04日 (月) 14:00

  • 【LP】 ラルペッジャータのパーセル『束の間の音楽』LP登場

    世界で50万枚以上のベストセラー・アルバムが、180g重量盤レコードで限定発売。

    クラシック|2020年05月01日 (金) 17:00

  • マリンバ三重奏版!バッハ:6つのトリオ・ソナタ

    マリンバのみならずマルチパーカッショニストとして世界的に活躍するジャン・ジョフロイが、弟子ミン=ナム・グエン、ガルドリク・スビラナとの共演で、バッハがオルガンのために作曲した6つのトリオ・ソナタをマリンバ三重奏版で録音しました。

    クラシック|2020年04月28日 (火) 11:00

  • ヤン・チシュマル/ヤコビデスの写本〜17世紀プラハのリュート音楽

    17世紀プラハ、リュート音楽全盛期の作品を編纂した『ヤコビデスの写本』を世界初録音。演奏は実力派リュート奏者ヤン・チシュマルで、リュート、テオルボ、バロック・ギターのほかに17世紀イギリスで生まれたオルファリオンも演奏しています。

    クラシック|2020年04月27日 (月) 10:20

  • ヌリア・リアル、アルテマンドリン/ヴェネツィアの香り

    ソプラノ、ヌリア・リアルの最新盤は、バロック・マンドリン・アンサンブル「アルテマンドリン」との共演によるバロック・オペラ・アリア集。

    クラシック|2020年04月26日 (日) 12:54

  • アラベラ・美歩・シュタインバッハー/ヴィヴァルディ,ピアソラ:四季

    SACDハイブリッド盤。人気と実力を兼ね備えたヴァイオリニスト、アラベラ・美歩・シュタインバッハーの最新盤は、ミュンヘン室内管との共演によるピアソラ:『ブエノスアイレスの四季』、ヴィヴァルディ:『四季』で、それぞれ春夏秋冬順に交互に収録して...

    クラシック|2020年04月26日 (日) 11:45

  • 豊嶋泰嗣/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲

    新日本フィルのソロ・コンサートマスターを務める傍ら、ソリストとしても幅広く活動を展開するヴァイオリニスト豊嶋泰嗣。2019年、愛器ストラディヴァリウス300歳の年に、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータを録音。

    クラシック|2020年04月26日 (日) 11:20

  • エンゲルチェス/もうここにはいない〜バッハ:カンタータ集

    今、古楽界で大活躍のオランダ出身のカウンターテナー、マールテン・エンゲルチェスの最新盤。今回は「死」をテーマに、バッハの有名カンタータ3曲を中心に、最初と最後にブクステフーデとヨハン・クリストフ・バッハのアリアを配置したアルバムです。

    クラシック|2020年04月24日 (金) 15:00

  • ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラによるバッハ:無伴奏チェロ組曲

    ヴィオラよりも大きく厚みもあり、首から肩にストラップをかけて演奏する18世紀に使用された楽器、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ。この楽器によるバッハ:無伴奏チェロ組曲が登場。演奏は、セルゲイ・マーロフ。

    クラシック|2020年04月21日 (火) 15:00

  • ウェルガス・アンサンブル/シモーヌ・ド・ボヌフォン:レクィエム

    パウル・ヴァン・ネーヴェル&ウェルガス・アンサンブルの最新盤は、知られざるフランス=フランドル楽派の俊才シモーヌ・ド・ボヌフォンの『死者のための5声のミサ曲(レクィエム)』です。

    クラシック|2020年04月21日 (火) 15:00

  • 【LP】 サー・ジョン・エリオット・ガーディナー『マタイ受難曲』LP...

    録音当時の感動をさらなる高音質で蘇らせた180g重量盤LP3枚組。オリジナルライナーノーツ掲載のリーフレット付。

    クラシック|2020年04月16日 (木) 11:00

  • 【映像】ヨーヨー・マ/バッハ:バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲

    現代最高峰のチェロ奏者ヨーヨー・マが、2019年6月にギリシャ、アテネの野外音楽堂、ヘロディス・アッティコス音楽堂で行った「バッハの無伴奏チェロ組曲」のライヴ映像が登場!

    クラシック|2020年04月15日 (水) 12:55

  • リッカルド・ミナーシ、ラ・シンティッラ管/ヴィヴァルディ:四季

    近年ヨーロッパでも最もエキサイティングな才能を持つ一人として急速に名声を獲得しているヴァイオリン奏者・指揮者リッカルド・ミナーシ。彼のヴァイオリン、指揮で、チューリッヒ歌劇場を拠点とするラ・シンティッラ管とのヴィヴァルディ:『四季』が登場。

    クラシック|2020年04月07日 (火) 17:00

  • ショーン・シベ(ギター)/バッハ・アルバム

    ロイヤル・フィルハーモニック協会音楽賞2017で「ヤング・アーティスト賞」の受賞したスコットランドの若き天才ギタリスト、ショーン・シベ。期待のサード・アルバムは、現在彼が中心的に取り組んでいるというJ.S.バッハの作品集。

    クラシック|2020年04月04日 (土) 10:05

  • ドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス/ルーヴルの愉しみ

    『夜の王のバレ』など、フランスのルネサンス後期からバロック期の音楽を新たな視点で提示しているドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス。今回は、ルーヴルで繰り広げられていた音楽の営みが見事に再構築された1枚の登場です。

    クラシック|2020年03月27日 (金) 12:00

  • メイタヌ・セバスティアン/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(2CD)

    フランス出身で、パリのチェロ・アンサンブル「Nomos(ノモス)」でも演奏してきたチェロ奏者メイタヌ・セバスティアンのバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲が登場。

    クラシック|2020年03月26日 (木) 17:40

  • ラバディ&ベルリン古楽アカデミー/テレマン:歌劇『ミリヴァイス』

    精力的なコンサート・録音活動を行っている名団体ベルリン古楽アカデミー。当アルバムはゲオルグ・フィリップ・テレマンの没後250年を記念してハンブルクで行われたテレマン音楽祭にて上演(演奏会形式)された、テレマン:歌劇『ミリヴァイス』のライヴ録...

    クラシック|2020年03月26日 (木) 17:00

  • ナイジェル・ショート&テネブレ/クープラン、ジェズアルド:テネブ...

    キングズ・シンガーズの元メンバーであるナイジェル・ショートによって2001年に設立され、世界最高峰のヴォーカル・アンサンブルの一つとして広く活動する「テネブレ」。最新盤は、クープランとジェズアルドの『テネブレ』です。

    クラシック|2020年03月26日 (木) 16:00

  • マクリーシュ/パーセル:『妖精の女王』(2CD)

    ポール・マクリーシュとガブリエリ・コンソート&プレーヤーズのヘンリー・パーセル録音プロジェクト第2弾は、シェイクスピアの『夏の夜の夢』に基づくセミ・オペラ『妖精の女王』です。

    クラシック|2020年03月19日 (木) 17:59

  • 【発売】鈴木雅明/バッハ:トッカータ集

    SACDハイブリッド盤。好評を博しているイギリス組曲全曲に続く鈴木雅明のチェンバロ演奏の最新録音は、バッハ:トッカータ集です。楽器は、1982年ヴィレム・クルスベルヘン制作によるリュッカースのレプリカを使用。自在にして優美な表現が印象的です...

    クラシック|2020年03月18日 (水) 17:00

  • 【LP】 ラトリーの貴重なバッハ作品がLP化

    世界に衝撃を与えたパリのノートルダム大聖堂火災直前、聖堂内でのオルガンの響きを収めた貴重な録音作品。

    クラシック|2020年03月16日 (月) 12:00

  • クレオベリー/バッハ:マタイ受難曲(2019年録音)

    SACDハイブリッド盤。スティーヴン・クレオベリーが、亡くなる約半年前にケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団と、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックを指揮して録音したバッハ:マタイ受難曲が登場。

    クラシック|2020年03月12日 (木) 16:30

  • ヴンダーカンマー/バッハ:ヨハネ受難曲(1725年稿)

    指揮者を置かず演奏するグループ、ヴンダーカンマーによるバッハ:ヨハネ受難曲。ここで演奏されている1725年稿は大きく手の入れられた改訂稿で、あまり取り上げられませんが手の込んだ筆致が魅力でもあります。

    クラシック|2020年03月11日 (水) 10:00

  • ザルツブルク・チェンバー・ソロイスツ/バッハ:フーガの技法

    シュリューエン率いるザルツブルク・チェンバー・ソロイスツによるバッハ:フーガの技法が登場。本来の形である未完成のフーガの他に、3人の作曲家(ヘルマン・ピルニー、ドナルド・フランシス・トーヴィ、カレヴィ・アホ)による完成版を演奏しています。

    クラシック|2020年03月11日 (水) 10:00

  • ドロテー・オベルリンガー/『ディスカヴァリー・オブ・パッション』

    リコーダー奏者ドロテー・オベルリンガーの最新盤は、ドミトリー・シンコフスキーと「アンサンブル1700」との共演。モンテヴェルディ、フレスコバルディ、バッサーノ、ヴィターリなど、当時のイタリアの最先端を走っていた作曲家たちの作品を収録していま...

    クラシック|2020年03月09日 (月) 18:00

  • フレスト/ヴィヴァルディのオペラ・アリアによるクラリネット協奏曲...

    「クラリネットの魔術師」マルティン・フレストの最新盤。アンドレアス・N・タルクマンが、ヴィヴァルディのオペラやオラトリオから10曲のアリアを選曲しクラリネットのために編曲、一つ一つをクラリネット協奏曲の楽章に見立て、3曲の協奏曲を組み上げた...

    クラシック|2020年03月09日 (月) 17:00

  • マクラウド&リ・アンジェリ・ジュネーヴ/バッハ:マタイ受難曲

    バッハ・コレギウム・ジャパンへの客演でも知られる実力派バス歌手ステファン・マクラウドが2005年に結成した「リ・アンジェリ・ジュネーヴ」がマタイ受難曲を録音しました。当録音は2019年4月、受難節にあわせて行われた5回のコンサートののち、4...

    クラシック|2020年03月09日 (月) 11:20

  • 【映像】ヤーコプス&ベルリン古楽アカデミー/パーセル:『アーサー...

    日本語字幕付き。ヤーコプスによるパフォーマンス・エディションとして、第一次大戦の戦役で父を失った8歳のアーサー王の誕生日に、祖父が読み聞かせる昔のイングランドとサクソンの戦いの物語をオーバー・ラップさせるという大胆なメタドラマの手法で、ユニ...

    クラシック|2020年03月06日 (金) 18:05

  • ガーディナー/『聖母マリアの夕べの祈り』(CD+DVD)

    ガーディナーが手兵モンテヴェルディ合唱団とイングリッシュ・バロック・ソロイスツを率いて、モンテヴェルディゆかりのサン・マルコ大聖堂で行った『聖母マリアの夕べの祈り』のライヴ録音のCDとDVDを収めたセットが、プライスダウンで再発売。

    クラシック|2020年03月05日 (木) 16:00

  • 【発売】ラーデマン/バッハ:ヨハネ受難曲(2CD)

    2019年8月3,4日、ドイツ、アンスバッハ、聖グンベルトゥス教会での録音。ハンス=クリストフ・ラーデマン&ゲヒンガー・カントライによるバッハ:ヨハネ受難曲が登場。1749年第4版での演奏です。

    クラシック|2020年03月05日 (木) 16:00

  • バンジャマン・アラール/バッハ:鍵盤楽器作品全集第3集

    注目の鍵盤奏者バンジャマン・アラールによるバッハ:鍵盤作品全集の第3弾。今回は、23歳でヴァイマールの宮廷につかえるようになったバッハが「若き巨匠」として鳴らした時期の、フランス音楽への顕著な興味と表情豊かな試みが見られる作品が収められてい...

    クラシック|2020年03月05日 (木) 13:45

  • パロンバ&ラ・ヴェネクシアーナ/ボノンチーニ:『マグダラのマリア...

    ヴォーカル・アンサンブル「ラ・ヴェネクシアーナ」の最新盤。リュート&テオルボ奏者のガブリエーレ・パロンバが指揮し、ボノンチーニが神聖ローマ皇帝レオポルト1世のために1701年に書いたオラトリオ『マグダラのマリアの改宗』を録音。

    クラシック|2020年02月27日 (木) 15:00

  • ラーデマン/ヘンデル:『メサイア』1742年ダブリン初演版(2CD)

    リリングが創設したゲヒンゲン聖歌隊は、2016年より、後継者ラーデマンが新たに設立したバロック・オーケストラとともに「ゲヒンガー・カントライ」という名称で活動しています。今回、1742年ダブリン初演版をしてヘンデル:『メサイア』を録音。

    クラシック|2020年02月27日 (木) 15:00

  • 有田正広の軌跡 第2集 1979〜1994(2CD)

    2019年に古希を迎えたフルーティスト、有田正広の軌跡を辿るシリーズ。第2集は古楽器での演奏。ヨーロッパ留学を経て古楽器奏者のパイオニアとして注目を集めた時代の知られざる録音です。ヴィヴァルディのライヴ録音は、これでもかという勢いと熱気にあ...

    クラシック|2020年02月26日 (水) 16:31

  • RICERCAR COLLECTION

    RICERCARレーベルの名盤をお得な価格でお届けする「RICERCAR COLLECTION」15タイトル。

    クラシック|2020年02月25日 (火) 12:00

  • ラ・スタジオーネ・アルモニカ/A・スカルラッティ:『聖週間−聖金...

    ここに収録された『聖週間−聖金曜日のためのレスポンソリウム』は、2018年に発売された『聖週間−聖土曜日のためのレスポンソリウム』に続く、合唱団「ラ・スタジオーネ・アルモニカ」によるアレッサンドロ・スカルラッティの「レスポンソリウム」録音の...

    クラシック|2020年02月24日 (月) 15:00

  • マルシュナー/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全...

    DOREMIレーベルからヴォルフガング・マルシュナーのバッハが登場。マルシュナーは1926年ドレスデン生まれのヴァイオリニストで、ハノーファー国立歌劇場、ケルン放送響のコンサートマスターを務めたほか、作曲家、指揮者、および教師としても活動し...

    クラシック|2020年02月24日 (月) 13:00

  • ヴィットリオ・ギエルミ/『マレ氏の秘密〜マラン・マレの音楽世界』

    ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のヴィットリオ・ギエルミが、イル・ジャルディーノ・アルモニコ初期メンバーでもあるリュート奏者ルカ・ピアンカや、イル・スオナール・パルランテのメンバーたちと、マラン・マレの作品集を録音。

    クラシック|2020年02月24日 (月) 11:00

  • マグラネル&カペリャ・デ・ミニストレルス/モラレス:哀歌集

    スペイン南東部バレンシア地方を拠点に、学術的根拠に基づきながら企画性の高い中世&ルネサンス音楽のプログラムを提案しつづけているカペリャ・デ・ミニストレルス。最新盤は、スペインで16世紀に最も敬愛されていた作曲家のひとりモラレスの『哀歌』を集...

    クラシック|2020年02月24日 (月) 11:00

  • 【LP】 パールマン名盤の1枚『四季』が、アナログLP盤で限定復刻

    ヴァイオリンの巨匠、イツァーク・パールマンによるヴィヴァルディ『四季』が2015年リマスター音源、重量盤レコードで復刻。

    クラシック|2020年02月21日 (金) 11:20

  • 上野星矢、アレキシ・ロマン/W.F.バッハ:2本のフルートのための二...

    上野とロマンのフルートは、お互いの旋律を引き立て合いながら、幻想的な世界を作り上げていきます。力強く美しい音色と、息のあった掛け合いから生まれる演奏からは、極上のセンスと音楽性が感じられることでしょう。

    クラシック|2020年02月20日 (木) 14:20

  • シュメルツァー&グランドラヴォア/ジェズアルド:『テネブレ』

    ビョルン・シュメルツァーが1999年に創設した古楽アンサンブル「グランドラヴォア」。2019年にリリースされたマショー:『ノートルダム・ミサ』では、レコード・アカデミー賞(音楽史部門)を受賞。期待の最新盤は、ジェズアルドの『テネブレ』です。

    クラシック|2020年02月19日 (水) 15:00

  • ジュリアン・ショヴァン/ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集

    ヴィヴァルディ・エディションのソロ協奏曲シリーズ初、フランスのヴァイオリン奏者が登場。ソリストとアンサンブルが一体となり、美しいメロディのフレージングの息遣いまで見事にそろっています。自作のオペラからの引用の部分など、このうえなくカンタービ...

    クラシック|2020年02月19日 (水) 13:00

  • ルクス&コレギウム1704/ゼレンカ:『1724年のミサ曲』

    ヴァーツラフ・ルクス指揮、コレギウム1704、コレギウム・ヴォカーレ1704によるゼレンカ。このアルバムにはミサ曲を収録。これは別々に残っている「キリエ」「グローリア」などをまとめて、それらの作曲年をふまえて『1724年のミサ』として構成し...

    クラシック|2020年02月19日 (水) 12:30

  • ヤナ・セメラードヴァー/ヘンデル、ルクレール:フルート作品集

    チェコが誇るバロック・フルートの名手ヤナ・セメラードヴァーが、原曲がヴァイオリン・ソナタのルクレールの作品と、クラヴサンが原曲のヘンデルの作品を録音。『調子のよい鍛冶屋』から『ガヴォット』など、有名作品も収録しています。

    クラシック|2020年02月19日 (水) 12:10

  • 【発売中】再録音!ヘレヴェッヘ/バッハ:ヨハネ受難曲

    2018年3月録音。フィリップ・ヘレヴェッヘの最新盤は、コレギウム・ヴォカーレとのバッハ:『ヨハネ受難曲』。ヘレヴェッヘは「harmonia mundi france」で1987年と2001年にこの作品を録音しているので、これが3度目となり...

    クラシック|2020年02月17日 (月) 15:34

  • ヒレ・パール、他/『夢の中のバラッド』

    ヒレ・パールの最新盤は、リュート・テオルボ奏者のアンドレアス・アーレント、ソプラノのクレア・ウィルキンソン、ヴァイオリニストのヴェロニカ・スクプリクをゲストに迎え、夢のような、魔法のような、センチメンタルでしかも楽しさにあふれた、イギリス・...

    クラシック|2020年02月17日 (月) 15:30

  • マイケル・キーナー/バッハ:平均律クラヴィーア曲集全曲(4CD)

    アムステルダムでレオンハルトに師事した1950年スイス生まれのベテラン・チェンバロ奏者マイケル・キーナーによる、バッハの平均律が登場。録音には名工ウィリアム・ダウドの手による素晴らしい楽器(1978年製)を使用。

    クラシック|2020年02月13日 (木) 14:48

  • アラルコン/ドラーギ:歌劇『エル・プロメテオ』

    ウィーンで活躍したイタリア人オペラ作曲家ドラーギ(1634-1700)。『エル・プロメテオ』は、第1幕、第2幕は現存するものの、第3幕については台本のみで楽譜は紛失していました。この第3幕をアラルコンが大幅に補筆し蘇演した版による録音です。

    クラシック|2020年02月12日 (水) 12:40

  • ヴェストホフ:無伴奏ヴァイオリンのための組曲集

    当時ドレスデンで活躍した多くのヴァイオリストの中でも重要とされ、ヨーロッパ各地の演奏旅行で名声を博したヴェストホフ(1656-1705)。大バッハの一世代上の彼が残したこれらの組曲(パルティータ)は、一挺のヴァイオリンのみによる多声的な技術...

    クラシック|2020年02月12日 (水) 12:30

  • ワイラースタイン/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲

    2019年、ベルリン、テルデックス・スタジオでの録音。チェロ界の女王ワイラースタインがついにバッハ無伴奏全曲を録音!非常に豊かで伸びやかな歌い回し、さらに各声部を立体的に組み立てる演奏技術の高さに改めて圧倒されます。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 16:40

  • イル・ジャルディーノ・アルモニコ/ヴィヴァルディ:リコーダー協奏...

    イル・ジャルディーノ・アルモニコの最新盤は、音楽監督アントニーニが再び独奏者としてリコーダーを手にした、ヴィヴァルディ:リコーダー協奏曲集。エンリコ・オノフリやバロックハープのマルグレート・ケルなど、豪華ゲストの参加にも注目です。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 16:05

  • シュシャーヌ・シラノシアン/タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲集

    ゲーベルやインマゼールなどの大御所たちが大いに推す古楽器奏者シラノシアンと、イタリア随一の古楽器集団ヴェニス・バロック・オーケストラによる、タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲集が登場。新発見作品の世界初録音も収録されています。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 16:00

  • カルミニョーラ、ブルネロ/ヴァイオリン&チェロ・ピッコロ協奏曲集

    名手カルミニョーラが「ARCANA」レーベルに登場。ブルネロとのデュオで録音した、バッハとヴィヴァルディのヴァイオリンとチェロ・ピッコロによる二重協奏曲です。伴奏はアッカデーミア・デラヌンチアータ。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 16:00

  • バロック協奏曲、管弦楽曲集(25CD)

    ブリリアント・レーベルから、ヴィヴァルディ:『和声と創意への試み』、バッハ:管弦楽組曲、ブランデンブルク協奏曲、ヘンデル:『水上の音楽』、『王宮の花火の音楽』など、バロック時代の作曲家による作品を集めたCD25枚組が登場。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 15:50

  • コクセ、バレストラッチ/オルティス『変奏論』と16世紀の低音弦

    バロック・チェロの名手コクセが、俊才バレストラッチの協力のもと、シャルル・リシェ制作のガンバ属の楽器を自らもさまざまに弾き分けながら、16世紀の低音弦楽器音楽がどのような世界だったかをくまなく探ってゆきます。

    クラシック|2020年02月10日 (月) 15:00

  • 【発売中】ベルリン古楽アカデミー/ヘンデル:合奏協奏曲第7番〜第1...

    SACDハイブリッド盤。名人集団ベルリン古楽アカデミーが「PENTATONE」レーベルからリリースしたヘンデルの合奏協奏曲Op.6 第1〜6番の続編、第7〜12番がリリースされます。

    クラシック|2020年02月06日 (木) 17:00

  • 【発売】再録音!鈴木雅明&BCJ/バッハ:マタイ受難曲

    SACDハイブリッド盤。2019年4月、彩の国さいたま芸術劇場でのセッション録音。鈴木雅明&BCJがバッハ:マタイ受難曲を再録音!再録音をきっかけに開管のプリンツィパルを持つ通奏低音用のオルガンを建造。鈴木優人がそのオルガンを演奏しています...

    クラシック|2020年02月06日 (木) 15:38

  • 【発売】サヴァール/ヘンデル:『メサイア』

    SACDハイブリッド盤。2017年12月録音。サヴァールがヘンデルの『メサイア』を録音しました!そのやわらかな管弦楽の響きは見事。歌唱陣も素晴らしい歌声を聴かせてくれます。

    クラシック|2020年02月06日 (木) 15:33

  • 【本】礒山雅 著『マタイ受難曲』

    バッハ研究の第一人者 礒山雅が、手書き譜や所蔵していた神学書など膨大な資料を渉猟し、バッハの傑作『マタイ受難曲』を緻密に分析した記念碑的名著が文庫化。『マタイ受難曲』の対訳も収められています。

    クラシック|2020年02月05日 (水) 16:30

  • クリストフ・シュペリング/バッハ:カンタータ集第3弾

    ダス・ノイエ・オルケスター、コールス・ムジクス・ケルンとともに精力的な演奏・録音活動を継続しているクリストフ・シュペリング。DHMで録音し続けているバッハ:カンタータ集、今回は、第26番、第41番、第95番、第115番、第137番、第140...

    クラシック|2020年02月03日 (月) 15:15

  • フランチェスコ・コルティ/バッハ:チェンバロ協奏曲集

    ミンコフスキにも認められた1984年イタリア生まれの鍵盤奏者フランチェスコ・コルティ。彼が2018年よりゲスト・コンダクターをつとめるピリオド楽器オーケストラ「イル・ポモ・ドーロ」との共演で、J.S.バッハのチェンバロ協奏曲集を録音。

    クラシック|2020年01月31日 (金) 16:15

  • コンチェルト・ケルン/ベルリン・クラシックス録音集(12CD+DVD)

    ケルンに本拠を置く古楽器オーケストラのコンチェルト・ケルンが、2007〜2017年にベルリン・クラシックスに録音した名演の数々を集めたCD12枚組。マルタのマノエル劇場でのライヴを収録したDVD付き。

    クラシック|2020年01月30日 (木) 15:30

  • ニコラーエワ/バッハ:フーガの技法、1993年ヘルシンキ・ライヴ

    ロシアを代表する偉大なピアニスト、タチアーナ・ニコラーエワの最晩年の録音が、「FIRST HAND RECORDS」から登場。亡くなる半年前の1993年4月26日、ヘルシンキ、シベリウス音楽院での、バッハ:『フーガの技法』のライヴ録音です。

    クラシック|2020年01月28日 (火) 14:00

  • ジモーネ・ケルメス/『天国と地獄』

    バロック・オペラ界のディーヴァ、ケルメスの最新盤は、バッハ:マタイ受難曲の「憐れみ給え、わが神よ」や、ヘンデル、ヴィヴァルディ、ハッセなどのアリアの他、スティング、レディー・ガガ、レッド・ツェッペリンの名曲も収録されたユニークな構成。

    クラシック|2020年01月26日 (日) 16:15

  • ルセ&レ・タラン・リリク/ペルゴレージ:スターバト・マーテル、他

    2018年7月録音。クリストフ・ルセ&レ・タラン・リリクが、なんとペルゴレージ:『スターバト・マーテル』を再録音!独唱陣もサンドリーヌ・ピオー、クリストファー・ロウリーと豪華です。併録はポルポラ:『サルヴェ・レジーナ』とレーオ:『ベアトゥス...

    クラシック|2020年01月24日 (金) 16:45

  • グリフィス&ロイヤル・フィル/グーセンス版ヘンデル:『メサイア』

    ジョナサン・グリフィスが、グーセンスの豊かなオーケストレーションを新しい聴衆へと届けるためのプロジェクトを立ち上げ、2019年7月にロンドンのアビー・ロード・スタジオで、グーセンス&ビーチャム版のヘンデル:『メサイア』を録音。

    クラシック|2020年01月24日 (金) 16:30

  • ザ・シックスティーン/『ローマの呼び声』

    合唱界の至宝、ザ・シックスティーンの最新盤は、「ローマの呼び声」をテーマに、グレゴリオ・アレグリとフェリーチェ・アネーリオの作品、そしてジョスカン・デ・プレとトマス・ルイス・デ・ビクトリアがローマで書いたと思われる作品をプログラム。

    クラシック|2020年01月24日 (金) 16:00

  • ヴァシェジ&オルフェオ管/モンテクレール:音楽悲劇『ジェフテ』

    ハンガリー古楽界の奇才ジュルジ・ヴァシェジとオルフェオ管弦楽団&パーセル合唱団の最新盤は、フランス・バロックの作曲家ミシェル・ピニョレ・ド・モンテクレールの音楽悲劇『ジェフテ』全曲録音です。

    クラシック|2020年01月23日 (木) 14:30

  • デラン/F.クープラン:『ルソン・ド・テネブレ』

    フランス古楽界の逸材セバスティアン・デランとレ・ヌーヴォー・キャラクテールの最新盤は、エレミヤの哀歌から取られた感動的で悲痛なテキストによる『ルソン・ド・テネブレ(暗闇の朗誦)』の中でも傑作とされるフランソワ・クープランの『ルソン・ド・テネ...

    クラシック|2020年01月23日 (木) 14:30

  • グナール・レツボール/ビーバー:『ロザリオのソナタ』再録音

    バロック・ヴァイオリンの名手でありビーバーのスペシャリストであるレツボールが、変則調弦を採り入れた15のソナタと感動的なパッサカリアからなる神秘の名作『ロザリオ・ソナタ』を再録音!

    クラシック|2020年01月23日 (木) 12:15

  • オフェリー・ガイヤール/ヴィヴァルディ:協奏曲集

    人気チェリスト、ガイヤールの最新盤は、ヴィヴァルディの協奏曲集。チェロ協奏曲のほか、複数の楽器のための協奏曲なども収録。酒井淳、ハヴィエル・ザフラなど共演陣も豪華です。

    クラシック|2020年01月23日 (木) 12:01

  • ターフェルムジーク・バロック管/ヴィヴァルディに愛を込めて

    2017年からヴァイオリニスト、エリサ・チッテリオが音楽監督に就任したターフェルムジーク・バロック管弦楽団。このアルバムが彼女初の音楽監督としてのリリースとなります。ヴィヴァルディの膨大な作品の中から「愛」を主題にした曲が選ばれています。

    クラシック|2020年01月22日 (水) 14:50

  • ルセ&レ・タラン・リリク/リュリ:歌劇『イシス』

    サリエリの歌劇『タラール』(世界初録音)で2019年度アカデミー賞オペラ部門を受賞したルセ率いるレ・タラン・リリク。次なるオペラ新譜は、リュリの『イシス』です。全曲録音は、2005年のレーヌ指揮のものから約15年ぶりとなります。

    クラシック|2020年01月22日 (水) 14:00

  • サシャ・ヴェチュトモフ/バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲

    20世紀チェコを代表するチェリスト、サシャ・ヴェチュトモフが晩年1984年に録音したバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲が登場。ヴェチュトモフは、1930年プラハ生まれで、プラハ音楽院でラディスラフ・ゼレンカにチェロを師事。また、セミョーン・コゾル...

    クラシック|2020年01月17日 (金) 18:30

  • リンジー、アルカンジェロ/『アリアンナ〜A.スカルラッティ、ヘンデ...

    新世代のメゾ・ソプラノ歌手ケイト・リンジーと、英国随一の古楽器集団アルカンジェロの共演盤。A.スカルラッティ、ヘンデル、ハイドンのカンタータを収録しています。

    クラシック|2020年01月15日 (水) 15:00

  • 【映像】アンドラーシュ・シフ/バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2...

    2017年プロムス・ライヴでの第1巻に続き、アンドラーシュ・シフのバッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻が登場!こちらは2018年のプロムスでのライヴ収録です。

    クラシック|2020年01月14日 (火) 18:30

  • エルカーノ〜歴史上初めて世界周航を成し遂げた旅人

    ソリニス率いるエウスカル・バロックアンサンブルが、歴史上初めて世界周航を成し遂げたフアン・セバスチャン・エルカーノの生涯を音楽で描写。バスクの伝統的な薫りのする音楽でエルカーノの若き日を、ポリネシアやインドネシアの島々の音楽で旅の模様を描き...

    クラシック|2020年01月10日 (金) 18:00

  • ポール・オデット/アルベルト・ダ・リーパ:作品集

    リュートおよびギター界の巨匠、ポール・オデット、ソロ新録音の登場です。16世紀スペインの大リュート奏者、アルベルト・ダ・リーパの作品集です。

    クラシック|2020年01月10日 (金) 17:15

  • フランスの作曲家によるバロック・フルート作品集(17CD)

    F.クープラン、ボワモルティエ、ブラヴェ、オトテールなど、フランスの作曲家によるバロック・フルート作品を集めたCD17枚組ボックスが、ブリリアント・レーベルから登場。

    クラシック|2020年01月10日 (金) 17:00

  • ファン・アムステルダム/アコーディオン版バッハ:ゴルトベルク変奏...

    1986年生まれのオランダのアコーディオン奏者、フィンセント・ファン・アムステルダムによる、バッハ:ゴルトベルク変奏曲。渋めの色調で格調の高さを重視しており、素直な味わいの音楽に仕上がっています。

    クラシック|2020年01月10日 (金) 16:00

  • ターニャ・テツラフ/バッハ:無伴奏チェロ組曲第4、5、6番、他

    名ヴァイオリニスト、クリスティアン・テツラフの妹であり、世界的に活躍するチェリスト、ターニャ・テツラフが、バッハの無伴奏チェロ組曲第4〜6番を録音。カップリングは、トルステン・エンケ[1966-]の無伴奏チェロとテープのために書かれた作品。

    クラシック|2020年01月09日 (木) 15:00

  • 【映像】パリの『黄金の間』〜バロック宮殿で聴く古楽器演奏

    フランス銀行の「黄金の間」はグイード・レーニやピエトロ・ダ・コルトーナなど、バロック大画家たちの傑作を組み込んだ豪奢な内装が魅力。フランス古楽シーン最前線をゆく名手が揃うコンセール・ド・ラ・ロージュをこの大広間に招いての演奏会ライヴの映像が...

    クラシック|2020年01月08日 (水) 16:45

  • 【発売】サヴァール/ヴィヴァルディ:『勝利のユディータ』

    SACDハイブリッド盤。サヴァールが、ヴィヴァルディの現存する唯一のオラトリオを録音しました。『勝利のユディータ』はヴィヴァルディの声楽作品の最高鋒といわれる作品で、アリアの美しさ、合唱パート、レチタティーヴォの凝縮されたドラマ、器楽書法の...

    クラシック|2020年01月08日 (水) 15:35

  • コープマン/バッハ:カンタータ全集(67CD)

    トン・コープマン70歳を記念して2014年に発売された『J.S.バッハ:カンタータ全集』67枚CDボックスがデザインを変更して再発売。今なお古楽界の最前線で活躍するコープマンの偉業というべき名録音。

    クラシック|2020年01月07日 (火) 16:15

  • コープマン/ブクステフーデ:作品全集(30CD+DVD)

    2014年に世界初のブクステフーデ作品全集として発売されたボックスがデザインを変更して再発売されます。今なお古楽界の最前線で活躍するコープマンの偉業というべき名録音。

    クラシック|2020年01月07日 (火) 16:15

  • 【発売中】リヒターの東京ライヴ・ノートルダム大聖堂ライヴ

    ALTUSレーベルから、カール・リヒターの1969年初来日時ライヴのバッハ:『マタイ受難曲』と『ロ短調ミサ』、そして1979年ノートルダム大聖堂ライヴのバッハ:オルガン作品集が登場。

    クラシック|2020年01月04日 (土) 18:00

  • 【発売中】ビルスマのバッハ4タイトル SACDハイブリッド

    日本独自企画盤。アンナー・ビルスマのバッハ:無伴奏チェロ組曲の1979年録音盤と1992年録音盤、チェロ・ピッコロ〜バッハ:パルティータ&ソナタ集、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ全曲の4タイトルがSACDハイブリッド化で登場。

    クラシック|2020年01月04日 (土) 14:10

もっと見る +