【映像】ベルリン・ドイツ・オペラ/ランゴー:『アンチキリスト』

2024年06月11日 (火) 18:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ベルリン発、ランゴーの教会オペラ『アンチキリスト』衝撃の映像登場!

終末を迎える世界に堕天使ルシファーがアンチキリストを召喚。「虚栄」「失望」が人間を堕落させ、「欲望」や「虚言」により「憎悪」が生まれ、ルシファーが全能の神の力を強奪しようとします・・・
 コルンゴルトの『ヘリアーネの奇蹟』やツェムリンスキーの『こびと』など意欲的な新制作で話題を呼ぶベルリン・ドイツ・オペラより、近年、再評価の機運の高まるデンマークの作曲家ルーズ・ランゴーが20世紀初頭に作曲した教会オペラ『アンチキリスト』の舞台映像の登場です。本作『アンチキリスト』は、デンマークの作家ピーダ・エガト・ベンソンが新約聖書を基に著わした「アンチキリスト」の詩行を用いつつ、ランゴー自身が台本を執筆し作曲(「アンチキリスト」とは、終末に現れるという偽のキリスト)。しかし、この作品がオペラとして初演されたのは、作曲家の没後ほぼ半世紀を経た20世紀の末のことでした(1999年、ニルス・ムース指揮チロル州立劇場)。
 本上演の歌唱陣にはルシファー役のトーマス・レーマン、大娼婦役のフルリナ・シュトゥッキらベルリン・ドイツ・オペラの優れた若手アンサンブル・メンバーを中心に、バイロイト音楽祭常連のベテラン、クレメンス・ビーバー(大言を吐く口)ら歌唱演技に優れた歌手たちを起用。2020年よりハノーファー州立劇場の音楽総監督を務める俊英シュテファン・ツィリアスが率いるベルリン・ドイツ・オペラのオーケストラと合唱団が、耽美的で陰影に富む豊潤な音楽を奏で、斬新な舞台作りで話題を呼ぶエルサン・モントタークによるアンドロギュノス(両性具有)的な着ぐるみや迷彩を施されたグロテスクなレオタードを着用した登場人物とダンサー、群衆(合唱団員)がコミカルな所作と歌唱を繰り広げます。(輸入元情報)

【収録情報】
● ランゴー:歌劇『アンチキリスト』全曲


 堕天使ルシファー/トーマス・レーマン(バリトン)
 神の声/ヨナス・グルントナー=クレマン(俳優)
 謎めいた空気/イレーネ・ロバーツ(メゾ・ソプラノ)
 謎めいた空気の木霊(こだま)/ヴァレリヤ・サヴィンスカヤ(ソプラノ)
 大言を吐く口/クレメンス・ビーバー(テノール)
 失望/メール・テレーズ・カーマック(メゾ・ソプラノ)
 大娼婦/フルリナ・シュトゥッキ(ソプラノ)
 緋色の野獣/A.J.グリュッカート(テノール)
 虚言/アンドルー・ディキンソン(テノール)
 憎悪/ジョエル・アリソン(バス・バリトン)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(合唱指揮:ジェレミー・バインズ)
 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
 シュテファン・ツィリアス(指揮)

 演出、美術:エルサン・モントターク
 衣装:エルサン・モントターク、アニカ・ルー
 照明:ライナー・カスパー
 振付:ロブ・フォーデイン

 収録時期:2023年2月10,12日
 収録場所:ベルリン・ドイツ・オペラ(ライヴ)

 ベルリン・ドイツ・オペラ、ナクソス共同制作
 映像監督:ゲッツ・フィレニウス

 収録時間:102分
 画面:カラー、16:9
 字幕:日本語、ドイツ語(歌唱言語)、英語、韓国語
 Region All


歌劇『アンチキリスト』全曲 モントターク演出、ツィリアス&ベルリン・ドイツ・オペラ、T.レーマン、シュトゥッキ、他(2023 ステレオ)(日本語字幕付)

Blu-ray Disc輸入盤

歌劇『アンチキリスト』全曲 モントターク演出、ツィリアス&ベルリン・ドイツ・オペラ、T.レーマン、シュトゥッキ、他(2023 ステレオ)(日本語字幕付)

ランゴー、 ルーズ(1893-1952)

価格(税込) : ¥5,169

会員価格(税込) : ¥3,986

まとめ買い価格(税込) : ¥3,986

ご予約商品 - 2024年07月25日 発売予定