トピックス

  • 【中古】本日2回目の新着品含む500枚出品

    3点まとめて購入すると10%オフ。最近の出品リスト一覧は、こちら からご確認頂けます(※完売商品もございます)。

    クラシック|3時間前

  • 本日の特価(9月22日午前11時59分まで)

    R.シュトラウス:英雄の生涯、ドン・ファン、ティル・オイレンシュピーゲル、カンチェリ:交響曲第3番、他 カヒーゼ&トビリシ響(2CD)

    クラシック|8時間前

  • 【中古】本日1回目の新着品含む500枚出品

    3点まとめて購入すると10%オフ。最近の出品リスト一覧は、こちら からご確認頂けます(※完売商品もございます)。

    クラシック|9時間前

  • ジノ・フランチェスカッティの芸術(22CD)

    マルセイユ生まれでアメリカで活躍したヴァイオリニスト、ジノ・フランチェスカッティの22枚組セットが、ティボー、カサド、ヤニグロなど、弦楽器独奏者の良質なボックスをリリースしてきたARS NOVAから登場。

    クラシック|1日前

  • 伝説のフランス弦楽四重奏団(22CD)

    カペー四重奏団、カルヴェ四重奏団、レーヴェングート四重奏団の録音を集めたセットがARS NOVAレーベルから登場。フランスの往年の名カルテット3団体のコレクションという興味深い内容となっています。

    クラシック|1日前

  • カヴァコス/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、七重奏曲

    ヴァイオリン協奏曲の弾き振りに七重奏曲、さらに珍しい主題と変奏曲集を収録。一ヴァイオリニストの枠に収まりきらないアーティスト性が持ち味のカヴァコス、ベートーヴェン・イヤーに向けた当アルバムも2枚組の充実ぶりです。

    クラシック|1日前

  • 【映像】ミンコフスキ/ワーグナー『オランダ人』初稿版

    『さまよえるオランダ人』初稿版の映像。ミンコフスキは2013年にこのオペラをCDでリリースしていますが、同じ題材のディーチュ『幽霊船』を併録した4枚組といささかマニア向けでした。今回は映像、日本語字幕付きが嬉しいかぎり。

    クラシック|1日前

  • ズービン・メータ/コロンビア・アルバム全集(94CD+3DVD)

    メータのRCA&ソニー・クラシカルへの50年間にわたる全録音を収めたメガボックス。ロス・フィルとの初録音からニューヨーク・フィル監督時代、イスラエル・フィル、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルとの録音を網羅しています。

    クラシック|1日前

  • 9/26(木)まで!クラシック輸入盤CDどれでも5点以上買うと35〜50%オ...

    対象商品をまとめてご注文いただくとご注文商品が割引となるお得なキャンペーンです。

    クラシック|1日前

  • アレクサンドル・タロー/ヴェルサイユ

    以前からラモーやクープランの曲集にピアノで取り組んできたアレクサンドル・タロー。今作では更に範囲を広げ、ラモー、クープランに加えてロワイエ、ダングルベールなどさまざまな作曲家たちの魅力的な小品を紹介しています。

    クラシック|1日前

  • ヤクブ・オルリンスキ/ファーチェ・ダモーレ

    カウンターテナー界の新鋭によるバロック・オペラ・アリア集。共演はマクシム・エメリャニチェフとイル・ポモ・ドーロで、比較的珍しい作品のオペラ・アリアを取り上げ、美しい透明感とドラマティックな展開力で聴かせます。

    クラシック|1日前

  • ヴィルデ・フラング/『パガニーニ=シューベルト』

    ヴィルデ・フラングの新録音は、人間の声にインスピレーションを見出し、パガニーニの高度な演奏技術への要求とシューベルトの繊細な音楽性に新たな光を当てています。エルンストの難曲『魔王』による大奇想曲も収録しています。

    クラシック|1日前

  • ロト&レ・シエクル/幻想交響曲(2019)

    充実のロトとレ・シエクルがベルリオーズの『幻想』を10年ぶりに再録音。音楽作りはきわめて大きく、物凄いエネルギーが伝わってきます。解釈も演奏経験や研究から10年前とは比べものにならないほどの充実ぶり。

    クラシック|1日前

  • 【映像】ティーレマン&ドレスデン/シューマン全集(東京ライヴ)

    東京、サントリーホールでの交響曲チクルスのライヴ映像。厚みと柔らかさを兼ね備えた弦楽セクション、独特の木管の音色、強固なアンサンブルに、ティーレマンの推進力と圧倒的なエネルギーが加わった圧巻の演奏です。

    クラシック|1日前

  • メルニコフ/プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第4,7,9番

    傑作ソナタ第7番は第2次世界大戦中に疎開先で書かれましたが、作曲家だったメルニコフの祖父母が誕生に立ち会っていました。さらに作曲者の指名で世界初演を行なったのは師匠のリヒテル。メルニコフにとって因縁浅からぬ作品です。

    クラシック|1日前

  • イザベル・ファウスト/モーツァルト協奏曲全集(シングルレイヤー)

    世界中で絶賛されたイザベル・ファウストのモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集が、日本限定でSACDシングルレイヤー2枚組として登場。角田郁雄氏の技術監修、限定生産です。

    クラシック|1日前

  • セシル・ウーセ/デッカ・フランス録音集(7CD)

    ウーセがデッカ・フランスに行ったソロ・ピアノ録音をまとめて発売。ベートーヴェンの変奏曲全曲、ラフマニノフとプロコフィエフ、シューマンとブラームス、ドビュッシー、サン=サーンス、サティ、シャブリエ等を収録。

    クラシック|1日前

  • ジョン・ネルソン/ベルリオーズ:ファウストの劫罰

    ネルソンがストラスブール・フィルとおこなった演奏会のライヴ。ファウスト役のスペシャリストとして知られるスパイアーズ、人気のディドナートの参加にも注目です。コンサートのハイライト映像を収録したDVD付きです。

    クラシック|1日前

  • デイヴィッド・ジョン・パイク/マーラー歌曲集のオルガン伴奏版

    カナダ出身のバリトンによるマーラーの歌曲集〜さすらう若者の歌、亡き子をしのぶ歌、リュッケルト歌曲集、そして『原光』〜はオルガン伴奏版。重要なオルガンを担うのは作編曲家としても知られるデイヴィッド・ブリッグス。

    クラシック|1日前

  • リシャール=アムラン/ショパン:バラード&即興曲集

    2015年第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで第2位とソナタ賞に輝いた名手シャルル・リシャール=アムランのショパン新録音は、度々の来日公演も含め繰り返し演奏し熟成させてきた4つのバラードと4つの即興曲。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 カウンターテナー界新鋭、ヤクブ・オルリンスキのオペラ・ア...

    バロック時代の約85年にまたがる愛のアリアを、新鋭オルリンスキの透明感とドラマチックな展開力を持つ見事な歌唱力で聴かせるアルバムが180g重量盤LPで登場。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 ギレリスとセルによる名盤が、アナログLP盤で限定復刻!

    ソ連の名ピアニスト、エミール・ギレリスがEMIで制作したジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団共演のベートーヴェン、ピアノ協奏曲全集が180gアナログLP盤で限定復刻。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 アレクサンドル・タローによる17〜18世紀フランス音楽再現

    古典派作品からロマン派、近現代、シャンソンまで幅広いレパートリーのアレクサンドル・タローが今回魅了されたのが17〜18世紀のフランス音楽。ラモー、クラヴサン曲集のプレリュード、ギターや室内楽を自身でアレンジなど、まさにヴェルサイユの王宮で奏...

    クラシック|1日前

  • 【LP】ヨハンナ・マルツィ/バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナ...

    250セット完全限定!Grand Slamレーベルの初LP!名ヴァイオリニスト、マルツィのバッハ無伴奏ソナタとパルティータが理想的カッティング6枚組LPで登場。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 ペトレンコ、ベルリン・フィルとの初共演盤、チャイコフスキ...

    2019年8月より正式にベルリン・フィル首席指揮者に就任したキリル・ペトレンコ。記念すべき2019/20シーズンの始まりに当り、ベルリン・フィルとの初共演盤、チャイコフスキー交響曲第6番『悲愴』がLPでリリース。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 オイゲン・ヨッフムのブルックナー交響曲選集LP分売リリース

    オイゲン・ヨッフムのブルックナー結論、高音質録音で話題となった限定プレスのブルックナー交響曲選集LPより第4番、第7番の分売が登場。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 イダ・ヘンデル絶頂期の決定版、ヴァイオリン協奏曲集LP

    イダ・ヘンデル絶頂期に録られた、ヴァイオリン協奏曲決定版と言うべき名演の、<WEITBLICK>レーベルよりリリースされた世界初出音源を初LP化。LP用リマスターを施し、アナログ・マスターテープ作成してLP化。

    クラシック|1日前

  • 藤田真央/ショパン:スケルツォ&即興曲(日本語解説付)

    第16回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門第2位受賞で注目を集める藤田真央が、コンクールの4ヵ月前に録音したオール・ショパン・アルバムが日本大幅先行発売。日本語解説付きです。

    クラシック|1日前

  • セーゲルスタム/ベートーヴェン:劇音楽『エグモント』

    NAXOSのセーゲルスタム/ベートーヴェン・シリーズに『エグモント』の劇音楽全曲が登場。有名な序曲はもちろん、全曲をセーゲルスタムの指揮で聴けるのはありがたいところです。ナレーターはなんと名バス、サルミネン。

    クラシック|1日前

  • 【LP】 巨匠ジョン・ウィリアムズの映画世界を華麗な演奏と高品質LP...

    映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズの代表作品をアメリカ屈指の吹奏楽団、ダラス・ウィンド・シンフォニーが演奏、リフェレンス・レコーディングスのキース・O・ジョンソンによる録音の高品質LPで堪能できます。

    クラシック|2日前

  • 【LP】 ベートーヴェン生誕250年記念リリース“伝説の録音”をLP3枚...

    ドイツ・グラモフォンより「ベートーヴェン2020」キャンペーンの一環として、ピエール・フルニエとフリードリヒ・グルダが1959年に行った伝説のベートーヴェンのチェロとピアノのための作品全曲録音を限定180g重量盤LP3枚組で発売。

    クラシック|2日前

  • ホーネック&ピッツバーグ響/ブルックナー第9番

    ウィーン・フィル在籍時にバーンスタインの指揮でこの交響曲を演奏した経験を持つというホーネック。指揮に転じてからは時に大胆なほどの意欲的表現を聴かせてきただけに、この「未完の大作」にどのように臨むのか興味津々です。

    クラシック|3日前

  • ヒューイット/バッハ:6つのパルティータ(2018)

    アンジェラ・ヒューイットがイタリアの銘器ファツィオリで再録音してきた『平均律クラヴィーア曲集』『ゴルトベルク変奏曲』に続き、『6つのパルティータ』もファツィオリによる新録音バージョンをリリース。

    クラシック|3日前

  • ダウスゴー&シアトル交響楽団/R.シュトラウス:アルプス交響曲

    当盤のテーマはなんと「反キリスト者」。前奏曲が演奏されているランゴーの歌劇はタイトルそのままですが、宗教とも哲学とも無縁そうな『アルプス交響曲』も構想段階でニーチェの「アンチクリスト」から影響を受けているそうです。

    クラシック|3日前

  • ラウテン・カンパニー/サークル・ライン

    かつて初期バロック時代のメールラと現代のフィリップ・グラスを収めたCDを発表、世を驚かせたラウテン・カンパニー。今回はルネサンスのデュファイとグラス、ライヒ、ジョン・ケージを取り上げ、さらに時代の融合を図ります。

    クラシック|3日前

  • チバス&カストロ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集

    話題のチバス第3弾はベートーヴェンの協奏曲。独奏のルイス・デ・モウラ・カストロはアラウを思わせる骨太の造形、純ドイツ的な表情など古武士の風格。チバスは19世紀スタイルのベートーヴェンをガッチリと音化していきます。

    クラシック|3日前

  • プラムゾーラー/ティエポロの時代のヴェネツィアの音楽

    バロック後期のイタリアの偉大な画家ティエポロをテーマとしたプログラム。生地であり主な居住地でもあったヴェネツィアで聴いたであろう音楽、彼が描いた美しい諸作品に最もよく合う音楽を想像し再現するという好企画です。

    クラシック|3日前

  • 【映像】ロッシーニ:『リッチャルドとゾライデ』

    上演機会の少ない本作を、史上最高のロッシーニ・テノールの異名をもつフアン・ディエゴ・フローレスと、メトロポリタン歌劇場で活躍中の新鋭、プリティ・イェンデなど豪華キャストで楽しめます。日本語字幕付き。

    クラシック|3日前

  • オリーマンス&ジャコメッティ/冬の旅

    フィッシャー=ディースカウの秘蔵っ子、またジェラール・スゼーの再来とも謳われるオランダの大器トーマス・オリーマンス。パオロ・ジャコメッティとのデュオ第2弾は、リートの最高峰シューベルトの『冬の旅』。

    クラシック|3日前

  • ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(ピアノ伴奏版)

    1876年のピアノ伴奏版による演奏。翌年の完成版に比べ3曲少なく簡素なつくりですが、作曲者の真摯な思いが強く反映された美しく素朴な仕上がり。コンサートのあまりの評判の良さにリリースが決定したという一枚です。

    クラシック|4日前

  • ヤンソンス&バイエルン/SACD録音集(10SACD)

    BR-KLASSIK創立10周年を記念してリリースされるマリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団のSACDハイブリッド・ボックス。今回初登場のショスタコーヴィチ『レニングラード』をSACDで聴けるのはこのセットだけ。

    クラシック|2019年09月14日 (土) 09:10

  • ヤンソンス&バイエルン/ショスタコーヴィチ『レニングラード』

    2016年2月ミュンヘンでのライヴ。この曲が書かれた「破滅的な時代」を鮮烈に描きだすと同時に、ヤンソンス自身の深い共感も込めることで、作品に20世紀の最も重要な交響曲としての新たな命を吹き込んでいます。

    クラシック|2019年09月14日 (土) 09:10

  • ヤンソンス&バイエルン/マーラー『巨人』

    2011年にリリースされたマーラーの伝記CDに含まれていた交響曲第1番が嬉しい単独発売。ヤンソンスのタクトから紡ぎ出される重厚な響きはもちろん、細部まで考え抜かれた解釈、的確なテンポによる充実の演奏が楽しめます。

    クラシック|2019年09月14日 (土) 09:10

  • ヤンソンス&バイエルン/チャイ5(カタログ付き限定盤)

    2009年の来日公演に合わせて特別リリースされ、当時のヤンソンスとオーケストラの親密な関係をうかがわせるものとして大評判になった名演が、BR-KLASSIKレーベル創立10年を記念してレーベル・カタログ付きで限定発売。

    クラシック|2019年09月14日 (土) 09:10

  • ヨナス・カウフマン/『ウィーン』(デジパック限定盤)

    ヨナス・カウフマンのニュー・アルバムは『ウィーン』と題され、1870年から1950年にかけて作曲されたオペレッタの名アリア、そしてウィーンのポピュラー・ソングをたっぷり収録。バックはウィーン・フィルという豪華版。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 17:10

  • ミロ・クァルテット/ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集

    ミロ・クァルテットが遂にベートーヴェン全集を完成。2004年の初期6曲に始まり、その後は自主レーベルから順次発売してきましたが、2019年の第12番(初出音源)で全曲が揃い、PENTATONEよりめでたく全集としてリリース。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 17:00

  • ゲルハーヘル/シューマン歌曲全集 第2弾〜ミルテの花

    今やドイツ・リート界最高峰として揺るぎない地位を確立しているクリスティアン・ゲルハーヘル。今回はシューマンが結婚の年にクララに捧げた『ミルテの花』。カミラ・ティリングを相手役にほぼ交互に歌われています。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 16:40

  • 【LP】 音楽の都『ウィーン』に捧げた、ヨナス・カウマンの新作

    世界のオペラ界が出演を熱望するヨナス・カウフマンがアダム・フィッシャー指揮ウィーン・フィルで贈る新作『ウィーン』のアナログ盤。1870年から1950年にかけて作曲された、オペレッタの名アリア、ウィーンのポピュラー・ソングをたっぷり収録。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 16:30

  • ファン・フェーン/For Mr Lawrence〜坂本龍一:ピアノ曲集

    グラスやライリーなどミニマル・ピアノ曲の演奏で知られ、最近ではイージーリスニング系アーティストを取り上げるなどジャンルを超えた展開をみせているイェローン・ファン・フェーン。最新作は坂本龍一です。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 13:20

  • ベアトリーチェ・ヴェネツィ/プッチーニ:管弦楽曲集

    女性指揮者ベアトリーチェ・ヴェネツィがプッチーニの管弦楽曲でワーナーから登場。しかも『交響的奇想曲』『交響的前奏曲』『菊』など比較的珍しいシンフォニック・レパートリーで歌心に溢れた旋律を楽しませてくれます。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 11:30

  • ベアトリーチェ・ラナ/ストラヴィンスキー&ラヴェル

    ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの三楽章&『火の鳥』組曲抜粋、ラヴェル:ラ・ヴァルスと『鏡』を収録。ラナが自身が語るように「音楽の大きな変化の瞬間に焦点をあわせた」これらの作品は斬新で革新的な要素を有しています。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 11:30

  • ティルソン・トーマス/アイヴズ:交響曲第3,4番

    アイヴズのスペシャリスト、待望の再録音。今回は手兵サンフランシスコ交響楽団との演奏会のライヴで、第4交響曲に引用された讃美歌集付きという凝った趣向も相変わらず。SACDハイブリッド盤であることも大いに期待させます。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 11:30

  • クリストファーズ&HHS/ハイドン:交響曲第99番、ハルモニー・ミサ

    アメリカ最古の古楽オーケストラと第13代音楽監督クリストファーズのコンビによるハイドン・ライヴ・シリーズ。今回は「ロンドン交響曲集」の一曲第99番と、管楽合奏と4人の独唱、合唱による『ハルモニー・ミサ』。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 09:10

  • ハンヌ・リントゥ/シベリウス:クレルヴォ交響曲

    このシベリウスの若き意欲作を指揮するのはハンヌ・リントゥ。フィンランド放送交響楽団と合唱団を巧みに操り豪快に描き出します。ドイツ・ロマン派の流れを汲む色彩豊かな響き、全編に溢れるシベリウスの愛国心を素晴らしい録音で。

    クラシック|2019年09月13日 (金) 08:50

  • フルヴェン&ストックホルム/スウェーデン放送全録音集(4CD)

    フルトヴェングラー&ストックホルム・フィル共演の遺されている全録音が、スウェーデン放送アーカイヴによる音源提供+ストックホルム・フィルの承認を得ての初発売となりました。

    クラシック|2019年09月12日 (木) 17:10

  • 鈴木雅明&BCJ/ベートーヴェン:『合唱』(2019年ライヴ)

    ベートーヴェン生誕250周年と団体の設立30周年を記念して、鈴木雅明率いるBCJが第九をライヴ収録。BCJは1998年にピアノ独奏版で第九を録音していましたが、今回は豪華なソリスト陣を迎えて管弦楽と合唱による演奏です。

    クラシック|2019年09月12日 (木) 16:50

  • 細川俊夫作品集『ガーデンズ』

    オーストリアを拠点とするレーベル「KAIROS」が取り上げた細川作品は、2001年の『旅V』から2012年の『夜の音楽』までの5作品。西欧のアヴァンギャルド・アートと日本の伝統文化の融合による作品は常に高い評価を受け続けています。

    クラシック|2019年09月12日 (木) 16:40

  • 【映像】ティーレマン&ドレスデン/ブルックナー:交響曲第2番

    ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンによるブルックナー交響曲チクルス、叙情的で美しく味わい深い魅力を持つ第2番が登場。何かと話題のハンブルク、エルプフィルハーモニーでのライヴ収録です。

    クラシック|2019年09月12日 (木) 16:30

  • クリスティン・ボルスタ:『音の墓所』

    オスロのヴィーゲラン美術館内にある「エマルエル墓所」。その巨大空間の残響時間を念頭に、固有の周波数特性とそれから派生する倍音を音楽要素としながら作られた作品に、サラウンド・サウンドにこだわる2Lレーベルが迫ります。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 18:20

  • ピエタリ・インキネン/ドヴォルザーク:交響曲第2番

    ドイツ放送フィルのドヴォルザーク:交響曲録音シリーズにピエタリ・インキネンが登場。2020年バイロイト音楽祭出演決定で俄然注目を集めるインキネンが、瑞々しい旋律が溢れる初期の交響曲第2番と、2つの序曲を取り上げています。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 17:40

  • ヴァイトハース/ブラームス:二重協奏曲&シューマン

    ドイツの女流アンティエ・ヴァイトハースが、シューマンの晩年の名作ヴァイオリン協奏曲とブラームスの二重協奏曲を録音。バックはマンゼ&北ドイツ放送フィル、ブラームスではマクシミリアン・ホルヌングのチェロと豪華な布陣。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 17:00

  • デブレツェニ&ガーディナー/バッハ:ヴァイオリン協奏曲

    ガーディナー&イングリッシュ・バロック・ソロイスツと、2000年から同オケで演奏しているヴァイオリニスト、カティ・デブレツェニによるバッハの協奏曲集。チェンバロ協奏曲からの復元版ではデブレツェニ自身が手掛けたバージョンを披露。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 16:50

  • ベンジャミン・ベルンハイム/デビュー・アルバム

    いまもっとも注目を集めるパリ生まれのリリック・テノールがDGからデビュー。ヴェルディ、ドニゼッティ、グノー、マスネの定番から、バンジャマン・ゴダール『ダンテ』からの珍しいアリアも。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 16:40

  • ペトレンコ&オスロ・フィル/ドン・キホーテ、ドン・ファン、ティル

    『ツァラトゥストラはかく語りき』『英雄の生涯』に続くリヒャルト・シュトラウスの管弦楽作品集第2弾は、『ドン・キホーテ』『ドン・ファン』そして『ティル・オイレンシュピーゲル』という豊かで劇的な管弦楽書法が発揮される3つの交響詩。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 13:50

  • ユロフスキー&ロシア国立交響楽団/『くるみ割り人形』全曲

    『白鳥の湖』に続く3大バレエ録音第2弾。作品がもつ旋律の美しさ、甘く感傷に満ちた情緒など、チャイコフスキーが思い描いた真の世界をユロフスキーが繊細な表現で優美に描き出します。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 13:40

  • チェチーリア・バルトリ『ファリネッリ』

    チェチーリア・バルトリが伝説のカストラート、ファリネッリの有名なアリアを新録音。ファリネッリの兄ブロスキ、ファリネッリの師であるポルポラ、そしてハッセ、カルダーラ、ジャコメッリの作品を歌っています。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 12:50

  • ASMF 60〜アカデミー室内管弦楽団 60周年記念ボックス

    アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズの創設60周年を記念するセット。膨大なカタログからCD60枚分を厳選、創設者マリナーの最初と最後の録音、アイオナ・ブラウンや現在の音楽監督ジョシュア・ベルの録音も含まれます。

    クラシック|2019年09月11日 (水) 12:50

  • 【LP】 メッゾ・ソプラノ歌手チェチーリア・バルトリがファリネッリ...

    バロック音楽を現代に蘇らせるチェチーリア・バルトリが、伝説のカストラート、ファリネッリのアリア新録音がLPでも登場。リッカルド・ブロスキ、ニコラ・ポルポラ、そしてハッセ、カルダーラ、ジャコメッリの作品を歌っています。ポルポラ『ポリフェーモ』...

    クラシック|2019年09月11日 (水) 10:10

  • 【映像】ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2019

    恒例ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート、2019年はダニエル・ハーディング指揮のもとパリのオルセー美術館を舞台にワーグナー、ベルリオーズ、ドビュッシーを聴かせます。ベルリン・フィルとは18年ぶりの共演となるターフェルも登場。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 18:40

  • ヤノフスキ&ケルンWDR響/ベートーヴェン:『運命』『田園』

    マレク・ヤノフスキ率いるケルンWDR交響楽団が2018年9月に収録した『運命』『田園』がリリース。ヤノフスキの持ち味が十分に発揮された快演で、パワフルなエネルギーの中にも繊細な響きを作り上げる巨匠ならではの演奏を聴くことができます。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 17:30

  • ヘルムヒェン&マンゼ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5,2番

    注目の顔合わせによるベートーヴェン。母国ドイツの音楽から端正な美しさを引き出すヘルムヒェンと、シャープで伸びやかな表現が魅力のマンゼがぴったりとかみ合い、作品の雄大さを存分に感じさせながらも瑞々しい魅力にあふれた演奏となっています。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 13:40

  • パーヴォ・ヤルヴィ&チューリッヒ・トーンハレ/メシアン

    パーヴォ・ヤルヴィとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団によるメシアン・アルバム。メイン曲『キリストの昇天』をはじめ大規模な管弦楽による色彩豊かで輝かしい音響が聴かれ、トーンハレならではの繊細な技巧と意外なほどブリリアントなサウンドが楽しめます...

    クラシック|2019年09月10日 (火) 13:30

  • ジュピテール/ヴィヴァルディ:アリアと協奏曲集

    注目の若手リュート奏者トーマス・ダンフォードが、個性派チェンバロ奏者ジャン・ロンドーほか信頼する名手たちと結成したアンサンブル『ジュピテール』。記念すべき第1弾録音は、ヴィヴァルディの才覚をさまざまな角度から浮き彫りにするプログラム。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 13:30

  • ブルネロ/4弦小型チェロで弾くバッハ:『無伴奏ヴァイオリン』全曲

    名手マリオ・ブルネロがバッハの『無伴奏ヴァイオリン』に挑戦。アマティ・モデルの4弦チェロ・ピッコロを用い、弓や弦はもちろん演奏台(台座)にまでこだわったという、注目のアルバムです。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 13:30

  • ミヒャエル・ハイドン・コレクション

    ありそうでなかなかなかったミヒャエル・ハイドンのお買い得ボックス・セット。内訳は交響曲がCD7枚分、ディヴェルティメントほか管弦楽作品が3枚、協奏曲集3枚、声楽作品8枚、オペラと音楽劇3枚、室内楽作品4枚の計28枚組です。

    クラシック|2019年09月10日 (火) 13:20

  • サクソフォン四重奏版! ヘンデル『水上の音楽』全曲

    オランダの若手女流サクソフォーン四重奏団によるヘンデル。組曲第1番から第3番までの全曲に、オランダの作曲家スヴァルトの『Underwater』を挟み、新しいアプローチを試みています。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 16:50

  • ヴォーチェ四重奏団/モーツァルト&シューベルト

    ヴォーチェ四重奏団結成15周年記念盤は、「ハイドン・セット」中唯一短調で書かれたモーツァルトのK.421、生涯最後の弦楽四重奏曲となったシューベルトのD.887という、2つの「弦楽四重奏曲第15番」を収録。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 16:50

  • フェルディナント・ライトナー/ブルックナー:交響曲第6番

    ブルックナーとハルトマン、2つの交響曲第6番を収録したライトナーの名盤が復活。堂々たるブルックナーと、変化に富む楽想を見事に振り分けたハルトマン、2曲の対比も聴きどころです。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 16:30

  • ノリントン&シュトゥットガルト/マーラー4番

    ノリントンの軽やかで美しいマーラー。第1、第2ヴァイオリン・パートを両翼に配置し、終楽章のソプラノ・ソロをほぼノン・ヴィヴラートで歌わせることでまさしく「天国的な響き」を生み出しています。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 16:30

  • クラウディオ・アラウ、ピアノ協奏曲を弾く

    全て初出録音となるアラウのお気に入りのピアノ協奏曲〜ブラームス、シューマン、ベートーヴェン〜が収録されています。中でもブラームスの2曲は、彼が生涯大切にしていた作品であり、しばしば演奏し聴衆を感動に導いていました。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 14:10

  • ハンス・ロスバウト/シューマン:交響曲第1,4番、協奏曲集

    2曲の交響曲と序曲、3人のソリスト〜フルニエ、シェリング、アニー・フィッシャー〜による協奏曲が収録されています。ロスバウトはどの曲にも柔軟なテンポ設定を施し、自由自在な音楽を聴かせます。

    クラシック|2019年09月09日 (月) 14:10

  • ヘンゲルブロック/シューベルト:未完成、スターバト・マーテル

    ヘンゲルブロックが手兵バルタザール=ノイマン・アンサンブル&合唱団と挑んだシューベルトとシューマン。それぞれの宗教的声楽作品の間に名曲『未完成』交響曲を挟むという構成です。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 18:40

  • 【映像】『ギドン・クレーメル 自分の声を見つけること』

    日本語字幕付き。ギドン・クレーメル初のドキュメンタリー映像は、世界を股に掛ける活動を追いながら、70年に及ぶ彼の人生遍歴と旧ソ連の歴史的環境を考察します。ヴァインベルグ:24の前奏曲のコンサート映像も収録。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 18:20

  • ハーゲン四重奏団/ブラームス:弦楽四重奏曲第3番

    名門四重奏団の最新盤は初録音となるブラームス:弦楽四重奏曲第3番。キリル・ゲルシュタインを迎えたピアノ五重奏曲とのカップリングです。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:40

  • レオンスカヤ/シューベルト:初期ソナタ集、さすらい人幻想曲

    2017年録音のシューベルト:初期ソナタ集。断片しか現存しない8番と10番を除く第1番から13番までが収められ、第2、11番にはそれぞれの欠落楽章とされる小品を挿入、3番も『3つのピアノ曲』を加えた5楽章構成に。解説書はLPサイズ48ページ...

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:40

  • ジョージ・リー/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&リスト

    第15回チャイコフスキー国際コンクールで第2位を獲得した中国系アメリカ人ピアニスト、ジョージ・リーによるコンチェルト第1番のライヴ録音。共演はワシリー・ペトレンコ&ロンドン・フィル。リストのピアノ・ソロ作品を併録。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:20

  • コンラッド・タオ/ジェフスキー、コープランド、ジュリア・ウルフ

    新世代コンポーザー・ピアニスト、コンラッド・タオ。今作『アメリカン・レイジ』ではアメリカの近現代作品を取り上げ、1930年代にケンタッキー、ハーラン群の炭鉱で勃発したストライキの影響から、2001年のアメリカ同時多発テロ事件まで「民衆の反乱...

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:20

  • ディアナ・ティシチェンコ/ストリンガーズ・イン・パラダイス

    2018年のロン=ティボー=クレスパン国際コンクール、ヴァイオリン部門で優勝を飾ったディアナ・ティシチェンコのデビュー・アルバム。ラヴェル、エネスコ、イザイ、プロコフィエフという、エキゾチックな作品を得意とする彼女にふさわしい選曲です。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:20

  • モーツァルト:『ハイドン・セット』木管五重奏版

    カナダの木管アンサンブル「ペンタドル」による注目の一組。親しみやすい響きを持ちながらも楽器ごとの音色の違いが楽曲の対位法的な側面をおおいに刺激しており、モーツァルトの立体的な書法が堂々と響いてきます。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 17:20

  • スペクトラム・サウンド&ベルアーム10周年記念完全限定BOX

    フランス国立視聴覚研究所提供の音源からの完全限定CD8枚組。1967年ザルツブルクでのカラヤン&VPOのブルックナー第9番、1962年シャンゼリゼ劇場でのショルティ&フランス国立管のベートーヴェン『運命』など、注目の初出音源も収録!

    クラシック|2019年09月06日 (金) 15:00

  • 【発売中】クリスティ/モンテヴェルディ:『ポッペアの戴冠』(3CD...

    2018年ザルツブルク音楽祭での、クリスティ&レザール・フロリサンによるモンテヴェルディ:『ポッペアの戴冠』のライヴ録音が登場。しかも、巨匠ヤン・ロワースによる演出・振付の舞台をおさめた映像がボーナスDVDとして付属します。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 11:15

  • 【発売中】シャイー&ルツェルン祝祭管/R.シュトラウス:管弦楽作品...

    2017年8月のライヴ録音。シャイー&ルツェルン祝祭管弦楽団のR.シュトラウスが登場!『ツァラトゥストラはかく語りき』 、『死と浄化』、『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』と、『7つのヴェールの踊り』を収録しています。

    クラシック|2019年09月06日 (金) 10:30

  • ジル・コリアール&トゥールーズ室内管弦楽団/テレマン

    テレマンがセルバンテスの著作の英雄的な風刺からインスピレーションを得て書かれた『ドン・キホーテのブルレスケ』をメインとするエキサイティングなプログラム。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 15:00

  • ルスクヮルテット/モーツァルト:レクィエム(弦楽四重奏版)

    ボロディン・クヮルテットの元メンバー、シェバーリンに学んだ気鋭の四重奏団ルスクヮルテットが、リヒテンタール編曲による『モツレク』四重奏版と、協奏交響曲 K.364を弦楽六重奏化した『協奏的大六重奏曲』を演奏。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 14:00

  • グイタルト/室内楽版『大地の歌』『さすらう若人の歌』

    シェーンベルク主宰「私的演奏協会」の音楽を現代に再現する、ヘンク・グイタルトによる人気シリーズ第5弾。今回はマーラー『大地の歌』と『さすらう若人の歌』室内楽伴奏版で、『大地の歌』では自身によるアレンジも披露。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 13:50

  • 【LP】 特集:高額盤アナログレコード クラシック編

    10月からの消費税変更に伴い、注目が集まるBOXセットなどの比較的高額な新品アナログレコードの中からクラシックをピック・アップ、リストにいたしました。要チェックです!

    クラシック|2019年09月05日 (木) 13:50

  • ノエ・乾/イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲(日本語解説付)

    フランコ=ベルギー楽派の系譜に連なり、欧州と日本の伝統を併せ持つ俊英、ノエ・乾。イザイ自身の弓を使用した鮮烈な無伴奏ソナタ集。エチュード=ポエム(世界初録音)も収録。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 11:30

  • ポール・マクリーシュ/パーセル:アーサー王

    ポール・マクリーシュとガブリエリ・コンソート&プレーヤーズが、得意とするヘンリー・パーセルの録音プロジェクトをスタート。第1弾は、1691年に初演された『アーサー王』。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 11:30

  • シモン・トルプチェスキ/『シェエラザード』ピアノ独奏版

    民話や伝承に基づくロシアのピアノ作品集。プロコフィエフの『年老いた祖母の物語』から始まり、『禿山の一夜』『シェエラザード』といった管弦楽作品のピアノ独奏版を収録。

    クラシック|2019年09月05日 (木) 10:40

  • クロエ・ハンスリップ/ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集

    クロエ・ハンスリップがダニー・ドライヴァーと共に取り組んできたベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ・ライヴ録音集全3巻がボックス・セットになって登場!

    クラシック|2019年09月05日 (木) 10:40

もっと見る +