トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > 日本限定のオルフェオ・ボックス

日本限定のオルフェオ・ボックス

2014年4月30日 (水)


日本限定、1000セット完全限定のオルフェオ・ボックス
ORFEO D'ORのステレオ録音による名演を集めたCD30枚組
輸入盤・日本限定ボックス


1979年に設立されたドイツ、ミュンヘンを拠点にしている「オルフェオ」レーベルは、2種類のレーベル・ラインを持っています。指揮者のアンドリス・ネルソンスやチェリストのダニエル=ミュラー・ショットなどの実力ある現代の演奏者をいち早く起用した新録音シリーズは、紺色のジャケットでリリース。そして今回ボックス・セットとして発売する、赤色のジャケット「ORFEO D'OR」シリーズは、ザルツブルク音楽祭、バイエルン放送などと協力した歴史的名演のライヴ録音をリリースしています。ORFEO D'OR とは「黄金のオルフェオ」という意味で、まさに演奏史に燦然と輝く名演を次々と発売し、世界中の音楽ファンに紹介しています。
 本セットは、ORFEO D'ORシリーズからステレオ録音の名演をセレクトし収録しています。レーベルの顔ともなっているアルバム、クライバーのベートーヴェンの交響曲第4番。カール・ベーム全盛期のウィーン・フィルとの1969年ザルツブルク音楽祭ライヴでのシューマン、ベートーヴェン、マーラーの録音。そしてクーベリックとバイエルン放響、カイルベルト、セル、オイストラフ、ムーティ、マゼール、ジュリーニ、バルビローリ、コリン・デイヴィス、ケンペ、ラインスドルフ、マタチッチ、ヴェーグと20世紀を代表する巨匠指揮者のライヴでの熱演を聴くことができます。
 数量限定のボックス・セットとなりますので、ご注文はお早めにお願い致します。

【山崎浩太郎氏 ライナーノーツより】
ORFEO D'ORシリーズ初期の大ヒットは、セットに含まれている、カルロス・クライバーの交響曲第4番である。(中略)カリスマ的な人気が高まりつつあったカルロスの、その真価を伝えてくれる貴重な記録として、圧倒的な人気を誇ったディスクだった。その興奮の価値はいま聴いても、まったく色褪せていない。話題盤、名盤がメジャー・レーベルに集中しがちだった当時、オルフェオの存在とマイナー・レーベルの可能性を知らしめた、大きな意義を持った1枚である。(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1 (ORFEOR100841)
・ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op.60

 バイエルン国立管弦楽団
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1982年5月3日
 録音場所:ミュンヘン、国立劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc2 (ORFEOR263921)
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271『ジュノーム』
・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

 フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
 バイエルン放送交響楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1969年9月30日(モーツァルト)、1969年10月2日(ブラームス)
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc3 (ORFEOR522991)
・ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 Op.60
・マーラー:さすらう若人の歌
・シューマン:交響曲第4番ニ短調 Op.120

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1969年8月17日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場(ザルツブルク音楽祭)
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc4 (ORFEOR608032)
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』

 エミール・ギレリス(ピアノ)
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1971年8月8日
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc5 (ORFEOR608032)
・チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36

 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1971年8月8日
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc6 (ORFEOR607031)
・モーツァルト:交響曲第29番イ長調 K.201 (186a)
・マーラー:亡き子をしのぶ歌
・R.シュトラウス:交響詩『死と浄化』 Op.24

 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 シュターツカペレ・ドレスデン
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1972年8月15日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc7 (ORFEOR264921)
・シューベルト:交響曲第2番変ロ長調 D.125 (1814/1815)
・R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40

 バイエルン放送交響楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1973年9月29日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc8 (ORFEOR587022)
・モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1971年8月13日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc9 (ORFEOR587022)
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1971年8月13日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc10 (ORFEOR596031)
・ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 Op.22
・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』

 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1977年5月25日(Op.22)、1980年6月19,20日(Op.95)
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc11 (ORFEOR499991)
・ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14−ある芸術家の生涯の出来事
 録音時期:1981年9月25日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・ベルリオーズ:序曲『海賊』
 録音時期:1962年11月23日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

Disc12 (ORFEOR207891)
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 ヘレン・ドーナト(ソプラノ)
 ブリギッテ・ファスベンダー(アルト)
 ホルスト・ラウベンタール(テノール)
 ハンス・ゾーティン(バス)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1982年5月14日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc13 (ORFEOR206891)
1. ハイドン:交響曲第99番変ホ長調 Hob.I-99
2. モーツァルト:交響曲第25番ト短調 K.183
3. モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』

 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期::1982年5月4日(1)、1981年6月22日(2)、1985年5月9日(3)
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール(1,3) ヴェルツブルク、カイザーザール(2)
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc14 (ORFEOR498991)
・モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550
・モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』

 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1985年5月10日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc15 (ORFEOR550011)
・ヘンデル:合奏協奏曲ト短調 Op.6-6
・ブルックナー:交響曲第9番ト短調 WAB.109

 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音時期:1985年6月6日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc16 (ORFEOR724071)
・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB.108(1890年第2稿/ハース版)

 ケルン放送交響楽団
 ヨゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音時期:1966年11月4日
 録音場所:ケルン、フンクハウス
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc17 (ORFEOR553011)
・モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550
・ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73

 バイエルン放送交響楽団
 ヨゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音時期:1966年12月8日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc18 (ORFEOR268921)
1. ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62
2. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93
3. ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92

 バイエルン放送交響楽団
 ヨゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音時期:1967年11月30日(1)、1967年5月5日(2,3)
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc19 (ORFEOR654052)
・モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

 録音時期:1987年8月2日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc20 (ORFEOR654052)
・マーラー:交響曲『大地の歌』

 ブリギッテ・ファスベンダー(アルト)
 フランシスコ・アライサ(テノール)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

 録音時期:1987年8月2日
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc21 (ORFEOR867121)
1. ロッシーニ:『セミラーミデ』序曲
2. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
3. モーツァルト:協奏交響曲変ホ長調 K.364

 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ:2)
 ゲルハルト・ヘッツェル(ヴァイオリン:3)
 ルドルフ・シュトレング(ヴィオラ:3)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 リッカルド・ムーティ(指揮)

 録音時期:1972年8月17日(1,2)、1974年7月27日(3)
 録音場所:ザルツブルク祝祭大劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc22 (ORFEOR449961)
・ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93
・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64

 バイエルン放送交響楽団
 ルドルフ・ケンペ(指揮)

 録音時期:1975年3月20日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc23 (ORFEOR208891)
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調 WAB.107

 バイエルン放送交響楽団
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)

 録音時期:1987年5月1日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc24 (ORFEOR484981)
1. ベートーヴェン:『エグモント』Op.84〜序曲
2. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37
3. ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

 エミール・ギレリス(ピアノ:2)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)

 録音時期:1969年8月24日
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc25 (ORFEOR265921)
・ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73
・ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番ホ短調

 バイエルン放送交響楽団
 サー・ジョン・バルビローリ(指揮)

 録音時期:1970年4月10日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc26 (ORFEOR589021)
・バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112

 ゲルハルト・ヘッツェル(ヴァイオリン)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ロリン・マゼール(指揮)
 録音時期:1984年
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・モーツァルト:行進曲ヘ長調 K.248
・モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.247『ロドロン・セレナード』

 ウィーン室内合奏団
 録音時期:1983年
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc27 (ORFEOR486981)
・モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504『 プラハ』
・モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』

 ザルツブルク・カメラータ・アカデミカ
 シャーンドル・ヴェーグ(指揮)

 録音時期:1989年、1996年
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc28 (ORFEOR554011)
・マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

 バイエルン放送交響楽団
 エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)

 録音時期:1983年6月10日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc29 (ORFEOR235901)
1. ハイドン:交響曲第103番変ホ長調 Hob.I-103『太鼓連打』
2. シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759『未完成』
3. アイネム:ブルックナー・ディアローグ Op.39

 ウィーン交響楽団
 ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮)

 録音時期:1984年1月7日(1,2)、1983年3月13日(3)
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

Disc30 (ORFEOR302921)
・モーツァルト:セレナード第13番ト長調 K.525『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』
・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ダヴィド・オイストラフ(指揮)

 録音時期:1972年8月23日
 録音場所:ザルツブルク音楽祭
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 輸入盤・日本限定ボックス
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

オルフェオ・ドール ステレオ録音名演集(30CD)

CD 輸入盤

オルフェオ・ドール ステレオ録音名演集(30CD)

ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥28,393
会員価格(税込) : ¥24,703

発売日:2014年01月21日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です