ブラームス(1833-1897)
新商品あり

ブラームス(1833-1897)

ブラームス(1833-1897) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

関連商品

商品ユーザーレビュー

5923件

すべてのユーザーレビューを見る(5923件)

  • 「雄渾なブラームス」とか「仕掛け満載」などの変な宣...

    投稿日:2023/11/17

    「雄渾なブラームス」とか「仕掛け満載」などの変な宣伝文句が踊りますが、そういったものとは無縁な演奏ですから楽しめます。ライブとのことですが会場のノイズは少なく演奏瑕疵も気になりません(プロですから当然かも)。響きは明るく軽いブラームス、いつも暗く重いブラームスを聴いているとこういう演奏は有難さを感じてしまいます。とにかくご自身の耳でお確かめください。買って

    jin さん

    2
  • 素晴らしい音質。しかしながら、リマスタ版の限界な...

    投稿日:2023/08/16

    素晴らしい音質。しかしながら、リマスタ版の限界なのか、「ハイドンの主題による変奏曲」は、、またもやガッカリさせられた。例えば、トライアングルの音は、会場ではよくきこえるのだが。リマスター番では、フルトヴェングラーの名人芸できこえるこのおとが、失われるのだ。これは、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の第四楽章の「トルコ行進曲」部分やシューマンの交響曲第1番「春」が、マーラー・エディションをベースにしたための「トライアングル追加」など、キキトリク憎くなる聞き取りにくくなる。「ハイドンの主題による変奏曲」では、オリジナルでは、よくきこえるのだが。

    カニさん さん

    0
  • 予想とかなり違う演奏であった。幻想交響曲ではライヴ...

    投稿日:2023/06/30

    予想とかなり違う演奏であった。幻想交響曲ではライヴはセッションより相当速かった。当然ブラームスの2番もセッション37分ほどより相当速いと思っていたがCDのタイミングによると41分であった。そうでなくても聞けばかなりゆくりだと分かる。拍子抜けしたのは事実であるが、これはこれでよく歌う立派な演奏である。相変わらず2楽章の進め方が活気があって良い。

    顕 さん |60代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ブラームス(1833-1897)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%