モーツァルト(1756-1791)
新商品あり

モーツァルト(1756-1791)

モーツァルト(1756-1791) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

関連商品

商品ユーザーレビュー

6579件

すべてのユーザーレビューを見る(6579件)

  • まず録音については、当時のライヴとしてはまずまず。...

    投稿日:2022/05/18

    まず録音については、当時のライヴとしてはまずまず。66年の第40番は多少こもった感があるが、耳が慣れればセルの至芸に酔いしれよう。《ジュピター》の方が68年と新しく、ブロッサム音楽祭という会場の違いもあってか幾分広がりが感じられる。いずれも “セルのモーツァルト” に真価を見出し得ている幸せな御仁には必聴の音盤である。 往年の指揮者にあっては、ベーム(なんぞ…といっては非難を買おうが)よりセルやクレンペラーの方がずっと真モーツァルティアンだと確信している小生のごとき者には、両演奏とも従来知られていた同曲のセッションやライヴとは二味も相違する凄演、特に《ジュピター》の “弾けっぷり” に出会えて、セルにとってモーツァルトとはいったい…などといろいろと考えさせられている。 聴きどころは多々あるが、ト短調におけるリタルダンドやアッチェレランド、《ジュピター》第1楽章におけるフェルマータ解釈、第2楽章におけるいつにない感情の起伏、そして終楽章におけるティンパニやトランペットの強奏、就中、再現部におけるティンパニ強打やコーダでの金管炸裂はかつての演奏になかったもの(アーノンクールもビックリ?)。これには会場の聴衆も熱狂した様子が盛大な拍手からうかがわれる(すぐにフェイドアウトしてしまうのが残念)。 セルは、モーツァルト初期作《ディヴェルティメント第2番》K.131などという比較的マイナーな曲(特に室内管以外にあっては)までをも愛奏かつ録音(63年)し、モーツァルトのホルン協奏曲をチェロ協奏曲に編曲した際には、その第2楽章にこの嬉遊曲の緩徐楽章(佳曲!)を編曲して充てることさえしており、また、モーツァルトを演奏する際には、手勢クリーヴランド管の編成を単に人数的に刈り込むのではなく、モーツァルト演奏用に極めて厳しいオーディションを自らおこない、メンバーを厳選して臨んだことでも知られている人物である(クリ管Vn奏者M.ゴールドマンの回想)。昨今、本流となったピリオド楽器によるモーツァルト演奏を認め楽しむのにやぶさかでない小生ではあるが、セルの諸モーツァルト音盤に、虚心に耳を傾けることによる成果には極めて大なるものがあるように思う。 なお、器楽だけではなく、当然ながら声楽にも精通していたセルのモーツァルト・オペラが、あまり録音状態のよろしくない《ドン・ジョヴァンニ》《後宮からの誘拐》《魔笛》等のライヴに限られているのは返す返すも残念である。

    銀蛇亭 さん |50代

    0
  • ここには永遠が聞こえる。

    投稿日:2022/02/24

    ここには永遠が聞こえる。

    奈良の技芸天 さん |70代

    0
  • これは楽しい! モーツァルトの時代、貴族たちが生演...

    投稿日:2022/03/19

    これは楽しい! モーツァルトの時代、貴族たちが生演奏を楽しみながらティータイムを過ごしたのと同じ時間を自宅で再現しているかのような気持ちになれます。 協奏交響曲の管楽器の掛け合いが目の前で繰り広げられているのが本当に楽しく、SACDの醍醐味と言えましょう。 我が家はSACDが出始めて間もない2000年代初頭に作られた70khzまで対応のSACD再生向け大型スピーカーなので、最近の超高域非対応スピーカーご使用の方はBATPRO等のスーパーツイーターを追加されると良いのかも知れません。 アナログレコードのような温かみのある滑らかな音が楽しめるのは超高域再生のおかげかと感じております。

    あぶらげ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、モーツァルト(1756-1791)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%