マーラー(1860-1911)
新商品あり

マーラー(1860-1911)

マーラー(1860-1911) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

関連商品

商品ユーザーレビュー

7125件

すべてのユーザーレビューを見る(7125件)

  • 待望のビシュコフ&チェコ・フィルによるマーラー交響...

    投稿日:2022/04/03

    待望のビシュコフ&チェコ・フィルによるマーラー交響曲全集第1弾。ペンタトーンの録音が大変いい。デッカのチャイコフスキー交響曲全集とは格段の差。やっぱりメジャーはもうだめだな。優秀録音によってチェコ・フィルの美しさが際立つ。自慢の弦だけでなく近年のチェコ・フィルは木管も優れており第1楽章のファゴットの優しさなど魅力的だ。ビシュコフは特別目新しいことはしないが、音楽が瑞々しくクオリティが高い。ライスのソプラノも美しく万全の出来。後続が楽しみだ。

    フォアグラ さん

    1
  • ハインツ・レーグナー先生のマーラーは、聴く前は彼の...

    投稿日:2021/10/03

    ハインツ・レーグナー先生のマーラーは、聴く前は彼のブルックナー演奏の印象から、まったく根拠のない予断でしたが、ザッハリッヒ的な、速いテンポでやや事務的に進行する職人気質の、ある意味「そっけなく」淡々と進む演奏を勝手に予想していたのですが、実際に聴くとそれとはかなり異なる印象でした。特に第6番の方は、第一楽章は24分超で、終楽章も30分以上かけていますので、かなり遅めのテンポでじっくり構えた演奏です。1981年の録音ということで、中間楽章の順番も伝統的なスケ→アンと勝手に予想していましたが、これも意外でしたが今日トレンドのアン→スケです。しかし特に第6だからといって肩をいからせたところもなく、純音楽的に古典的な威容を十分に感じさせるスケールの大きな演奏でとても気に入りました。第3番も同様に決して否定的な意味でなく手堅くまとめた名演と言っていいでしょう。第4楽章のアルト独唱も心に沁みました。終楽章はさすがにバーンスタイン先生ほど遅いテンポで歌うようなことはレーグナー先生はいたしませんが、必要にして十分な歌がそこにはあり、満足できる演奏です。

    John Cleese さん

    3
  • コロナ禍直前に演奏されたコンサートのライブ。 まる...

    投稿日:2021/10/10

    コロナ禍直前に演奏されたコンサートのライブ。 まるでこれからパンデミックが来る事が解ってたような迫力がみなぎった演奏聞いていて震いがした。 素晴らしいを通り越して恐ろしい曲もピッタリとあっている 第2楽章がスケルツォでなくアンダンテもいい更に最終楽章のハンマーが3回打たれていてこれからとんでもない事態が起こる予兆を表した演奏のようだ

    松ちゃん さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、マーラー(1860-1911)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%