シューマン、ロベルト(1810-1856)
新商品あり

シューマン、ロベルト(1810-1856)

シューマン、ロベルト(1810-1856) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)は、 1810年6月8日にドイツのツヴィッカウに生まれました。5人兄弟の末っ子で、出版業者で著作もあったという父親のもとで早くから音楽や文学に親しみ、作曲や詩作に豊かな才能を示したといいます。  ロベルト16才の年にその父親が亡くなり、安定した生活を願う母親の希望で法学を選択、1828年にライプツィヒ大学に入学しますが、音...

関連商品

商品ユーザーレビュー

1581件

すべてのユーザーレビューを見る(1581件)

  • はっきり、くっきりとした演奏の中にふんわりとロマン...

    投稿日:2023/12/26

    はっきり、くっきりとした演奏の中にふんわりとロマン的な香りづけがなされた演奏と感じた。ロマンティックといってもこってりとしてない、仄かにそしてとても爽やかな類のもの。奏者それぞれが古楽から現代まで弾きこなす面々だからか、HIP的な奏法と現代音楽で磨いた譜読みと演奏の深みに加え、各自に備わっている音楽への理解が融合した純度の高い結晶のような演奏だと思う。 ロマンティックも度が過ぎるとくどくなるし、シューマンの豊かな室内楽で即物的な味気ない演奏も聴きたくない。その意味でちょうどよいバランスの調合が行われたこのディスク・・・長くじっくり愛聴できる一枚と評しておきたい。お薦めです。

    うーつん さん

    0
  • 面白いアルバムだ。伝説の名演奏のシューマンの交響...

    投稿日:2023/12/11

    面白いアルバムだ。伝説の名演奏のシューマンの交響曲第4番は、このCDも、フルトヴェングラーらしいベートーベン的演奏なのだが、どこか「すがすがしい爽快感が、いまいち物足りない。」納得いくまで、CDを今回も含め9枚も買ったが、珍しく「ワーグナー的おどおどろしさが、隠し味として、感じられる納得いくのは、2枚だけだった。」でも、面白い。特に、ベートーベン交響曲第8番は、すがすかしい名演と組み合わせてあって、面白かった。

    カニさん さん

    0
  • パレーはデトロイトとシューマン交響曲全集を完成して...

    投稿日:2023/02/07

    パレーはデトロイトとシューマン交響曲全集を完成しており、得意曲なのだろう。「ライン」は柔らかなタッチで音楽を進める。パレーがシューマンのオリジナルスコアを尊重していることがわかるとても爽やかな演奏だ。フランス放送フィルは弦の響きが薄く感じるがシューマンならOK。フランス国立放送管との4番は速いテンポの気迫に充ちたものでメリハリもきき素晴らしい。驚くのはほぼ全曲にわたってパレーがメロディーを歌っていること。余程好きな曲なんだろう。オケも熱演。アンコールのシャブリエとラヴェルは最高。めくるめく演奏だ。音質は鮮明だが潤いに欠ける。それでもパリに帰ってからのパレーの録音は貴重であり充分楽しめるものなのでお薦めする。

    フォアグラ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、シューマン、ロベルト(1810-1856)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%