ラ・フェスタ・ムジカーレ/『バッハ・リコンストラクテッド』

2024年05月29日 (水) 16:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


バッハのオリジナル作品を基に
『新ブランデンブルク協奏曲』を復元・再構成!


高音質録音で人気のドイツの「audite」レーベルから3枚にわたるグレゴール・ヨーゼフ・ヴェルナーの宗教音楽集など注目を集めるアルバムをリリースしている2014年結成の北ドイツのピリオド楽器グループ、ラ・フェスタ・ムジカーレのニュー・アルバムはバッハがテーマ。もちろん、毎回凝った作りのアルバムを発表するラ・フェスタ・ムジカーレのこと、ただのバッハ・アルバムではありません!
 ラ・フェスタ・ムジカーレの主要メンバーでチェリストのクリストフ・ハラーが、『イタリア協奏曲』『イタリア風アリアと変奏』などの鍵盤独奏曲から、チェンバロ協奏曲、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ、そして『クリスマス・オラトリオ』の合唱曲や『アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳』のアリアという声楽曲まで、バッハの様々なジャンルの作品を素材として選び、ブランデンブルク協奏曲のように種々の楽器が組み合わさって活躍する協奏曲に仕上げました。
 ソプラノ・リコーダー、オーボエ、ファゴットの独奏を持つ『新ブランデンブルク協奏曲第1番』はブランデンブルク協奏曲の第1番や第2番を、3群の弦楽三重奏と通奏低音という編成の『新ブランデンブルク協奏曲第2番』はブランデンブルク協奏曲の第3番や第6番を、フラウト=トラヴェルソが活躍する第3番は管弦楽組曲第2番を、それぞれ想起させるとても興味深い協奏曲になっています。様々な楽器の組み合わせを行ったクリストフ・ハラーのアレンジは、バッハの音楽から原曲とは異なる魅力を引き出すことに成功しているのです。総勢21人の技巧派集団ラ・フェスタ・ムジカーレによる演奏も躍動感に満ち、様々な楽器が組み合わさった響きはプリズムのようにきらめく色彩感を生み出しています。バッハの「新しい協奏曲」を存分に楽しみください!(輸入元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ/ハラー復元・再構成:
● 新ブランデンブルク協奏曲第1番
〜ソプラノ・リコーダー、オーボエ、ファゴット、弦楽合奏と通奏低音のための
1. Vivace(クリスマス・オラトリオ BWV.248〜第5部:冒頭の合唱曲より)
2. Aria with Variations 1-8(イタリア風アリアと変奏 BWV.989より)
3. Adagio ad libitum(即興演奏)
4. Presto(イタリア協奏曲 BWV.971〜第3楽章より)

● 新ブランデンブルク協奏曲第2番〜3つの弦楽三重奏と通奏低音のための
1. Allegro(3台のチェンバロのための協奏曲 BWV.1064〜第1楽章より)
2. Adagio(3台のチェンバロのための協奏曲 BWV.1064〜第2楽章より)
3. Allegro(3台のチェンバロのための協奏曲 BWV.1064〜第3楽章より)

● 新ブランデンブルク協奏曲第3番〜フラウト=トラヴェルソ、変則調弦のヴァイオリン、リュート、弦楽合奏と通奏低音のための
1. Allegro(ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ BWV.1029〜第1楽章より)
2. Adagio ma non tanto e dolce(三重協奏曲 BWV.1044〜第2楽章&オルガンのためのトリオ・ソナタ BWV.527の第2楽章より)
3. GavotteI -GavotteII(イギリス組曲第3番〜第5楽章より)
4. Aria(アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳〜『我が魂よ、とくと思いみよ』 BWV.509より)
5. Allegro(フランス風序曲 BWV.831〜第8楽章より)

 ラ・フェスタ・ムジカーレ(ピリオド楽器オーケストラ)


 録音時期:2022年10月18-21日
 録音場所:ドイツ、シャフシュタール、マリーエンミュンスター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 エグゼクティヴ・プロデューサー、レコーディング・プロデューサー:ルトガー・ベッケンホーフ(audite)
 ディジパック仕様


9件中1-9件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて