ECM ジャズ リリース情報



「The Most Beautiful Sound Next To Silence(沈黙の次に美しい音)」をコンセプトに、1969年ドイツ・ミュンヘンにマンフレート・アイヒャー (Manfred Eicher)によって設立されたレコード会社「ECM(Edition of Contemporary Music)」。

「未来の可能性を見極めながら音楽を制作する」というマンフレートの屹然とした理念によって40年以上も一貫して、”聴けばすぐにそれと分かる”(あるいはジャケットを見ればすぐにそれと分かる)作品を生み出し続けているECMのニューリリース作品をこちらでご紹介。


その他の関連記事

[ECM for Tomorrow] ECM名盤SHM-CDリイシュー 
1969年に設立され、今年45周年を迎えるECMレーベルの名盤50タイトル(ジャズ寄りの40作品とクラシック寄りのECM NEW SERIESより10作品)をSHM-CDでリイシュー。国内初リリースも多数ラインナップ!
稲岡邦彌・著「ECMの真実」 
2007年度〈最優秀ジャズ・レーベル〉〈最優秀クラシック・レーベル〉同時受賞に輝いたECM。その果敢にして稀有な40年(当時)の軌跡を余すところなく伝える本邦唯一の書。待望の増補改訂版。


6件中 1-6件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Various

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,900
    発売日
    2015年09月11日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,900

    2015年1月23日にドイツのシュトゥットガルト・シアターハウスで行なわれたエバーハルト・ウェーバーの生誕75周年記念コンサートからのライヴ録音作品。ウェーバー自身の作品のビッグバンド・アレンジと、古くからの盟友パット・メセニー、ヤン・ガルバレクなども加わったウェーバーへのオマージュ・ライヴ。

    ヤン・ガルバレクは長い間ウェーバーと活動してきたが、本作では特徴的にパワフルで独創的なソプラノ・サックスでのインプロヴィゼーションがウェーバーのベースをループにしたものの上に乗せたM1で炸裂。ウェーバーはヤン・ガルバレクのグループで1982年から2007年までベースを担当。ノルウェーのサックス奏者とドイツのベーシスト(テープでの参加だが)の相性の良さはこの曲でも健在。何よりも本作の中心となっているのはタイトル・トラックの70年代ECM作品で度々共演してきたパット・メセニーがウェーバーのインプロヴィゼーションを基に作曲した30分を超える大曲。ヘルゲ・スンネが指揮をとるSWRビッグバンド、ゲイリー・バートン、スコット・コリー、ダニー・ゴットリーブなどもフィーチャーされている。

    Pat Metheny (g) / Jan Garbarek (sax) / Gary Burton (vib) / Scott Colley (b) / Danny Gottlieb (ds) / Paul McCandless (oboe,ss) / Eberhard Weber (b from tapes) / SWR Big Band; conducted by Helge Sunde and Mike Gibbs

  • CD 輸入盤

    Luys I Luso

    Tigran Hamasyan

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,900
    発売日
    2015年09月04日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,900

    その独特の世界観が人々を魅了するアルメニアの天才ピアニスト、ティグラン・ハマシアンのECMデビュー作品。

    アルメニアの宗教音楽の魅惑的な探究作品でイェレヴァン・ステイト・チェンバー・クワイア(Yerevan State Chamber Choir)を迎え、新機軸を確立。作品タイトルは『光からの光』という意味で、収録楽曲は5世紀から20世紀にわたるアルメニアの賛美歌、聖歌など新たにハマシアンがアレンジした歌部分、インプロヴァイズを加えたピアノ部分も。

    Tigran Hamasyan (p,prepared piano) / Yerevan State Chamber Choir / Harutyun Topikyan (conductor)

  • CD 輸入盤

    In The Morning

    Stefano Battaglia

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,900
    発売日
    2015年08月28日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,900

    イタリアのピアニスト、ステファノ・バタグリアのECM6作目。今回トリオで挑むのはペギー・リー、ミルズ・ブラザーズ、フランク・シナトラなどが歌っていたポピュラー・ソングや室内楽、オペラなどの作曲家としても知られるアメリカのコンポーザー、アレック・ワイルダー。

    リズム的にも驚かせられる深くて魅力あるベースのサルヴァトーレ・マイオレと自由なドラミングが幻想的な世界へといざなうロベルト・ダニとのトリオ・サウンドは特別なバランスが心地いい。

    Stefano Bataglia (p) / Salvatore Maiore (b) / Roberto Dani (ds)

  • CD 輸入盤

    Wild Dance

    Enrico Rava / Gianluca Petrella

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,900
    発売日
    2015年08月28日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,900

    イタリアン・ジャズの重鎮でありながらいつもでも若々しい音楽を奏でるエンリコ・ラヴァ。これまでのカルテット、クインテット作品にも参加してきたトロンボーン奏者ジャンルカ・ペトレラを迎えた最新作。

    「トランペットとトロンボーンが一緒のサウンドが僕は大好き。トロンボーンは多かれ少なかれトランペットとほぼ同じような楽器であり、クレジットが違うだけともいえる、でも一緒にユニゾンで演奏するのはとっても特別なんだ」とラヴァ。全曲ラヴァのオリジナルで構成された作品で様々なムードを提供してくれる。アップテンポなポスト・バップから切ないバラード、エレガントでクール、さらに情緒豊かで温かみを感じることのできる夏の終わりに聴きたい傑作。

    Enrico Rava (tp) / Francesco Diodati (g) / Gabriele Evangelista (double bass) / Enrico Morello (ds) / Gianluca Petrella (tb)

  • Dominique Pifarely

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,404
    発売日
    2015年08月28日

    フランスのヴァイオリニスト、ドミニク・ピファレリのECM初ソロ作品。これまでルイス・スクラヴィスやフランソワ・クチュリエの作品、さらに10年前のステファノ・バターリアのパガニーニ・トリビュート作品などに参加。

    今回は完全なインプロヴィゼーション作品で最後の1曲のみスタンダード。「スタンダード曲はソロ・リサイタルでもよく演奏する。ジャズの世界ではヴァイオリニストはピアノ科ギター、もしくはダブル・ベースなどのハーモニーをサポートしてくれる楽器が必要とされているけどバッハははるか昔に、そんな必要は本当にないと教えてくれているんだ」。

    Dominique Pifarely (violin)

  • CD 輸入盤

    Eight Winds

    Sokratis Sinopoulos

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2015年08月28日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,106

    ギリシャ神話にも出てくる竪琴ライラを奏でるアテネ出身のソクラティス・シノプロスのトリオ作品。これまでもチャールス・ロイド&マリア・ファラントゥーリの『Athens Concert』やエレニ・カラインドルーなどの作品に参加。ギリシャでのライラという楽器への再注目を集めるきっかけを作ったミュージシャン。ECMらしい世界観が広げられながらも癒される作品だ。

    Sokratis Sinopoulos (lyra) / Yann Keerim (p) / Dimitris Tsekouras (b) / Dimitris Emanouil (ds)

チェックした商品をまとめて