ECM ジャズ リリース情報



「The Most Beautiful Sound Next To Silence(沈黙の次に美しい音)」をコンセプトに、1969年ドイツ・ミュンヘンにマンフレート・アイヒャー (Manfred Eicher)によって設立されたレコード会社「ECM(Edition of Contemporary Music)」。

「未来の可能性を見極めながら音楽を制作する」というマンフレートの屹然とした理念によって40年以上も一貫して、”聴けばすぐにそれと分かる”(あるいはジャケットを見ればすぐにそれと分かる)作品を生み出し続けているECMのニューリリース作品をこちらでご紹介。


その他の関連記事

[ECM for Tomorrow] ECM名盤SHM-CDリイシュー 
1969年に設立され、今年45周年を迎えるECMレーベルの名盤50タイトル(ジャズ寄りの40作品とクラシック寄りのECM NEW SERIESより10作品)をSHM-CDでリイシュー。国内初リリースも多数ラインナップ!

ECM名盤最新リマスター CD&LPで 
ECMの歴史的名盤が約2年ぶりに最新リマスターにて再登場! 今回は7WをCDとLPの2フォーマット同時リリースでお届け。全CDタイトルはペーパースリーヴ仕様の限定盤。LPは180g重量盤。

【来日記念】キース・ジャレット限定再発 
4月30日(水)、5月6日(火・祝)に行なわれるキース・ジャレット ソロピアノ来日公演を記念したリイシュー、その第2弾。『サンベア・コンサート』、『ダーク・インターヴァルズ』など国内録音のソロ公演作品3タイトルが登場!

中山康樹・著『キース・ジャレットの頭のなか』 
「キース・ジャレットとは何者なのか」―― 『マイルスを聴け!』などの著者としても知られる音楽評論家・中山康樹による書き下ろしキース・ジャレット本。



2件中 1-2件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    CD 輸入盤

    Forever Young

    Jacob Young

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2014年04月25日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,685

    「ノルウェーのパット・メセニー」と称賛される新進気鋭ギタリスト、ヤコブ・ヤングの最新作。2007年の『Sideways』以来7年ぶりとなる本作でも、その卓越した技巧と軽やかなタッチから弾き出される美しい音色で紡ぎあげた北欧ジャズらしい透明感あふれるサウンドは健在。全曲、ヤコブの描き下ろしによる新曲。2013年8月のオスロ録音。

    Jacob Young (g) / Trygve Seim (ts,ss) / Marcin Wasilewski (p) / Slawomir Kurkiewicz (double bass) / Michal Miskiewicz (ds)

  • 評価:4点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (1)

    CD 輸入盤

    Driftwood

    Wolfgang Muthspiel / Larry Grenadier / Brian Blade

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2014年05月13日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,685

    オーストリア人ギタリスト、ウォルフガング・ムースピールのECMデビュー作品。ラリー・グレナディア、ブライアン・ブレイドという名うてのリズム・セクションを従えたトリオ録音。ラルフ・タウナー&スラヴァ・グリゴリアン 『Travel Guide』での初共演以降、音楽的に友好な関係を築きあげた三者。本作でもテレパシックなインタープレイを披露している。リリカルでいて、時にグルーヴィングな独特の雰囲気を持つ演奏は気品に溢れる。全てオリジナル曲での構成。彼のヒーローであるジョー・ザビヌルやマイケル・ブレッカーへのトリビュートも収録している。

    Wolfgang Muthspiel (g) / Larry Grenadier (double b) / Brian Blade (ds)

チェックした商品をまとめて