ECM ジャズ リリース情報



「The Most Beautiful Sound Next To Silence(沈黙の次に美しい音)」をコンセプトに、1969年ドイツ・ミュンヘンにマンフレート・アイヒャー (Manfred Eicher)によって設立されたレコード会社「ECM(Edition of Contemporary Music)」。

「未来の可能性を見極めながら音楽を制作する」というマンフレートの屹然とした理念によって40年以上も一貫して、”聴けばすぐにそれと分かる”(あるいはジャケットを見ればすぐにそれと分かる)作品を生み出し続けているECMのニューリリース作品をこちらでご紹介。


その他の関連記事

ECM名盤最新リマスター CD&LPで 
ECMの歴史的名盤が約2年ぶりに最新リマスターにて再登場! 今回は7WをCDとLPの2フォーマット同時リリースでお届け。全CDタイトルはペーパースリーヴ仕様の限定盤。LPは180g重量盤。

【来日記念】キース・ジャレット限定再発 
4月30日(水)、5月6日(火・祝)に行なわれるキース・ジャレット ソロピアノ来日公演を記念したリイシュー、その第2弾。『サンベア・コンサート』、『ダーク・インターヴァルズ』など国内録音のソロ公演作品3タイトルが登場!

【特集】 キース・ジャレット ”スタンダーズ” トリオ 
新作『サムホエア』が到着。そしてトリオでは最後となる日本公演も先日スタート。ECM公認オリジナル特典情報や「キース・レコメンド」など気持ちばかりの小特集をどうぞ!

クワイエット・コーナー Vol.11 〜ECM特集〜 
時とジャンルを超えて心の琴線に響く名曲たち。HMVがお贈りする新たなる音楽との出会い。特集はECM。伊藤ゴロー氏の寄稿文も掲載中。

『POSTLUDIUM』発売記念 〜伊藤ゴロー“ポストリューディウム”的セレクション & 特別インタビュー〜 
多くの音楽ファンから絶賛を浴びた静かなる傑作『GLASHAUS』より、約1年半あまりの時を経て新作『POSTLUDIUM』を発表した伊藤ゴローさんにお話を伺いました。ゴローさんにおすすめの“ポストリューディウム”的作品もセレクトしていただきました!

中山康樹・著『キース・ジャレットの頭のなか』 
「キース・ジャレットとは何者なのか」―― 『マイルスを聴け!』などの著者としても知られる音楽評論家・中山康樹による書き下ろしキース・ジャレット本。



4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 評価:5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (1)

    Paul Bley

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥1,900
    発売日
    2014年04月01日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,826

    フリージャズ・シーンの先駆者、ポール・ブレイの2008年録音ソロ・ライヴ作品。ECMとの関わりは1970年『Paul Bley with Gary Peacock』からで、これまでに10作以上を同レーベルに残している。本作は2008年8月15日にオスロ・ジャズ・フェスティヴァルにて収録されたソロ・ライヴ音源。ロリンズ作曲のM5以外はすべてブレイのオリジナル曲。

    Paul Bley (p)

  • CD 輸入盤

    Over Tones

    Benedicte Maurseth / Asne Valland Nordli

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2014年04月01日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,826

    ノルウェー出身の二人の女性フォーク・ミュージシャンが6年ぶりにコラボレイトしたECM作品。透明感あふれる北欧トラッド・ミュージックを存分に楽しめる一枚。ベネディクテ・マウルセはノルウェーのハルダンゲル地方で生まれた弦楽器、ハルダンゲル・フィドル(ハーディングフェーレ)奏者/歌手。アスネ・ヴァランド・ノルディは、これまでに主にノルウェーのアーティストを中心にヴォーカリストとして共演してきたヴェテラン歌手で、マウルセとは2008年作品『Fodne Ho Svara Stilt』でも共演しており、今作は6年ぶりの共演作となる。マンフレッド・アイヒャーの元、マウルセ/ノルディがプロデュース、かつM3、7、9、10がトラッド曲である以外は全曲マウルセ/ノルディの作詞・作曲となる。2011年オスロ録音。

    Benedicte Maurseth (hardanger fiddle, voice) / Asne Valland Nordli (voice)

  • CD 輸入盤

    Makrofauna

    Vilde & Inga

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2014年04月01日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,826

    ヴァイオリンとダブル・ベースによる若手ストリング・デュオのECMデビュー作品。ノルウェー音楽アカデミーで共にクラシックを学んだヴィルデ・サンドヴェ・アルナス(ヴァイオリン)とインガ・マルグレーテ・アース(ダブル・ベース)が2010年に結成したデュオ。二人の紡ぎだすアコースティックなフリー・インプロヴィゼーションが、ゆっくりと色彩豊かに音楽の地平を広げていく。全曲自作のオリジナル。2012年オスロ録音。

    Vilde Sandve Alnas (violin) / Inga Margrete Aas (double bass)

  • CD 輸入盤

    Babylon-suite

    Kappeler / Zumthor

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2014年04月01日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,826

    デビュー作『Live at bird's eye jazz club Volume 6』(2004年)、アンディ・シェラー、ステファン・クルマンとのコラボ作品『Makaya and the New Tsotsis Happy House』(2006年)、自身のトリオ作品『Nach Slingia』(2008年)等の作品で知られるヴェラ・カッペラー、そしてルーカス・ニグリとのダブル・パーカッション・コラボ作品『Profos』(2009年)、『Spiegel ‎』(2011年)でも知られる個性派パーカッショニスト、ピーター・コンラディン・ザムトールのコラボレーションによるユニークなデュオ作品。カッペラーの繊細なピアノ・プレイと、ザムトールのメロディアスなドラミングが相まって、聴く者のイマジネーションを否が応にも掻き立てる独自の世界を作り上げている。

    Vera Kappeler (piano, harmonium, toypiano, voice) / Peter Conradin Zumthor (drums, toypiano, voice)

チェックした商品をまとめて