ECM ジャズ リリース情報



「The Most Beautiful Sound Next To Silence(沈黙の次に美しい音)」をコンセプトに、1969年ドイツ・ミュンヘンにマンフレート・アイヒャー (Manfred Eicher)によって設立されたレコード会社「ECM(Edition of Contemporary Music)」。

「未来の可能性を見極めながら音楽を制作する」というマンフレートの屹然とした理念によって40年以上も一貫して、”聴けばすぐにそれと分かる”(あるいはジャケットを見ればすぐにそれと分かる)作品を生み出し続けているECMのニューリリース作品をこちらでご紹介。

4件中 1-4件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Paul Motian

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥8,964
    会員価格 (税込)
    ¥6,729
    発売日
    2013年04月02日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥6,633

    1950年代から活動し、ビル・エヴァンス・トリオやキース・ジャレットらとの作品でジャズの歴史にその名を刻んだドラマー、ポール・モチアンが、70〜80年代にECMに吹き込まれた名盤6作品のカップリング・ボックス。『Conception Vessel』(1972)、『Tribute』(1974)、『Dance』(1977)、『La Voyage』(1979)、『Psalm』(1982)、『It Should've Happened A Long Time Ago』(1985)を格納。

  • 評価:4点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (1)

    CD 輸入盤

    Chants

    Craig Taborn

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,183
    発売日
    2013年04月16日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,106

    これまでにロスコ・ミッチェル『Nine To Get Ready』、『Composition / Improvisation Nos. 1,2&3』、『Far Side』、マイケル・フォマネク『The Rub and Spare Change』、エヴァン・パーカー『Boustrophedon』、デヴィッド・トーン『Prezens』といった数々のECM作品にサイドマンとして参加し、またクリス・ポッターのレギュラー・バンドに抜擢(ポッターのECM初録音作『Sirens』にも勿論参加)されるなどして注目を集める若手実力派ピアニスト、クレイグ・テイボーン。2011年リリースのECMデビュー作にして自身初のソロピアノ作品『Avenging Angel』に続くECMリーダー・アルバムの第2弾。旧知のジェラルド・クリーヴァー(ds)に、菊地雅章デュオ(トリオ)をはじめ現在八面六臂の活躍をみせる若手ベーシスト、トーマス・モーガン(b)との注目のトリオ録音。

    Craig Taborn (p) / Thomas Morgan (double bass) / Gerald Cleaver (ds)

  • CD 輸入盤

    In Full View

    Julia Hulsmann

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,014
    発売日
    2013年04月12日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,014

    ドイツ・ボン出身の女流ピアニスト、ジュリア・ハルスマン。『End Of A Summer』、『Imprint』に続くECM3作目となるピアノトリオ・アルバム。独ジャズ・シーンの顔役、マーク・ムエルバウアー(b)、ハインリヒ・ケッベリンク(ds)とのレギュラー・トリオにトム・アーサーズ(tp)を加えた色彩豊かなカルテット編成で、ジュリア持ち前のメロディメイカーぶりをいかんなく発揮。

    Julia Hulsmann (p) / Tom Arthurs (tp) / Marc Muellbauer (double bass) / Heinrich Kobberling (ds)

  • CD 輸入盤

    La Notte

    Ketil Bjoernstad

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,014
    発売日
    2013年05月10日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,014

    ピアニスト、作曲家として1970年代から活躍する一方で、執筆家、詩人、エッセイストとしても評価が高いマルチ・タレント、ケティル・ビヨルンスタ。クリチャン・エッゲン、グニッラ・シュスマン、ジィエ・ザンと共演した2012年のECM作品『Vinding's Music - Songs From The Alder Thicket』に続く新作は、2010年7月1日にノルウェーで開催されたモルデ国際ジャズ・フェスティヴァルにおけるライヴ録音。

    Ketil Bjoernstad(p) / Andy Sheppard(ts,ss) / Eivind Aarset(g,electronics) / Anja Lechner(violoncello) / Arild Andersen(double bass) / Marilyn Mazur(per)

チェックした商品をまとめて