ウェーバー(1786-1826)
新商品あり

ウェーバー(1786-1826)

ウェーバー(1786-1826) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

カール・マリア・フリードリヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー(ドイツ語: Carl Maria Friedrich Ernst von Weber、 1786年11月18日 - 1826年6月5日)は、ドイツのロマン派初期の作曲家、指揮者、ピアニスト。姓は、一般には上記のドイツ読みとウェーバー

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

132件

すべてのユーザーレビューを見る(132件)

  • 音質向上が、嬉しい。さらに、フルトヴェングラーの...

    投稿日:2020/12/01

    音質向上が、嬉しい。さらに、フルトヴェングラーの名人芸が、確認出来るのが嬉しい。「劇と歌手の歌唱を、妨害しないところ。」だ。まるで、指揮者こそが、オペラの全体を支配しなければならない様な意見を言う人がいるが、それは、おかしい。カラヤンが、何でも「オペラ」では、自分の意見をとうす「トスカニーニ」以来の悪弊だ。あくまでも、指揮者の意見も尊重されるだろうが、劇である以上、多くの人に支えられて素晴らしい作品が、出来るのだから「劇(演出家の表現)や歌手の歌唱などを、無視してはいけない。」と私は、思う。フルトヴェングラーの名人芸は、自分の演奏や伴奏が、他の物を妨害しないところだ。

    カニさん さん

    3
  •  ピリオッド楽器による19世紀初めのクラリネット五重...

    投稿日:2021/03/19

     ピリオッド楽器による19世紀初めのクラリネット五重奏曲集である。有名なウェーバーの曲はクラリネットがソロ楽器のように活躍し、時にオペラの1場面を見ているかのような気にもなる室内協奏曲的な作品である。ホープリッチのクラリネットは歌い手のようにメロディーを奏で、ロンドン・ハイドン四重奏団がそれをしっかりと支えている。第1楽章のドラマティックな展開、第2楽章のもの悲しいアリア、第3楽章の前衛的な音の響きと進行、第4楽章の少しおどけたところもある明るい軽やかさ、実に名曲の名演である。クロンマーの五重奏曲はクラリネットと弦楽のまさに五重奏作品となっており、ウェーバーの曲に勝るとも劣らない名作と言え、それを5人の奏者が息の合った緊密なアンサンブルで聞かせてくれる。特に第4楽章が印象に残る名演である。途中に挟まれたベルマンのアダージョはロマンティックな香りのする美しい曲であり、ホープリッチらが気持ちを込めて演奏している。

    まさやん さん

    1
  • 緊迫感に満ちた演奏、迫真的なセリフのやり取り、そし...

    投稿日:2021/03/10

    緊迫感に満ちた演奏、迫真的なセリフのやり取り、そして「狩人の合唱」に聴くドイツ合唱曲の神髄。クライバーの卓越した音楽性が爆発した演奏の記録。名盤中の名盤、愛聴盤中の愛聴盤。

    ジャン=ルイ さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ウェーバー(1786-1826)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%