CD 輸入盤

『魔弾の射手』全曲 カルロス・クライバー&シュターツカペレ・ドレスデン、シュライヤー、テオ・アダム、他(1973 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ウェーバー(1786-1826)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838706
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

24bit/192kHz リマスタリングCD + Blu-ray Audio (24bit/192kHz) シリーズ
クライバーの記念すべきドイツ・グラモフォン・デビュー・アルバム


オリジナル・アナログ・マスターよりエミール・ベルリナー・スタジオにて24bit/192kHzでリマスタリングされ、ブルーレイ・オーディオ付きキャップ・ボックス仕様のセット。
 伝説の指揮者カルロス・クライバーがドイツ・グラモフォンにデビューを果たしたアルバムです。クライバーの躍動感に満ちた音楽作り、そしてグンドゥラ・ヤノヴィッツ、ペーター・シュライヤー、エディト・マティス、テオ・アダムら歌手陣による魅力的な歌唱が絶賛されました。
 ドイツ語、英語、フランス語の歌詞が掲載されたブックレット(155ページ)付き。2CD+BDAセット。(輸入元情報)

クライバーのテビュー盤。発売当時の批評でも、「文字通りオペラティックとしか言いようがない劇場的魅力」などと早くもその才能を絶賛されていましたが、実際、レントラーなど、通常の演奏とのあまりの違いっぷり、大胆すぎるほどの快速とアクセントの強烈さにド肝を抜かれた方も多かったことでしょう。
 許光俊氏も「もし1枚だけというのなら、私はウェーバー「魔弾の射手」を選ぶ。素直に「ああ、すごい」と溜息をつかせるような演奏だ。序曲を聴いただけで、弱音の暗さ、緊張感、ホルンの牧歌的のどかさ、悲痛な弦の歌、膨れあがるような迫力・・・密度の高さにうならされる。」と絶賛するクライバー初期の傑作です。(HMV)

【収録情報】
● ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』全曲


 マックス/ペーター・シュライヤー(テノール)
 アガーテ/グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 エンヒェン/エディト・マティス(ソプラノ)
 カスパール/テオ・アダム(バス)
 オットカール/ベルント・ヴァイクル(バリトン)
 クーノ/ジークフリート・フォーゲル(バス)
 隠者/フランツ・クラス(バス)
 キリアン/ギュンター・ライプ(バス)
 語り手/ハンス・イェルン・ヴェーバー、他
 ライプツィヒ放送合唱団
 シュターツカペレ・ドレスデン
 カルロス・クライバー(指揮)

 録音時期:1973年1月、2月
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ウェーバー(1786-1826)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品