ウェーバー(1786-1826)
新商品あり

ウェーバー(1786-1826) レビュー一覧

ウェーバー(1786-1826) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

119件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • この魔弾の射手は価格も1枚分と格安ながらフルトヴェ...

    投稿日:2020/10/21

    この魔弾の射手は価格も1枚分と格安ながらフルトヴェングラーライブ録音の中でも音質、演奏とも最高のもの。 歌手もホップ、フリック、グリュンマーと超豪華。臨場感も素晴らしくオススメ。

    ぴんちょん さん |30代

    0
  • ティーレマン贔屓なので甘めですが、音楽は最高です。...

    投稿日:2019/10/02

    ティーレマン贔屓なので甘めですが、音楽は最高です。  演出も、いろんなものに興味をもって楽しむことのできる知的好奇心のある方には十分楽しめる作品だと思います。  私には、ドイツ人というのはナチス風にして何を語りたいのかわかりませんが、そういうのにもだいぶ慣れましたのと、前半から終盤の入りにかけてはさほどナチスだドイツだという押し付けもなく抵抗なく音楽を楽しめていました。  狼谷の描写や小道具も愉快ではないが、ツェッペンフェルトの存在感で相殺された感じがしました。  ただ、オットカールが登場してから、その性格つけがどうしてもこのオペラに合わないという違和感がぬぐえず、隠者の風貌の必然性もわからず、それでも音楽のよさに酔いしれてクライマックスの大団円、あーあ、やっちゃった・・・・って感じ。  ナチスっぽくしただけじゃもの足らず何か意味ありげに見せたかったんでしょうかね・・・ 私自身の許容範囲が狭いので、気に入ってる方には申し訳ありません・・・・

    TOCHIPAPA さん

    0
  • 修道院のライヴラリーから発見されたハルモニームジー...

    投稿日:2018/03/24

    修道院のライヴラリーから発見されたハルモニームジーク版”魔弾の射手”は16曲から構成されている 1時間近い演奏時間を要する大曲だが 編曲者が分かっていない 何の根拠もないが 実は発見者クレッカーが編曲したものなのではないかと疑っている コンソルティウム・クラシクムの演奏が見事なことと いつまで経っても他のアンサンブルが演奏しないからだ これ程の名曲に需要がないわけがない そんな世迷言を脇に置いて とにかく愛聴している オペラが苦手なわたしには打って付けなのだ 詞や演出に煩わせられず ウェーバーの音楽を堪能できる しかも一時間以内で終わる リズムを崩さず生活に取り入れられる音楽は有難い 隠れたファンはさぞ多いだろうと想像している 朋は皆わたし同様ファンだ あなたも如何 

    風信子 さん |60代

    0
  • 名曲名演奏として愉しんだ これに限らないがオペラを...

    投稿日:2018/02/23

    名曲名演奏として愉しんだ これに限らないがオペラを見ると白ける B級映画以下だ 舞台あるいは映像があると音楽を味わいたいが気が削がれる 本来演劇あるいはミュージカルや映画は視覚と聴覚が捉えた刺激が融合または相乗して感動を高めるものだが オペラは劇場の都合で歪められ作品が意図した表現を実現できないまま興行されている ウェーバーの”魔弾の射手”は傑作であり その音楽は今も魅力を失っていない アーノンクールはチューリヒ・オペラにピリオド演奏を徹底させていない 金管楽器とティンパニーはピリオド楽器を使わせているが 特定の部分以外は通常の奏法を許容している 指揮者とオーケストラを見て音楽が聴けるのは序曲だけだが価値はある それにしてもナチュラルホルンの合奏は朋にも聞かせたいものだ あなたも如何 

    風信子 さん |60代

    0
  • 劇場的興奮度は若干低いものの、手ごたえのある演奏で...

    投稿日:2017/12/31

    劇場的興奮度は若干低いものの、手ごたえのある演奏で愛聴盤になっています。

    あんどれす せごびあ さん |40代

    0
  • このゼンパーオーパーエディションと言うシリーズ、す...

    投稿日:2017/11/16

    このゼンパーオーパーエディションと言うシリーズ、すごいですね。このケンペ指揮ドレスデン国立歌劇場演奏の「魔弾の射手」は1951年録音という今から66年も昔の録音ですが、信じられないほど音が鮮明でヴィヴィッドそのものです。当時のモノラル録音の認識が大きく覆されました。一部の並みのステレオ録音の薄っぺらい演奏に比べたら、よほど感動的な演奏で、非常にクオリティの高いサウンドです。一部入力レベルが高いピークでやや音が割れる箇所も無きにしも非ずですが、全体としては非常に満足のいくハイクオリティな演奏と音質です。今まで古いモノラル録音は音質面の不安から敬遠して来ましたが、この年代でこれだけ鮮明な音質であれば、ケンペとドレスデン、そして当時の一流歌手たちによる素晴らしい演奏が、文句なしに楽しめます。ライブ録音ではなくセッション収録なので、歌手の声はオンマイクでくっきりと聴こえ、オケとのバランスも言うことなしです。ケンペファンならずとも、音質重視派のクラシック好きには魅力があると思います。

    oni-bikkuri-syakkuri さん |50代

    0
  • 劇を観たり物語を聴いた後のようだ ウェーバーの音楽...

    投稿日:2017/08/31

    劇を観たり物語を聴いた後のようだ ウェーバーの音楽はドラマなのだと改めて識る 指揮者でありドイツ語オペラ創作でドイツ・ロマン主義音楽を先導したウェーバーだが シンフォニーをはじめとする管弦楽曲は少しく コンサートではコンチェルト以外ではなかなかその名前を聞かないのが実情だ この交響曲を聴いたのも久方ぶりだ フロール&WCVが爽快な演奏で応えてくれた ウェーバー二十歳の頃に二曲とも書かれているが 不惑を迎えるか否かで没するまで竟に交響曲には手を出さなかった これも残念なことだ ほぼ同じ1820年代に同じく若くして逝ったシューベルトとは行き違いが多かったという 優れた才能同士が火花を散らしたのにはお互いが持たぬものを相手の中に見出したからだろう シューベルトは短い生涯に15ものオペラを書きながら この世界で成功することはなかった 一方ウェーバーは動機を無限に向かって展開していくような構築性を獲得できなかった しかし感情の機微を美しく表現する才に長けていたからKonzertstuckのような小協奏曲をも情感溢れるドラマに仕立てることができた そうシューベルトはコンチェルトが書けなかった‥ お聴きを 

    風信子 さん |60代

    0
  • 二昔三昔も過去の録音だが圧倒された クラリーノの本...

    投稿日:2017/07/10

    二昔三昔も過去の録音だが圧倒された クラリーノの本領が十全に発揮されて陶然としてしまう ベルリンの壁崩壊前夜 シュターツカペレ・ドレスデンが鳴りきっている ブロムシュテットも壮年の気が漲っている 若々しいマイヤーの伸びやかなクラリネットの音が響き渡る ロマン派の海の果てに霞んでいたウェーバーの姿が若々しく蘇ってきた シューベルトとギクシャクしていたと聞くウェーバーだが 古典とロマンの時代の間に埋もれてしまいそうになっている コンサートでもその音楽を聴く機会はめっきり減った 忘れてはいけない こんなに美しい音楽が存在していることを ご一聴を 

    風信子 さん |60代

    0
  • テンポは速く爽快であり、クライバー程度の速さといっ...

    投稿日:2017/07/09

    テンポは速く爽快であり、クライバー程度の速さといってもよい。しかし中身は似て非なるもので、薄い印象です。しかし十分楽しめるテンポです。

    あんどれす せごびあ さん |40代

    0
  • LPでカラヤンがBPOと組んで魔弾の射手を録音したのはE...

    投稿日:2017/03/07

    LPでカラヤンがBPOと組んで魔弾の射手を録音したのはEMI盤が最初だが、それを聴いた時、びっくり仰天した。それまでに聴いた他の演奏に比べ、あまりにもスケール感が大きかったから。まるで別の曲だ、と思った。このDGG盤も同じ解釈。オベロンも緩急の対比が見事だし、活気・迫力が申し分ない。他の曲も本当に楽しい。オペラ指揮者としてたたきあげたカラヤンの経験と、生来の類まれな才能をつくづくと感じる至芸がここにある。新装なったリバイバルを心から歓迎。

    なごやん さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%