トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > スガ シカオ インタビュー 第1回

スガ シカオ インタビュー 第1回

2008年5月12日 (月)

無題ドキュメント
スガシカオ インタビュー

Text : Hosaka & Horita (HMV)


  Archive (更新の予定)

 第1回 10周年を超えてニューシングルリリース!
 第2回 カップリング&初回限定盤の真実!
 第3回 影響を受けたアーティスト&今後の活動
 
 (※インタビュー全掲載後に素敵なプレゼントを発表します!)

2008-05-13
2008-05-20
2008-05-27



続き…

実はあまりバラードに重みをもたせていないというか。
たまにぽろっといいバラードが生まれたときに
リリースすればいいかなと思っているんですよ。
なので実は僕の王道の中には
バラードというものが入っていないんですよね。



--- スガさんの作曲方法は、詞が先なんですか? 曲が先なんですか?

スガ シカオ もう全てのトラックとメロディーとが出来上がってから歌詞を書きます。歌詞が一番最後です。

--- スガさんの歌詞の世界観はとても魅力的で。歌詞ありきで楽曲が出来上がっていたのかもと思っていたので意外でした…。

スガ シカオ 全て、歌詞が一番最後ですよ。

--- しかし今回の「NOBODY KNOWS」の歌詞は今までのスガさんの歌詞と比べると、ちょっと異色かなと思ってしまいまして。この曲の頭の部分、Aメロの部分、“さらば昨日までの口づけよ さらばいとおしき胸の痛みよ まぁそれはそれとしてだ何とか今日も生きています”と。既にここで完結してしまうような歌詞を書いてしまうという…。

スガ シカオ あの、最近の自分の曲の傾向が、字数が多くて早いんですよ。そうなると、繊細な言葉を書いても流れて言っちゃうんです。「19才」とかもそうなんですけど、物語を紡いでいくとか、繊細なこととかを書いても全く頭に入ってこないというか。もうリズムと一緒にだだだっと流れていってしまう曲が最近多いなと思いはじめて。
  なので、今回の曲もそうなんですけど、アップテンポな曲でストーリーを考えて歌詞を書くと、“だらだらと煩わしいことなに言ってるんだよ!”ってなっちゃうんですよ。だから、もう、1行とかワンフレーズだけで心にガスっと刺さるような歌詞を書くようにしているんです。辻褄とかストーリーとかはもういいやって感じで。
  この曲は、主語が“俺”になったり、“僕”になったりしていているという、いわゆる“禁じ手”のようなものも使っているんですけど、もうそんなの気にしなくてもいいやってなれて。そういう良い意味でのいい加減さを持てないと早いテンポの曲にいい歌詞を当てられないんですよね。

--- 「NOBODY KNOWS」以外の、カップリングの曲の歌詞に関してもそのような作りになってきているんでしょうか?

スガ シカオ いや。他の曲はテンポも遅いからストーリーを作り上げられるんですよ。苦もなく普通にね。酔っ払いながら書いていると、だいたいああいう歌詞になるんですよ(笑)。

--- (笑)。今のスガさんにとって、「NOBODY KNOWS」のようなファンキーな楽曲と、それとは相反するような、弾き語りに近いバラードのような楽曲とどちらのモードが好みなんでしょうか?

スガ シカオ そうですね…。僕は、バラードは、なんていうか…。シンガーソングライターだからっていうのもあるんですけれど、“バラードを作ればよい曲になるのが当たり前かな”という考えがあって…。シンガーソングライターなのにバラードかけなかったらおかしいって思っているんで
  。だから、バラードを書いて聴いてもらって、みんなに良いといわれることが僕の基準点になっているようなもので。実はあまりバラードに重みをもたせていないというか。たまにぽろっといいバラードが生まれたときにリリースすればいいかなと思っているんですよ。なので実は僕の王道の中にはバラードというものが入っていないんですよね。とはいいつつも、バラードは作りますけれどね。

--- スガ シカオというとバラードの印象が強いので、今聞かせていただいた話はかなり意外なんですけど…。

スガ シカオ バラードはみんなに受けるからね(笑)。スポットライトを浴びやすいんですよね。色んな番組とかでも使ってもらえるしね。かといって、やはりあまり積極的には作ろうとしていないんですよ。アルバム作るときも、“バラードは、1-2曲入っていればいいかな…”みたいな感じですからね。なので、実はそれ以外の部分で物凄いエネルギーを使っていて。

--- 昨年の「FUNK FIRE TOUR’07」もまさにそのようなモードがあってこそのライブだったんでしょうか?

スガ シカオ そうですね。バラード、ゼロ、でしたからね(笑)。1曲も演ってないんで。だから今はそういうモードなんだと思いますね。自分のヴァイブレーションがそうなっているんだと思います。今。

--- とはいいつつも、リスナーやファンのみなさんは、スガさんのバラードを聴きたいという人がいるかと思うのですが。

スガ シカオ いると思いますけどね…。ていうかやりますよ?(笑) やりますけど…。

--- “今は、出さねーぞ”みたいな感じですか?(笑)

スガ シカオ いやいやそういうんじゃないですよ(笑)。あの、ちゃんとやるときはやりますから。


第2回
カップリング&初回限定盤の真実!
に続く…

PAGE   1 ・ 2 
  Archive (更新の予定)
 第1回 10周年を超えてニューシングルリリース!
 第2回 カップリング&初回限定盤の真実!
 第3回 影響を受けたアーティスト&今後の活動
 
 (※インタビュー全掲載後に素敵なプレゼントを発表します!)

2008-05-13
2008-05-20
2008-05-27

 




ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 LITTTLE TEMPO
 SEAMO
ロック&ポップス
 Queenadreena
 Radiohead
ダンス&ソウル
 Timmy Regisford
 DJ Fillmore
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Annekei
 Gina Saputo
TV & 映画
 『犬と私の10の約束』〜本木克英監督
 『空飛ぶモンティ・パイソン』関根勤


スガ シカオ / NOBODY KNOWS

 CDM  Nobody Knows

 初回生産限定盤:DVDつき(2007年に行われたライブ「Funk Fire Tour'07」からのライブ映像を収録