LITTTLE TEMPO TICO インタビュー

2008年5月7日 (水)

無題ドキュメント
LITTLE TEMPO TICO インタビュー

inteview : 土生“TICO”剛
text : HOSAKA & HORITA(HMV)

※インタビューを最後まで読んでくれた方に、素敵なプレゼントがあります! 必読!


イメージが先というよりも、
出てきた音がイメージに近づいていくという感じっすね。
ほんと自然っすよ。
全てが。



--- LITTLE TEMPOのニューアルバム『山と海』がリリースされるということで。まずはじめに今の率直な感想をまずは教えていただけますか?

土生“TICO”剛(以下、TICO) サイコーーーーーーー! 気分は日本晴れ!

--- (笑)。久しぶりのアルバムですもんね?

TICO そうだね。3年ぶりだからね。

--- もう、“出来てよかった! 嬉しい!”っていう感じでしょうか?

TICO やっぱ嬉しいっすよ。子供が産まれたようにね。

--- 自主レーベル「Sunshine Records」を設立してから初のアルバムになるんですよね? 

TICO そうっすね。

--- 今年、LITTLE TEMPOはバンド結成15周年ということなんですが、その辺り、感慨深い思いになったりします?

TICO いや〜、全然ないっすね。

--- それではこの時期にアルバムをリリースしたいと思ったきっかけはなんでしょうか?

TICO まあなんか、ライブやっている時期とアルバムを作る時期というのが、僕たちには川の流れのように移り変わってきていて、今回その流れがアルバムを作る方向に来たということっすね。

--- なぜ今回、『山と海』というアルバムタイトルにしたんですか? LITTLE TEMPOとしてこのような日本語で、かつ、シンプルで印象的なタイトルを見て、意外に思ったんですけど…。

TICO あの、このタイトル、ギャグじゃないっすからね? ここ、ちゃんと掲載してくださいよ!(笑) 
  あのね。みんなで作り上げた音が、こう、自然のほうに、山と海に放たれて行ったからこういうタイトルになったんですよ。

--- アルバムタイトルはいつもどのように決めていくんですか?

TICO アルバムに収録される楽曲が出来て行って、決まったところで最後にタイトルが決まるみたいな。後付になるんですけど、『山と海』というタイトルに決まったときに、“あ! これだったんだ!”ってなったんですよ。そこで初めてイメージが自然と形になった感じ。

--- なるほど。このアルバムは、コンセプチュアルなものかなと思ったんです。一人の人間が旅をしているようなアルバムといいますか…。

TICO いつもコンセプトなんて考えないっすよ。今回もそうだし、いつも自然にまかせてやっているんで。

--- では、『山と海』という日本語が語るように、アートワークも自然がいっぱいなものになるであろうということで。楽曲を作るに当たっては、イメージや実際の風景が浮かんで音に落とし込むという感じなのでしょうか

TICO イメージが先というよりも、出てきた音がそういうイメージに近づいていくという感じっすね。ほんと自然っすよ。全てが。

--- お話を聞かせていただいて、“自然”という言葉が沢山でてきたんですけど。LITTLE TEMPOというのはほんと自然の流れのまま進んできているということなんですかね?

TICO そうですね。自然の神秘です(笑)。

--- 今回のアルバムの曲作りはどのように進めて行ったんでしょうか?

TICO 僕がデモテープを持って行って、みんなでわーっとやってって感じです。

--- その演奏をまとめて進めていくのが、TICOさんなんですか?

TICO そんなことしませんよ。まさか、まさか。

--- GOサインやOKサインを出したりとか?

TICO そんなこともしませんよ(笑)。

--- では、ひたすら演奏に没頭すると?

TICO そうっすね。喋るのがめんどくさいっすから。音で会話するほうが早いから。

--- アルバムの曲の並びはみなさんで決めるんですか?

TICO 昔はそうやったんですけど、メンバーが9人もいるとまとまるわけがなく。みんな自分の意見を押し付けてくるから、大変なわけよ、ぶっちゃけ(笑)。
  ていうか、これこそもう自然に任せてって感じっすよ。いつのまにか曲順決まってたという感じですよ。ま、でも、それぞれの主張を聞いて、“いいな”っていうものは採用されて決まりますけど。曲名とかね。

--- じゃあ、曲によっては曲のタイトルが決まっていない状態でデモテープをみんなに聴かせることもあるんですか?

TICO あのね。俺が仮タイトルを付けてデモテープ持ち込んで聴かせるんだけど、ことごとくみんなに蹴られるわけよ。
  俺は、“これはイケてるな”と思って爽やかなタイトルを付けるんだけどさ、そうすると、“違う、違う”言われて。“何が、違うんや!”ってなって。“デモテープを作ったのは俺やろ!”って(笑)。

--- (笑)。でも今回のアルバムの楽曲タイトルで、デモテープの時点から生きているものってあるんですか?

TICO ないない。全員死亡。俺のネーミングは惨殺された(笑)。

--- アルバムのタイトルは…?

TICO あ! それは俺。そこだけ成り立っているだけでも俺はいいよ。後はどうでも。だってみんなの意見聞き続けたらノイローゼになっちゃうから(笑)。
  もうね、レコーディングしていてもね、“今すぐ切り殺してやりたい!”って思うときも何度もありますからね(笑)。でもね、そういう時こそね、大きな愛で、相手を抱きしめてやるぐらいの気持ちになってね。


続く…

PAGE   1 ・ 2 ・ 3 ・ 4   


【NEWS】

 待たせすぎです!リトテンいよいよ新作!!

 



ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 SOUR
 GOMA
 サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!
 MASS OF THE FERMENTING DREGS
ロック&ポップス
 Queenadreena
 Radiohead
ダンス&ソウル
 Kerri Chandler
 Calm
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Joe Sample
 Sergio Mendes
TV & 映画
 『犬と私の10の約束』 本木克英監督
 森達也


NEW ALBUM!!

LITTLE TEMPO / 山と海

 CD  山と海

01.Little Journey
02.Tropical Rock
03.山と海
04.ランデブー
05.Mellow Stone
06.スカイ ハイ
07.In The Rain
08.Dance Killer
09.温泉物語
10.Over The Rainbow
11.星空


 Members

土生“TICO”剛:Steelpan
SEIJI BIG BIRD:Bass
佐々木育真:Guiter
HAKASE:Keyboards
春野高広:Sax、Clarinet
田村玄一:Steelpan、Pedal steel
大石幸司:Drums
田鹿健太:Percussion
内田直之:Dub mix


LIVE EVENT!!

Little Tempo "山と海" Tour 2008
  〜15th Anniversary 笑顔で逢いまShow!〜

・4.28(Mon) 静岡 FLEX MUNCHEN
・4.29(Tue) 大阪 渚音楽祭2008春 舞洲スポーツ
アイランド
・4.30(Wed) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
・5.2(Fri) 広島 CLUB QUATTRO
・5.3(Sat) 鹿児島 EFFECT08 霧島野外音楽堂みやまコン
セール
・5.4(Sun) 名古屋 CLUB QUATTRO
・5.24(Sat) 横浜 The Greenroom Festival 大桟橋ホール
・5.30(Fri) 恵比寿 LIQUIDROOM
・6.27(Fri) 鹿児島 CAPARVO HALL
・6.28(Sat) 熊本 Django
・6.29(Sun) 福岡 ROOMS

Info:
http://www.littletempo.com/