メンデルスゾーン(1809-1847)
新商品あり

メンデルスゾーン(1809-1847)

メンデルスゾーン(1809-1847) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ドイツ・ロマン派の大作曲家、メンデルスゾーンの生涯は38年という短いものでした。現在のイメージでは、メンデルスゾーンは作曲家ですが、当時は指揮者・ピアニスト・オルガニストとしても非常に多忙だったようで、これに自ら設立した音楽院の運営や、同時代作品や過去作品の紹介といった数多くの仕事が加わり、さらには

関連商品

商品ユーザーレビュー

1049件

すべてのユーザーレビューを見る(1049件)

  • これは、聴くに値する実に新鮮な響きの、メンデルスゾ...

    投稿日:2021/08/13

    これは、聴くに値する実に新鮮な響きの、メンデルスゾーンです。 カンマー・アカデミー・ポツダムは、室内オーケストラですが、最近の流行りなんでしょうか? 総勢でも、33人と少数精鋭で、この録音では、Vn6、Vla3、vc3cb1か3という少なさです。 最初、木管楽器がよく聞こえるので、そういうバランスにしているのかと思ったら、これが、自然なバランスだったんですね。 それでも、弦楽器は、精鋭ぞろいのようで、この少人数でも、ガッチリとした響きを作っています。 そこに、抑え気味の木管楽器と、古楽器使用のブラスが加わります。 すばらしいのは、その一体感。 演奏家の能力も、ますます上がっているんでしょう。 ピッチがぴったり合っているので、弦、管、打が、うまくミックスされた響きになっています。 その上、弦の間から、垣間見える管楽器の動きが、良くわかるというおまけ付き。 フル編成のオケに負けないくらいのマスの響きと、室内楽的な繊細な内声部などの音の動きが両立しています。 メンデルスゾーンの交響曲が好きとか、飽きるくらい聴いている人こそ、聴いてみてほしいです。

    京都のタケさん さん

    1
  • アンソニー・ブラモル指揮、スロヴァキア・フィルハー...

    投稿日:2020/05/16

    アンソニー・ブラモル指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音、収録したCDで、メンデルスゾーンの交響曲第4番『イタリア』と『真夏の夜の夢』の2曲を収録。 いずれもメンデルスゾーンの代表曲として有名な作品。 指揮のブラモルはイギリス生まれで、ヴィレム・タウスキーに学んだ指揮者で、ドイツのオペラ畑を中心に活躍してるらしい。 演奏は一言で言ってしまえば、初期ナクソスによくあった作品の魅力を過不足なく伝えてくれるもの。 スロヴァキア・フィルの腕前はまずまずと言った所だが、とはいえ交響曲など、勢いや華があって良い部分もある。 廉価盤としては発売時に比べ選択肢が広がったので、これという決定的な部分が少ないこの盤はおすすめしにくいが、初めて聴いても問題ないし、何より値段分の水準はあると思う。 録音は1987年、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサート・ホールでの録音で、当時のナクソスらしい自然体な音。

    レインボー さん

    1
  • リマスターが素晴らしい。 演奏が瑞々しく、昔の演奏...

    投稿日:2021/03/13

    リマスターが素晴らしい。 演奏が瑞々しく、昔の演奏とはとても思えない。 Hi Qualityを名乗るだけのことはある。

    ヤックン さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、メンデルスゾーン(1809-1847)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%