新商品あり

 オムニバス(管弦楽)

 オムニバス(管弦楽) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

2096件

すべてのユーザーレビューを見る(2096件)

  • レオポルド・ストコフスキー指揮、フィラデルフィア管...

    投稿日:2022/03/24

    レオポルド・ストコフスキー指揮、フィラデルフィア管弦楽団のコンビが録音した音源の中から珍しい録音を集めたのがこのCDです。 この楽団の縁の深いアメリカの作曲家、ハール・マクドナルドの作品が4作品も入っていたり、日本の作品では近衛秀麿編曲の越天楽の作品が収録されていたりするのがポイントです。 ストコフスキーは時にかなり手を入れた個性の強い演奏で知られていますが、一方であまり知られてない作品は楽譜に忠実な解釈も多く、本CDも演奏の傾向としてはそんな感じのものが多いです。 ちょっと面白みに欠ける気もしますが、この時代ならではの作品もあるので、これはこれで良いでしょう。 とは言え最後にアンコール的に配置されたスーザは勢いがあってなかなか良い。 CDの中で1番良いと言えるかも知れません。 録音は1928〜1940年で、録音年代を考えると十分な音質と言えるでしょう。

    レインボー さん

    3
  • 最近は速目のテンポでアクセントをしっかり付けたダイ...

    投稿日:2021/12/16

    最近は速目のテンポでアクセントをしっかり付けたダイナミックな演奏が主流で、それなりに楽しんでいる自分がいましたが、そういうアプローチのパイオニアのようなアーノンクールのライブを久々に聴きました。「やっぱスゲエ!」の一言でした。目からウロコって、こういうことなんだなぁと感じた次第です。その後国内有名オーケストラの定期演奏会聴きに行ったのでしたが薄っぺらく感じてガッカリしてしまいました。これ、アーノンクールを聴く副作用なんだと思います。

    jin さん

    3
  • ミルガ・グラジニーテ=ティーラは初めて聴く指揮者で...

    投稿日:2022/01/06

    ミルガ・グラジニーテ=ティーラは初めて聴く指揮者である。イエロー・レーベル初の女性指揮者だという。 このレーベルには先に2つのアルバムが出ているが未聴。 当盤は”ブリティッシュ・プロジェクト”とあるが、バーミンガム市響との、そういうプロジェクトがあるのだろうか? 最初はエルガーの”ソスピーリ(ため息)。実に美しい弦楽アンサンブルに陶然となる。このオケの響きは実に良い。 2曲目はブリテンのシンフォニア・ダ・レクィエム。戦前日本の皇紀2600年祝典曲として送られて来たが、内容がふさわしくないという理由で無視されたもの。ブリテンの亡き父母を追悼して作曲されたものだから、最初から別の意図があったのだろう。この時代にこの様な作品を作曲したブリテンは本当に凄いと改めて思った。 3曲目はウォルトン(C.パーマー編曲)の組曲『トロイラスとクレシダ』。オペラからの編曲で、フィナーレのサウンドがいかにもイギリスっぽく、カッコいい。 4曲目はヴォーン・ウィリアムズのトマス・タリスの主題による幻想曲。最初のエルガーも良かったが、この作品の方が音楽が豊かで、胸が熱くなる。実に素晴らしい。 最後に、指揮者について書こうと思うのだが、まだ適当な言葉が見つからない。

    Ichirokagawa さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、 オムニバス(管弦楽)のチケットはありません。 することで最新情報をお届します。

%%message%%