GrindHouseスタッフがおススメする今月の必聴盤!


ウェブマガジン&フリーペーパーとして新しくスタートしたGrindHouse Magazineのスタッフがおススメする必聴盤をご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Dillinger Escape Plan

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2013年05月15日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,948

    ニュージャージー産、カオティック・ハードコアの代表格による新作。リズム、曲構成、テクニックすべてに変則的な技法を駆使し、スパークさせたようなサウンドは相変わらずだが、前作で大幅に取り入れたメロディを、より分かりやすく昇華。壮絶でありつつも、決して聴き手を置いてけぼりにしないキャッチーさにあふれている。衝動と若さにあふれた初期に負けない勢いをキープしつつ、深みと奥行きも手にして進化し続ける姿は、さすがの一言だ。

  • Volbeat

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,065
    会員価格 (税込)
    ¥2,820
    発売日
    2013年06月05日

    販売終了

    デンマーク産、“エルヴィス・メタル”と評される4人組の5作目にして、日本デビュー作。デスメタル畑出身だけある強烈なヘヴィネスをバックに据えつつ、ロカビリーやロックンロール、カントリーの軽快さも兼ね備えた、明らかに突然変異なサウンドが特徴だ。聴いているとなんだか楽しくなってくるが、決して能天気なわけではなく、哀愁と渋みがあって、奥ゆかしいのもポイント。この夏、サマソニの野外ステージに登場するのが楽しみだ。

  • Alice In Chains

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥2,571
    発売日
    2013年06月19日

    販売終了

    90年代に一世を風靡したグランジ/オルタナティヴ・ロック勢の中でも、ひときわダークで中毒性の高いサウンドで知られるAICの復活第二作。復活にあたって加入したウィリアム・デュヴァル(vo)も、前作ではバンドに引っ張られていた感があったが、今作ではしっかりとバンドの一部に。サウンドも泥をかき回すかのような、ズルズルとしたダークネスのなかで美しいメロディがときおり顔を出す、彼らならではの作風が貫かれている。鈍い光を放つ、新たな名盤の誕生だ。

  • ChthoniC

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,365
    会員価格 (税込)
    ¥2,176
    発売日
    2013年05月29日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,939

    台湾を飛び越え、アジア産メタルの代名詞にまで上り詰めたCHTHONICの7作目。ここ日本でもすっかり人気を確立した彼らだが、新作ではドラマ性、メロディ、哀愁をとことん強化。なんでも台湾民謡をまず作り、それをメタル化させる手法で作曲したとか。そのおかげか、サウンドはさらに自然に、かつ起伏の多いドラマとストーリー性を表現。デス/ブラックメタルゆらいのブルータリティも、激しい怒りや悲しみをダイレクトに伝えてくる。コンセプトを持ち、3本も制作されたというPVにも注目だ。

チェックした商品をまとめて