GrindHouseスタッフがおススメする今月の必聴盤!


ウェブマガジン&フリーペーパーとして新しくスタートしたGrindHouse Magazineのスタッフがおススメする必聴盤をご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 評価:3.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (2)

    Avenged Sevenfold

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,654
    会員価格 (税込)
    ¥2,441
    発売日
    2013年08月28日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,177

    よくぞ戻ってきてくれた。AVENGED SEVENFOLD、完全復活である。前作『NIGHTMARE』のレコーディングとツアーに参加したマイク・ポートノイに代わり、エレン・イラハイが加入。どうやら彼は新しい血をもたらしてくれたようだ。今回は曲そのものが非常にシンプルで、スピード感も抑え目。音と音の間を活かして、グルーヴ感を強調した作風だ。また、もちろん毒々しくも華やかなメロディやギターソロも健在なのだけど、今回はメタルというよりも「メタルのエッジも兼ね備えたロック作」と言った方がいいかもしれない。ほとんどオーバーダブもなし、バンドの核だけで作り上げた、新しい幕開けを告げる作品だ。

  • BREAKING ARROWS

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥2,808
    会員価格 (税込)
    ¥2,583
    発売日
    2013年07月31日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,303

    SIAM SHADEのDAITA(g)を中心とする新ロックバンド。サマソニでの雄姿も記憶に新しい。「世界で勝負できるバンドを」ということでアメリカでメンバーを集めて結成されただけあって、その実力は折り紙つきだ。肝心のサウンドはというと、一切虚飾のない、ハード&ヘヴィな、正統派のロックだ。ズシっとしたアンサンブルに、メロディアスでパワフルなヴォーカル。これ以外は何もないが、直球の破壊力を突き詰めた、ストレートな魅力に満ちている。テクニカルなプレイヤーとして知られるDAITAも、ここでは楽曲の魅力を最大限に活かすことを優先している。エモーショナルなプレイだが、余裕さえ感じさせるのだ。すでにLOUD PARK 13出演も決定。今年は彼らの話題が尽きなさそうだ。

  • Shreddy Krueger

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2013年09月04日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,948

    スクリーモ界隈では知る人ぞ知るバンドだったSTUTTERFLYと、そのメンバーが結成し、なかなかの検討を見せたSECREAT & WISPER。ここから発展し、生まれたSHREDDY KRUEGERがついにデビュー。たしかにスクリーモの流儀から外れないサウンドだが、さらにヘヴィネスを増強し、メロディもダークさを増している。2000年代後半に雨後の筍ように出てきたバンド群ではんく、シーン黎明期から活動しているだけある、サウンドの求心力と説得力はさすが。随時導入されるエレクトロニクスやキーボードも、いい味付けになっている。日本盤にはレアなデビューEP『CURSES』を6曲まるごと収録。

  • We Butter The Bread With Butter

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥1,782
    発売日
    2013年08月07日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,782

    販売終了

    ドイツの突然変異エクストリーム・メタルの日本デビュー作。バンド名で「何だそれ?」と思ったが、サウンドもなかなか奇怪だ。BRING ME THE HORIZON以降のエクストリーム・ミュージックが、妙な方向に進化したと言える。エレクトロニクスやストリングスを取り入れた…というとありがちだが、民謡もポップスも飲み込んで、ねじくれているけどキャッチーなサウンドを構築。こんなのありか? というような音が次々に飛び出してくる。歌詞もほとんどがドイツ語で、それがまた特異な空気に拍車をかけている。以前から少しずつその名を広めてはいたが、いよいよ本格的にシーンをひっかきまわすことになるかも…? 日本盤にはボーナストラックを3曲収録。

チェックした商品をまとめて