GrindHouseスタッフがおススメする今月の必聴盤!


ウェブマガジン&フリーペーパーとして新しくスタートしたGrindHouse Magazineのスタッフがおススメする必聴盤をご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

7件中 1-7件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • HER NAME IN BLOOD

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,160
    会員価格 (税込)
    ¥1,987
    発売日
    2014年04月23日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,771

    日本のメタルコア勢のなかでは、完全に頭ふたつ飛び抜けたHNIBのフル作。初期の遊び心を思い出しつつ、ハードロックの要素を増大。メロディも大幅に導入し、激しいけれど、しっかりキャッチーなのだ。かと思えば、過去最高にブルータルな曲もありと、方向性をしっかり拡大させている。まさにセルフタイトルに恥じない、強力な作風だ。残念ながらサポートギタリストを迎えてのツアー開始となるが、この次のレベルへどうリーチするか、見ものだ。

  • ANGRY FROG REBIRTH

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,160
    会員価格 (税込)
    ¥1,987
    発売日
    2014年06月11日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,771

    ファンもバンドも渇望した、初のフルアルバム。持ち前のポップさとヘヴィさを兼ね備えたキラー・チューンで幕を開け、夏フェスにピッタリなパーティー・ミクスチャーからバラード、スカまで、とにかくありえない幅広さを持つ楽曲をまとめ上げている。ところどころで、先輩バンドやJ-POPアーティストたちが行ってきた実験的な手法を取り入れているが、あくまでポップなサウンドに深みと豊かさを与えるに徹しているのもポイントだ。20代中盤以上のリスナーには懐かしく感じられる部分も多い。逆に若年層には新鮮に響くはず。日本のシーンの今と昔をつないで未来へと向かう、決意表明にも似た1枚だ。

  • THE TEENAGE KISSERS

    価格 (税込)
    ¥2,160
    会員価格 (税込)
    ¥216
    発売日
    2013年10月16日

    7月に初のフル作『VERGIN FIELD』をリリースする、THE TEENAGE KISSERSのデビューミニ。グランジ/オルタナティヴ・ロックを基盤としつつ、シューゲイザーやニューウェイヴを取りこんだ、なかなかにバラエティに飛んだ作風だ。北出菜奈の、繊細かつ妖艶なヴォーカルも、表現力充分。いかにも薄暗い地下室で音を出しているような、モノトーンな雰囲気だが、揺るぎないポップさとキャッチーさも兼ね備えている。ありそうでなかったというか、日本における初の本格的なグランジ・サウンドかもしれない。決して懐古趣味ではないが、温故知新しつつ、それを日本で鳴らすことに成功した、意義ある作品。アルバムではより焦点を絞り込んだ方向に進んだとのことだ。

  • G-FREAK FACTORY

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,292
    発売日
    2013年08月07日

    販売終了

    3月末に本作に伴うツアーを終了させ、5月17日の追加公演となる渋谷CLUB QUATTRO公演も大成功だった。彼らの完全復活の決定打となったのが、この9年ぶりとなる本作だ。レゲエとパンクをミックスさせ、ときに突っ走り、ときに語りかけるような楽曲は振り幅がありつつも、決して散漫ではない。どの曲でも鋭く突き刺さるメッセージは貫かれている。まさに円熟味と衝動が同居する名盤だ。7月9日には新ミニ作『fact』をリリース予定。本作で見せたバラエティを、全方位的に育てた作風になっているとのこと。これも楽しみだ。

  • Vampillia

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2014年04月09日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,948
  • Vampillia

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2014年04月23日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,948

    大阪のブルータル・オーケストラが立て続けに作品をリリース。まず『the Divine Move』は、様々なアーティストとコラボした楽曲を1枚にまとめた企画盤。戸川純の牧歌的な声が響く“Lilac”や、BiSが合唱から突然のたうちまわる“mirror mirror”等多彩な曲が並ぶが、白眉はツジコノリコが参加した2曲。切なく、激しく胸を締め付ける。
    『My Beautiful Twisted Nightmares In Aurora Rainbow Darkness』は初のフルアルバム。ライヴでもよく披露されている“ice fist”をはじめ、とする楽曲で、これまでの集大成的な作風だ。クラシックからオペラ、ブラックメタルにハードコアも飲み込んだほかに誰にも真似のできない真のオルタナティヴな音楽だ。混沌としていながらもハッキリした聴きどころ、ポップさ、とっかかりを残しているのもポイントだ。音源以上の混沌がとぐろを巻きつつも、アクの強すぎるメンバーのパフォーマンスに思わず笑いの起こるライヴも必見。

  • KNOCK OUT MONKEY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,700
    会員価格 (税込)
    ¥2,484
    発売日
    2014年02月26日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,214

    神戸の暴れ猿を自称するバンドの、メジャーからの初フル作。もともと日本語詞と、パンキッシュな疾走感のあるミクスチャー・ロック的なサウンドが売りだったが、今回はメジャーから初の作品だけあって、スケール感を格段に増大。なんというか、サウンドがゴ−ジャスなのだ。耳に残るメロディを軸に据え、シャッフルもあればジャズっぽい曲もあり。全体的にシンガロング・パートも増やしてあるので、より入りこみやすい作品にもなっている。まさに磨き上げられた、勝負作だ。

チェックした商品をまとめて