GrindHouseスタッフがおススメする今月の必聴盤!


ウェブマガジン&フリーペーパーとして新しくスタートしたGrindHouse Magazineのスタッフがおススメする必聴盤をご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • KNOCK OUT MONKEY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,700
    会員価格 (税込)
    ¥2,484
    発売日
    2014年02月26日

    神戸の暴れ猿を自称するバンドの、メジャーからの初フル作。もともと日本語詞と、パンキッシュな疾走感のあるミクスチャー・ロック的なサウンドが売りだったが、今回はメジャーから初の作品だけあって、スケール感を格段に増大。なんというか、サウンドがg−ジャスなのだ。耳に残るメロディを軸に据え、シャッフルもあればジャズっぽい曲もあり。全体的にシンガロング・パートも増やしてあるので、より入りこみやすい作品にもなっている。まさに磨き上げられた、勝負作だ。

  • あのオオカミ・バンドたちの久しぶりのフルアルバム。これまでのハイブリッドかつポップな作風は踏襲されているのだが、そこここから一味違った空気感がにじんでいる。いつになくヘヴィな音作りと、起伏の激しくなった楽曲。“evil fall”など、これまでではありえなかったタイプの曲だ。それでも最終的にひとつの作品としてまとめ上げられている。今年はさらに大規模なツアーあり、全米デビューありと、さらなる飛躍することが確実。まさにそれにふさわしいアルバムだ。

  • Dead By April

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,674
    会員価格 (税込)
    ¥2,460
    発売日
    2014年02月12日

    スウェーデンのメタル・シーンを揺るがしたバンドの3作目。なんとオリジナル・シンガーが脱退、元BY NIGHTのクリスが加入するという一大事を乗り越えての、正念場となる作品だ。ミドルテンポのドッシリとしたヘヴィネスに、エレクトロニクスとボーイズ・グループばりのヴォーカルを絡ませる手法はこれまで通りながら、今回はよりデジタルな質感が増量。ダブステップを意識したパートもあれば、ヴォーカルも加工しまくっている。時代の流れを意識させるアルバムだが、決して流されていない傑作。

  • MAN WITH A MISSION

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,571
    会員価格 (税込)
    ¥2,366
    発売日
    2014年02月12日

    3月に待望のニューアルバム発売が決定したオオカミたちによる、初のコンピレーション作。日本クラウン在籍時の作品をまとめたもので、ライヴの定番曲あり、一歩踏み込んだ曲ありと、彼らの第一期を一望できるようになっている。特筆すべきは、4曲が英詞ヴァージョンにて再録されていること。この秋に決まった正式な海外デビューも視野に入っていることは間違いない。間違いなく、今年はオオカミの年だ。アルバムの新境地に備えるべく、今から復習を。

チェックした商品をまとめて