トップ > My ページ > フォアグラ さんのレビュー一覧

フォアグラ さんのレビュー一覧 

検索結果:299件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/28

    今一推しのカルテットがルーマニアのアルカディア。これまでのメンデルスゾーン、ブラームス、ヤナーチェクもよかったが、今回のバルトークで一段と熟成した音楽を聴かせる。前にも書いたが、このカルテットの特徴は4人の技量が完全に均一なことで、それにより通常のカルテットより第2ヴァイオリン、ヴィオラが前に出てくる。響きは練り上げられタペストリーのよう。その分、民族性やバーバリスティックな面は後退するが、音楽は洗練され濃密である。これまでのバルトークとは明らかに違う。アルカディアはレーベルを転々としていたが、シャンドスには是非腰を入れて録音継続してほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/20

    CDは2枚ずつ紙ジャケットに入っており紙ジャケの作りもいい。そしてジャケットが美しい。私は70年代マーラーを一所懸命集めていたのだが、ハイティンク盤の美しいジャケットは大いに気になっていた。だが当時ハイティンクの評判は酷く、バーンスタイン、ワルター、クレンペラー、ショルティ、アバドと購入しているうちにハイティンクは全て廃盤。やがて再録音が始まり、まあハイティンクは再録音があればいいか、と思っていた。今回懐かしいジャケットにそそられて購入したのだが、これが色々発見があった。まず、ハイティンクの得意とする3番から聴いたのだが、早めのテンポで実に瑞々しく歌にも溢れた名演であり、シカゴ、バイエルンよりいい。次いで私の好きな7番。かつて支離滅裂といわれたこの曲の魅力を見事に引き出しまとめ上げている。6番の凄まじい熱量には驚かずにはおれない。これがハイティンク?8番は覇気をもって大曲を引っ張る。9番終楽章は宗教的厳粛さすら漂う。2番、5番はベルリン・フィルのほうが上だがこちらも決して悪くない。歌曲がまた素晴らしい。プライによる「さすらう若人の歌」「子供の死の歌」のなんというナイーブさ。「子供の不思議な角笛」もシャーリー=カークじゃなくプライにしてほしかった。「大地の歌」のキング、ベイカーは70年代コロ、ルートヴィヒと並ぶ名唱だろう。ハイティンクのバックも実にいい。さて、この当時ハイティンクは凡庸、つまらない、指揮者不在と散々ないわれようであったが、私には皆目わからない。ひとつ思い当たるのは、ハイティンクの指揮姿は洗練されたものではなかったこと。この頃こっぴどく切り捨てる評論家ほど人気があるという不健全な環境がクラシックにはあり、ハイティンクは標的にされたのだろう。70年代中頃からLPOとの録音も登場しハイティンクがヨーロッパで評判がいい、という外電が伝わると、慌てて「ハイティンク円熟」と方向転換した姿はまるで陰湿ないじめだ。60年代からハイティンクは優れた指揮者だったと声を大にしていいたいし、この全集も優れたものであり再評価すべきだと思う。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/10

    この演奏を初めて聴いた時の驚きと感動は今も鮮明に覚えている。これほどの水際立ったアンサンブルをバッハで聴いたことがなかった。そして40年経った現在聴いてもそのすばらしさは減じていない。ガーディナーのバッハ遍歴のスタートとなったもので、その後おびただしい録音を残し、モテットも再録音しているが、それらと比べてもこの演奏の清新さは際立っている気がする。それは、ヨランタ・スクラによる録音の良さも大きく貢献していると思う。実質モテットの2つのカンタータも入りこの価格は絶対お得だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/26

    ここのレビューでクルレンツィスの「悲愴」を絶賛した者だが、最近全く聴かなくなりクルレンツィスへの疑問が強くなってきていた。マーラーもレビューはスルーするつもりだったが、星1つはいくらなんでも辛すぎると思い拙文をしたためる。「悲愴」は誰とも似ていない演奏と感じたのだが、このマーラーはシノーポリ/シュトゥットガルトに似ている。その分驚きは随分減ったが面白いことは面白い。ただ、抜群に面白いところとそうでもないところが混在している。先のシノーポリと比べると、シノーポリは夢中で棒を振っており、アンサンブルも崩れる寸前までいく。一方クルレンツィスは徹底的に醒めた目線で作り込んでおり、完成度ははるかに高い。半面、シノーポリの迫真性はクルレンツィスにはない。シノーポリのデフォルメは彼の心の吐露として聴き手の琴線に触れるが、クルレンツィスは面白いからやってみた、という以上の印象は残さず心を揺さぶられることはない。否定ばかりのようだが、それでもここまでスコアを読み説く力は非凡としかいいようがないし、それを認めるのにやぶさかではないのだが、この路線ではいずれ行き詰まるのではないか。そしてゲルギエフのような指揮者になってしまうのでは、と危惧している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/02/07

    ブルックナー・ファンには要注意。メータは「ブルックナーではやってはいけませんよ」となっている表現を総動員している。メロディに合わせてのテンポの伸縮、リタルダント、アッチェレランド、ときにはポルタメントまで。70年の4番では至極真っ当なブルックナーを聴かせたメータが豹変した理由はわからない。何にしてもメータは彼が得意とするマーラーの前期交響曲のような「歌の交響曲」として8番を捉えているようだ。これをダメと切り捨てるのは簡単だが、それでは惜しい何かがあるのも事実。ブルックナー円熟期の大伽藍の代わりに、若者が大聖堂に紛れ込んでロマンティックな妄想に浸っているような演奏であり、ちょっと変わった視点のブルックナーを求める人にお薦めしたい。デッカにしては録音の抜けがよくないのは残念。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/28

    HMVの紹介にあるようにプフィッツナーの出世作。愛の園の騎士ジークノットが森の女王を助け、闇の世界を支配する夜の魔法使いと戦う、というストーリーだが、音楽はフンパーディンクのようなメルヘン調ではなくドラマティックで濃厚なもので十分に聴きごたえがある力作だ。ただ、本編とはあまり関係がないプロローグが50分、オペラの1/3を占め、実際の上演ではここをどう処理するか演出家が手こずりそうだ。マーラーもワルターも褒めたこのオペラが忘れられたのはこのあたりに原因があるのではないか。ケムニッツ歌劇場による演奏はすこぶる優秀。ドイツ地方オペラの充実ぶりを実感させるものだ。これで馬鹿げた演出がなければいうことなしだが。ちなみにこれは演奏会形式での上演。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/29

    ブルックナー・セットの思わぬ名演で驚かされたロスバウトだが、こちらのセットのはロスバウトの本領というべきもの。ニューヨーク・フィルとのヒンデミットのみ録音がよくないが、他は極めて良質の音源であり、嬉しいことに「アゴン」とベルク、ウェーベルンはステレオ収録。まずはマーラーの5番を聴いていただきたい。この演奏水準、音質が1951年のものと誰が思うだろう。解像度が高いのは当たり前として十分白熱的なものであり、あまりいい演奏のない5番の最右翼といいたいほどだ。シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンも抜群。「モーゼとアロン」の凄まじい感情表出はどうだろう。ロスバウトが大変な人であったことはブルックナー以上にわかる。メンブランには今入手困難になっているエクサンプロヴァンス音楽祭でのモーツァルト・オペラも出してほしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/03

    メシアンのオーケストラ主要作を年代順に聴けるというのがありがたいが、何より演奏が飛びぬけて素晴らしい。かつてのブーレーズ/ドメーヌやコンスタンにみられたゲンダイオンガクをやっているぞ、というピリピリ感はどこにもなく、実にまろやかで豊麗な演奏になっている。演奏技術の向上による情報量の増加も凄い。正直メシアンの音楽は、70年代からは、良く言えば「円熟」、悪く言えば「パターン化」「長すぎて退屈」と思ってきたが、これだけ演奏が優秀だと退屈など全くせず、法悦の音楽を満喫できる。メシアン死後の録音というのもいいのかもしれない。メシアンは生前自作の録音を必ず監修し、神学的、神秘主義的解説を書いていた。私はそれを読むのがストレスだったが、当然このセットにはないし、演奏家もある意味束縛なく演奏できたであろう。メシアンは幸せな作曲家で、ワーナー、DGからも大きなセットが出ているが、私はこのカンブルランのSWR盤を第一としたい。メシアンに対して不当に評価の低いジョリヴェも最新録音のセットをどこか企画してくれないだろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/23

    ラロは「スペイン交響曲」の一発屋という印象が強いが、私は結構気に入っている作曲家だ。チェロ協奏曲もいい曲だし、ラロ畢生のオペラ「イスの王様」もメロディに溢れ波乱万丈の聴きごたえのある作品である。全曲で100分少ししかなく、物語をもっと掘り下げたほうがよかったと思うのだが、ラロは冗長になるのを嫌ったのだろう。いずれにしても序曲しか知られていないのはもったいない。クリュイタンス盤は代表盤、というか水準以上のものはこれしかないのだが、ミショー、ゴールの主役二人が素晴らしい出来だし、クリュイタンスの覇気に満ちた指揮も見事。ただし、1957年録音なのにモノーラルで音も良くない。58年まで待ってステレオで収録していたら、このオペラももっとポピュラーになっていたのではないだろうか。それでも一聴の価値はあるし随分安いのでお勧めだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/22

    関西の大学に通ったので、70年代末に朝比奈/大フィルはよく聴きに行った。大フィルは下手でクライマックスに金管がひっくり返ることもしばしば。アンサンブルの密度も低くがっかりすることのほうが多かったが、なにより朝比奈の緻密さに欠けた指揮が問題だと思った。唯一聴けたのがブルックナー。局面変化の少ない曲想が朝比奈の鈍重な指揮でもなんとかなったのだろう。ケーゲルが客演したとき一気にアンサンブルが引き締まったのを聴き、指揮者の力量の差を痛感したものだ。この頃に宇野が朝比奈/大フィルを絶賛し始めたのだが、正直当惑するばかり。宇野の名調子でクラシックファンが増えたことは間違いないが、ミスリードされた面も多いと思う。朝比奈/大フィルはその代表だろう。この演奏も深遠さと非力による弛みとの境界は微妙であり、当時の大フィルを知っている者としてはあまりに褒められると「違うよなあ」という感想をもたざるをえない。宇野のおかげで朝比奈は幸せな指揮者人生を送れたが、関西楽界としてはどうなのだろう。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/27

    グリーンドアから出たオドノポソフのブラームス、ブルッフのあまりの素晴らしさに驚き、私にとって未知だったこのヴァイオリニストの録音を集めようと思っていた矢先、メンブランから10枚セットが発売。嬉しい限りだが、売れるんだろうかと心配になる。メンブランは復刻に問題のあるレーベルであり、このセットの音も良好とはいえないが、ブラームス、ブルッフをグリーンドア盤と比較すると、むしろメンブランのほうが聴きやすく、まずまずの出来なのだと思う。それにしてもこれほどの人がメジャーへの録音がなく「知る人ぞ知る」状態になったのはどういうことだろう。イザイ・コンクールでオイストラフと1位を争ったというのも少しも不思議ではないし、私の好みはオドノポソフ、そのくらいの人なのだ。このセットでも期待を裏切るものはひとつもない。抜群の美音と確かなテクニック、そしてエスプレッシーヴォ。どの曲にもオドノポソフの高い音楽性を感じずにはいられない。音が古いので評価は星4つかな、とも考えたが、やはり多くの人に聴いてほしいという気持ちが強く満点とする。コンサートホール盤は指揮者、オケは二流どころばかりだが、演奏は悪くない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/19

    レナード・ローズはスターン・トリオの一員のイメージでソリストとしては記憶がない。この全集でも聴いたことがあるのはグールドとのバッハとワルターとのドッペル・コンチェルトだけ。ほとんどが初めて聴くものだ。ローズが活躍した50〜60年代といえば、フルニエ、ナヴァラ、トルトゥリエ、ジャンドロンのフランス勢をはじめ、ロストロポーヴィチ、ピアティゴルスキー、シュタルケル、デュ・プレ、ヤニグロ等々多士済々であり、ローズが埋もれたのも仕方がないのかもしれない。実際ローズのCDは殆ど出ていないし。ところが、このセットは思ってもいない音楽を聴く喜びを私に与えてくれたのだ。まず、「シェロモ」でのミトロプーロスの鬼神のごとき指揮に一歩も引かないローズの壮絶な演奏にやられてしまった。モノだが録音最優秀。HMVの紹介から漏れているが、同じCD2に収録されているセル/NYPとの「ロココの主題による変奏曲」での気品ある優しい表現のすばらしさ。この2曲はオーマンディとステレオ再録音しているが、オーマンディも悪くはないのだが、ミトロプーロス、セルと比べると深みがもう一つ。ドヴォルザークも美しい演奏だが、終楽章末尾はもう少しオーマンディに盛り上げてほしかった。一方でドッペル・コンチェルトはオーマンディとの再録のほうが断然いい。早めのテンポであっさりしたワルターに比べオーマンディはじっくりとこくのある表現で同曲屈指の出来になっている。ここまで聴いてきてローズの良さは、豪快さやスケールの大きさはない代わりに端正で伸びやかな表現にあるとわかってくる。そうしたローズには室内楽がいいのは自明だろう。特にサンダースとの「アルペジョーネ・ソナタ」とシューマンは味わい深い逸品だ。ソニーは忘れられつつある自社のアーティストのコンプリートを進めてくれているが、なかでもこれは白眉のセットだと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/14

    クリュイタンスの録音は2017年リマスタリングとなっている。クリュイタンス没後65年BOXのリマスターと同じだと思うが、これが驚きの音質だ。演奏は素晴らしいのに録音が冴えないのが難点だったのが、今回鮮度、奥行きとも見違えるほど改善。元がよくないから優秀録音とはいかないが、充分に楽しめる音質になった。ワーナーには感謝しかない。フランソワのものは2010年リマスタリングであまり変わり映えしないが、それでもオリジナルジャケットでこの価格ならば、すでにEMIフランス盤をもっている人にも買い替えをお勧めしたい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/09

    ドビュッシー・イヤーということで多数の録音が出たが、マイベストはラトルの「ペレアス」ではなく、クリヴィンの「海」でもなく、このメジューエワのアルバムだ。「映像」は大好きな作品集だが、これほど精緻に、そして煌めくように演奏されたものはないと思う。ピアノという楽器を忘れてしまうほどだ。仮面、子供の領分も非常に優れたもの。「前奏曲集」よりいっそうメジューエワは進化している。録音も優秀。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 14人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/09/22

    HMVによるゴロワノフ年表を絶賛したい。これはそのまま良質のソ連史になっている。共産国家では多かれ少なかれ同様なことが起こっているが、改めて年表を見ると、ソ連の血塗られた凄惨な歴史に言葉もない。ゴロワノフにかかわらず、この時代を生き延びるのはさぞや大変であっただろう。ゴロワノフは私の好みに合わないが、この年表を見るともう一度ゴロワノフの演奏を再確認したい気持ちになり、購入を検討中である。

    14人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:299件中1件から15件まで表示