ヴェルディ(1813-1901)
新商品あり

ヴェルディ(1813-1901)

ヴェルディ(1813-1901) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習...

関連商品

商品ユーザーレビュー

1427件

すべてのユーザーレビューを見る(1427件)

  • 完全な現代化演出だが、出色の出来ばえ。何とも猥雑な...

    投稿日:2021/12/31

    完全な現代化演出だが、出色の出来ばえ。何とも猥雑なガーター亭の眺めからして実に素敵だが、人物達が大麻を吸っていたり、濃厚なセックス描写(演ずるのは演技だけの人たちだけど)など60年代カウンターカルチャーの雰囲気が漂う。これに対し、セレブの奥様たちはプール付きの邸宅に住まう。フリットリやシエラは水着姿も披露。だだっ広い平面になりがちな最終場も、とても工夫のある作り。歌手陣も全く隙がない。何よりもミヒャエル・フォッレの「ちょい悪オヤジ」ぶりが完璧に役にはまっている。かつてのF=ディースカウは確かに達者だったけど、こういう「ちょい悪」の雰囲気は出せていなかったので、ドイツ系バリトンでは随一かもしれない。フリットリ、バルチェローナはもとより当たり役だし、デムーロ、シエラの若い恋人コンビも良い。ダーザのフォードとファルスタッフの二人の手下たちも抱腹絶倒の演唱。 ただひとつ、惜しまれるのは相当にテンポの遅くなったバレンボイムの指揮。ここぞという所ではもっと俊敏さが欲しいけれど、響き自体は重くないし、的確なポリフォニーの処理など聴くべき所もあるので、かろうじて及第点。

    村井 翔 さん |60代

    0
  • ジャケット写真から音質には期待せずに買ったが、何の...

    投稿日:2021/02/25

    ジャケット写真から音質には期待せずに買ったが、何の問題もなくCP高し、MariaよりもStefanoの超々絶技巧にたまげる箇所もあり、2000円しないのだから。

    AR さん

    1
  • 現在はバリトンとして活躍している為に音楽的に渋く、...

    投稿日:2021/12/02

    現在はバリトンとして活躍している為に音楽的に渋く、全ての演目においてドミンゴが歌う役が命を落とすことも残念といえば残念。 テノールだったらソプラノとの二重唱などで華やかに50周年を祝うことが出来たのに。バリトンなので地味に感じられた。 ドミンゴは苦悩する役にやりがいを感じるという事なので、その意味では歌手人生の最後に願ってもない役に巡り会えたのかもしれない。 ヴェルディの3つの演目が取り上げられているが、中でも『シモン・ボッカネグラ』には感動した。

    ユローヂィヴィ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ヴェルディ(1813-1901)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%