スメタナ(1824-1884)

スメタナ(1824-1884)

スメタナ(1824-1884) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ベドジフ・スメタナ(またはベドルジハ・- / ベトルジヒ・-、チェコ語: Bedrich Smetana、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名、フリードリヒ・スメタナ (Friedrich Sm...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

439件

すべてのユーザーレビューを見る(439件)

  • チェコを併合したオーストリア皇帝の婚儀を祝って書い...

    投稿日:2018/07/11

    チェコを併合したオーストリア皇帝の婚儀を祝って書いたと云うこともあってか”祝典交響曲”は徹頭徹尾明るいソノリティに覆われている 延々と続く祝辞のようだ 劇性も変容もない スメタナと云う人は楽天家だったのだろう 真逆”我が祖国”を書いた人が征服者に媚び諂うわけがない しかしノンポリ・能転気と謗られても仕方がない 支配者に疎まれ同胞に無視され”祝典交響曲”は現在に至るまで極めてマイナーな扱いになっている 流石NAXOSである こうした曲を見捨てない ダレル・アンの見事な指揮とベルリンRSOの快演が晴れ晴れとした日の当たる場所に不運な作品を引っ張り出してくれた それはそれで美しい さて後半”売られた花嫁”抜粋が入っているのは皮肉かと思ったが これが爽やかな印象が残る名演なのだ 大いに感情と想像力を掻き立てられる演奏だ お楽しみはこれからだった 朋に知らせたい あなたも如何   

    風信子 さん

    1
  • プラジャーク四重奏団。ラ・フォル・ジュルネで常連に...

    投稿日:2021/02/26

    プラジャーク四重奏団。ラ・フォル・ジュルネで常連になっていた弦楽四重奏団です。一昨年は確か来なかったのか、去年はそもそも中止になってしまったので、暫くご無沙汰ですが。チェコの団体なのですが、録音は専らPragaレーベル。ただ、このレーベル、主催者が故人となってしまったとかで、活動停止の方向になっているようで、今後どうなるのか。 スメタナの四重奏曲なのでそういう意味ではいわゆる「ご当地もの」。この曲では古くはスメタナ四重奏団の録音などが忘れ難いのですが、プラジャークSQのそれはいわば知情意の知に一歩長じたという感じの演奏でしょうか。いいと思います。

    Verdi さん |50代

    0
  • 3年前のNHK音楽祭で初めて「わが祖国」を聴きました...

    投稿日:2018/04/20

    3年前のNHK音楽祭で初めて「わが祖国」を聴きました。このコンビで。 得も言われぬ東欧の音色とでも言いましょうか・・・世界中のトップクラスのオケの音色もグローバル化が進んで、あまり大差ないなと思っていた最中にあって、名匠ビエロフラーヴェクの下、チェコフィルは、その脈々と続く古き良き伝統を受け継いで「スラブの音色」により一層の磨きがかかって、それはそれは見事でした。 彼の指揮で、このオケで、人生初のわが祖国を聴けたことに感謝しつつ、この音源を聴いて名匠を偲んでいます。クーベリックや、ノイマン、アンチェルの「わが祖国」も勿論素晴らしい。が、私は敢えて皆様にこの盤をお薦めしたい。音と音の間の取り方、弦と管の融和、どれを取っても絶品です。

    belly さん |30代

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、スメタナ(1824-1884)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%