リゲティ、ジェルジ(1923-2006)

リゲティ、ジェルジ(1923-2006)

リゲティ、ジェルジ(1923-2006) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ジェルジ・リゲティは、1923年5月28日、旧ルーマニア領のトランシルバニア地方に銀行員の父と眼科医の母のもとに生まれたユダヤ系ハンガリー人で、のちにウィーンの市民権を得ています。  リゲティは14歳のときにピアノを学び始め、その後すぐに作曲も開始しますが、15歳から18歳までは数学に熱中して科学者の道を志し、クルージュ大学の数学と物理の入学試験にも見事に合格。が、1941年当時のハンガリーには...

関連商品

商品ユーザーレビュー

34件

すべてのユーザーレビューを見る(34件)

  •  一番好きな(というか抵抗感なく受け入れられる)現...

    投稿日:2012/12/23

     一番好きな(というか抵抗感なく受け入れられる)現代音楽作曲家は?と問われたら,迷うことなく「リゲティ!」と答える。あの名作で使われたかろというわけではなく,ほんと聴いていると無重力の宇宙空間に,完全に脱力して浮かんでいるような感覚になってしまう。それが何とも心地いい非現実的な体験だ。特に,管が活躍するものが顕著。ヴォルーミナのオルガンもいい。また,なかなかとっつきにくい現代音楽を,おまけにヴィオラ1丁で,20分もの時間耳を釘付けにしてしまう…今井信子のヴィオラも見事としか言い様がない。リゲティ…スクリャービンのように強引にではなく,私を神秘へと誘ってくれる稀有の存在です。

    masato さん

    0
  • 弾くには難曲かもしれませんが、聴くには難解ではない...

    投稿日:2015/03/08

    弾くには難曲かもしれませんが、聴くには難解ではない優れた作品群でした。子供の頃リゲティーを聴いた際、難解なイメージがこびりついたのですが、今の時代この年齢になって良さがわかってきました。「2001年宇宙の旅」の映画で使われた独特の怖さもイメージとして残っていました。ペンデレツキなどのように作風も保守的になってきているかもしれません。

    テリーヌ さん

    0
  • あまり演奏される機会のない曲も収録されていて、特に...

    投稿日:2021/07/08

    あまり演奏される機会のない曲も収録されていて、特にオルガン曲が面白かったしオペラも良かった。しかし、有名曲を中心にワーナーのボックスの方に収録されていること、この2019年のボックスでは解説が一切無いのが残念である。

    gakusei さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、リゲティ、ジェルジ(1923-2006)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%