ヤナーチェク(1854-1928)
新商品あり

ヤナーチェク(1854-1928)

ヤナーチェク(1854-1928) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

レオシュ・ヤナーチェク(1854年7月3日 - 1928年8月12日)は、モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。

モラヴィア地方の民族音楽研究から生み出された、発話旋律または旋律曲線と呼ばれる旋律を着想の材料とし、オペラをはじめ管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲に多くの作品を残した。そのオペラ作品は死後、1950年代にオーストラリアの指揮者チャールズ・マ...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

165件

すべてのユーザーレビューを見る(165件)

  • 曲の背景に困難な歴史的事実があるにせよ、それを考え...

    投稿日:2021/03/26

    曲の背景に困難な歴史的事実があるにせよ、それを考えなくて純粋に音楽として上質です。神秘的でありながら静けさのなかに情熱も感じさせてくれます。一部に有名曲もありますが、もっと知られてよい音楽と思います。フォークトさんありがとうございます。

    paul さん

    0
  • ラトル久々の傑作。ラトルにとって2度目の録音であり...

    投稿日:2020/12/08

    ラトル久々の傑作。ラトルにとって2度目の録音であり、この公演の2年前にはベルリン・フィル定期でも同じピーター・セラーズのセミ・ステージ上演をしていた。再録音にあたり、ベルリンではなくロンドンをとったのはラトルとしてより寝かせて熟成させたかったのかもしれないが、やはりラトルの機動部隊にはLSOのほうがよかったのだろう。チェコ勢と比べるとラトルはオペラのポイントを強調し、わかりやすく面白く仕立てている。こうしたラトルの啓蒙主義はベルリン・フィルのプロフェッサーたちには不評だったが(は?今更なに教えとんねん、という空気が濃厚だった)、ロンドンでは「おらが国の大マエストロ」としてLSOも素晴らしい反応で演奏している。フィンリー以下キャストも好演。十分感動的な演奏だ。「シンフォニエッタ」はバービカンの酷い音響のせいでこじんまりした演奏に聴こえてしまう。かつてバービカンをLSOが専用ホールとして使うことが決まった時、他のオケは随分文句を言った。今はどこも言わない。LSOもここで演奏する限り一流オケとはみなされないだろう。

    フォアグラ さん

    0
  • スメタナとヤナーチェクのSQを聴いたことはあるのです...

    投稿日:2017/05/03

    スメタナとヤナーチェクのSQを聴いたことはあるのですが、あまり興味がありませんでした。素晴らしさがわかるようになったのは老年になってからです。タカーチ四重奏団の演奏を聴くきっかけを持ったことから室内楽への興味が湧いてきています。

    テリーヌ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ヤナーチェク(1854-1928)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%