トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

2008年2月5日 (火)

無題ドキュメント
サカナクション 山口一郎 インタビュ−
サカナクション:山口一郎
『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

インタビュー:保坂壮彦

 Contents
 


「哀愁トレイン」


--- この曲はものすごくアップテンポの曲ですよね。そして軽快さもあって。意外ですよ、サカナクションとしては。

山口 これはもともとBPM70くらいの曲だったんです。細野晴臣さんバリのゆるい感じだったんです。それをドラムの江島が、“アッパーな曲をやりたい”って言い出した時があって。江島のドラムに合わせてこの曲を弾き出したらなかなかいいんじゃないかってことになって出来た曲ですね。
  それと、“ちょっとプログレみたいな曲が欲しい”と俺が言い出して。それがイントロの部分に現れている曲ですね、これは。

--- これほどまでにアッパーな曲になるとどうしてももっとロックぽくやればいいのにと思ってしまうんですよね。聴き手の勝手なわがままなんですが。ギターをもっと強く押し出して、音圧も強くやれば盛り上がるのにと。でもそこを上手くすかしていくのがサカナクションの手法なのかなと。

山口 やはりシンセをまずは聴かせたいというのが僕の中に常にあるんです。こういう曲でも常にシンセを前に出していかなければいけないという…。ロックバンドとしてギターを全面に出していく、勝負していくバンドではサカナクションはないので。
  でもまあ、ライブで盛り上がる曲が欲しいというのもあったので。これって、アルバム音源とライブで滅茶苦茶差が出る曲になると思うんですよ。そういう意味でもこのアルバムの中でいいフックになっていると思いますけどね。
  アルバムを聴いてこの曲がいいって思う人は少ないかも知れないけれど、ライブを観たらこの曲が一番良かったって思う人が多くなるだろうなという思いはありますね。

--- この曲以外でライブを意識して曲を創ることは?

山口 あります、あります。「ナイトフィッシングイズグッド」なんかそうですよ。“これ、ライブでやったら、みんな爆笑するだろうな”みたいな感じで。このアルバムで「ナイトフィッシングイズグッド」を聴いた人は「ナイトフィッシングイズグッド」をライブで聴きたいだろうなって思っていますし。
  「ナイトフィッシングイズグッド」をやらなかったら、“なんだよ、やらないのかよ!”って思うだろうなというところも考えて創りましたから。まあ、「哀愁トレイン」はそういう文脈とは違って、楽曲の勢いとしてライブ・ライクなものとして意識して創ったものですけど。

サカナクション 山口一郎 インタビュ−


「新しい世界」へ続く・・・

   Contents

 

 サカナクション特集ページ展開中!

 



ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 倖田來未
 モダーン今夜(永山マキ)
ロック&ポップス
 Radiohead
 Vanilla Sky
ダンス&ソウル
 Muhsinah
 Gilles Peterson
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Burro Banton
 Mitsu the Beats
TV & 映画
 ジュリー・ガヴラス監督&ニナ・ケルヴェル 
 坂口拓


NIGHT FISHING
 CD  NIGHT FISHING

1.ワード
2.サンプル
3.ナイトフィッシングイズグッド
4.雨は気まぐれ
5.マレーシア32
6.うねり
7.ティーンエイジ
8.哀愁トレイン
9.新しい世界
10.アムスフィッシュ

 サカナクション1st AL

GO TO THE FUTURE

 CD  GO TO THE FUTURE

 

 Profile

山口一郎(Vo&G)
岩寺基晴(G)
草刈愛美(B)
岡崎英美(Key)
江島啓一(Dr)