TOP > Music CD・DVD > Items Information > Japanese Pop > Rock & Alternative > サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

Tuesday, February 5th 2008

無題ドキュメント
サカナクション 山口一郎 インタビュ−
サカナクション:山口一郎
『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー

インタビュー:保坂壮彦

 Contents
 


「アムスフィッシュ」


--- 何故にいきなり“アムステルダム〜”っていうフレーズが生まれ出てきたのか疑問です(笑)。

山口 これももうメロディーと一緒に出てきたフレーズです。自然と“アムステルダム〜”って(笑)。他の歌詞も自然と出てきましたし。
  それと、この曲はもの凄く個人的な曲なんですよ。“バンド名をサカナクションにするかしないか? どうする?”というころの時期からこの曲はあったので、本当は1stに収録しても良かったんですけど、あのアルバムには合わなかったので今回に至るという感じです。リアレンジして。

--- ライブで演奏したら、オーディエンスの合唱が起こりうるようなパワー持った曲ですよね。最後の“ラララ〜”の部分とかで。

山口 実は、もう既に1stのワンマンライブの時に最後の曲でやったことがあって。で、みんなはじめて聴くはずなのに、合唱してくれましたね。嬉しかったですね。

--- サカナクションの曲は、初めて聴いても歌えるんですよ。メロディーがポップだからというだけではなく、そこで綴られているシンプルな歌詞が印象的だから。そこは意識的に曲を創っているんですか? それとも無意識に?

山口 意識的に言葉を選んでしまっているかも知れないですね。どちらかというと。メロディーが伝わりやすいように言葉をチョイスするように…。
  昔は適当な英語を当てはめて曲を創って、その後にメロディーが伝わりやすい日本語に置き換えて曲を創っていましたから。今思い出しましたけど、「白波トップウォーター」はその手法でしたよ。“誘惑 罠(全てが)〜”の部分は、もともと英語っぽく、“wack wanna(惑 罠)”と歌っていたのを日本語に変えましたからね。

--- メロディーと同時に歌詞が生まれ出るという偶然性も含めて、そのような作詞方法というか、サカナクション特有の歌詞に、独特の韻の踏み方があるんですけど、そこも意識していたりしています?

山口 意識まではしていないですけど、気づいたらそうなっているということの方が多いですね。韻を踏むというか聴きやすさというか…。
  「雨はきまぐれ」の歌詞もそうですね。「雨はきまぐれ」を繰り返していく中で違う言い回しで韻を踏んでいたりしているので…。僕の中で、歌詞っていうのはパズルのようなものでもあるんです。俳句のような感覚でもあったり。決められた言葉数の中で言葉を選んで人の印象に残っていくような物語を作っていくという。
  寺山修司さんなんかそうなんですよね。彼が天才だと思うのは、短い言葉の中で、もの凄い人生を語れるというか。仮想の人生を語ってしまえるというか。歌もそうあるべきかなと僕は思うし。
  まあ、歌はフィクションじゃダメだと思うんですけど、ノンフィクションで山口一郎が歌詞を書いて歌って、そこでメンバーが演奏して、その曲の中で人物像が見えて来るという…。やっぱり、曲を聴いて、音楽を聴いてその演奏をしている人となりが見えてくるのがいいバンドだと思うんですよ。そうなりたいし、そうあるべきだと思うんです。

--- なるほど。あの、これは僕の勝手な妄想と解釈なんですが、この、“アムステルダム〜”というフレーズを聴くと、“愛してるんだ〜”って聴こえてしまうんですけど…。

山口 おぉ。新しい解釈ですね。でもそのフレーズが出てきてもおかしくなかったかも知れないですね。
  でも、“愛してるんだ〜”って出てきたらアルバムには収録していなかったですね(笑)。もしかしたらそれを言いたくないからこそ、“アムステルダ〜”って言ってしまったのかも知れないですね。わからないけど。

--- 照れ隠し?

山口 もしそうだとしたら照れ隠し以外の何ものでもないでしょうね(笑)。

サカナクション 山口一郎 インタビュ−


「『NIGHT FISHING総括』」へ続く・・・

   Contents

 

 サカナクション特集ページ展開中!

 



ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 倖田來未
 モダーン今夜(永山マキ)
ロック&ポップス
 Radiohead
 Vanilla Sky
ダンス&ソウル
 Muhsinah
 Gilles Peterson
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 Burro Banton
 Mitsu the Beats
TV & 映画
 ジュリー・ガヴラス監督&ニナ・ケルヴェル 
 坂口拓


NIGHT FISHING
 CD  NIGHT FISHING

1.ワード
2.サンプル
3.ナイトフィッシングイズグッド
4.雨は気まぐれ
5.マレーシア32
6.うねり
7.ティーンエイジ
8.哀愁トレイン
9.新しい世界
10.アムスフィッシュ

 サカナクション1st AL

GO TO THE FUTURE

 CD  GO TO THE FUTURE

 

 Profile

山口一郎(Vo&G)
岩寺基晴(G)
草刈愛美(B)
岡崎英美(Key)
江島啓一(Dr)

 


Rock & AlternativeLatest Items / Tickets Information