ヘンデル(1685-1759)
新商品あり

ヘンデル(1685-1759)

ヘンデル(1685-1759) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

関連商品

商品ユーザーレビュー

627件

すべてのユーザーレビューを見る(627件)

  • 長時間オルガンを聴くと、疲れる(再生装置の問題か)...

    投稿日:2021/05/30

    長時間オルガンを聴くと、疲れる(再生装置の問題か)。だが、この曲集はずっと聴いていたい。 という永年のジレンマを解消してくれる好企画です。演奏は良いです。弦楽合奏の切れがもう少しの部分もあるが、全曲ツボにはまる録音など無いので、歩留まりはとてもいい方でした。傾聴してヘンデルの偉大さに感服、聞き流すBGMとして心地よし。

    みふちん さん

    0
  • 小生オペラ初心者で(昔々CDを買い込んで聞いて何も...

    投稿日:2021/07/29

    小生オペラ初心者で(昔々CDを買い込んで聞いて何もわからず未開封のまま失敗)ファビオ・ルイージがN響の次期首席指揮者になるということで買って見ました。 説明文に、『なかでも、フレ〇ィの歌う「私を泣かせてください」は聴きものと言えるでしょう。』という箇所何?何?ということで分からず、観ていてオペラ初心者でも聞きなれたアリア(これが「私を泣かせてください」なんよね…)をテレサ・イェヴォリーノ(メゾ・ソプラノ)が扮するリナルド(フレ〇ィ)が歌った途端、買って得した気分になりました‼

    一匹ハイエナ さん

    0
  • ベイヌムというと、ロマン主義の大家メンゲルベルクへ...

    投稿日:2017/11/22

    ベイヌムというと、ロマン主義の大家メンゲルベルクへの反動で、個性の主張が少ない謙虚なタイプの指揮者といわれているようだが、彼のファンとしては不十分な評価にきこえる。たしかに彼に誇張じみた表現は一切みられないが、逆に当時の風潮からすれば著しく革新的な芸風だったはずだ。特にデッカ時代(1950年代前半)にみられるキビキビ弾むリズムと引き締まった造形は、誰も真似することができなかっただろう。その頃の録音であるビゼーのアルルの女組曲の冒頭など、先鋭かつ前衛的とされるケーゲル盤を上回る切れの良さを示し、一方エグモント序曲のコーダ直前のリズムを倍の遅さで強調するなどは実に大胆で、彼の内面に表現主義の魂が赤々と生きていることが分かる。そしていかなる場合でも気品を失わず、細やかなルバートや強弱によって音楽が無味乾燥になるのを防いでいるのは、彼の気高い音楽性がなすことなのだろう。 このCDでは「水の上の音楽」(1950年録音)がもっとも出来がよく、しかも彼のステレオ盤とは違うハーティ版による組曲なので存在価値が高い。緻密な弦楽器やコクのあるホルンの音など、ロンドンフィルがコンセルトヘボウとみまがう《ペイヌムの音》を演じきっており、リズムの鋭い部分と品の良いデリカシーがすっきりした造形の中に封じ込められている。 もうひとつの聴きものは、JCバッハのシンフォニア作品18−2の第2楽章だろう。ここではコンセルトヘボウの首席オーボエ奏者ハーコン・スタトイン氏の絶美なソロを堪能できるからで、ベイヌムは氏のオーボエをこよなく愛し「それ以上美しくしたら死んでしまうよ」と語ったというが、この演奏で私たちも合点がいく。繊細かつメランコリーなオーボエが綿々と歌い上げるカンティレーナに、ベイヌムならずもうっとり魅了されるに違いない。

    センメル さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ヘンデル(1685-1759)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%