DVD 輸入盤

モーツァルト:交響曲第36番『リンツ』、第38番『プラハ』、ヘンデル:水上の音楽 ミュンシュ&ボストン響(1958−60)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ICAD5057
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
通常
:
白黒
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

モーツァルト:『リンツ』、『プラハ』、ヘンデル:水上の音楽
ミュンシュ&ボストン交響楽団


大好評、ミュンシュ&ボストン交響楽団のテレビ放送シリーズです。今作はモーツァルトとヘンデルを収録。どちらも彼が得意としたレパートリーです。ヘンデルの『水上の音楽』は、作曲家&指揮者ハミルトン・ハーティによる編曲版を使用していて、通常聴かれるものよりも若干短いことと、楽器編成が拡大(特にティンパニが強化)されていることが特徴です。ミュンシュはこの曲を53回(!)演奏したと記録されていて、RCAへの録音も残されています。
 モーツァルトは不思議なほど録音がなく、この2作品も他には録音がありません。何とも生き生きとしたモーツァルトです。
 ブックレットには、38年間に渡ってボストン交響楽団の首席フルート奏者を務めたドリオ・アントニー・ドゥワイヤーへのインタビューを掲載(英語のみ)。ミュンシュとオーケストラの関係を垣間見ることができます。(ICA CLASSICS)

【収録情報】
1. ヘンデル:組曲『水上の音楽』(ハーティ版)
2. モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
3. モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504『ブラハ』

 ボストン交響楽団
 シャルル・ミュンシュ(指揮)

 収録時期:1960年4月12日(1)、1958年4月8日(2)、1959年11月3日(3)
 収録時期:ハーヴァード・ユニヴァーシティ、サンダース劇場(ライヴ)

 収録時間:62分
 画面:モノクロ、4:3
 音声:Enhanced Mono
 字幕:なし
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品