トップ > My ページ > stay free さんのレビュー一覧

stay free さんのレビュー一覧 

検索結果:45件中31件から45件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/07/29

    ギ―ゼキングももちろん素晴らしいが、何といっても伴奏を務めるロベルト・ヘーガー指揮ベルリン・フィルの演奏が物凄い!まるでフルトヴェングラー&ベルリン・フィルである!ロベルト・ヘーガーは知る人ぞ知る第二次大戦中にドイツにおいて活躍した極めて優れた指揮者であるが、やはり大戦中にドイツに留まり指揮活動したのが悪い影響を及ぼしているようで、その評価は低い、あるいは存在を知られていない。しかしそれとこれとは別問題では無かろうか?ベームもゲッペルスの前で「マイスタージンガー」を演奏している。ナチスがどうしたとかいう問題のおかげで、このような優れた指揮者が埋もれてしまっているのは非常に残念だ!ぜひ埋もれている貴重な音源を掘り起こしてくれるようレコード会社には強く要求し、ヘーガー再評価を巻き起こして欲しい!!

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/06

    2009年リマスター盤音質向上しています!中域、低域が分厚く、UKアナログ・オリジナル盤に匹敵する素晴らしいリマスター盤だと思います。既出盤で問題のあった5曲目、M・テイラー作の名曲「TIME WAIT’S FOR NO ONE」は、使用されたマスターテープが不良なのか、物凄いノイズが入っていましたが(CBS、SONY、ヴァージン)、当リマスター盤は不具合が改善され(オリジナル・マスターテープからのCD化?)全くノイズはありません!これだけでも買いだと思います。しかも輸入盤は品質・音質優秀なドイツ・プレス!初回プレス盤はSACDタイプの特殊Pケース入りです!まだ購入されていない方はお早めに!!過去のかなりいい加減なCD化(特にヴァージン!)商品は売り払い買い替えてもよいのではと思うほど優れた2009年リマスター盤です!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/06

    2009年リマスター盤音質向上しています!中域、低域が分厚く、UKアナログ・オリジナル盤に匹敵する素晴らしいリマスター盤だと思います。1回目のPケース入り紙ジャケ・ヴァージン盤(ヴァージンは2回Pケース入り紙ジャケ盤をリリースしています)ではマスターテープからではなくアナログ盤からのCD化で、よく聴くと針音ノイズ、ドロップアウト(音飛び)をそのままCD化しているモラル無きCD化でしたが、2009年リマスター盤は良質なマスターテープからのCD化で、ミックの息遣いが聞こえてくるほどリアルな音質です。ただラストの「STAR〜」はボーカルが被さっている個所があり、これがオリジナルのミックスなのか、不良なのかは分かりません(ご存知の方教えて下さい)。輸入盤は品質・音質優秀なドイツ・プレスで、初回プレスはSACDタイプの特殊Pケース入りなので、まだ購入されていない方はお早めに!過去のかなりいい加減なCD化(特にヴァージン!)商品は全て売り払って買い替えてもよいのではと思うほど優れた2009年リマスター盤です!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/06

    2009年リマスター盤音質向上しています!中域、低域が分厚く、UKアナログ・オリジナル盤に匹敵する素晴らしいリマスター盤だと思います。既出盤で問題のあった音圧(レベル)の不安定、不均衡、特に「BITCH」でガタっと音圧(レベル)が低下する不具合も改善され、全体的な音圧(レベル)も安定、均一化され非常に聴きやすい音質になっています!輸入盤は品質・音質優秀なドイツ・プレスで、初回プレスはSACDタイプの特殊Pケース入りなので、まだ購入されていない方はお早めに!過去のかなりいい加減なCD化(特にヴァージン!)商品は全て売り払って買い替えてもよいのではと思うほど優れたリマスター盤です!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/01/03

    音質向上しています!中域、低域が分厚く、UKアナログ・オリジナル盤に匹敵する素晴らしいリマスター盤だと思います。過去CD化された「IT’S ONLY ROCK’N ROLL」5曲目の名曲「TIME WAIT’S FOR NO ONE」は使用されたマスターテープが不良なのか、物凄いノイズが入っていましたが、当リマスター盤は全くノイズはありません!これだけでも買いだと思います。しかも品質・音質優秀なドイツ・プレスです!!過去のかなりいい加減なCD化(特にヴァージン!)商品は全て捨てて買い替えてもよいのではと思うほど優れたリマスター盤です!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/25

    日本語吹き替えが付くとのことで購入しようと思ったが、某サイトで日本語吹き替えはテレビ初放映時のフジテレビ版ではなく、その後に放映された日テレ版とのことですぐにキャンセルした!どちらも観たが、マックィーンの最後の言葉「あばよ建築屋!」が「また会おうぜ」と吹き替えされていたのにはムカついたが、それ以外はフジテレビ版の日本語吹き替えのほうが遥かに素晴らしかった!給水タンクを爆破することをマックイーンがニューマンに電話で伝えるシーンのフジテレビ版日本語吹き替えは、本当に感動的だった!なぜ日テレ版日本語吹き替えなのかセンスを疑う!!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/12/08

    これほど使用されているサウンドトラックで作品の印象が変わってしまうものか...。日本公開版はゴブリンの優れたサウンドトラックがふんだんに使用され、作品にスピード感と緊張感を与えていたが、米国版はほとんどゴブリンのサウンドトラックは使用されておらず、訳のわからない、安っぽいサウンドトラックが使用されており、特にラストの、ピーターがゾンビを殴り倒して、ヘリコプターに飛び乗る場面でのチンケなサウンドトラックには唖然とした!なんだこれは!!かえって緊張感が削がれるではないか!ダリオ・アルジェント版が最も日本公開版に近いとのことなので「ゾンビ」はアルジェント版を観るべし!!!他のバージョンは要らない!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/21

    ジム・モリスンがすでに燃え尽きてしまっていた、1970年の末期ドアーズのライヴが中心ですが、そこはロスチャイルド!膨大な音源を厳選し抜いて、ドアーズ絶頂期を思わせる素晴らしいライヴ・アルバムに仕上げています!特に14分に及ぶ「CELEBRATION〜」は圧倒的!アンコールの「SOUL KITCHEN」もスタジオ音源を遥かに上回るカッコよさで涙もの!大穴の「YOU MAKE ME REAL」もマジでカッコよいです!!「GLORIA」の超カッコよいスタジオ音源も収録!買いましょう!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/21

    毒の無いドアーズ。なんかムード歌謡のようで気色悪い。新しいことに挑戦したかったのだろうが、これはちょっと...。ドアーズというバンドがやる必要のある音楽、方向性であるのか疑問。69年のマイアミ公演でのジム・モリスンは「タッチ・ミー」の途中で突如怒り狂い、歌うのをやめ、放送禁止用語を叫ぶが、これがジム・モリスンの本心だったのだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/04

    本当に様々なブルックナー第7交響曲を聴いてきたが、これほどスケールが巨大で、深い解釈による感動的な演奏を他に知らない。ブルックナー第7交響曲演奏史上最高の名演と言える。楽譜を見ながら音楽を聴く手合いには理解できないのだろう。演奏技術?クソくらえ!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/04

    これまた実演とは程遠いリマスタリングに唖然。なぜ、どうして余計なことをしたがるのか?実演は腹の底にティンパニーの強打がボディーブローのように打ち込んでくる、これまで経験のない体験だったが、当CDからはその片鱗も聴き取れない。傷が無く、音を磨き上げ、美しい演奏に仕立て上げる必要が何故あるのか?何度でも言うが、何も朝比奈&大フィルを聴かなくとも、そのような演奏は掃いて捨てるほど存在する!!伝説の聖フローリアン公演がもしXRCD化されることになったら、第三者の余計なリマスタリングは不要である。マスター・テープそのままをお聴かせ願いたい!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/04

    実演とは程遠いリマスタリングに唖然。どうして余計なことをしたがるのか?朝比奈&大フィルの最大の聴きどころは、武骨で豪傑な演奏であろう。アナログ盤ではカテドラルでの壮絶な演奏を思い起こせる素晴らしいリマスタリングであったが、今回は何とか武骨さ、豪快さを必死で消し去ろう、音を磨き上げ、美しい演奏をお聴かせしようとの意図が明白である。何も朝比奈&大フィルを聴かなくとも、そのような演奏は掃いて捨てるほどある。朝比奈&大フィルにユーザーが何を求めているのか、レーベルはなぜ理解できないのか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/08

    全ての演奏の音質が既出盤を上回る素晴らしいBOXセット!8番はメロディア盤ではステレオと表示してあるが、実際はモノラルで、当BOXセットのリマスタリングのほうが非常に丁寧で優れた音質(残念ながらメロディア盤はかなり雑なリマスタリング)。また何といっても11番の初演が収録されているのがうれしい(ロシアン・ディスク盤のオークションで何度競い破れたことか...。)!!演奏も凄い!!12番&15番も本家メロディア盤よりも遥かに優れたリマスタリングによる高音質!もちろん演奏も壮絶です(ソ連崩壊後のメロディアの凋落は非常に残念)。この値段でこの内容は驚愕!絶対買いです!!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/08/16

    このような高額で購入するほど価値のあるものではありません。所詮「板起こし」という当方にとっては邪道な方法によるCD化です。また制作者の強い私見による不自然なリマスタリングに耐えられない。私はあくまでもソ連時代の幻のVSG盤の音が聴きたくて購入したが、これほど制作者の我見が強く込められているのではVSG盤でもフォンテック盤でも同じではないか?いい加減に「板起こし」なる方法はやめてもらいたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/06/21

    劇場公開&初めてVAPからビデオ化された映像とあまりに異なることにガッカリ!オリジナルの映像はコントラストが強い独特のもので、ハリウッド映画とは全く異なる、これぞ英国映画と言える高貴な品格と暗さを兼ね備えた当時の英国の空気が伝わってくる芸術的映像であったが、今回のDVD化はその独特な映像美を余計な手を加え叩き壊し、ごく普通の平凡な画像になっている。いったい何を考えてオリジナルの映像に手を加えたのか理解に苦しむ!今後もしリイシューされることがあったら、オリジナル映像でのDVD化を断固求める!!唯一の救いは未発表「英国内乱」が収録されていることぐらい。なんで余計なことをするのかなぁ〜?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:45件中31件から45件まで表示