CD

Sticky Fingers

The Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VJCP25111
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

70年代ストーンズの作品の中でも『メインストリートのならず者』と並ぶ傑作! 何といっても70年代ストーンズの幕開けを飾る名曲M1の印象の強さ。オープンGチューニングで一期一会の名リフを編み出すキースの業でストーンズは何度蘇ったことか。曲タイトルがアルバム・タイトル同様セクシーな響きをアピール。アコースティック超名曲M3(歌詞も最高)、ブルースのフレッド・マクダウェル・カヴァーM5、シングルB面M6などと解説するより、捨て曲なしの全体のムードや、次作で大展開されるカントリー・テイストなど米ルーツ的要素、米南部〜カリブ海的なフィーリングをもまるごと楽しみたい一枚!! アンディ・ウォーホールによるジャケのジーンズには当初本物のジッパーが付いていた。1971年度作。

内容詳細

「結成25周年記念企画」というわけで、'71年発表の名盤『スティッキー・フィンガーズ』から'84年発表のベスト盤『リワインド』まで、われらがストーンズの14枚のアルバムが一挙にCD化された。さて、何か書かなければならないのだが、実は書くべきことは何もない。書くことがないのではなく、書くべきことがないのだ。ぼくに書けるのは「とにかく聴いてみろよ」ということだけだ。ストーンズを聴く。それは特別な体験だ。いったい何人のガキがストーンズを聴いたせいで道を誤ったことか。今この文章を書いているぼくもそのひとりだ。「ストーンズの音楽は黒人音楽のイミテーションに過ぎない」と言う人がいる。それは間違いではない。しかし、正しくもない。そうじゃないんだ。ストーンズのせいで道を誤ったガキどもは知っている、そうじゃないんだってことを。ストーンズについて語る必要はない。ストーンズを聴けば、それがわかる。(聖)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
44
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
ローリングストーンズレーベルからの初のア...

投稿日:2021/03/01 (月)

ローリングストーンズレーベルからの初のアルバムとして、1971年4月に発売されたマスターピース。英米チャート共に1位を獲得。そして、ブライアン・ジョーンズに変わって加入したミック・テイラーが初めてフル参加したアルバム。何といっても、1曲目につきる。自然と体が、スウィングし始める。アンディ・ウォーホールがデザインしたジッパー付のジャケットも話題を呼んだ。

たまちゃん さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
私にとって、何故か特別思い入れの有るアル...

投稿日:2016/01/31 (日)

私にとって、何故か特別思い入れの有るアルバムが無い不思議なバンド。ブリュッセルのブートが一番のお気に入りであったが、しいて最高傑作を選ぶとなれば本作かな。

ホーぺ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
BITCH最高!これはスト−ンズでなきゃ...

投稿日:2012/08/15 (水)

BITCH最高!これはスト−ンズでなきゃ出来ない曲だね。ブラウンシュガ−もいいけど、ビッチの方が上。このビッチとジャンピングジャックフラッシュ、ミッドナイトランブラ−、黒く塗れ、ストリ−トファイティングマンが私のお気に入りです。スト−ンズバイザイ!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、

プロフィール詳細へ

The Rolling Stonesに関連するトピックス

おすすめの商品