CD 輸入盤

ピアノ協奏曲全集 内田光子(p)、ザンデルリング&バイエルン放送響、コンセルトヘボウ管(3CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4756757
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

内田光子&ザンデルリングのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集が、お買い得なバジェット・セットとして嬉しい登場。2005年秋にはベートーヴェンのソナタ録音が発売予定と噂されている内田ですが、これはその先触れともいうべきリリースとなります。
 “最後の巨匠”と賞され、90歳を迎えた2002年に惜しまれつつ引退したクルト・ザンデルリングに対する内田の敬愛はよく知られているところで、ザンデルリングの引退コンサートではモーツァルトのコンチェルトを共演、感動のあまり終演後に涙を浮かべたというエピソードにも、その深い強い心酔ぶりがうかがえます。このベートーヴェン録音も、内田自身のたっての希望でザンデルリングとの共演が実現したもので、当時のインタビューで「ザンデルリングとでなければベートーヴェン録音はありえない」とまで語っていたほどに深く強い共感は、当盤に収められた演奏からも如実にうかがわれます。
 そんな内田を見事に支えたザンデルリングの、まさに万全のサポートぶりも聴き逃せません。
DISC-1
 ピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15(録音:1997年7月)
 ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.19(1997年7月)
DISC-2
 ピアノ協奏曲第3番ハ短調 op.37(1994年11月)
 ピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58(1994年11月)
DISC-3
 ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 op.73『皇帝』(1998年11月)
 創作主題による32の変奏曲ハ短調 WoO.80(1998年11月)

 内田光子(p)
 コンセルトヘボウ管弦楽団[第3番、第4番]
 バイエルン放送交響楽団[第1番、第2番、第5番]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Concerto for Piano no 1 in C major, Op. 15
  • 02. Concerto for Piano no 1 in C major, Op. 15
  • 03. Concerto for Piano no 1 in C major, Op. 15
  • 04. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 19
  • 05. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 19
  • 06. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 19

ディスク   2

  • 01. Concerto for Piano no 3 in C minor, Op. 37
  • 02. Concerto for Piano no 3 in C minor, Op. 37
  • 03. Concerto for Piano no 3 in C minor, Op. 37
  • 04. Concerto for Piano no 4 in G major, Op. 58
  • 05. Concerto for Piano no 4 in G major, Op. 58
  • 06. Concerto for Piano no 4 in G major, Op. 58

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
4
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
べートベンのピアノ協奏曲はあのバックハウ...

投稿日:2018/12/15 (土)

べートベンのピアノ協奏曲はあのバックハウスが、ミケランジェリが、リヒテルが、ギレリスが、アラウが、ケンプが。。。いずれも巨匠ですべて男性プレイヤーを思い浮かべてしまう。ベートーベンのピアノ協奏曲そのものが女流ピアニストの演奏を拒むかのようだ。女流ピアニストならどう弾くのか?がぜん興味がわいてきた。ずいぶん前に内田光子氏とザンデルリンクのコンビの第5番のCDをもっていたので、全集はないかさっそく検索してみた。在庫があるとは意外ではあったが、さっそく入手して一気に聞きとおした。ベートーベンのピアノ協奏曲はやはり3番から聴くべしと、たしか評論家が言っていたような記憶もあった。理由は多分にベートーベンらしさは3番からということだろう。鍵盤を強く打ちぬくようにたたく?そうでなければベートーベンのピアノ協奏曲の壮大さが表現できない?からかもしれない。小生はモーツアルトの影響が色濃く残る1番から聞き込んだ。さすがモーツアルト演奏名手の内田光子氏、1番から順に聴き進めることをお勧めしたい。名指揮者クルト ザンデルリンクとの呼吸もぴったりだ。すばらしい演奏を残してくれたものだ。全集が録音されたのは1994年からで、ザンデルリンクは実に82歳である。最後の第5番が録音されたのは86歳。内田氏が50歳だ。 今回philipsロゴのままのものが送られてきて、Deccaロゴが使用される2009年前の製品で、もうこれはお宝としかいいようがない。う〜ん全集を聞きとおすと、たしかにもっと骨太が欲しいかもである。バックの重厚な響きとは対象である。実に美しいピアノの響きだ。これぞ内田光子氏が目指した新しいベートーベンのの響きではなかろうか?まるで男性ピアニストだけのものではないことを主張しているかのようである。録音も実に素晴らしい。歪もなく小生のUV211S真空管アンプとバックロードホーンスピーカーが極上の演奏と音をもたらしてくれた。実に幸せである。

室長鉄男 さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
微に入り細に入ると言いますか、とてもよく...

投稿日:2015/08/08 (土)

微に入り細に入ると言いますか、とてもよく練られた繊細な演奏で規模は中型。ぴりぴりとした神経質な演奏で少々余裕とおおらかさが不足気味で聞き手を多少なりとも選ぶだろう、悪い言い方をすればあまりにも緻密でしんどいのである。アラウやバックハウス等はおおらかさが前面に出ていてきもちよい、このあたりが違う。いつもCD棚から取り出して聴くCDではないかも、、、つかれるから。

hossy さん | 愛媛県 | 不明

1
★
★
★
★
★
内田さん、敬愛する名匠ザンデルリングとの...

投稿日:2014/02/10 (月)

内田さん、敬愛する名匠ザンデルリングとの念願のベートーヴェン協奏曲。繊細な内田さんのピアノと、優しい時に豪胆ザンデルリングの記念碑的名演。コンセルトへボウとの3番、4番は後者だけがライヴ、1番、2番、5番はバイエルン放送響とのセッション。4番のライヴらしい緊張感は鳥肌ものですが、より徹底した演奏と言う事で、以後の演奏は、セッションとなったのでしょうか。コンセルトへボウの演奏は、やや軽め、明るい印象、バイエルンは、ドイツらしく重め、お互いの長所出しつつ寄り添ってゆく親愛、尊敬の念が感じられる演奏。とっても切ない。発売されては、すぐ無くなってしまう、ザンデルリング引退コンサートのCDも、是非聴きたい・・・。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト