CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 内田光子(5CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4683562
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

内田光子モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集(5CD) 

内田光子の世界的な名声を決定づけたソナタ全曲録音のセット化。ロンドンのウィグモア・ホールでおこなわれたソナタ全曲演奏会(1982年)の大成功を受けてレコーディングされたもので、平行しておこなわれたコンチェルト録音ともども、この日本人離れした才気の持ち主と賞されるピアニストを一躍世界の中心へと押し出す契機となった、記念碑的な名盤です。
 しばしば完璧主義的ともいわれる高度な知性と、きわめてデリケートかつ濃厚な情感という、相反する要素をあわせ持つ稀有なピアニストと評される内田。モーツァルトの音楽が持つ古典的な美感とロマンティックな抒情性の双方を“完璧に”フォローしたと絶賛された名演揃いの当盤は、数ある競合盤の中でもまず指折られるべき一組と言えるでしょう。

Disc 1:
・ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 K.279
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280
・ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 K.282
・ピアノ・ソナタ第5番ト長調 K.283
Disc 2:
・ピアノ・ソナタ第6番ニ長調 K.284
・ピアノ・ソナタ第7番ハ長調 K.309
・ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310
Disc 3:
・ピアノ・ソナタ第9番ニ長調 K.311
・ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331『トルコ行進曲付き』
Disc 4:
・ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332
・ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333
・幻想曲 ハ短調 K.475
・ピアノ・ソナタ第14番ハ短調 K.457
Disc 5:
・ピアノ・ソナタ第15番ハ長調 K.545
・ピアノ・ソナタ第16番変ロ長調 K.570
・ピアノ・ソナタ第17番ニ長調 K.576
・ピアノ・ソナタ第18番ヘ長調 K.533+494

内田光子(p)

録音:1983年10月-87年7月[デジタル]

収録曲   

  • 01. Piano Sonata in C, KV 279[189D]-Allegro
  • 02. Piano Sonata in C, KV 279[189D]-Andante
  • 03. Piano Sonata in C, KV 279[189D]-Allegro
  • 04. Piano Sonata in F, KV 280[189E]-Allegro Assai
  • 05. Piano Sonata in F, KV 280[189E]-Adagio
  • 06. Piano Sonata in F, KV 280[189E]-Presto
  • 07. Piano Sonata in BB, KV 281[189F]-Allegro
  • 08. Piano Sonata in BB, KV 281[189F]-Andante Amoroso
  • 09. Piano Sonata in BB, KV 281[189F]-Rondeau[Allegro]
  • 10. Piano Sonata in Eb, Kv 282[189G]-Adagio
  • 11. Piano Sonata in Eb, Kv 282[189G]-Menuetto 1 & 2
  • 12. Piano Sonata in Eb, Kv 282[189G]-Allegro
  • 13. Piano Sonata in G, KV 283[189H]-Allegro
  • 14. Piano Sonata in G, KV 283[189H]-Andante
  • 15. Piano Sonata in G, KV 283[189H]-Presto
  • 16. ALLEGRO
  • 17. RONDEAU EN POLONAISE (ANDANTE)
  • 18. TEMA CON VARIAZIONI
  • 19. 1. ALLEGRO CON SPIRITO
  • 20. 2. ANDANTE, UN POCO ADAGIO
  • 21. 3. RONDEAU (ALLEGRETTO GRAZIOSO)
  • 22. 1. ALLEGRO MAESTOSO
  • 23. 2. ANDANTE CANTABILE CON ESPRESSIONE
  • 24. 3. PRESTO
  • 25. 1. ALLEGRO CON SPIRITO
  • 26. 2. ANDANTINO CON ESPRESSIONE
  • 27. 3. RONDEAU (ALLEGRO)
  • 28. 1. ALLEGRO MODERATO
  • 29. 2. ANDANTE CANTABILE
  • 30. 3. ALLEGRETTO
  • 31. 1. TEMA (ANDANTE GRAZIOSO) CON VARIAZIONI
  • 32. 2. MENUETTO
  • 33. 3. ALLA TURCA (ALLEGRETTO)
  • 34. 1- SONATA IN F, KV 332-300K - ALLEGRO
  • 35. 2- ADAGIO
  • 36. 3- ALLEGRO ASSAI
  • 37. 1- SONATA IN B FLAT, KV 333-315C - ALLEGRO
  • 38. 2- ANDANTE CANTABILE
  • 39. 3- ALLEGRETTO GRAZIOSO
  • 40. Fantasia in C minor KV 475 (Adagio - Allegro - Andantino - Piu' Alleg Ro - Tempo I)
  • 41. 1- SONATA IN C MINOR, KV 457 - MOLTO ALLEGRO
  • 42. 2- ADAGIO
  • 43. 3- ALLEGRO ASSAI
  • 44. 1. ALLEGRO
  • 45. 2. ANDANTE
  • 46. 3. RONDO (ALLEGRO)
  • 47. 1. ALLEGRO
  • 48. 2. ADAGIO
  • 49. 3. ALLEGRETTO
  • 50. 1. ALLEGRO
  • 51. 2. ADAGIO
  • 52. 3. ALLEGRETTO
  • 53. 1. ALLEGRO, KV 533
  • 54. 2. ANDANTE, KV 533
  • 55. 3. Rondo (Allegretto), KV 494

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
陰影の付け方が素晴らしいです。テクニック...

投稿日:2010/08/28 (土)

陰影の付け方が素晴らしいです。テクニック的には、お手本のような演奏。

静流 さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
昨年英国DBEを受賞した内田光子が30歳代の1...

投稿日:2010/01/10 (日)

昨年英国DBEを受賞した内田光子が30歳代の1983年から1987年にかけて毎年分納収録して大成したモーツァルト・ピアノ・ソナタ全集(18曲のソナタ以外に幻想曲、ロンド等を含む)であります。内田は周知の如く1970年ショパン・コンクール二位入賞の実績を有しこれを日本人として越えた者は今日現在いません。1980年頃からモーツァルト演奏を公開し出して本盤1983年収録の第11番K331「トルコ行進曲」(タイムは@13’49A6’38B3’31とせっつかない印象タイム)では翌年エジソン賞やレコード・アカデミー賞が与えられている程の名演なのであります。確かに第3楽章など単に弾き進むのではなく微妙な変化をつけておりエンドの辺りは段差を強調するなどの個性が光った演奏であります。大半の曲を聴き終えてこの「個性・・・情と知の捻ったぶつかり合い」がモーツァルトの曲にピッタリ感があるかどうかは聴く側の好みにも寄ってくるのでありそこは様々な印象を持ったことは事実であります。さきほど「せっつかない印象」と書いたのですがサンプリングで他の曲でのタイムをメモしますと第8番K310(1985年録音)が@8’04A10’42B2’48、第12番K332(1983年録音)@6’57A5’01B6’35といった具合でタイムだけでもおわかりになると思います(勿論演奏そのものもであることは言を待たないのでありましょう)。私の聴いた全集アルバムには内田の「全曲録音を終えて」というメモがついており少し引用させていただきますと「モーツァルトのピアノ・ソナタの全曲演奏、そして録音をふり返ってみると、1曲1曲の美しさ、楽しさ、特殊性がまず有るが、それを越えた全体の流れを知る面白さが最大の発見であったと言えよう。彼の一生の大きな波をたった18曲のうちに垣間見ることができる。そしてオペラやピアノ協奏曲の華やかさやヴァラエティ、規模の大きさがないかわり、限られた素材と形の中で他の作品にはない世界が展開される・・・(以下各曲の演奏ポイントに触れています)」・・・大きな仕事を完遂した者だけが言える言葉と思います。確かにモーツァルトが18歳の1774年第1番K279から1789年の第17番K576(前年第18番K533がK494と合体完成?)までの過程で彼の短い生涯、様々な走馬灯が走るのを内田は視ていたのでしょう。この解説書にはあの指揮者イッセル・シュテットの息子で音楽学者、フィリップスプロデュサーのエリック・スミスの各曲説明もついております。又、彼女はいつか再録するのかも知れませんがこの時の全曲盤は貴重なやや大袈裟に申せば我々日本人にとっての素晴らしい金字塔でもあると思っております。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

1
★
★
★
★
★
自然で素直な演奏とはまったく対極の作為に...

投稿日:2009/07/19 (日)

自然で素直な演奏とはまったく対極の作為に満ちみちた演奏である。それが、しかしすこぶるオモシロイ。微細な点にいたるまで月並みにならぬよう徹底的に考え抜かれている。普通、そんな演奏は嫌味っぽくてとても聞いていられたもんじゃないけれど、オモシロさが先にたって、思わずニンマリとしてしまう。あの変わり者で新し物好きのモーツァルトが聞いたら、喝采するんじゃないだろうか。自然な流れでピュアな演奏もいいけれど、こういうのもモーツァルトの場合は「有り」と認識させられました。

CD小僧 さん | 埼玉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド