ベリオ、 ルチアーノ(1925-2003)

ベリオ、 ルチアーノ(1925-2003)

ベリオ、 ルチアーノ(1925-2003) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

関連商品

商品ユーザーレビュー

17件

すべてのユーザーレビューを見る(17件)

  • 一曲一曲、バラエティーに富んでいて、聞いててとても...

    投稿日:2013/06/19

    一曲一曲、バラエティーに富んでいて、聞いててとても面白い。僕は楽器の演奏方法は良く知らないのですが、それでも凄い技法が必要な曲だと分かります! ただ、楽器の演奏技術を知ってる人は、凄いと思うでしょうが、全ての曲そのものがそれぞれ面白いので、演奏技術を知らなくても、面白い音楽として十分楽しめると思います。そもそも、演奏技術を知ってる人しか楽しめないような曲は名曲とは呼べないと思うのですが、この曲群はそうでは無いと思うので、このアルバムは名盤と呼べるのではないでしょうか!!

    ひ〜ちゃん さん

    1
  • ベリオの「セクエンツァ」は、14の楽曲からなる一群の...

    投稿日:2021/07/09

    ベリオの「セクエンツァ」は、14の楽曲からなる一群の作品の総称。各作品はそれぞれソロ(フルート、ハープ、女声、ピアノ、トロンボーン、ヴィオラ、オーボエ、ヴァイオリン、クラリネット、トランペット、ギター、ファゴット、アコーディオン、チェロ、サクソフォン)楽器のために書かれている。それだから、全集としてリリースするためには14人の奏者が個別に曲を録音することになる。また、ベリオの狙いとして、それぞれの楽器の奏法の「新しい技術」を求めたため、どの曲も相応のテクニシャンでなければ太刀打ちできない代物である。ナクソスのような廉価レーベルがこの全集を出してくれたことは、とてもうれしいが、聴いてみて驚いたのは、その質の高さである。そもそも、ジャケットのデザインからしていつものナクソス・レーベルに比べて抽象度が高く、内容を期待させるセンスのよいものだったが、実際中身は負けていなかった。それにしても奏者の名前は正直言ってまったく聞いたことがない人ばかりである。そのメンバー全員が、一人のはずれもなくこれほどの演奏をしているのだから、その企画力の見事さにまず脱帽するほかない。楽曲は聴いてみるのが一番だが、とても面白い。様々な音色を一つの楽器に求めるが、決して破壊的ではなく、音楽としての求心性を保っている。とはいえ、その旋律は簡単に口ずさめるものではないし、現代音楽が一切ダメという人には向かないが、偉大な芸術家のライフワークを聴く貴重な機会を提供したアルバム。

    ココパナ さん

    0
  • 僕個人の感想ですが、このピアニストはお洒落に弾いて...

    投稿日:2014/07/04

    僕個人の感想ですが、このピアニストはお洒落に弾いているように感じ、聞いてる途中で、コレ名盤じゃん!!と感じ、より深くこのCDにハマっていきました!現代音楽は不協和音だらけで嫌い! と言う人も、ベリオの曲は、不協和音だらけでも、汚い響きではなく、ユーモラスなところがあったり、不協和音を楽しく美しく聞かせるところがあったりしていて、意見が変わるかもしれません。そういった楽しさ、美しさ、などのところを、このピアニストは見事に表現してます!

    二へイ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ベリオ、 ルチアーノ(1925-2003)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%