トップ > My ページ > ぶひ さんのレビュー一覧

ぶひ さんのレビュー一覧 

検索結果:78件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/09/03

    確か1990年台後半だったか日本公演をみた

    眠りは一曲一曲は好きなのだが
    なにせ長く、好みもあるが 他いろいろ観たのだが あまり記憶に残らないので
    白鳥、胡桃ばかりで 遠のいていたのだが
    たまたま手に入れた公園チケット、幕が上がり次第 圧倒されっぱなしだった
    まったく飽きが来ない 演出 舞台、細かなマイム
    とても楽しめ 強く印象に残った舞台でした。

    その日は 幕が上がったところで やはり どよめきが起こり 
    最後は スタンディングオベーション 大喝采でした

    これも他の方が書かれているが 演劇の国の眠り
    わかりやすく 入りこみやすくなんといっても 今観ても色あせない斬新さ

    オーロラ、リラの精、なんといってもダウエルのカラボスが最高で
    他の方が書かれているが ものすごい存在感でした
    (当DVDの 映像、カメラワークがイマイチだなと同感 残念!)

    眠りは 先ずはこちらをおすすめしています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/09/01

    とっても素晴らしいバッハです!!
    バッハ退屈なんていう方には絶対おすすめ

    恥ずかしながら この方を知りませんでした。

    バッハのピアノはリヒテルにはじまり
    シフ、ペライア、カツァリスを3者をぐるぐる聴いてましたが
    カツァリス編曲以来 自分の好みに合う演奏

    美しい建築物のようなバッハ
    特に前奏曲とフーガBWV944のフーガ。
    疾走する美しさと言ったら…

    ネットでStadtfeldのインタビューをみつけましたが
    心底バッハ好きなんですね、なるほど。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/05/03

    4つの最後の歌、モルゲン、献呈は好きなので何枚も聴い上で
    4つでいうと最もお気に入りはカラヤン/ヤノヴィッツだが、
    生き生きして 哀しみの上になぜか爽やかさが残るイキイキとしたこの盤は同じくらい好きになった。

    好みもあるが、父ヤルヴィとオケの鮮やかなさ、ロットの歌い上げが爽やかで印象に残った。

    男性の声でヴンダーリヒがマイベストだが モルゲン、献呈も良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/04/20

    シンデレラ全曲盤はほかでも出てますが、
    Rozhdestvenskyファーストチョイスにとしておすすめします。

    有名なシーンや一部の曲 プロローグ(1曲目)〜シンデレラがもとに戻ったところまでは 情景も鮮やかに浮かび面白く情熱的な曲揃い
    意地悪姉さんたちのケンカシーンも思わず吹き出したくなる

    ところが このシンデレラ
    天才肌のプロコフィエフにしては珍しく 
    ちょいと飽きる曲もところどころあります。
    (王子がシンデレラ探しまく 遭遇する前のところ)

    不思議とRozhdestvensky盤は飽きません
    やたら刺激的な演奏だから飽きないというわけではないのが不思議なところ。
    魅力的な演奏です!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/03/23

    いわゆる名盤を聴いても どうにもピンとこなかった10番。
    打楽器出身者の父ヤルヴィならではの演奏です。
    ファーストチョイスとしておすすめ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/02/07

    ここのところこの曲を集中して聴いている。
    とにかくたくさん聴いた。

    1楽章の出たしから
    細部まで行き届いた 「あまりに丁寧」な演奏。

    会心の出来」とあるけど、
    素人で聴くこちら側も
    11番のファーストチョイス、かつベスト3に推したい

    音が立体的であまりにもリアルな描写。
    好みもあるが
    その場の息遣いが伝わってくるすばらしい演奏。

    ちなみにテンポは中庸だけど 聴けば聴くほど味わい深いので
    重い曲なのに何度も聴きたくなる 久しぶりにヒットのCD!!

    でも クライツベルク 亡くなってるんですよね・・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/01/26

    2楽章のあの部分や4楽章の最後の部分ばかり強調されるだけではなく
    1905年 全体がみえる演奏。
    「それぞれの場面」「最終楽章への流れ」が
    丁寧に鮮やかに浮かび上がってくる素晴らしい演奏だと思います。

    特に印象に残ったところが民衆による請願の流れの部分
    宮殿に行き着くまでです。
    哀れな民衆の心象や背景が丁寧に奏でらている・
    まだ皇帝に希望をもって信じていた?民衆の請願・叫び
    「皇帝われらが父よ」と「帽子をぬごう」
    この二つが絶妙に交差され なんともいえず厳しく悲しく美しい

    初めて聴く人にオススメのCDだと思います。
    単なる爆音ではありませんから。

    余談ですが父ヤルヴィもいいと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/01/09

    素晴らしい!!
    幻想的なところ凶暴さ、繊細な動き 軽やかさ 全て揃っていて
    どの部分を聴いても飽きない、ホントウに素晴らしい

    火の鳥は名演が多く これ!!というものがなかったので
    色々聴いた。
    気に入ったものは小澤のバランスがよいもの
    ”鮮やかな鳥”デュトワと 完璧なディヴィス。
    最近ではヤンソンスが気に入っていた。(ただし組曲)

    しかしネルソンスがどうやらダントツでお気に入りになってしまったようだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/12/23

    ピアノソナタ3番
    この曲の演奏でまず気になってしまうのが1楽章第2主題

    とても美しい旋律なので聞かせどころなのか 
    高らかにクッキリ歌い上げる曲がけっこう多いです。

    私はひっそりと優しく美しさの諸さ儚さを静かに遠慮がちに歌い上げるタイプが好きです。この曲の第2主題に限っては。

    意外ですがギレリスの3番がその路線で一番気に入っておりましたが
    メジューエワも上に書いたとおりその路線で気に入りました。

    即興曲第3番も素敵です、テンポも調度良く和性をさりげなく響かせている

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/09/15

    キーシンのプレリュードは行ってましたね。
    既にもっていますが、やはり文句なし、特に22、24番は泣けてきます。
    ルービンシュタインのオーソドックスで気品がある演奏はやはり良いと思います。

    ちなみに ポロネーズについて。
    カツァリスのポロネーズ とても素晴らしいです。
    期待通り!!
    中古高額でと思ってましたがお得ですね、こちらの方が。
    2,4,5番が良いと思います。
    そんなに好きではない英雄ポロネーズ
    そんなに好きじゃないのですが
    楽しい感じと洗練されたところ
    ふたつの要素が入り混じりその入れどころが絶妙なので飽きません。

    と 褒め上げ曲げましたが ちょっと癖があるので
    カツァリスのポロネーズは好き嫌いが分かれると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/09/08

    ソナチネ、、小学生の時によくわからず弾いた?曲。

    当時は 発表会に向ける華麗な曲に心奪われ
    テニスに例えるとまるで練習試合のようで
    あまりモエナカッタ曲たち

    しかし その中でも いいなぁと思うものもあり
    この年齢になって聞きなおしたところ

    懐かしい 当時が思い出される(これは手前勝手な回顧)
    美しくて魅力的(私の演奏が酷かったため)

    エッシェンバッハのソナチネ集もいいですが
    こちらはクレメンティに特化してますし
    何せ軽すぎず重たすぎずで思わぬ誤算?で出会ったCDです

    今後は 当時つまらないと思っていたハイドンのソナタも購入予定・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/09/03

    ウェラーさま、凄いです!!いやーぶっ飛びました。

    6,2,3番、スキタイ好きのワタシが 
    さほど期待しないで購入したのですが
    鋭く若々しく、皮肉たっぷり レンジの利いたイカシタ演奏です。
    イカシテイルだけあって ”下品でない”のです。
    これがポイントでしょう。
    特に2,3番なんか 脱帽ってところです。

    プロコの交響曲や協奏曲に対して
    「秀才で性格悪いサド男だけど どこが上品なところがある紳士」
    みたいのを求めていたので
    この全集がマイベストになりそうです

    ちなみにプログレ好きなどがはまりそうです。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/11

    数が多くなかなかとっつきにくいバッハの曲。
    好きなんだけど、とてもじゃないけど全集買いきれないこともあります。

    それらの一部を素敵なカタチで紹介してくれるCDです。
    これをきっかけに興味を持ったりできるので
    バッハビギナーにはオススメのCDだと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/16

    素晴らしいレビューがたくさんありますね、
    素人投稿で失礼します。

    小1からピアノを習っていたワタシはある時期までバッハが嫌いだった。
    ピアノ教師から
    インヴェンションとシンフォニアを”やらされていた”
    バッハの良さが全くわからなくて つまらなくて 手を抜いた
    「まるで夏休みの計算ドリルの宿題」と 手を抜いていた
    (その十数年後、数学の美しさを知ったんですが)

    中3の夏休みに偶然NHKFMで流していたバッハ
    あまりの美しさに 神々しさ、無駄のない美しさ バツグンのセンス
    何度聴いても飽きないであろう美しさ
    それら全てがその演奏には入っていた
    もう それはもう驚いた。
    それからバッハが大好きになった(単純。。。)
    そしてその演奏家「リヒテル」についても猛烈に気になった。

    当時ピアノは習っていたけど演奏家なんぞ全く知らず
    せいぜい名前だけ浮かぶのは
    中村紘子、山本直純、小澤征爾、ブーニン、カラヤンだけだった。

    その後、リヒテルに夢中になったがバッハの美しさを伝えてくれたのは
    この平均律だった
    素晴らしい演奏だと思う。
    この演奏には美味しい昆布だし、塩、
    まるで料理の基本みたいなのが詰まっている。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/02/27

    バレエ全曲盤を次々聴いておりますが
    やはりカラヤンのチャイコフスキーは 信じがたいほど美しいです。
    特に60―70年代の演奏は素晴らしく 私も購入してみました。

    白鳥などはエルムレルやデュトワなど
    どうにもこうにも好きな盤もありますが
    別口でこれは素晴らしいです。

    カラヤン、なぜ三大バレエの全曲盤を出してくれなかったの!!(涙)
    と ご本人に 文句言いたかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:78件中1件から15件まで表示