トップ > My ページ > Shostakopovich さんのレビュー一覧

Shostakopovich さんのレビュー一覧 

検索結果:15件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/26

    Blu-ray Discを購入した。音声について、LPCM 2.0の規格は、48KHz/16bitだった。DTS-HD Master Audio 5.1の方は未確認。せっかくBlu-ray Discを購入しても、ステレオ音声はDVD並みということです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 15人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/06/20

    大変魅力的なセットだ。ただし、アシュケナージの引退後に、独奏曲全集、室内楽全集、声楽曲全集を買う羽目に陥る覚悟で。

    15人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/07/26

    ボストリッジの声は透明で美しい。歌唱は完璧で心温まる。伴奏ピアノも表情豊かだ。特筆すべきは、選曲がすばらしく全曲を通して聞くと一つの詩劇のようだ。もう何回聞いたか数えられない。何度聞いても感動する。聞けば聞くほどに味わい深い。こんなCDはめったにない。私にとって本当に特別な1枚だ。このCDの制作にかかわったすべての人たちに感謝する。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/07/08

    まだ購入していませんが、[収録情報]・曲目未定 になっているのが気になるので書いておきます。2曲のチェロ協奏曲が収録されています。1曲目は、ドヴォルザーク作曲:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104(B.191)で、2曲目は、ミェチスワフ・ヴァインベルク(M. Wajnberg)作曲:チェロ協奏曲 ハ短調 作品43 です。
    上田仁:指揮
    東京交響楽団
    録音:1958年4月30日 日比谷公会堂(モノラル[ライヴ収録])

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/16

    評判の良いCD12枚をまとめて格安で入手できることはありがたい。あえて欠点を一つだけ指摘する。箱が大きすぎて置き場所に困ります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/06

    演奏評ではありません。これから買おうと思っている方のための情報。これら3枚のCDに収められている演奏は、すべて、「Samson Francois L’edition Integrale 36 CD」にも収められています。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/26

    リストのソナタはリヒテル一世一代の名演奏として永遠に不滅だ。何度聞いても、打ちのめされる。リヒテルの膨大なライブ録音から、一枚だけ選べと言われたら、私はこれを選びます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/24

    当日のプログラムが演奏された通りの順序で収録されている。開放的な場所で演奏されたらしく、教会の鐘の音や自動車のクラクションが聞こえてくる。演奏は、本当にすばらしく、リヒテルにしては珍しく、直ちにレコード販売に承認を与えている。ファン必聴の1枚。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/23

    ハイドンのソナタのように軽やかに颯爽と弾ききっている。重厚・壮大・深淵の対極に位置する解釈だ。これまでリヒテル(1966年オールドバラ)やベルマン(1975年)を愛聴してきた私にとって、新鮮極まりない演奏だった。ロ短調ソナタの名演名盤を聴き尽くした人に是非勧める。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/05

    Okazaki氏がリマスタリングしたTOCE14258について。湯気の立ちこめた浴場で収録したような音になっている。独奏バイオリンの音像は1つの楽器としての定位がなくなり巨大な化け物のように拡散している。長い残響が加えられているためオーケストラの音は混濁している。2000年に録音されたものを何のためにリマスタリングするのか見識を疑う。なお、このような悪条件にもかかわらず、カプソンの名演奏には心が躍った。(演奏:星5つ、リマスタリング:星1つ)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/05/09

    優美、繊細、かつ溌溂としており、弦楽三重奏曲として、これ以上を望めない完璧な演奏だ。繰り返し聞けば聴く程に新しい発見があり、胸に沁み入る演奏だ。CBS (Sony) の通常の企画だったら、バイオリンがアイザック・スターン、ビオラがジェイミー・ラレードだった筈だが、クレーメルとカシュカシアンの参加が得られたことは本当にありがたい。(こういう名盤が廃盤になることが多いので早めに購入しましょう)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/18

    何度聴いても、いや、聴けば聴くほどに賛嘆の念を禁じ得ない。かくも美しく、かくも巧いフルート奏者が他にいるならご教示願いたい。おまけにピアノがアルゲリッチときている。何年経っても色あせない不滅の名演奏だ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/13

    目の覚めるような圧倒的なテクニック、強靭な打鍵、輝かしい音色、妖艶な雰囲気。これまでさまざまなピアニストの録音を聞いてきましたが、これが最高です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/24

    期待はずれだった。どちらの演奏もチェロが十分に鳴り響いていない。単にチェロの録音レベルが相対的に低いからかというとそうでもない。なぜなら独奏者マの息づかいは鮮明にきこえてくるのだから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/06

    美人フランス人姉妹というだけで敬遠していたが、初めて聞いて驚いた。4本の手を持ったアルゲリッチ級の巨匠が阿修羅のように即興演奏している趣だ。2人で演奏していることが信じられない完璧なアンサンブル。録音もすばらしい。未聴の方はこの機会に是非ご購入を!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:15件中1件から15件まで表示