サンソン・フランソワ/リサイタル・アット・ザ・サル・プレイエル 1968

2024年05月27日 (月) 18:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


サンソン・フランソワ生誕100周年記念
スクリャービン、リスト、ラヴェルを演奏した
サル・プレイエルにおける1968年11月のリサイタル、正規初出音源!


サンソン・フランソワ[1924-1970]は今年(2024年)生誕100周年を迎えました。これを記念してスペクトラム・サウンドから正規初出音源をリリース。フランス国立視聴覚研究所(INA)所有音源から1968年11月18日、サル・プレイエルにおけるリサイタルが日の目を見ます。当復刻はフランソワの孫クローディ・フランソワの全面協力のもと実現しました。
 フランソワは1970年10月22日に心臓発作で46歳という若さで歿した名ピアニスト。亡くなる2年ほど前の当演奏ですが、表現の幅が広がり美しく磨きあがった演奏は、40代半ばとは思えないほど円熟しております。
 収録作品はスクリャービン、リスト、ラヴェルで、いずれもフランソワが得意とした作曲家ですが、独特の語り口で弾くフランソワの魅力はセッションよりもライヴでより一層発揮され、その香り高き演奏は当リサイタルでも聴くことができます。アンコールで演奏された『スカルボ』も圧巻の出来栄え。歿後50年以上が経った今もなお色あせることのないフランソワの芸術。記念すべき生誕100年にふさわしいリリースといえましょう。
 ※日本語解説はつきません。(輸入元情報)

【収録情報】
● スクリャービン:ピアノ・ソナタ第3番嬰ヘ短調 Op.23
● リスト:巡礼の年 第1年『スイス』 S.160〜第4曲『泉のほとりで』
● リスト:アリャビエフの夜鳴きうぐいす S.250-1
● リスト:巡礼の年 第2年への追加『ヴェネツィアとナポリ』 S.162〜第3曲『タランテッラ』
● ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
● ラヴェル:鏡(全5曲)


(アンコール)
● ラヴェル:夜のガスパール〜第3曲『スカルボ』

 サンソン・フランソワ
(ピアノ)

 録音時期:1968年11月18日
 録音場所:パリ、サル・プレイエル
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 音源提供:フランス国立視聴覚研究所
 24bit/192KHz digital restoration and remastering from the original master tapes
8件中1-8件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて