トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 器楽曲 > 約80分かけたピアノ連弾による『わが祖国』

約80分かけたピアノ連弾による『わが祖国』 SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2016年6月25日 (土)

ご購入はこちら


スメタナ:連作交響詩『わが祖国』(スメタナ自身によるピアノ連弾編曲版全曲)
トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオ


チェコの作曲家スメタナは、ピアニスト、指揮者としても活動し、若い頃にはフランツ・リストの影響を強く受けてシェイクスピア題材の交響詩などにも取り組んでいました。そうした経験が後年、ボヘミア題材の連作交響詩『わが祖国』として結実、自身でピアノ版の編曲もおこなうなど、まるでリストの交響詩とピアノ版を思わせるような状態になっているのも興味深いところです。
 今回登場するピアノ連弾版の録音は、ドイツのデュオ、トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオによるものです。この演奏の特徴は、じっくり型のテンポで細部を丁寧に紡いでいくところになります。これまでCDで聴けた『わが祖国』連弾版の演奏時間は70分から76分ほど、平均すると73分ほどだったので、約80分というタイムにはインパクトがあります。こうしたテンポで音数の多いピアノ連弾をゆったり扱うと、対位法的な表現やライトモティーフ的な要素まで浮かび上がる面白さがあり、『わが祖国』が、吟遊詩人によって歌われたボヘミアのさまざまな物語でもあることを納得させてくれます。

【トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオ】
ヴァイマール生まれのエフェリンデ・トレンクナー(写真右)は、ワルター・ギーゼキングとヴィルヘルム・ケンプに、カールスルーエ生まれのゾントラウト・シュパイデル(写真左)は、イヴォンヌ・ロリオ、ステファン・アシスケナーゼ、ゲザ・アンダ等に師事したピアニスト。1991年にピアノ・デュオを結成して以来、息の合った演奏で数多くのコンサートやレコーディングをおこなってきました。

【わが祖国】
第1曲『高い城(ヴィシェフラド)』
プラハの南、モルダウ河のほとりの崖の上に建つヴィシェフラド城は、10世紀後半に建設された中世ボヘミア王国の城で、そこではかつて伝説の吟遊詩人ルミールが、英雄や愛について歌っていました。 曲頭のハープの動機は、この吟遊詩人ルミールのハープを表したもので、以後、『わが祖国』全体を通じて変形使用されることとなり、この連作交響詩が、あたかも吟遊詩人によって歌われたボヘミアの物語であるといった様相を呈しています。

第2曲『モルダウ(ヴルタヴァ)』
『わが祖国』を代表する人気作で、単独で演奏される機会の非常に多い作品でもあります。内容的には、チェコの中央部を流れる大河モルダウとその周辺の景観を描写したもので、変化に富む水の流れと、民族舞曲や月夜の水の精、聖ヨハネの急流などが描かれており、最後には循環動機でもある『高い城』の主題をモルダウの主題にかぶせて輝かしく終わります。

第3曲『シャールカ』
恋人の裏切りから、なぜか全男性への復しゅうを誓ってしまった女傑シャールカ率いる女性の軍隊と、男性の軍隊との戦いを描いた作品で、同じ題材のヤナーチェクのオペラも有名です。シャールカ討伐に向かったツティラートが、色香と酒によって簡単に負かされてしまうといったストーリーが、スメタナの音楽では最後の勇猛果敢な音楽に象徴されるようにきわめてシリアスなものとして描かれています。

第4曲『ボヘミアの牧場と森から』
きらきらと輝く陽光を受けた緑の平原、収穫祭を思わせる農民たちの楽しげな踊り、森にそよぐ風や小鳥たちのさえずりがあるときは陽気に、あるときは淋しげに描かれる『モルダウ』に次ぐ人気作。

第5曲『ターボル』
免罪符販売を非難したことによってローマ法王から破門され、やがて虐殺されることになるチェコの宗教改革運動家、ヤン・フスの衣鉢を継いだ急進的グループ「ターボル派」を中心に巻き起こったフス戦争を描いた作品。スメタナはフス教徒たちの信条を民族主義の旗印として捉え、主題に彼らの賛美歌(コラール)を用いることで、チェコの歴史上、最大の民族的盛り上がりを見せた出来事を叙事詩的壮大さをもってダイナミックに描き上げています。

第6曲『ブラニーク』
前曲からつながっているこの作品は、ボヘミアのブラニーク山に眠る救国の騎士たちの伝説を描いており、主要主題には第5曲のターボルの主題が用いられて、チェコの危機を救う英雄の存在を強く印象付けます。
実際の戦争では、十字軍のたび重なる侵攻を撃破しながらも、結局は内部分裂によって敗戦を迎えることになる彼らの戦いぶりを考えると、スメタナの描写は少々理想主義的美化が過ぎるようにも思えてきますが、この曲集が、吟遊詩人ルミールによって語られるチェコについての幻想的な物語である点、『ターボル』と異なり、フス教徒ではなく伝説上の存在である騎士たちに戦いがシフトしている点を考慮すれば、スメタナの設定は当を得たものと言えるのではないでしょうか。(HMV)

【収録情報】
● スメタナ:連作交響詩『わが祖国』全曲 [79:54]
(スメタナ自身によるピアノ連弾編曲版)
 第1曲「高い城(ヴィシェフラド)」[16:36]
 第2曲「モルダウ(ヴルタヴァ)」[11:37]
 第3曲「シャールカ」[10:31]
 第4曲「ボヘミアの牧場と森から」[13:04]
 第5曲「ターボル」[14:01]
 第6曲「ブラニーク」[14:05]

 トレンクナー&シュパイデル・デュオ(ピアノ・デュオ)
 SACD Hybrid[CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND]
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

連作交響詩『わが祖国』(スメタナ自身によるピアノ連弾編曲版全曲) トレンクナー&シュパイデル・デュオ

SACD 輸入盤

連作交響詩『わが祖国』(スメタナ自身によるピアノ連弾編曲版全曲) トレンクナー&シュパイデル・デュオ

スメタナ(1824-1884)

価格(税込) : ¥3,672
会員価格(税込) : ¥3,195
まとめ買い価格(税込) : ¥2,387

発売日:2016年07月08日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

1/24(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 1/24(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です