トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > マーラー(1860-1911) > 交響曲第1番『巨人』、第2番『復活』 トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオ(2SACD)

マーラー(1860-1911)

SACD 交響曲第1番『巨人』、第2番『復活』 トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオ(2SACD)

交響曲第1番『巨人』、第2番『復活』 トレンクナー&シュパイデル・ピアノ・デュオ(2SACD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    テリーヌ  |  Hyogo  |  不明  |  2017年10月02日

    マーラーのこれら大交響曲をピアノDUO版で演奏すると、原曲に対してかなり異質なものになりますが、曲そのものの質が高いだけに、たいへん興味深いです。ピアノはオーケストラと違って、たとえペダルを使っても音が減衰しますので、バッテリー(トレモロの範疇)が目立ちます。今まで聴き漏らしていた内声が聞こえたり、逆に目立つ部分が弱かったり、新鮮な気持ちで聴けたように思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示