トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 協奏曲 > ウェーバーのクラリネット協奏曲集を名手ポール・メイエが24年ぶりに再録音

ウェーバーのクラリネット協奏曲集を名手ポール・メイエが24年ぶりに再録音 SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2016年3月13日 (日)

ご購入はこちら


ウェーバー:クラリネット協奏曲集
名手ポール・メイエ、24年ぶりの再録音!


クラリネット協奏曲ジャンルの名作として知られるウェーバーのクラリネット協奏曲は、ミュンヘンの宮廷管弦楽団に所属するクラリネットの名手、ハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンと知り合ったことで生み出されました。
 出会いは1811年のことで、ベールマンの演奏を聴いて感激したウェーバーに、ベールマンが作曲を依頼し、3月中旬から2週間で書き上げられたのが「クラリネット小協奏曲」でした。作品は完成の3日後、4月5日に初演されますが、コンサートに臨席していたバイエルン国王マクシミリアン1世がこの小協奏曲を気に入り、ウェーバーに2曲のクラリネット協奏曲の作曲を要請することになります。
 ウェーバーは第1番へ短調を4月から5月の2ヶ月間で書き上げ6月に初演、翌7月には第2番も完成し11月に初演という素早い展開でしたが、モーツァルトの名作を研究し尽くしていたとされるだけあって、作品の完成度はとても高く、クラリネットの名人芸が存分に発揮された華やかなものとなっています。
 フランスのクラリネット奏者ポール・メイエはこのウェーバーの3つのクラリネット協奏曲をギュンター・ヘルビッヒ指揮ロイヤル・フィルとの共演で1991年に録音し、高い評価を受けていましたが、今回の新録音では、近年の指揮者としての本格的な活動経験を活かしてメイエ自身が指揮を兼ね、共演多数のローザンヌ室内管弦楽団を自由に操る一方、技巧的に困難な箇所も魅力的に吹ききり、変幻自在な音楽を生み出しています。(HMV)

【収録情報】
ウェーバー:
● クラリネット協奏曲第1番ヘ短調
● クラリネット協奏曲第2番変ホ長調
● クラリネット小協奏曲ハ短調

 ポール・メイエ(クラリネット、指揮)
 ローザンヌ室内管弦楽団

 録音時期:2015年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

クラリネット協奏曲集 メイエ、ローザンヌ室内管弦楽団

SACD 輸入盤

クラリネット協奏曲集 メイエ、ローザンヌ室内管弦楽団

ウェーバー(1786-1826)

価格(税込) : ¥2,739
会員価格(税込) : ¥2,384
まとめ買い価格(税込) : ¥2,055

発売日:2016年04月01日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

クラリネット協奏曲第1番&第2番 メイエ(cl)、ヘルビッヒ&ロイヤル・フィル

CD

クラリネット協奏曲第1番&第2番 メイエ(cl)、ヘルビッヒ&ロイヤル・フィル

ウェーバー(1786-1826)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,100
会員価格(税込) : ¥1,012

発売日:2007年12月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です