ガーシュウィン(1898-1937)
新商品あり

ガーシュウィン(1898-1937)

ガーシュウィン(1898-1937) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin、1898年9月26日 - 1937年7月11日)は、アメリカの作曲家。本名、ジェイコブ・ガーショヴィッツ(Jacob Gershowitz)。ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍しアメリカ音楽を作り上げた作曲家として知られる。通称『完璧な音楽家』。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

147件

すべてのユーザーレビューを見る(147件)

  • 小澤征爾の指揮による海外の実演はハイドンの記念年の...

    投稿日:2021/02/27

    小澤征爾の指揮による海外の実演はハイドンの記念年のモーツァルト週間で、ウイーンフィル・内田光子とのザルツブルク大ホールでの演奏会でした。内田光子とのピアノ協奏曲の時に、大ホールにしては音が小さく、杖を突く雑音もありイライラしていましたが、悲しそうなフレーズになった時に、突然、隣の美女が涙を流し始めたのでした。人生、初めての経験でハラハラしたことを覚えています。ところで、ヴァルトビューネの中で、小澤征爾の指揮によるDVDが最も新鮮に感じました。一見をお勧めします。

    kazu1949 さん

    0
  • サンフランシスコ交響楽団との2枚は、演奏が立派すぎ...

    投稿日:2016/06/04

    サンフランシスコ交響楽団との2枚は、演奏が立派すぎるくらい立派。むしろ、3枚目のコロンビア・ジャズ・バンドやコロンビア・ジャズ・バンドの方がガーシュウィンらしさがある。「オブ・ジー・アイ・シング」は演奏以前に曲の好悪がわかれるかもしれない。7枚目のサラ・ヴォーンは印象的。

    saitaman さん

    2
  • これはガーシュィンが憧れたフランス音楽だ ウーセの...

    投稿日:2018/08/23

    これはガーシュィンが憧れたフランス音楽だ ウーセのピアノが物を言う 英独仏の奏者が演奏するガーシュインはジャズから出てジャズそのものであり続けられはしない それはグローフェがクラシック・オーケストラ用に編曲した時から決まっていた運命でもある と言うわけで ”ラプソディ・イン・ブルー”と”ピアノ協奏曲”の印象がとりわけ強くいつまでも残る 何と言っても粋なのだ 洒落ている 情緒は馥郁と香ってもアクがない ノーブルなのだ 知が勝り情が出過ぎない演奏とでも言おうか ”パリのアメリカ人””ポーギーとベス”も管弦楽曲として楽しめる演奏だ ガーシュインがアメリカ人以外の演奏で眠っている新鮮な魅力を今更のように見出される例は意外に多い それでこそ音楽に命が宿ろうと言うもの これでいいのだ 豊かな時間が生まれたように感ずる演奏 あなたも如何   

    風信子 さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ガーシュウィン(1898-1937)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%