serial TV drama インタビュー

2008年7月1日 (火)

無題ドキュメント
serial TV drama インタビュー

inteview : 伊藤文暁(Vo)新井弘殻(Gt)
text : HOSAKA & HORITA(HMV)

※インタビューを最後まで読んでくれた方に、素敵なプレゼントがあります! 必読!


そうですね。
音楽シーン、変えたいっすね。うん。
変えたいというか、
“先人たちの才能を粗末にするな!”
と言いたいです。



--- なんか楽曲のことばかり聴いてしまってすみません、伊藤さん…。

伊藤文暁(以下、伊藤) いえいえ(笑)。

--- このような凝ったオケというか、楽曲やメロディーというものがある状態で、歌詞はどのように載せて作り出しているのでしょうか?

伊藤 ん…。あまり言葉には表しにくいんですよね。もう直感なんです。何も考えずに出てくる言葉をそのまま歌詞にしているという感じです。

--- それが顕著に現れているのが、アルバム最終曲の「歩いていこうぜ」かなとも思うのですが…。あまりにもストレートすぎて、いくら直感と言っても、どこかで理性が働いて、捻くれたものに書き直そうとかそのようには思わないのでしょうか?

伊藤 そうですね…。その曲に関しては、もう終わりの曲だってことが決まってましたし。そこで歌詞を書き始めて。でもここで終わらせずに、次に繋がるような歌詞にしようと思っていて。とにかく今の自分の状況とか、感じているものを、歌詞を作るために書くのではなくて、今生活している自分の感じている現時点の自分と次の自分に繋がる感覚で歌詞を書きましたね。
  だから、理由はないんです。この曲のこの歌詞を書いたときの自分がそういう気持ちだったとしか言えないというか…。ほんと素直に、自分なりに書けたかな…。

--- アッパーな曲だからとかダウナーな曲だからとか。例えば音楽シーンがどうだとか関係なく自分に素直に歌詞を書いているという感じですかね?

伊藤 そうですね。はい。

--- なるほど。しかし、serial TV dramaの楽曲は、ビートルズからの影響だけではなく、多種多様な音楽からの影響がありますよね?

新井 そうですね。

--- あの、実は、もしよければ、アルバム全曲をピックアップして、“この曲はこの曲に影響された”とか一つずつ教えてもらいたいなぁ…なんて思っていたんですけど(笑)。

新井 いいっすよ(笑)。いやいや、いいんですけど、それはやはりリスナーの想像力に任せたいですね。試したいというか。“この曲のこういうフレーズは何だろう?”って探して欲しいというか。掘り下げて欲しいんです。それで音楽をもっと聴いてもらいたいんです。でも、ある程度のものは伝えたいんですけどね。ギリギリのラインで(笑)。

--- では、『シリアルキラー』に込められた、全ての曲ではなくていいので(笑)、影響された曲やアーティストをギリギリのところでヒントだけでも教えてもらえますか?

新井 そうですね…(笑)。歌謡曲やフォークなどの要素をハードロックと混ぜ合わせたりとかそういうミックスもしてますね。ちょっとニュアンスが大雑把な言い方になってしまいますが。あとは、まあ、やはり、ビートルズやクイーンから受けた影響を僕らなりのパワーで表現してます、みたいな。あとクラシック・ロックを噛み砕いて制作しているものもありますけどね。これ以上話続けると…(笑)。

--- では、ギリギリを言うというよりも、逆に、はっきりと言葉で伝えられるものを教えてもらえますか?

新井 「THE DANCE」という曲ならある程度言えますね。あの、エクストリームっていうハードロックバンド知ってます?

--- 知ってますよ! 懐かしいっすね。

新井 僕、エクストリームが大好きで、その要素を入れ込んで、ロックバンドたるロックバンドの構成で作った曲なんですよ、「THE DANCE」は。あの曲は。ほんと僕、エクストリーム大好きなんで。それは影響を受けたと言ってしまっても大丈夫です(笑)。

--- まあ、でも、新井さんのあの早弾きギターを聴けば、わかる人にはわかりますよ(笑)。

新井 そうですよね(笑)。あとは、「ペイマニープリーズ」はディープ・パープルのようなシャッフル・ビートからカントリー調に切り替えて。さらにプログレ調にも行くみたいな。もう、ロックも好きだし、カントリーも好きだし、プログレも好きなんで。さらに民族音楽も好きだし。それらを全て詰め込んで出来た曲が「ペイマニープリーズ」なので。この曲を聴いて面白いなと思ってもらえれば、なんか色々と探ってもらいたいんですよね。色んな音が詰め込まれているんですよ。ごっちゃごちゃと…。

--- そういう思いが込められた曲を聴いて、リスナー自らが能動的にルーツを辿ってもらうというのが健康的ですよね?

新井 そうですね。ルーツ辿ってもらいたいですね。今そういう聴き方をする若い人がいないじゃないですか? メディアが出した新しいものの中から好きか嫌いかを決めているだけであって。何もかも新しいもの尽くしで、表現力も衰えてくると思うんですよ。作り手としては。常に目の前に出された音楽だけに対して、好き嫌いを決めているというリスナーが多いから。
  だから、ルーツを知らないっていうところで損をしているリスナーって沢山いると思うんですよ。僕もまだまだ知らない音楽は沢山あると思うんですけど、その、知らない音楽があるっていう事実を知りながら、その事実に触れずにやり過ごして音楽を聴くことが何故出来るのか? って疑問に思うんですよ。もっとルーツ知ったら楽しくなるし、幅も広くなるし、音楽をもっと好きになると思うんですよ。
  でもそういうスタンスが今無いんですよね。だから、そういうスタンスを僕らが作り出して行きたいと思っていて。僕らが新しいメディアにいるという感じですかね。それで僕らから何か触発されれば、そこから古いものに辿れると思うんですよね。これって、伝わってます?(笑)

--- 大丈夫です(笑)。では、念のために、僕のほうでちょっと補足を。例えていうならば、Aというバンドがいて、そのAというバンドが影響を受けたバンドに興味を持つのではなく、Aと同じようで違うBというリアルタイムのバンドを好きになって行くという。横軸での流れはあっても、時間の縦軸を遡る行為をリスナーがしないということですよね?

新井 そうそう! まさにそうです! 横の広がりが強すぎるんです。でもやはり僕らは、昔の先人たちにいい音楽を聴かせてもらったからそれを僕たちなりの解釈で聴かせたいと思っているし。先人たちから勉強させてもらったことを、僕たちで終わらせずに、リスナーにも与えていかなければいけないなっていう感覚が強いんで、それらを感じ取ってもらいたいんですよ。
  僕らの仲のいいバンドの音楽を聴くのも全然ありなんですけど、それよりも、僕らが好きな音楽に興味を持ってくれたらすごく嬉しいですね。

--- すごい意気込みですよね。その意気というのは、“音楽シーンを変えたい!”とかそういうところまで通じるところなんでしょうか?

新井 そうですね。音楽シーン、変えたいっすね。うん。変えたいというか、“先人たちの才能を粗末にするな!”と言いたいです。

 


続く…

PAGE   1 ・ 2 ・ 3   


【Other Contents】

 serial TV drama 新井が影響を受けた10枚のアルバム

 新世代大本命、serial TV drama登場!

 



ページTopへ戻る

最新インタビュー

ジャパニーズポップス
 佐野元春
 會田茂一(エルマロ)
ロック&ポップス
 Dave Mason
 From First To Last
ダンス&ソウル
 Inherit
 Hiroshi Watanabe
ジャズ/ワールド/イージーリスニング
 天平
 小西康陽
TV & 映画
 岩松了
 ジブ・コーレン


NEW ALBUM!!

 CD  『シリアルキラー』

1 ガーネット
2 赤いパーカー
3 まえぶれ
4 フィクサー
5 シーフード
6 The Dance
7 さよなら
8 そして誰も知らない
9 哀愁の逃走劇(カーチェイス)
10 宿り
11 ベイマニーブルース
12 歩いて行こうぜ


 CD  『Ginger』


1 Igel
2 Yellow
3 インターフォン
4 Drop
5 B-101
6 ハッピーリパッキング
7 Ginger


 Members

伊藤文暁(Vo)
新井弘殻(Gt)
稲増五生(Gt)
近藤太(Ba)
岡田翔太朗(Dr)


 Profile

 2004年1月結成。5月よりLIVE活動開始。メンバー交代を経て、現メンバーとなる。
  東京、埼玉を中心に活動し、今までにデモCDを1000枚手売りにて販売。
  エモ、オルタナティブ、ポストロック、はたまやハードロックを彷佛させる楽曲に懐かしい日本人好みの馴染み易いメロディを奏でる。
  ボーカル伊藤の伸びやかで、透明感溢れる歌声は観るものを魅了し止まない。
  2007年UK PROJECT内 RX-RECORDSにてRIDDLE、BIGMAMA、L.A.SQUASHに続くレーベル第4弾アーティストとして3月21日に7曲入りミニアルバムを発表。