トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 管弦楽曲 > ボールト&NPOの『惑星』が新リマスタリングでSACD化!

ボールト&NPOの『惑星』が新リマスタリングでSACD化! SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2015年9月9日 (水)

ご購入はこちら

ホルスト『惑星』のSACDハイブリッド
ボールト&ニュー・フィルハーモニア管
レジェンダリー・シリーズから登場!


アナログ時代の名盤をアナログ・マスターから新たにリマスターしてSACDハイブリッド化、高い評価を受けているシリーズに、ボールトの『惑星』が登場。
 ボールトは早い時期からホルストの『惑星』を積極的にとりあげ、レコーディングも5回もおこなっていますが、ここには4度目の録音を収録しています。
 1966年に、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団とステレオ録音されたこの演奏は、リファレンス的な内容もあり、半世紀近くもの長いあいだ、『惑星』の代表的演奏のひとつとして、大きな存在感を示してきたものです。オーケストラがヴァイオリン両翼型配置に完全に適応したクレンペラー時代のニュー・フィルハーモニア管弦楽団ということで、左右に飛び交うフレーズの面白さや、各パートの明晰な響きも申し分ありませんし、77歳のボールトの説得力あるテンポ設計や旋律の扱い、情報量の多いバランス配分など実に魅力的です。
 ちなみにニュー・フィルハーモニア管弦楽団の録音スケジュールを見ると、同じ1966年7月に、クレンペラーの『ドン・ジョヴァンニ』のセッションの後半があったほか、同じくクレンペラーで『大地の歌』のヴンダーリヒの部分が録音されてもいました。(HMV)

【収録情報】
● ホルスト:組曲『惑星』 op.32


 アンブロジアン・シンガーズ
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 サー・エードリアン・ボールト(指揮)

 録音時期:1966年7月21,22日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 プロデューサー:ピーター・アンドリー
 バランス・エンジニア:クリストファー・パーカー

 2015年リマスタリング
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『惑星』 ボールト&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

SACD

『惑星』 ボールト&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

ホルスト (1874-1934)

価格(税込) : ¥3,300
会員価格(税込) : ¥3,036
まとめ買い価格(税込) : ¥2,706

発売日:2015年11月04日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

レジェンダリー・シリーズ

10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 10/20(日)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です