MELOCLASSIC

9件中 1-9件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • アルテュール・グリュミオー/ライヴ・コンサート・パフォーマンス

    アルテュール・グリュミオー[1921-1986]はベルギーのヴァイオリニスト。パリでジョルジュ・エネスコに師事、第二次大戦中はナチスに協力的でなかったため活動の範囲は限定されていましたが、戦後はソリストとして華々しい活動を開始しました。彼のレパートリーはバロックから古典派、ロマン派そして同時代の音楽と幅広く、また、このアルバムにも収録されているように長い間行方不明だったパガニーニのヴァイオリン協奏曲第4番の楽譜を発見、復活初演(当録音がそれ)して録音した功績も忘れがたいところです。艶やかな音色と気高い品位を持った彼のヴァイオリンは20世紀前半のヴァイオリン演奏の頂点といっても過言ではありません。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調 MS60
    2. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219
    3. J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043
    4. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218
    5. サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28
    6. イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.27-3『バラード』
    7. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64

     アルテュール・グリュミオー
    (ヴァイオリン)
     フランコ・ガリーニ指揮、ウィーン交響楽団(1)
     アンリ・ペンシス指揮、ルクセンブルク放送管弦楽団(2,4,5)
     ヘンリー・メルケル(第2ヴァイオリン)、ルイ・マルタン指揮、ストラスブール放送交響楽団(3)
     カール・ミュンヒンガー指揮、シュトゥットガルト・クラシック・フィルハーモニー(7)

     ライヴ録音:
     1954年12月9日 ウィーン楽友協会ホール(1)
     1956年5月17日 ルクセンブルク 、オーディトリアム・ヴィラ・ルーヴィニー(2)
     1958年6月19日 ストラスブール、パレ・デ・フェット(3)
     1955年5月26日 ルクセンブルク、オーディトリアム・ヴィラ・ルーヴィニー(4-6)
     1971年11月22日 シュトゥットガルト、リートハレ/ステレオ(7)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • ヨハンナ・マルツィ/ライヴ・コンサート・パフォーマンス

    ヨハンナ・マルツィ[1924-1979]はルーマニア出身のヴァイオリニスト。ブダペストのフランツ・リスト音楽院でイェネー・フバイに師事し13歳でデビュー。1947年にジュネーヴ国際音楽コンクールに入賞後はスイスを拠点に国際的に演奏活動を続けました。1960年代からはピアノのイシュトヴァン・ハイデュと組んでデュオ活動を盛んに行いました。
     このアルバムではハイデュとのデュオによるベートーヴェンのソナタのほか、得意のメンデルスゾーン、モーツァルトの協奏曲を披露しています。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op30-3
    2. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
    3. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 K.218

     ヨハンナ・マルツィ
    (ヴァイオリン)
     イシュトヴァン・ハイデュ(ピアノ:1)
     ルチアーノ・ロサーダ指揮、RAIミラノ交響楽団(2)
     ウルス・ヨーゼフ・フルーリー指揮、ソロトゥルン室内管弦楽団(3)

     モノラル/ライヴ録音
     1969年2月3日 ヴェネツィア、フェニーチェ劇場(1)
     1961年6月6日 ミラノ、スタジオRAI(2)
     1974年5月9日 ソロトゥルン大ホール(3)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • マックス・ロスタル/コンサート・ツアー 1956〜1965

    マックス・ロスタル[1905-1991]はオーストリア帝国のテシェン(現ポーランド領チェシン)に生まれ、ベルリン高等音楽院でカール・フレッシュに学び、後に同校で教鞭と執りましたがナチスの台頭によりイギリスに亡命。戦後はケルン音大、ベルン音楽院で後進の指導にあたり、イヴリー・ギトリス、ウート・ウーギら多くの優秀なヴァイオリニストを育てました。ドイツ、オーストリアの作曲家の作品を得意としていましたが、同時代の作曲家の作品の擁護者としても知られ、このアルバムにも収録されているハチャトゥリアンのほか、バルトーク、ベルク、ショスタコーヴィチなどもレパートリーにしていました。ロスタルの録音がこうしてまとまったアルバムがリリースされるのは珍しく大変貴重です。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.53
    2. ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
    3. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219
    4. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26
    5. グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.82

     マックス・ロスタル
    (ヴァイオリン)
     アンリ・ペンシス指揮、ルクセンブルク放送管弦楽団(1,3)
     ヤン・クーツィール指揮、バイエルン放送交響楽団(2)
     カール・メレス指揮、ルクセンブルク放送管弦楽団(4)
     エーリヒ・シュミット指揮、ベロミュンスター放送管弦楽団(5)

     放送用セッション録音(モノラル):
     1957年11月23日 ルクセンブルク、ヴィラ・ルーヴィニー(1)
     1957年3月15日 ミュンヘン、ヘルクレスザール(2)
     1956年1月25日 ルクセンブルク、ヴィラ・ルーヴィニー(3)
     1960年11月5日 ルクセンブルク、ヴィラ・ルーヴィニー(4)
     1965年9月4日 チューリッヒ、スタジオI(5)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • ピーナ・カルミレッリ/コンサート・ツアー 1964〜1971

    ピーナ・カルミレッリ[1914-1993]はイタリアのヴァイオリニスト。ミラノ音楽院でミケランジェロ・アバド、ローマの聖チェチーリア音楽院でアリゴ・セラートに師事しました。ボッケリーニ五重奏団、カルミレッリ四重奏団を創設するなど室内楽に力を入れる一方、ルドルフ・ゼルキンをパートナーにベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの全曲演奏を行うなど、ソロ活動も活発に行いました。1973年から1986年イ・ムジチ合奏団のコンサート・ミストレスを務めています。ショスタコーヴィチなど興味深い内容です。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
    2. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
    3. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
    4. ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77

     ピーナ・カルミレッリ
    (ヴァイオリン)
     エーリッヒ・シュミット指揮、ベロミュンスター放送管弦楽団(1,2)
     ウィレム・ファン・オッテルロー指揮、NDRハノーファー放送管弦楽団(3)
     ウィリー・シュタイナー指揮、NDRハノーファー放送管弦楽団(4)

     録音:
     1968年10月6日 チューリッヒ、DRS スタジオ1(1)
     1964年2月2日 チューリッヒ、DRS スタジオ1(2)
     1971年2月12日 ハノーファー、NDR放送センター/ライヴ・ステレオ(3)
     1965年11月19日 ゲッティンゲン、シュタットハレ/ライヴ(4)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • グィラ・ブスターボ/発掘された放送音源集

    グィラ・ブスターボ[1916-2002]はアメリカのヴァイオリニスト。両親の手ほどきで2才からヴァイオリンを始め、既に4才でシカゴ交響楽団と共演、5才の頃にはイザイ門下のレオン・ザメティーニに師事しました。天才少女の名をほしいままにしてヨーロッパへ演奏旅行に出かけ、フルトヴェングラー、アーベントロート、メンゲルベルクらと共演、またパリではジョルジュ・エネスコの指導を受けています。しかし戦時中、ナチスの息のかかったコンサートに出演したことが戦後問題にされ、アメリカ国内での演奏が事実上出来なくなり、1970年に帰国するまでヨーロッパのみでの活動を余儀なくされてしまいました。
     このアルバムは天才少女として世に出ながら不遇な人生を余儀なくされたブスターボの近年発見された珍しい放送録音集。ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲は圧倒的な熱演で聴きごたえ充分です。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. 伝モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第6番変ホ長調 K.268
    2. ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調

     グィラ・ブスターボ
    (ヴァイオリン)
     オトマール・ヌシオ指揮、スイス・イタリア語放送管弦楽団(1)
     ヒューゴ・リグノルド指揮、ラジオ・フィルハーモニー管弦楽団(2)

     放送用セッション録音:
     1965年6月4日 ルガーノ、テアトロ・クルサール(1)
     1966年5月4日 ヒルヴェルスム、AVROスタジオ(2)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • ダニール・シャフラン/コンサート・ツアー・イン・ヨーロッパ

    ダニール・シャフラン[1923-1997]はソビエト・ロシアのユダヤ系チェリスト。チェリストであった父の手ほどきで8才よりチェロを始め、10才で公開のコンサートで演奏、11才の時にオーケストラを共演しました。ソビエト国内ではシャフランよりやや年少のロストロポーヴィチとともにチェロの双璧と目されていました。ソリストとしてのキャリアを追求し、録音も盛んに行いましたが、その活動がソビエト国内、東欧諸国に限られていたため、彼の国際的な名声は非常に限られていました。アメリカ・デビューは1960年、その後日本でも数度来日してコンサートを行っています。彼の豊かな音色、ヴィブラートそして特に高音域での驚異的なテクニックは今日聴いても決して色褪せていません。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104, B191
    2. シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129
    3. シューマン:幻想小曲集 Op.73
    4. シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821
    5. J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調 BWV.1012
    6. シュニトケ:古い様式の組曲
    7. ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ ニ短調 Op.40

     ダニール・シャフラン
    (チェロ)
     アルヴィド・ヤンソンス指揮、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団(1)
     ヤロスラフ・クロムホルツ指揮、チェコ放送交響楽団(2)
     ハンス・アルトマン(ピアノ:3,4)
     アントン・ギンズブルグ(ピアノ:6,7)

     録音:
     1967年7月23日 東ベルリン 、メトロポリタン・シアター/ライヴ(1)
     1973年5月22日 プラハ、スメタナ・ホール/ライヴ・ステレオ(2)
     1959年11月9日 ミュンヘン、スタジオBR(3,4)
     1982年5月20日 プラハ、ドヴォルザーク・ホール/ライヴ・ステレオ(5-7)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • ステファン・アスケナーゼ/ライヴ・コンサート・パフォーマンス

    ステファン・アスケナーゼは1896年ポーランドに生まれ、1985年にベルギーで没したユダヤ系ピアニスト。オーストリア・ハンガリー帝国のガリツィア(現ウクライナ領)レンベルクに生まれ、1913年にウィーンに移住、フランツ・リストの高弟エミール・フォン・ザウアーに師事しました。第一次大戦後にウィーンにてデビュー、また1920年にはワルシャワ国立フィルハーモニーとシューマン、ブラームス、ショパンの協奏曲で協演して大絶賛されました。1927年にベルギーに移住、長くブリュッセル音楽院で教鞭を執りました。アルタ・アルゲリッチ、内田光子もアスケナーゼの門を叩いています。
     彼はショパン、スカルラッティ、バッハ、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスの演奏に定評があり、このディスクではディスク1で最も得意とするショパン、ディスク2にはショパンの協奏曲のほか、ドビュッシー、モーツァルト、ドビュッシー、バッハが収められています。これまでアシュケナーゼのまとまったアルバムがなかったので大変貴重なセット。(輸入元情報)

    【収録情報】
    Disc1
    ショパン:
    ● ポロネーズ 変ロ長調 Op.71-2
    ● 夜想曲 ホ長調 Op.62-2
    ● 舟歌 嬰へ長調 Op.60、
    ● 子守歌 変ニ長調 Op.57
    ● スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31
    ● マズルカ ホ短調 Op.41-1
    ● マズルカ 変ロ長調 Op.41-2
    ● マズルカ 変イ長調 Op.41-3
    ● エチュード第12番『革命』
    ● エチュード第10番
    ● エチュード第9番
    ● エチュード第5番『黒鍵』
    ● ワルツ 変ニ長調 Op.64-1
    ● ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2
    ● ワルツ 変イ長調 Op.64-3

    Disc2
    ● ショパン:ワルツ 変イ長調 Op.42
    ● J.S.バッハ:フランス組曲〜ポロネーズとブーレー
    ● ドビュッシー:子供の領分〜人形のセレナード
    ● モーツァルト:レントラー 変ロ長調

     ステファン・アスケナーゼ
    (ピアノ)

     録音時期:1969年11月8日
     録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
     録音方式:モノラル(ライヴ) AVRO

    ● ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11

     ステファン・アスケナーゼ
    (ピアノ)
     ヴィリ・シュタイナー指揮、NDRハノーファー放送管弦楽団

     録音時期:1972年1月14日
     録音場所:ハノーファー、NDR放送大ホール
     録音方式:ステレオ(ライヴ) NDR

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • アレクサンダー・ブライロフスキー/ライヴ・コンサート・イン・ヨーロッパ

    アレクサンダー・ブライロフスキーは1896年ウクライナのキーウに生まれ、1976年にニューヨークで没したウクライナのユダヤ系ピアニスト。キーウ音楽院に在学中ラフマニノフにその才能を見出され、その後ウィーンでテオドル・レシェティツキに師事。1926年にフランス国籍を取得するも最終的にアメリカに帰化しました。
     彼の演奏スタイルは大音量で聴き手を圧倒するのではなく、透明な音色と洒落たエスプリで聴かせるものでした。恩師ラフマニノフ、チャイコフスキーのほかショパンを得意としており、このアルバムでは彼の個性が存分に味わえます。まとまった録音が少ないだけに貴重なアルバム。(輸入元情報)

    【収録情報】
    Disc1
    1. チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
    2. ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11

    Disc2
    3. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
    4. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
    5. リスト:死の舞踏 S126

     アレクサンダー・ブライロフスキー
    (ピアノ)
     カール・ガラグリー指揮、ストックホルム・コンサート協会管弦楽団(1)
     ルイ・ド・フロマン指揮、ルクセンブルク放送管弦楽団(2,4)
     ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団(3)
     アンドレ・クリュイタンス指揮、フランス国立放送管弦楽団(5)

     モノラル録音:
     1951年9月19日 ストックホルム、コンサート・ホール/ライヴ Sveriges Radio(1)
     1962年4月4日 ルクセンブルク、オーディトリアム・ヴィラ・ルーヴィニー/ライヴ RTL(2,4)
     1958年6月30日 ミュンヘン、ドイツ博物館コングレスザール/ライヴ BR
     1958年10月16日 パリ、 シャンゼリゼ劇場/ライヴ RTF(5)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

  • 伝説のフランスのピアニスト、スイス・リサイタル

    マドレヌ・ド・ヴァルマレート[1899-1999]はフランスのピアニスト。14歳でパリ音楽院を首席で卒業、サン=サーンスからもその才能を称賛されるほどでした。第一次大戦後はフルトヴェングラー、トスカニーニとも度々共演し国際的なキャリアを積みました。1926年にはマルセイユに居を構え、私的なピアノ学校を設立、後進の指導にあたりながらソリストとして高齢になっても盛んに活動しました。
     モニク・アースはパリ音楽院でラザール・レヴィに師事、ルドルフ・ゼルキン、ロベール・カサドシュの許でも研鑽を積んでいます。ドビュッシー以降の20世紀音楽の演奏で名声を得ましたが、クープラン、ラモー、シューマン、ショパンの演奏も定評がありました。このアルバムでは得意とする20世紀音楽、ドビュッシー、メシアン、バルトークのほか、ラモーも披露しています。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. フォーレ:即興曲 第2番、即興曲 第5番、夜想曲 第6番
    2. D.スカルラッティ:ソナタ イ長調 K.39、ソナタ ホ長調 K.380
    3. リスト:ハンガリー狂詩曲第10番
    4. シューマン:謝肉祭 Op.9

     マドレヌ・ド・ヴァルマレート
    (ピアノ)

     録音:
     1957年1月7日 ベルン放送スタジオ/モノラル(1-3)
     1957年1月11日 ジュネーヴ放送スタジオ2/モノラル(4)

    5. ハイドン:ソナタ ヘ長調 Hob XVI:23、幻想曲ハ長調 Hob XVII:4
    6. ドビュッシー:映像 第1集
    7. ミヨー:秋
    8. メシアン:幼子イエスに注がれる20の眼差し〜2曲
    9. シューマン:クライスレリアーナ
    10. ラモー:鳥たちは思い出す
    11. ドビュッシー:半音階のための練習曲
    12. バルトーク:ミクロコスモス〜ブルガリアのリズムによる6つの舞曲

     モニク・アース
    (ピアノ)

     録音:
     1974年3月25日、ベルン放送スタジオ/モノラル(5)
     1960年10月14日、バーゼル放送スタジオM3/ステレオ(6-8)
     1970年12月2日ベルン放送スタジオ/ステレオ(9-12)

     プラスチック・トレイ付きのデジパック仕様

チェックした商品をまとめて